新海 暁男

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/16 22:56
 
アバター
研究者氏名
新海 暁男
 
シンカイ アケオ
eメール
akeo.shinkairiken.jp
URL
http://www.riken.jp/
所属
理化学研究所
学位
農学博士(東京大学)
科研費研究者番号
10391989
ORCID ID
orcid.org/0000-0002-9867-0832

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2013年3月
理化学研究所 チームリーダー
 
2002年10月
 - 
現在
理化学研究所 先任研究員
 
1999年11月
 - 
2001年6月
ワシントン大学 客員研究員
 
1991年4月
 - 
2002年9月
協和発酵工業(株) 東京研究所 研究員
 

学歴

 
1988年4月
 - 
1991年3月
東京大学大学院 農学系研究科博士後期課程 農芸化学専攻
 
1986年4月
 - 
1988年3月
名古屋大学大学院 農学研究科博士前期課程 農芸化学専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
名古屋大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2013年10月
 - 
2017年9月
BMC Microbiology  Associate Editor
 
2012年7月
 - 
2015年12月
Structural Biology (Hindawi Publishing Corporation)  Editorial Board
 
2012年3月
 - 
2014年2月
Dataset Papers in Biology (Hindawi Publishing Corporation)  Editorial Board
 

論文

 
Taylor DW, Zhu Y, Staals RH, Kornfeld JE, Shinkai A, van der Oost J, Nogales E, Doudna JA
Science (New York, N.Y.)   348(6234) 581-585   2015年5月   [査読有り]
Takano H, Agari Y, Hagiwara K, Watanabe R, Yamazaki R, Beppu T, Shinkai A, Ueda K
Microbiology (Reading, England)   160 2650-2660   2014年12月   [査読有り]
Staals RH, Zhu Y, Taylor DW, Kornfeld JE, Sharma K, Barendregt A, Koehorst JJ, Vlot M, Neupane N, Varossieau K, Sakamoto K, Suzuki T, Dohmae N, Yokoyama S, Schaap PJ, Urlaub H, Heck AJ, Nogales E, Doudna JA, Shinkai A, van der Oost J
Molecular cell   56(4) 518-530   2014年11月   [査読有り]
Iwanaga N, Ide K, Nagashima T, Tomita T, Agari Y, Shinkai A, Kuramitsu S, Okada-Hatakeyema M, Kuzuyama T, Nishiyama M
Extremophiles : life under extreme conditions   18 995-1008   2014年11月   [査読有り]
Ohyama H, Sakai T, Agari Y, Fukui K, Nakagawa N, Shinkai A, Masui R, Kuramitsu S
BMC genomics   15 386   2014年5月   [査読有り]
Staals RH, Agari Y, Maki-Yonekura S, Zhu Y, Taylor DW, van Duijn E, Barendregt A, Vlot M, Koehorst JJ, Sakamoto K, Masuda A, Dohmae N, Schaap PJ, Doudna JA, Heck AJ, Yonekura K, van der Oost J, Shinkai A
Molecular cell   52(1) 135-145   2013年10月   [査読有り]
Agari Y, Sakamoto K, Yutani K, Kuramitsu S, Shinkai A
Proteins   81 1166-1178   2013年7月   [査読有り]
Asada Y, Sugahara M, Mizutani H, Naitow H, Tanaka T, Matsuura Y, Agari Y, Ebihara A, Shinkai A, Kuramitsu S, Yokoyama S, Kaminuma E, Kobayashi N, Nishikata K, Shimoyama S, Toyoda T, Ishikawa T, Kunishima N
Acta crystallographica. Section D, Biological crystallography   69 914-919   2013年5月   [査読有り]
Agari Y, Sakamoto K, Kuramitsu S, Shinkai A
Journal of bacteriology   194(17) 4630-4641   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
新海 暁男
生化学   87(4) 454-458   2015年8月   [査読有り]
新海 暁男
生物物理   54(5) 247-252   2014年10月   [査読有り][依頼有り]
新海 暁男
ライフサイエンス新着論文レビュー      2013年11月   [依頼有り]
CRISPR
新海 暁男
生化学   83(9) 863   2011年9月   [依頼有り]
Structure and function of stationary-phase-dependent regulatory protein from Thermus thermophilus HB8
Agari Y, Shinkai A
SPring-8 Research Frontiers 2008   36-37   2009年3月   [依頼有り]
海老原 章郎、新海 暁男、中川 紀子、増井 良治、三木 邦夫、横山 茂之、倉光 成紀
日本結晶学会誌   48(6) 403-410   2006年12月   [査読有り]
Escherichia coli DNA polymerase I: The conserved active site motif A is highly mutable
Shinkai A, Patel PH, Loeb LA
FASEB journal   15 A522   2001年3月

書籍等出版物

 
動物学の百科辞典
新海 暁男 (担当:分担執筆, 範囲:9.生体防御 原核生物における防御機構(コラム)ー制限酵素とCRISPR)
丸善出版   2018年9月   ISBN:978-4-621-30309-2 C3545
ポストシークエンスタンパク質実験法(2)試料調製法
新海 暁男、白水 美香子、横山 茂之 (担当:分担執筆, 範囲:第1章 1・4 動物細胞での発現)
東京化学同人   2002年10月   ISBN:9784807911356

講演・口頭発表等

 
De novo DNAメチル化制御の生化学的研究に向けて
新海 暁男
第13回日本エピジェネティクス研究会年会   2019年5月   
高度好熱菌 Thermus thermophilus のType III CRISPR-Casシステムを構成しているリボヌクレオタンパク質複合体の構造と機能
新海 暁男
BMB2015   2015年12月   
新海 暁男
第13回日本蛋白質科学会年会ワークショップ"まだまだ残されている「重要な機能未知タンパク質」の機能発見"   2013年6月   
新海 暁男、上利 佳弘、坂本 恵子
第84回日本生化学大会シンポジウム“機能未知蛋白質の機能発見への挑戦”   2011年9月   
Akeo Shinkai, Yoshitaka Bessho, Yoshihiro Agari, Hitoshi Iino, Kenji Fukui, Aya Kitamura, Keiko Sakamoto, Kwang Kim, Ryoji Masui, Shigeyuki Yokoyama, Seiki Kuramitsu
6th International Conference on Structural Genomics   2011年5月   
Akeo Shinkai
Meeting on CRISPR Mechanisms & Applications 2010   2010年10月   
新海 暁男
第32回分子生物学会年会ワークショップ“RNAとイントロン進化の最前線”   2009年12月   
新海 暁男、上利 佳弘、坂本 恵子
第82回日本生化学大会シンポジウム“ポストゲノムシーケンス時代: 機能未知タンパク質群の機能発見のチャンス到来!”   2009年10月   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 新海 暁男
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 新海 暁男
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 新海 暁男

特許

 
設楽 研也, 佐藤 光男, 榊原 敏弘, 古谷 安希子, 廣田 真意子, 新海 暁男, 柴田 健志, 太田 紀夫, 西川 哲夫, 磯貝 隆夫, 杉山 友康, 石井 静子
穴澤 秀治, 新海 暁男, 花井 陳雄, 庄司 絵美, 古谷 安希子
新海 暁男, 小牟田 真弓, 穴澤秀治, 中村真子
設楽 研也, 伊東 幹人, 花井 陳雄, 新海 暁男, 穴澤 秀治, 澁谷 正史
柴田 健志, 山▲崎▼ 基生, 吉田 哲郎, 水上 民夫, 新海 暁男, 穴澤 秀治
吉末 元, 斎藤 暁子, 中川 智, 久我 哲郎, 小池 正道, 新海 暁男, 西 達也