大野 弘幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/11 15:45
 
アバター
研究者氏名
大野 弘幸
eメール
ohnohcc.tuat.ac.jp
URL
http://www.cc.tuat.ac.jp/~ohno/
所属
東京農工大学
部署
役員
職名
学長
学位
工学博士(早稲田大学)
その他の所属
東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京農工大学 学長
 
2013年4月
 - 
2017年3月
東京農工大学 大学院工学研究院 研究院長、工学部長
 
2010年4月
 - 
2013年3月
東京農工大学 大学院工学研究院 副院長、評議員
 
2004年4月
 - 
2010年3月
東京農工大学  大学院共生科学技術研究院 教授
 
1997年1月
 - 
2004年3月
- 東京農工大学 教授 工学部 生命工学科
 
1995年4月
 - 
1996年12月
- 東京農工大学 助教授 工学部 生命工学科
 
1989年4月
 - 
1995年3月
- 東京農工大学 助教授 工学部 物質生物工学科
 
1988年8月
 - 
1989年3月
- 東京農工大学 助教授 工学部 高分子工学科
 
1987年4月
 - 
1988年7月
- 早稲田大学 理工学研究所 特別研究員
 
1985年4月
 - 
1987年3月
- 早稲田大学 助手 理工学部
 

学歴

 
 
 - 
1981年
早稲田大学 理工学研究科 
 
 
 - 
1978年
早稲田大学 理工学研究科 
 
 
 - 
1976年
早稲田大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2010年6月
 - 
2012年5月
高分子学会  副会長
 
