KOYANAGAWA Masashi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 04:32
 
Avatar
Name
KOYANAGAWA Masashi

Published Papers

 
Effects of loading duration on concrete pavement responses based on wave propagation theory
F. Kawana, M. Koyanagawa, K. Matsui
Proceedings of 8th International DUT-Workshop on Research and Innovations for Design of Sustainable and Durable Concrete Pavements   8    Sep 2014   [Refereed]
The falling weight deflectometer (FWD) test is commonly used for nondestructive evaluation of flexible and rigid pavement structures. Although the test is dynamic, the layer moduli are estimated by the static backcalculation in practice using the ...
The development of porous concrete pavement in Japan
M. Koyanagawa, S. Kajio, Y. Shimazaki, S. Sato
Proceedings of 8th International DUT-Workshop on Research and Innovations for Design of Sustainable and Durable Concrete Pavements   8    Sep 2014   [Refereed]
The Specialist Committee for Pavement Technology of the Japan Cement Association has been working for the development of porous concrete pavement. In 1998, the committee conducted the round-robin test about the performance of porous concrete. And ...
69(3) 1-81-1-86   Dec 2013   [Refereed]
RELIABILITY OF BASE-COURSE THICKNESS DESIGN CURVE FOR CONCARETE PAVEMENT IN JAPAN
67(2) 65-74   Nov 2011   [Refereed]
STUDY ON DESIGN OF BASE COURSE THISCKNESS FOR CONCRETE PAVEMENT
MAO Shiau, Yasushi TAKEUCHI, Masashi KOYANAGAWA, Hiromu OKAZAWA, Tatsuo NISHIZAWA, Satoshi HORIUCHI
Proceedings of Japan-China 6th Workshop on Pavement Technologies   6 13-21   Sep 2011   [Refereed]
日本のコンクリート舗装設計法では,路盤上面の支持力を満足するために,K値に基づいた設計曲線が用いられている.本論文では,この設計曲線の信頼性を検証するため,実物大の試験舗装区間による実験を実施した.平板載荷試験および小型FED試験の結果,設計曲線の信頼性を確認すると共に,舗装の信頼性を考慮した設計曲線を提案した.

Conference Activities & Talks

 
A study on the thin precast concrete pavement for rehabilitation of asphalt
NISHIZAWA T、FUKUDA T
8th International Symposium on Concrete Roads pavements   Sep 1998   
アスファルト舗装の修繕を前提とした薄層プレキャストコンクリート版の力学的特性および設計方法に関する検討を行い、新しい工法に関して提案を行っている。またプレキャスト版の連結部に関して実験を行い、その荷重伝達特性および耐荷力に関して検討を行った。
A design method of composite pavement with asphalt surface course and countinuously reinforced concrete base course
NISHIZAWA T、SHIMENO S、KOMATUBARA A
8th International Symposium on Concrete Roads   Sep 1998   
連続鉄筋コンクリート舗装をベースとしたコンポジット舗装の設計法に関して、実物大の実験舗装による載荷試験結果および継続的な温度応力測定結果より検討を行った。
担当貢:実験データ解析、設計法の検討
Evaluation of serviceability and durability of concrete pavement on expressways in Japan
SHIMENO S、KOMATUBARA A
8th International Symposium on Concrete Roads   Sep 1998   
供用下にあった高速自動車道のコンクリート舗装版より供試体を切り出し、これによる静的試験および疲労試験を実施した。この結果よりコンクリート舗装の残存寿命予測と耐久性に関して検討を行い、現行設計法の検証を行った。
担当貢:疲労解析
Evaluation of Reliability of Concrete Pavement in Consideration of Fatigue Properties
YONEYA H、KOKUBU K
Design and Evaluation of ConcreteRoads Record 14Center for Research and ContractStandarization inCivil and TrafficEngineering (C.R.O.W)The Netherlands   Sep 1994   
コンクリート舗装設計法に内含される不確実性のうち、コンクリートの疲労特性のばらつきに着目し、その確率性の明確化を行った。さらにこのばらつきがコンクリート舗装の供用性に与える影響に関して、コンピューターシミュレーションを行い、コンクリート舗装システムの信頼性の検討を行った。またコンクリート舗装の設計手法における信頼性の考慮方法に関して検討を行った。