権藤 洋一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 18:14
 
アバター
研究者氏名
権藤 洋一
 
ゴンドウ ヨウイチ
URL
http://mls.med.u-tokai.ac.jp/gondo/
所属
東海大学
部署
医学部
職名
特任教授
学位
Ph.D.(University of Colorado, Boulder)

プロフィール

専門 遺伝学。ゲノム学。高等動物のミュータジェネシスを一貫して研究。現在は、超高速シーケンサーなどを用いて、ゲノム全体から変異や多型を網羅的に検出することによって、分子進化、集団遺伝、ゲノム機能などの解析研究を行っている。そのための情報解析ツールの整備開発も行なっている。こういった研究内容やゲノム研究を中心とした生命科学が今後の社会にもたらすであろうインパクトなど、中学生から一般向けまで、出前授業、市民セミナー、サイエンスカフェなどを通して広報活動も行なっている。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年1月
 - 
現在
東海大学 医学部 教授
 
1999年8月
 - 
2017年12月
国立研究開発法人理化学研究所 チームリーダー
 
1995年4月
 - 
1999年7月
東海大学総合医学研究所 助教授
 
1993年4月
 - 
1995年3月
九州大学生体防御研究所 講師
 
1990年10月
 - 
1993年3月
東海大学医学部 助手
 
1989年7月
 - 
1990年9月
米国フォックスチェース癌センター ポストドクトラル研究員
 
1987年11月
 - 
1989年7月
米国ジャクソン研究所 ポストドクトラル研究員
 

学歴

 
 
 - 
1987年
米国コロラド大学大学院 分子細胞発生生物学 
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本遺伝学会  評議員(全国区)
 
2014年
 - 
現在
Genes and Genetic Systems  編集顧問
 
2012年
 - 
現在
公益財団法人放射線影響研究所  科学諮問委員
 
2012年
 - 
現在
MicroArray Quality Control (MAQC)/Sequencing Quality Control (SEQC) Consortium  Member
 
2015年
 - 
2016年
International Mammalian Genome Society  Nomination and Election Committee Member
 
2011年
 - 
2014年
日本遺伝学会  評議員(全国区)
 