2008年6月
 - 
2010年5月
高分子学会  関東支部長
 
2006年6月
 - 
2008年5月
高分子学会  関東支部副支部長
 
2006年6月
 - 
2012年5月
高分子学会  常任理事
 
2004年
 - 
2012年
高分子学会  理事
 

受賞

 
2014年5月
公益社団法人 高分子学会 高分子科学功績賞 高分子科学に貢献するイオン液体の設計
 
2008年11月
German Science Foundation (DFG) Paul Walden Award
受賞者: Hiroyuki Ohno
 

論文

 
A. Tsurumaki, H. Ohno, S. Panero, and M.A. Navarra
Electrochim. Acta   293 160-165   2019年1月   [査読有り]
Novel ionic liquids, which were functionalized with ether oxygens to suppress crystallization and with bis(fluorosulfonyl)imide anions to improve ionic conductivity, were synthesized and compared.
Federico Bertasi, Gioele Pagot, Keti Vezzù, Enrico Negro, Paul J Sideris, Steven G Greenbaum, Hiroyuki Ohno, Bruno Scrosati, and Vito Di Noto
J. Power Sources   400 16-22   2018年10月   [査読有り]
S. Fujiwara, H. Ohno, and T. Ichikawa
Mol. Syst. Des. Eng.   3 668-675   2018年8月   [査読有り]
K. Ikeda, N. Nakamura, H. Ohno, R. Ikari, and K. Fujita
J. Electrochem. Soc.   165 G96-G100   2018年5月   [査読有り]
H. Ohno, M. Yoshizawa-Fujita, and Y. Kohno
Phys.Chem.Chem.Phys.   20 10978-10991   2018年5月   [査読有り]
A. Ono, H. Ohno, T. Kato, and T. Ichikawa
Solid State Ionics   317 39-45   2018年4月   [査読有り]
A. M. Ferreira, H. Passos, A. Okafuji, A. P. M. Tavares, H. Ohno, M. G. Freire, and J. A. P. Coutinho
Green Chem.   20(6) 1218-1223   2018年2月   [査読有り]
R. Sakuta, K. Takeda, K. Igarashi, H. Ohno, and N. Nakamura
Energy Technology   6(2) 273-279   2018年2月   [査読有り]
S. Fujiwara, H. Ohno, M. Yoshio, T. Kato, and T. Ichikawa
Bull Chem. Soc. Japan   91(1) 1-5   2018年1月   [査読有り]
A. Okafuji, Y. Kohno, N. Nakamura, and H. Ohno
Polymer   134 20-23   2018年1月   [査読有り]
K. Yoshioka, T. Yamada, H. Ohno, and H. Miyafuji
BioResources   13 208-219   2018年1月   [査読有り]
Yamada, Hajime; Takahashi, Shiho; Yamashita, Kana; Miyafuji, Hisashi; Ohno, Hiroyuki; Yamada, Tatsuhiko
BIORESOURCES   12(4) 9396-9406   2017年   [査読有り]
The authors developed a high-throughput method for analyzing softwood lignin using tetra-n-butylphosphonium hydroxide (TBPH). Wood meal, TBPH, and hydrogen peroxide (H2O2) were introduced into a screw-capped glass test tube and allowed to react in...
Yamada, Hajime; Miyafuji, Hisashi; Ohno, Hiroyuki; Yamada, Tatsuhiko
BIORESOURCES   12(3) 4515-4526   2017年   [査読有り]
The wood dissolution properties of tetra-n-butylphosphonium hydroxide ([P-4,P-4,P-4,P-4]OH) were investigated. Cedar wood meal was treated with several concentrations of aqueous (aq.) [P-4,P-4,P-4,P-4]OH with hydrogen peroxide (H2O2) in a glass tu...
Yamanaka, Sachiko; Yoshioka, Koichi; Miyafuji, Hisashi; Ohno, Hiroyuki
AUSTRALIAN JOURNAL OF CHEMISTRY   70(3) 322-327   2017年   [査読有り]
We successfully dissolved cedar powder with tetrabutylphosphonium hydroxide ([P-4 4 4 4]OH) aqueous solution at 60 degrees C. The dissolution was accelerated by the addition of H2O2. At the initial stage, cellulose was more soluble than hemicellul...
Fukaya, Yukinobu; Nakano, Takuro; Ohno, Hiroyuki
AUSTRALIAN JOURNAL OF CHEMISTRY   70(1) 74-78   2017年   [査読有り]
A new class of hydrophobic and polar ionic liquids was prepared by coupling hydrophobic tetraoctylphosphonium cation and polar phosphonate-derived anions. Mixtures of these ionic liquids and water showed lower critical solution temperature-type ph...
Yamamoto, Kohei; Hosoya, Takashi; Yoshioka, Koichi; Miyafuji, Hisashi; Ohno, Hiroyuki; Yamada, Tatsuhiko
ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   5(11) 10111-10115   2017年11月   [査読有り]
The efficient conversion of lignin, a major component of lignocellulosics, to monomeric aromatics is a hot topic in biorefining. In this study, we developed a method for selective degradation of several types of lignin [milled wood lignin, sodium ...
Sakurada, Yuki; Takeda, Kouta; Ohno, Hiroyuki; Nakamura, Nobuhumi
CATALYSTS   7(10)    2017年10月   [査読有り]
