山本 浩史

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/06 12:08
 
アバター
研究者氏名
山本 浩史
 
ヤマモト ヒロシ
URL
http://www.ims.ac.jp/research/prof/yamamoto.html
所属
分子科学研究所
部署
協奏分子システム研究センター
職名
教授
学位
博士(理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
分子科学研究所 教授
 
2012年
 - 
現在
東京工業大学 連携教授
 
2012年
 - 
現在
理化学研究所 客員主幹研究員
 
2007年
 - 
2012年
理化学研究所 専任研究員
 
2000年
 - 
2006年
理化学研究所 研究員
 
1999年
 - 
2000年
理化学研究所 基礎科学 特別研究員
 
1998年
 - 
1999年
学習院大学 理学部 物理学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻
 
 
 - 
1993年
東京大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本化学会  物理化学ディビジョン 幹事
 
2011年4月
 - 
2012年3月
Molecular Science  編集委員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
理研  研究者会議 代表幹事
 
2008年4月
 - 
2010年3月
理研  研究者会議
 
2007年10月
 - 
現在
日本学術振興会  情報科学用有機材料第142委員会 運営委員
 

受賞

 
2010年4月
理化学研究所 理研研究奨励賞
 
Development of organic electronics and Mott-FET based on molecular conductors
2009年9月
分子科学会 分子科学会奨励賞
 
分子性導体のデバイス化と有機モットFETの開発
2009年8月
PRL Editors’ Suggestion
 
Field-induced carrier delocalization in the strain-induced Mott insulating state of an organic superconductor
2009年8月
Royal Society of Chemistry Publishing, CrystEngComm Prize
 
Halogen-bonded supramolecular assembly in molecular conductors
2009年5月
PRB Editor' Suggestion
 
Superconductivity on the border of a spin-gapped Mott insulator: NMR studies of the quasi-two-dimensional organic system EtMe3P[Pd(dmit)2]2
2008年5月
PRB Editor' Suggestion
 
Inhomogeneous site charges at the boundary between the insulating, superconducting, and metallic phases of β"-type bis -ethylenedithio-tetrathiafulvalene molecular charge-tranfer salts.
2007年3月
理化学研究所 第1回理研男女共同参画推進大賞
 
2006年
JPSJ Editors' Choice
 
Out-of-plane Resistance of Quasi-two Dimensional Metal (BEDT-TTF)3Cl(DFBIB) in Transverse Magnetic Fields

論文

 
Yamamoto HM, Nakano M, Suda M, Iwasa Y, Kawasaki M, Kato R
Nature communications   4 2379   2013年   [査読有り]
KAWASUGI Yoshitaka, YAMAMOTO Hiroshi M., TAJIMA Naoya, FUKUNAGA Takeo, TSUKAGOSHI Kazuhito, KATO Reizo
Phys Rev Lett   103(11) 116801.1-116801.4   2009年9月
H. M. Yamamoto, Y. Kosaka, R. Maeda, J. Yamaura, A. Nakao, T. Nakamura, and R. Kato
ACS Nano   2(1) 143-155   2008年1月   [査読有り]

Misc

 
Masayuki Suda, Yoshitaka Kawasugi, Takeo Minari, Kazuhito Tsukagoshi, Reizo Kato and Hiroshi M. Yamamoto
Advanced Materials      2014年3月   [査読有り]
Takubo N, Tajima N, Yamamoto HM, Kato R
Journal of Physics: Condensed Matter   26 055603   2014年1月   [査読有り]
Hiroshi M. Yamamoto, Yoshitaka Kawasugi, Hengbo Cui, Masaki Nakano, Yoshihiro Iwasa and Reizo Kato
European Journal of Inorganic Chemistry      2014年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
" [招待有り]
Malaysian Chemical Congress   2014年11月   
NIMS Conference   2014年7月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費・基盤研究(S)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
電子相関を利用した新原理有機デバイスの開発
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 さきがけ
研究期間: 2009年 - 2012年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山本 浩史
結晶性超分子ナノワイヤーの多芯化による金属化を目指して、Crystal Engineeringに基づく新物質開発研究を実施した。目的としていた構成分子の合成には成功し、これを用いたハロゲン結合ネットワークの構築も出来たが、ネットワーク同士の相互貫入のため、多芯ワイヤーの構築には到らなかった。一方で得られたネットワーク構造は、直交ワイヤー結晶の様式を内在しており、今後の物質開発につながる重要な手がかりを得ることが出来た。
分子性ナノ構造体における、超分子相互作用を利用した電子状態制御
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2002年10月 - 2008年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山本 浩史
本課題では、(DMe-DCNQI)_2Mのナノ/マイクロサイズ単結晶をSiO_2/Si^<++>基板上で電極から直接成長させ、その基礎物性とデバイス特性を測定する。(DMe-DCNQI=2,5-dimethyl-N,N'-dicyanoquinonediimine; M=Ag, Cu)18年度には基板上に成長した幅100nm,長さ40μmの(DMe-DCNQI-d7)_2Cu単結晶に対して、レーザー加工機を用いて4端子を配置し、その抵抗測定を行った。その結果、この結晶は低温まで金属的な振る...

特許

 
スイッチング素子
特願2006-082199
Element, Thin Film Transistor and Sensor Using the Same, and Method of Manufacturing Element
PCT/JP2005/007945
Monocrystal, Nano Wire Material, Electronic Element, and Method of Producing Nano Wire Material
PCT/JP2005/011393

その他

 
2013年9月   新聞掲載
科学新聞
「有機物に電圧を加えると動作 世界初の超電導スイッチ」
2013年8月   新聞掲載
日本経済新聞
「超電導トランジスタ 有機材料使い開発」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2601Q_W3A820C1TJM000/
日経産業新聞
「超電導トランジスタ開発 有機材で実用的に」
2012年8月   新聞掲載
中日新聞
「超伝導の状態で電流オン•オフ」
http://yamamoto-tokyo.jp/assets/files/Chu-nichi.jpg
2009年9月
chemical & Engineering News
"Halogen bonding beings to fly"
http://www.riken.jp/lab-www/molecule/topics/20090921Yamamoto-press.pdf
2008年6月   新聞掲載
化学工業日報
「有機モットFET開発ー移動度が大幅に向上ー」
http://www.riken.jp/lab-www/molecule/topics/20080624press.pdf
日経産業新聞
「FET電子の動き1000倍にー理研、シリコン代替へー」
http://www.riken.jp/lab-www/molecule/topics/20080624press2.pdf