2002年
 - 
現在
ゲノムテクノロジー第164委員会  委員
 
2006年
 - 
2009年
International Mammalian Genome Society  Secretariat
 

受賞

 
2009年
第8回国際ゲノム会議組織委員会 Excellent Poster Award
 
2010年
日本遺伝学会 ベストペーパー賞
 
2012年
X-GENE COngress & EXPO Oxford Nanopore Excellent Poster Award
 

論文

 
Fratta P, Sivakumar P, Humphrey J, Lo K, Ricketts T, Oliveira H, Brito-Armas JM, Kalmar B, Ule A, Yu Y, Birsa N, Bodo C, Collins T, Conicella AE, Mejia Maza A, Marrero-Gagliardi A, Stewart M, Mianne J, Corrochano S, Emmett W, Codner G, Groves M, Fukumura R, Gondo Y, Lythgoe M, Pauws E, Peskett E, Stanier P, Teboul L, Hallegger M, Calvo A, Chiò A, Isaacs AM, Fawzi NL, Wang E, Housman DE, Baralle F, Greensmith L, Buratti E, Plagnol V, Fisher EM, Acevedo-Arozena A
EMBO Journal   37(11) e98684   2018年6月   [査読有り]
Forward and reverse genetics to model human diseases in the mouse.
Gondo Y, Makino S, Fukumura R
Animal Models for the Study of Human Disease   2nd Ed 727-752   2017年6月   [招待有り]
Li B, Qing T, Zhu J, Wen Z, Yu Y, Fukumura R, Zheng Y, Gondo Y, Shi L
Scientific Reports   7 4200   2017年6月   [査読有り]
Ichimura S, Sasaki S, Murata T, Fukumura R, Gondo Y, Ikegawa S, Furuichi T
Experimental Animals   66(2) 137-144   2017年5月   [査読有り]
MAKINO Shigeru, FUKUMURA Ryutaro, GONDO Yoichi
Scientific Reports   6 39608   2016年12月   [査読有り]
Masumura K, Toyoda-Hokaiwado N, Ukai A, Gondo Y, Honma M, Nohmi T
Mutation Research   810 30-39   2016年11月   [査読有り]
Toki H, Minowa O, Inoue M, Motegi H, Karashima Y, Ikeda A, Kaneda H, Sakuraba Y, Saiki Y, Wakana S, Suzuki H, Gondo Y, Shiroishi T, Noda T
Biochem Biophys Res Commun   476(4) 175-182   2016年8月   [査読有り]
Inoue M, Toki H, Matsui J, Togashi Y, Dobashi A, Fukumura R, Gondo Y, Minowa O, Tanaka N, Mori S, Takeuchi K, Noda T
Carcinogenesis   37(5) 452-460   2016年5月   [査読有り]
Masumura K, Toyoda-Hokaiwado N, Ukai A, Gondo Y, Honma M, Nohmi T
Genes and Environment   38 10   2016年4月   [査読有り]
Kim YJ, Kang Y, Park HY, Lee JR, Yu DY, Murata T, Gondo Y, Hwang JH, Kim YH, Lee CH, Rhee M, Han PL, Chung BH, Lee HJ, Kim KS.
Experimental and Molecular Medicine   48 e212   2016年2月   [査読有り]
Mun HS, Saab BJ, Ng E, McGirr A, Lipina TV, Gondo Y, Georgiou J, Roder JC.
Scientific Reports   5 17697   2015年12月   [査読有り]
Shibata N, Ohoka N, Sugaki Y, Onodera C, Inoue M, Sakuraba Y, Takakura D, Hashii N, Kawasaki N, Gondo Y, Naito M
J Biol Chem   290(47) 28428-28437   2015年11月   [査読有り]
Hirose S, Touma M, Go R, Katsuragi Y, Sakuraba Y, Gondo Y, Abe M, Sakimura K, Mishima Y, Kominami R
International Immunology   27(4) 205-215   2015年4月   [査読有り]
Sakamaki A, Katsuragi Y, Otsuka K, Tomita M, Obata M, Iwasaki T, Abe M, Sato T, Ochiai M, Sakuraba Y, Aoyagi Y, Gondo Y, Sakimura K, Nakagama H, Mishima Y, Kominami R
Carcinogenesis   36(6) 622-631   2015年6月   [査読有り]
Makino S, Zhulyn O, Mo R, Puviindran V, Zhang X, Murata T, Fukumura R, Ishitsuka Y, Kotaki H, Matsumaru D, Ishii S, Hui CC, Gondo Y
PLoS One   10(3) e0119455   2015年3月   [査読有り]
Arime Y, Fukumura R, Miura I, Mekada K, Yoshiki A, Wakana S, Gondo Y, Akiyama K
Behavioral and Brain Functions   10 45   2014年12月   [査読有り]
Murata T, Ishitsuka Y, Karouji K, Kaneda H, Toki H, Nakai Y, Makino S, Fukumura R, Kotaki H, Wakana S, Noda T, Gondo Y
Scientific reports   4 6959   2014年11月   [査読有り]