A bioanode for ethanol oxidation was prepared by immobilizing the recombinant pyrroloquinoline quinone (PQQ)-dependent alcohol dehydrogenase from Pseudomonas putida KT 2440 (PpADH) with polyion complex (PIC) and redox polymer. The PIC based on pol...
High-throughput analysis of softwood lignin using tetra-n-butylphosphonium hydroxide
H. Yamada, S. Takahashi, K.Yamashita, H. Miyafuji, H. Ohno, and T. Yamad
BioResources   12(4) 9396-9406   2017年10月   [査読有り]
Ferreira, Ana M.; Passos, Helena; Okafuji, Akiyoshi; Freire, Mara G.; Coutinho, Joao A. P.; Ohno, Hiroyuki
GREEN CHEMISTRY   19(17) 4012-4016   2017年9月   [査読有り]
The ability of water-soluble ammonium-based zwitterions (ZIs) to form aqueous biphasic systems (ABS) in the presence of aqueous solutions of salts is disclosed here. These systems are thermoreversible at temperatures close to room temperature and ...
Tsurumaki, Akiko; Tajima, Saori; Iwata, Takuya; Scrosati, Bruno; Ohno, Hiroyuki
ELECTROCHIMICA ACTA   248 556-561   2017年9月   [査読有り]
Suitably selected ionic liquids (ILs) are first applied as antistatic agents for poly(methyl methacrylate) (PMMA) and poly(butyl methacrylate) (PBMA) films in this study. We have compared volume-and surface-resistivity (Rv and Rs) on the basis of ...
大野弘幸
膜   42(4) 110-114   2017年7月   [査読有り]
Sugimoto, Chikanobu; Takeda, Kouta; Kariya, Yumi; Matsumura, Hirotoshi; Yohda, Masafumi; Ohno, Hiroyuki; Nakamura, Nobuhumi
JOURNAL OF BIOLOGICAL INORGANIC CHEMISTRY   22(4) 527-534   2017年6月   [査読有り]
NAD(P)-dependent group III alcohol dehydrogenases (ADHs), well known as iron-activated enzymes, generally lose their activities under aerobic conditions due to their oxygen-sensitivities. In this paper, we expressed an extremely thermostable group...
Navarra, Maria Assunta; Fujimura, Kanae; Sgambetterra, Mirko; Tsurumaki, Akiko; Panero, Stefania; Nakamura, Nobuhumi; Ohno, Hiroyuki; Scrosati, Bruno
CHEMSUSCHEM   10(11) 2496-2504   2017年6月   [査読有り]
Here, two ionic liquids, N-ethoxyethyl-N-methylmorpholinium bis(trifluoromethanesulfonyl) imide (M1,2O2TFSI) and N-ethoxyethyl- N-methylpiperidinium bis(trifluoromethanesulfonyl)imide (P1,2O2TFSI) were synthesized and compared. Fundamental relevan...
Kuroda, Kosuke; Kohno, Yuki; Ohno, Hiroyuki
CHEMISTRY LETTERS   46(6) 870-872   2017年6月   [査読有り]
We present a method for the renaturation of denatured cytochrome c in a phosphonate-type ionic liquid with the addition of a suitable zwitterion and a small amount of water. The polarity of zwitterions was found to be a critical property for the r...
Akiba, Takashi; Tsurumaki, Akiko; Ohno, Hiroyuki
GREEN CHEMISTRY   19(9) 2260-2265   2017年5月   [査読有り]
Addition of a small amount of water was found to induce the lignin solubilizing ability in several polar ionic liquids which showed no lignin solubility in the absence of water. Similarly, addition of water was found to enhance lignin solubility i...
T. Akiba, A. Tsurumaki, and H. Ohno
Green Chem.   19 2260-2265   2017年5月   [査読有り]
Kato, Takashi; Yoshio, Masafumi; Ichikawa, Takahiro; Soberats, Bartolome; Ohno, Hiroyuki; Funahashi, Masahiro
NATURE REVIEWS MATERIALS   2(4)    2017年4月   [査読有り]
The nanosegregated structures of columnar, smectic and bicontinuous cubic liquid crystals can provide well-organized, nano-and sub-nanosized 1D, 2D and 3D channels capable of ion and electron transport. The molecular shape, intermolecular interact...
Takahashi, Hiromi; Fujita, Kyoko; Ohno, Hiroyuki
ANALYTICAL SCIENCES   33(4) 465-467   2017年4月   [査読有り]
The adsorption-desorption equilibrium of sublimed molecules has been analyzed dynamically by optical waveguide (OWG) spectroscopy. Dynamic change of the transition moment during adsorption behavior was successfully detected using polarized inciden...
Y. Nikawa, K. Fujita, and H. Ohno
Phys. Chem. Chem. Phys.   19 8148-8151   2017年3月   [査読有り]
S. Yamanaka, K. Yoshioka, H. Miyafuji, and H. Ohno
Australian J. Chem.   70(3) 322-327   2017年3月   [査読有り]
Kobayashi, Tsubasa; Ichikawa, Takahiro; Kato, Takashi; Ohno, Hiroyuki
ADVANCED MATERIALS   29(4)    2017年1月   [査読有り]
Glassy bicontinuous cubic liquid crystals are developed to be a matrix having a hydrophilic infinite periodic minimal surface (IPMS). They function as a scaffold for water, leading to the formation of a 3D continuous hydrogen-bonding network of wa...
Y. Fukaya, T. Nakano, and H. Ohno
Australian J. Chem.   70 74-78   2017年1月   [査読有り]
R. Sakuta, K. Takeda, K. Igarashi, H. Ohno, and N. Nakamura
J. Mol. Cat. B, Enzymatic   133(Suppl. 1) s76-s79   2016年11月   [査読有り]
H. Takeuchi, T. Ichikawa, M. Yoshio, T. Kato, and H. Ohno
Chem. Comm.   52 13861-13864   2016年11月   [査読有り]
K. Yoshioka, Y. Kawazoe, T. Kanbayashi, T. Yamada, H. Ohno, and H. Miyafuji
RSC Advances   6 110964-110969   2016年11月   [査読有り]
K. Fujita, M. Kajiayma, Y. Liu, N. Nakamura, and H. Ohno
Chem. Comm.   52 13491-13494   2016年11月   [査読有り]
T. Matsumoto, A. Ono, T. Ichikawa, T. Kato, and H. Ohno
Chem. Comm.   52 12167-12170   2016年11月   [査読有り]
T. Ichikawa, A. Okafuji, T. Kato, and H. Ohno
ChemistryOpen   5 439-444   2016年10月   [査読有り]
Y. Mieno, Y. Kohno, S. Saita, and H. Ohno
Chemistry - A European J.   22 12262-12265   2016年8月   [査読有り]
S. Fujiwara, T. Ichikawa, and H. Ohno
J. Mol. Liquids   222 214-217   2016年8月   [査読有り]
A. Okafuji, Y. Kohno, and H. Ohno
Macromol. Rapid Commun.   37(14) 1130-1134   2016年8月   [査読有り]
K. Takeda, H. Matsumura, T. Ishida, M. Yoshida, K. Igarashi, M. Samejima, H. Ohno, and N. Nakamura
Biochem. Biophys. Research Commun.   477 369-373   2016年7月   [査読有り]
M. Shimo, M. Abe, and H. Ohno
ACS Sus.Chem.Eng.   4(7) 3722–3727   2016年7月   [査読有り]
Y. Kohno, D.L. Gin, R.D. Noble, and H. Ohno
Chem. Comm.   52 7497-7500   2016年5月   [査読有り]
K. Fujita, J. Kuwahara, N. Nakamura, and H. Ohno
J. Electrochem., Soc.   163 G79-G81   2016年4月   [査読有り]
K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, N. Nakamura, H. Ohno, and K. Morishima
Biosensors and Bioelectronics   78 390–395   2016年4月   [査読有り]
イオン液体の多機能化に向けた現状と将来展望
大野弘幸
機能材料   36(3) 3-10   2016年3月
K. Fujimura, T. Ichikawa, M. Yoshio, T. Kato, and H. Ohno
Chemistry - An Asian Journal   11 520-526   2016年2月   [査読有り]
T. Matsumoto, T. Ichikawa, and H. Ohno
Polymer Chem.   7 1230-1233   2016年2月   [査読有り]
J. Serra Moreno, Y. Deguchi, S. Panero, B. Scrosati, H. Ohno, E. Simonetti, and G.B. Appetecchi
Electrochim. Acta   191 624-630   2016年2月   [査読有り]
イオンの配向
一川尚広、大野弘幸
高分子   65(2) 68-71   2016年2月
D.R. MacFarlane, M. Forsyth, P.C. Howlett, M. Kar, S. Passerini, J.M. Pringle, H. Ohno, M. Watanabe, F.Yan, W. Zheng, S. Zhang, and J. Zhang
Nature Reviews Materials   1(15005) 1-15   2016年1月   [査読有り]
A. Tsurumaki, F. Bertasi, K. Vezzù, E. Negro, V. Di Noto, and H. Ohno
Phys. Chem. Chem. Phys.   18 2369-2378   2016年1月   [査読有り]
G. G. Eshetu, M. Armand, H. Ohno, B. Scrosati, and S. Passerini
Energy & Environmental Science   9 49-61   2016年1月   [査読有り]
H. Yamada, H. Miyafuji, H. Ohno, and T. Yamada
BioResources   11 839-849   2016年1月   [査読有り]
K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, N. Nakamura, H. Ohno, and K. Morishima
Micro & Nano Letters   10 674-677   2015年12月   [査読有り]
M. Abe, K. Kuroda, D. Sato, H. Kunimura, and H. Ohno
Phys. Chem. Chem. Phys.   17 32276-32282   2015年12月   [査読有り]
Y. Kohno, M. Cowan, A. Okafuji, H. Ohno, D. Gin, and R. Noble
Ind. Eng. Chem. Res.   54 12214-12216   2015年11月   [査読有り]
A. Yamashita, M. Yoshio, B. Soberats, H. Ohno, and T. Kato
J. Materials Chem. A   3 22656-22662   2015年11月   [査読有り]
B. Soberats, M. Yoshio, T. Ichikawa, X. Zeng, H. Ohno, G. Ungar, and T. Kato
J. Amer. Chem. Soc.,   137 13212–13215   2015年10月   [査読有り]
K. Yoshioka, T. Yamada, H. Ohno, and H. Miyafuji
RSC Advances   5 72405-72409   2015年9月   [査読有り]
A. Tsurumaki, S. Tajima, T. Iwata, B. Scrosati, and H. Ohno
Electrochim. Acta   175 13-17   2015年8月   [査読有り]
M. Abe, K. Kuroda, and H. Ohno
ACS Sus. Chem. Eng.   3(8) 1771-1776   2015年8月   [査読有り]
M. Abe, S. Yamanaka, H. Yamada, T. Yamada, and H. Ohno
Green Chem.   17(8) 4432-4438   2015年8月   [査読有り]
一川尚広、大野弘幸、吉尾正史、加藤隆史
日本結晶学会誌   57(3) 184-190   2015年6月
K. Fujita, M. Sanada, and H. Ohno
Chem. Comm.   51 10883-10886   2015年6月   [査読有り]
K. Kuroda and H. Ohno
Chem. Comm.   51 10551-10553   2015年6月   [査読有り]
J. Sakuda, M. Yoshio, T. Ichikawa, H. Ohno, and T. Kato
New J. Chem.   39 4471-4477   2015年6月   [査読有り]
H. Ohno, K. Fujita and Y. Kohno
Phys. Chem. Chem. Phys.   17 14454-14460   2015年5月   [査読有り]
Y. Deguchi, Y. Kohno, and H. Ohno
Chem. Comm.   51 9287-9290   2015年5月   [査読有り]
B. Soberats, M. Yoshio, T. Ichikawa, H. Ohno, and T. Kato
J. Mater. Chem.   3 11232-11238   2015年5月   [査読有り]
R. Sakuta, K. Takeda, T. Ishida, K. Igarashi, M. Samejima, H. Ohno, and N. Nakamura
Electrochem. Commun.   56 75-78   2015年5月   [査読有り]
A. Nitta, T. Morita, S. Saita, Y. Kohno, H. Ohno, and K. Nishikawa
Chem. Phys. Lett.   628 108-112   2015年4月   [査読有り]
K. Umezawa, K. Takeda, T. Ishida, A. Makabe, K. Isobe, K. Koba, H. Ohno, M. Samejima, N. Nakamura, K. Igarashi, and M. Yoshida
J. Bacteriology   197 1322-1329   2015年4月   [査読有り]
Y. Kohno, S. Saita, Y. Men, J. Yuan, and H. Ohno
Polymer Chemistry   6 2163-2178   2015年3月   [査読有り]
Y. Deguchi, Y. Kohno, and H. Ohno
Chem. Lett.   44 238-240   2015年3月   [査読有り]
J. Sakuda, E. Hosono, M. Yoshio, T. Ichikawa, T. Matsumoto, H. Ohno, H. Zhou, and T. Kato
Advanced Functional Materials   25 1206-1212   2015年3月   [査読有り]
K. Kuroda, Y. Fukaya, T. Yamada, and H. Ohno
Analytical Methods   7 1719-1726   2015年3月   [査読有り]
K. Takeda, H. Matsumura, T. Ishida, M. Samejima, H. Ohno, M. Yoshida, K. Igarashi, N. Nakamura
PLOS ONE   10 e0115722-e0115737   2015年2月   [査読有り]
K. Takeda, T. Uchihashi, H. Watanabe, T. Ishida, K. Igarashi, N. Nakamura, and H. Ohno
PLOS ONE   10 e0116685-e0116694   2015年2月   [査読有り]
D. Kobayashi, K. Fujita, N. Nakamura, and H. Ohno
Applied Microbiology and Biotechnology   99 1647-1653   2015年1月   [査読有り]
A. Yamashita, M. Yoshio, S. Shimizu, T. Ichikawa, H. Ohno, and T. Kato
J. Polym. Sci., Part A.   53 366-371   2015年1月   [査読有り]
S. Saita, Y. Mieno, Y. Kohno, and H. Ohno
Chem. Commun.   50 15450-15452   2014年11月   [査読有り]
Y. Deguchi, Y. Kohno, and H. Ohno
Australian J. Chem.   67(11) 1666-1670   2014年11月   [査読有り]
Y. Kayama, T. Ichikawa, and H. Ohno
Chem. Commun.   50 14790-14792   2014年10月   [査読有り]
K. Kuroda, H. Kunimura, Y. Fukaya, N. Nakamura, and H. Ohno
ACS Sustainable Chem. & Eng.   2(9) 2204-2210   2014年9月   [査読有り]
H. Matsumura, K. Umezawa, K. Takeda, N. Sugimoto, T. Ishida, M. Samejima, H. Ohno, M. Yoshida, K. Igarashi, and N. Nakamura
PLOS ONE   9 e104851-e104858   2014年8月   [査読有り]
T. Matsumoto, T. Ichikawa, J. Sakuda, T. Kato, and H. Ohno
Bull. Chem. Soc. Japan   87(7) 792-796   2014年7月   [査読有り]
N. Nishimura and H. Ohno
Polymer   55 3289-3297   2014年7月   [査読有り]
K. Takeda, T. Ishida, K. Igarashi, M. Samejima, N. Nakamura, and H. Ohno
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   78(7) 1195-1198   2014年7月
E. Uchida, B. Soberats, M. Yoshio, J. Kagimoto, H. Ohno, and T. Kato
J. Amer. Chem. Soc.   136 9552-9555   2014年7月   [査読有り]
T. Iwata, A. Tsurumaki, S. Tajima, and H. Ohno
Macromolecular Materials and Engineering   299 794-798   2014年7月   [査読有り]
K. Kuroda, H. Kunimura, Y. Fukaya, and H. Ohno
Cellulose   21(4) 2199-2206   2014年7月   [査読有り]
機能イオン液体:研究室メンバーの変遷と併せて
大野弘幸
化学と工業   67(6) 489-491   2014年6月
Y. Deguchi, J. S. Moreno, S. Panero, B. Scrosati, H. Ohno, and G. B. Appetecchi
Electrochem. Commun.   43 5-8   2014年6月   [査読有り]
Y. Nikawa, K. Fujita, K. Noguchi, and H. Ohno
Acta Cryst.   E70(5) o549   2014年5月   [査読有り]
S. Hayakawa, H. Matsumura, N. Nakamura, M. Yohda, and H. Ohno
FEBS J.   281(5) 1409-1416   2014年5月   [査読有り]
J. Bandomir, A. Schulz, S. Taguchi, L. Schmitt, H. Ohno, K. Sternberg, K. -P. Schmitz, and U. Kragl
Macromolecular Chemistry and Physics   215(8) 716-724   2014年4月   [査読有り]

Misc

 
A.E.Frise, T. Ichikawa, M. Yoshio, H. Ohno, S.V.Dvinskikh. T. Kato, and I. Furó
Chem. Commun.   46(5) 728-730   2010年
M. Hirao, H. Sugimoto, and H. Ohno
J. Electrochemical Soc.   147(11) 4168-4172   2000年
クリーン溶媒としての有機イオン性液体
大野弘幸
ペトロテック   23 556-561   2000年
H. Ohno, C.Suzuki, K. Fukumoto, M. Yoshizawa, and K. Fujita、計5名
Chem. Lett.   32(5) 450-451   2003年
M. Yoshizawa and H. Ohno、計2名
Chem. Lett.   (9) 889-890   1999年

書籍等出版物

 
バイオ電池の最新動向 普及版 加納健司編 2章5節 イオン液体
大野弘幸 (担当:共著)
シーエムシー出版   2018年5月   ISBN:978-4-7813-1278-1
“Switchable hydrophobicity and hydrphilicity”, Chapter 4 in “Smart Materials; No. 29 Polymerized ionic liquids” edited by Ali Eftekhari
Y. Kohno and H. Ohno (担当:共著)
Royal Society of Chemistry   2017年9月   
Physical properties of ionic liquids for electrochemical applications, Chapter 3 in "Electrodeposition from ionic liquids, 2nd Edition" Ed. by F. Endres, et al.
H. Ohno (担当:共著)
Wiley VCH   2017年4月   ISBN:978-3-527-33602-9
”イオン液体を用いたタンパク質の分離” 第III編、第7章、「イオン液体研究最前線と社会実装」渡邉正義 監修
藤田恭子、大野弘幸 (担当:共著)
シーエムシー出版   2016年12月   ISBN:978-4-7813-1227-9
”アミノ酸イオン液体” 第II編、第2章「イオン液体研究最前線と社会実装」渡邉正義 監修
大野弘幸 (担当:共著)
シーエムシー出版   2016年12月   ISBN:978-4-7813-1227-9
High Performance Ionic Liquid Chromatography, Chapter 3.2 in “Analytical applications of ionic liquids”ed. by Mihkel Koel
K. Kuroda and H. Ohno (担当:共著)
World Scientific Publishing UK Ltd.,   2016年12月   ISBN:978-1-78634-071-9
「極限環境の生体分子」 日本化学会編 14章 「イオン液体へのタンパク質の可溶化と機能化」
大野弘幸 (担当:共著)
化学同人   2014年11月   
Chapter 2, Solubilization of biomass components with ionic liquids toward biomass energy conversions, in Production of biofuels and chemicals with ionic liquids
M. Abe and H. Ohno (担当:共著)
Springer   2014年1月   ISBN:978-94-007-7711-8
"Energy-Saving Biomass Processing with Polar Ionic Liquids" in "Research Approaches to Sustainable Biomass Systems"
Y. Fukaya and H. Ohno (担当:共著)
Academic Press   2013年10月   ISBN:978-0-12-404609-2
"Ionic liquids derived from natural sources" in "Ionic Liquids UnCOILed: Critical Expert Overviews"
J. Kagimoto and H. Ohno (担当:共著)
John Wiley   2012年12月   ISBN:978-0-470-07470-1
イオン液体の科学
西川恵子、大内幸雄、伊藤敏幸、大野弘幸、渡邉正義 (担当:共著)
丸善   2012年11月   ISBN:978-4-621-08612-4
最先端材料システム One Point (第2巻) イオン液体
大野弘幸 (担当:共著)
共立出版   2012年5月   ISBN:978-4-320-04426-5
バイオ電池の最新動向
大野弘幸 (担当:共著)
シーエムシー出版   2011年12月   ISBN:978-4-7813-0474-8
Materials science of DNA
N. Nishimura and H. Ohno (担当:共著)
CRC Press   2011年12月   ISBN:978-1-4398-2741-3
“Design of polar ionic liquids to solubilize cellulose without heating”in“Cellulose Solvents: For Analysis, Shaping and Chemical Modification”ACS Symposium Series Volume 1033
Y. Fukaya, K. Hayashi, S. S. Kim, and H. Ohno (担当:共著)
American Chemical Society   2010年2月   ISBN:978-0-8412-0006-7
イオン液体III -ナノ・バイオサイエンスへの挑戦-
大野弘幸ほか (担当:共著)
シーエムシー出版   2010年1月   ISBN:978-4-7813-0202-7
"Ionic Liquids" in Encyclopedia of Electrochemical Power Sources Vol. 2
H. Ohno (担当:共著)
Elsevier   2009年12月   ISBN:978-0-444-52745-5
イオン液体を用いたセルロース類の省エネ溶解
大野弘幸、深谷幸信 (担当:共著)
シーエムシー出版   2008年3月   ISBN:978-4-7813-0010-8
Physical properties of ionic liquids for electrochemical applications, Chapter 3 in “Electrodeposition from ionic liquids
Hiroyuki Ohno
Wiley VCH   2008年2月   ISBN:978-3-527-31565-9
ACS Symposium Series 975, Ionic liquids IV; Not just solvents anymore: New class of ionic liquids synthesized from amino acid and other bioderived materials
H. Ohno, K. Fukumoto, and J. Kagimoto (担当:共著)
American Chemical Society   2007年10月   ISBN:978-0-8412-7445-7
ACS Symposium Series 975, Ionic liquids IV; Not just solvents anymore: Columnar liquid crystalline imidazolium satls: Self-organized one-dimensional ion conductors
M. Yoshio, T. Mukai, H. Ohno, and T. Kato (担当:共著)
American Chemical Society   2007年10月   ISBN:978-0-8412-7445-7
エコマテリアルハンドブック 高性能常温溶融塩-イオン液体
大野弘幸
丸善   2006年12月   ISBN:978-4-621-07744-3
Zwitterionoic liquid/acid mixture as anhydrous proton conducting systems
M. Yoshizawa, D.R. MacFarlane, M. Forsyth, and H. Ohno (担当:共著)
Electrochemical Society Proceedings, Molten Salts XIV   2006年8月   
Preparation and characteristics of thermally stable polymer-in-zwitterionic liquid
M. Tamada, M. Yoshizawa, and H. Ohno (担当:共著)
Electrochemical Society Molten Salts XIV   2006年6月   
Novel ionic liquids composed of only heterocycles
H. Ohno, M. Kameda, K. Fukumoto, W. Ogihara, and M. Yoshizawa (担当:共著)
Electrochemical Society Molten Salts XIV   2006年6月   
Preparation and characteristics of ionic liquid copolymers for lithium ion conduction
W. Ogihara, B. Bonghot, and H. Ohno (担当:共著)
Electrochemical Society Molten Salts XIV   2006年6月   
イオン液体-ファイバーとの関わり- ファイバー:スーパーバイオミメティックス
大野弘幸
エヌティーエス(株)   2006年6月   ISBN:4-86043-132-4
基礎高分子科学
大野弘幸
東京化学同人   2006年6月   ISBN:4-8079-0635-6
電池革新が拓く次世代電源: バイオ燃料電池用酵素の表面化学修飾
中村暢文、大野弘幸 (担当:共著)
エヌティーエス(株)   2006年6月   ISBN:4-86043-102-2
イオン液体II-驚異的な進歩と多彩な近未来-
大野弘幸 ほか (担当:共著)
シーエムシー(株)   2006年3月   ISBN:4-88231-557-2
Novel solid polymer electrolytes composed of zwitterionic liquids and polymerized ionic liquids
H. Ohno, S. Washiro, and M. Yoshizawa (担当:共著)
ACS Symposium Series 913, Ionic liquids in polymer systems   2005年8月   ISBN:0841239363
Preparation and properties of polymerized ionic liquids as film electrolytes
H. Ohno, and M. Yoshizawa (担当:共著)
ACS Symposium Series 902   2005年8月   ISBN:0841238944
新規クロミック材料の設計・機能・応用 「クロミック材料のエバネッセント波分光測定法」
高橋浩三、大野弘幸 (担当:共著)
シーエムシー出版   2005年6月   ISBN:4-88231-502-5
有機エレクトロニクス 「イオン液体とデバイス応用」
大野弘幸
工業調査会   2005年6月   ISBN:978-47693-1241-3
Electrochemical Aspects of Ionic Liquids
H. Ohno (担当:共著)
Wiley Interscience   2005年3月   ISBN:0471648515
イオン伝導性 実験化学講座第5版 -26- 高分子化学
大野弘幸 (担当:共著)
丸善   2005年3月   ISBN:4-621-07325-7
実力養成化学スクール:実用高分子化学 「高分子の電子機能」
大野弘幸
丸善   2005年2月   ISBN:4-621-07557-8
イオン伝導性高分子
多数の執筆者による辞典 (担当:共著)
2004年   
ソフトマテリアルの新展開; (第8章)不揮発性高速プロトン伝導液体の設計
大野弘幸、向井知大 (担当:共著)
シーエムシー出版   2004年11月   ISBN:4-88231-474-6
グリーンケミストリーシリーズVol.2イオン性液体の機能創製と応用(第7講) イオン性液体デザインの現状と将来展望
大野弘幸
エヌティーエス出版   2004年2月   ISBN:4-86043-046-8
ラスチックス機能性高分子材料辞典(6章5節3項)イオン伝導性高分子
大野弘幸
産業調査会   2004年2月   ISBN:4-88282-564-3
イオン性液体デザインの現状と将来展望
8名の共同執筆 (担当:共著)
NTS   2004年2月   ISBN:4-86043-046-8
化学ってそういうこと! ―夢が広がる分子の世界―
日本化学会編、執筆者計78名 (担当:共著)
化学同人   2003年3月   ISBN:4-7598-0933-3
イオン性液体  開発の最前線と未来 未来
監修:大野弘幸、執筆者28名 (担当:共著)
シーエムシー出版   2003年3月   ISBN:978-4882313861
化学便覧  応用化学編第6版
分担執筆(日本化学会編、執筆者計約200名) (担当:共著)
丸善   2003年1月   ISBN:4-621-07138-6
生命工学への招待 ―基礎と応用-
分担執筆(編集:松永 是、執筆者計30名) (担当:共著)
朝倉書店   2002年4月   ISBN:4-254-17109-9
リチウム二次電池の技術革新と将来展望
大野弘幸
NTS   2001年6月   ISBN:4-900830-83-6
化学総説49 新型電池の材料化学
分担執筆(執筆者計50名) (担当:共著)
学会出版センター   2001年6月   ISBN:4-7622-2989-X
ぼくもノーベル賞をとるぞ!
執筆者計66名 編集委員長 (担当:共著)
朝日新聞社   2001年5月   ISBN:4-02-100045-3
“Synthesis and accelerated electron transfer reaction of protein hybrids” in “Precision polymers and nano-organized systems”
H. Ohno
Kodansha   2000年10月   ISBN:4-06-209656-0

講演・口頭発表等

 
有機水酸化物水溶液に溶解した木粉成分の酸添加による分画
秋葉隆、大野弘幸、中村暢文
第63回リグニン討論会   2018年11月2日   リグニン学会
好酸好熱性古細菌Sulfolobus tokodaii strain 7 由来シトクロムP450によるカフェインの脱メチル化反応の改良
畑中水希、武田康太、養王田正文、大野弘幸、中村暢文
第51回酸化反応討論会プログラム   2018年11月1日   日本化学会
イオン液体を用いたエマルションの解乳化についての検討
岡安耕佑、大野弘幸、中村暢文
第9回イオン液体討論会   2018年10月30日   イオン液体研究会
温度応答性を示すイオン液体由来ハイドロゲルのタンパク質吸脱着能の評価
濱健一朗、大野弘幸、中村暢文
第9回イオン液体討論会    2018年10月30日   オン液体研究会
LCST 型相転移挙動を示すイオン液体/NaCl 水溶液混合系を利用した混合エントロピー電池の構築
柴田大貴、大野弘幸、中村暢文
第9回イオン液体討論会   2018年10月30日   イオン液体研究会

Works

 
ガス濃縮用イオン性液体に関する研究
2004年6月 - 2005年3月
プロトン伝導体の設計及びそれに関する研究
芸術活動   2005年9月 - 2006年3月
電気化学的ガス濃縮に関する研究
芸術活動   2005年4月 - 2006年3月
プロトン伝導体の設計及びそれに関する研究
芸術活動   2004年7月 - 2005年3月
酸化還元機能を有するイオン液体系に関する研究
芸術活動   2006年6月 - 2007年3月

競争的資金等の研究課題

 
水和イオン液体及び高分子化イオン液体を基礎とする生命科学用"場"の設計
研究期間: 2017年 - 2019年
分離型イオン液体を利用した低温駆動型吸収冷凍サイクルの開発
研究期間: 2017年 - 2017年
分離型イオン液体を利用した低温駆動型吸収冷凍サイクルの開発
研究期間: 2016年 - 2016年
高分子化したイオン液体に束縛された水分子数の可逆的な制御
研究期間: 2014年 - 2016年
バイオサイエンスを支えるイオン液体の開発
研究期間: 2009年 - 2013年
バイオサイエンスを支えるイオン液体の開発
研究期間: 2009年 - 2013年
高分子のパートナーとしての機能イオン液体の設計とエネルギー変換デバイスへの展開
研究期間: 2009年 - 2012年
イオン液体の科学
研究期間: 2007年 - 2007年
イオン液体の次元制御と機能制御による新機能発現
研究期間: 2005年 - 2009年
イオン液体を基幹物質とする高分子イオニクス材料科学の新展開           
研究期間: 2005年 - 2008年
高分子化したイオン性液体のイオニクス
研究期間: 2002年 - 2004年
高分子化したイオン性液体のイオニクス
研究期間: 2002年 - 2004年
不揮発性高速プロトン伝導液体の設計
研究期間: 2002年 - 2003年
DNAの溶融塩化とイオニクス材料としての開拓
研究期間: 2001年 - 2002年
非接触非破壊型光導波路分光測定法の開発と界面に固定したタンパク質の電極応答解析
研究期間: 1999年 - 2001年
室温溶融塩型イオン伝導性高分子の設計とイオニクスデバイスへの組み込み
研究期間: 1999年 - 2001年
高イオン伝導性ポリエーテル/塩ハイブリッドの合成と電気化学反応場としての評価
研究期間: 1997年 - 1998年
タンパク質ハイブリッドの合成と促進電子移動
研究期間: 1996年 - 1998年
アモルファス有機イオン伝導性高分子の設計と機能評価
研究期間: 1996年 - 1996年
高分子イオン伝導体を用いたタンパク質の固相電気化学
研究期間: 1995年 - 1995年
金属イオン認識能を持つ高分子イオン伝導体の合成と評価
研究期間: 1995年 - 1995年
ヘムタンパク質に耐熱性を賦与させるイオン伝導性高分子の設計と評価
研究期間: 1995年 - 1995年
イオン液体による革新的バイオリファイナリ―システムの創出
農林水産省農林水産技術会議: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
地域のリグニン資源が先導するバイオマス利用システムの技術革新
国立研究開発法人森林総合研究所: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
イオン液体による革新的バイオリファイナリ―システムの創出
農林水産省農林水産技術会議: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
地域のリグニン資源が先導するバイオマス利用システムの技術革新
独立行政法人森林総合研究所: 
研究期間: 2014年10月 - 2015年3月
イオン液体による革新的バイオリファイナリ―システムの創出
農林水産省農林水産技術会議: 
研究期間: 2014年8月 - 2015年3月
化学分野にかかる学術研究動向に関する調査研究及び学術振興方策に関する調査研究
独立行政法人日本学術振興会: 
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
化学に関する学術研究動向調査研究及び科研費分科細目の改正に係るフォローアップ
独立行政法人日本学術振興会: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
化学分野に関する学術振興方策及び学術動向の調査研究
独立行政法人日本学術振興会: 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
高プロトン伝導性イオン液体固定化膜に関する研究
日産自動車株式会社/総合研究所 燃料電池研究所: 
研究期間: 2007年10月 - 2008年3月
多糖類溶解剤
日清紡績株式会社: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
酸化還元機能を有するイオン液体系に関する研究
日産自動車株式会社/社会・フロンティア研究所: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
酸化還元機能を有するイオン液体系に関する研究
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2006年6月 - 2007年3月
高速プロトン伝導性イオン液体の創出
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月
プロトン伝導体の設計及びそれに関する研究
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2005年9月 - 2006年3月
電気化学的ガス濃縮に関する研究
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月
プロトン伝導体の設計及びそれに関する研究
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2004年7月 - 2005年3月
ガス濃縮用イオン性液体に関する研究
日産自動車株式会社: 
研究期間: 2004年6月 - 2005年3月

特許

 
加藤 隆史, 吉尾 正史, 一川 尚広, 大野 弘幸
山根 友和, 竹川 寿弘, 大野 弘幸, 守屋 強, 小原 智, 多田 健太郎, 小島 邦彦
加藤 隆史, 吉尾 正史, 岸本 健史, 大野 弘幸, 飯沼 洋介, 宮内 和彦, 岸井 豊, 西口 恭子
加藤 隆史, 吉尾 正史, 一川 尚広, 大野 弘幸
山根 友和, 小川 弘志, 竹川 寿弘, 大野 弘幸, 荻原 航, 金村 聖志
山根 友和, 小川 弘志, 竹川 寿弘, 大野 弘幸, 荻原 航, 金村 聖志
小川 弘志, 竹川 寿弘, 金村 聖志, 大野 弘幸, 荻原 航
大野 弘幸, 水雲 智信, 吉田 正広, 菅 孝剛
エディ マルワンタ, 水雲 智信, 大野 弘幸
エディ マルワンタ, 水雲 智信, 大野 弘幸
大野 弘幸, 吉沢 正博, 福元 健太, 稲垣 隆司
加藤 隆史, 蟹江 澄志, 吉尾 正史, 大野 弘幸, 吉澤 正博
大野 弘幸, 西村 直美, 小久保 智子
大野 弘幸, 伊藤 香織, 栗原 雅人, 丸山 哲, 古林 眞, 大江 一英
大野 弘幸, 河原 夏江, 天野 伊三郎, 鈴木 挙直, 千葉 晃嗣