Toki H, Inoue M, Minowa O, Motegi H, Saiki Y, Wakana S, Masuya H, Gondo Y, Shiroishi T, Yao R, Noda T
Cancer Science   105(10) 1360-1368   2014年10月   [査読有り]
SEQC/MAQC-III Consortium
Nature Biotechnology   32(9) 903-914   2014年9月   [査読有り]
SEQC/MAQC-III Consortium
Zhenqiang Su, Paweł P Łabaj, Sheng Li, Jean Thierry-Mieg, Danielle Thierry-Mieg, Wei Shi, Charles Wang, Gary P Schroth, Robert A Setterquist, John F Thompson, Wendell D Jones, Wenzhong Xiao, Weihong Xu, Roderick V Jensen, ...
Ohno M, Sakumi K, Fukumura R, Furuichi M, Iwasaki Y, Hokama M, Ikemura T, Tsuzuki T, Gondo Y, Nakabeppu Y
Scientific Reports   4 4689   2014年4月   [査読有り]
Ohnishi T, Murata T, Watanabe A, Hida A, Ohba H, Iwayama Y, Mishima K, Gondo Y, Yoshikawa T
The Journal of Biological Chemistry   289(15) 10785-10796   2014年4月   [査読有り]
Uchimura A, Hara Y, Gondo Y, Nakabeppu Y
Genes and Genetic Systems   89(2) 93-95   2014年   [査読有り]
Katsuragi Y, Anraku J, Nakatomi M, Ida-Yonemochi H, Obata M, Mishima Y, Sakuraba Y, Gondo Y, Kodama Y, Nishikawa A, Takagi R, Ohshima H, Kominami R
Mechanisms of Development   130(9-10) 482-492   2013年9月   [査読有り]
Toki H, Inoue M, Motegi H, Minowa O, Kanda H, Yamamoto N, Ikeda A, Karashima Y, Matsui J, Kaneda H, Miura I, Suzuki T, Wakana S, Masuya H, Gondo Y, Shiroishi T, Akiyama T, Yao R, Noda T
Cancer Science   104(7) 937-944   2013年7月   [査読有り]
Rivkin E, Almeida SM, Ceccarelli DF, Juang YC, MacLean TA, Srikumar T, Huang H, Dunham WH, Fukumura R, Xie G, Gondo Y, Raught B, Gingras AC, Sicheri F, Cordes SP
Nature   498(7454) 318-324   2013年6月   [査読有り]
Shoji H, Toyama K, Takamiya Y, Wakana S, Gondo Y, Miyakawa T
BMC research notes   5 108   2012年2月   [査読有り]
Lazar NL, Singh S, Paton T, Clapcote SJ, Gondo Y, Fukumura R, Roder JC, Cain DP
Behavioural Brain Research   224(1) 73-79   2011年10月   [査読有り]
Janes DE, Chapus C, Gondo Y, Clayton DF, Sinha S, Blatti CA, Organ CL, Fujita MK, Balakrishnan CN, Edwards SV
Genome Biology and Evolution   3 102-113   2011年1月   [査読有り]
Gondo Y, Murata T, Makino S, Fukumura R, Ishitsuka Y
Current Topics in Behavioral Neurosciences   7 1-35   2011年   [査読有り]
Gondo Y
Journal of Genetics and Genomics   37(9) 559-572   2010年9月   [査読有り]
Furuse T, Wada Y, Hattori K, Yamada I, Kushida T, Shibukawa Y, Masuya H, Kaneda H, Miura I, Seno N, Kanda T, Hirose R, Toki S, Nakanishi K, Kobayashi K, Sezutsu H, Gondo Y, Noda T, Yuasa S, Wakana S
The European Journal of Neuroscience   31(7) 1281-1291   2010年4月   [査読有り]
Sato H, Suzuki T, Ikeda K, Masuya H, Sezutsu H, Kaneda H, Kobayashi K, Miura I, Kurihara Y, Yokokura S, Nishida K, Tamai M, Gondo Y, Noda T, Wakana S
Molecular Vision   16 378-391   2010年3月   [査読有り]
Gondo Y, Fukumura R, Murata T, Makino S
Experimental Animals   59(5) 537-548   2010年   [査読有り]
Wada Y, Furuse T, Yamada I, Masuya H, Kushida T, Shibukawa Y, Nakai Y, Kobayashi K, Kaneda H, Gondo Y, Noda T, Shiroishi T, Wakana S
Experimental Animals   59(4) 495-510   2010年   [査読有り]
Labrie V, Fukumura R, Rastogi A, Fick LJ, Wang W, Boutros PC, Kennedy JL, Semeralul MO, Lee FH, Baker GB, Belsham DD, Barger SW, Gondo Y, Wong AH, Roder JC
Human Molecular Genetics   18(17) 3227-3243   2009年9月   [査読有り]
Gondo Y, Fukumura R, Murata T, Makino S
BMB Reports   42(6) 315-323   2009年6月   [査読有り]
Gondo Y, Fukumura R
Progress in Brain Research   179 29-34   2009年   [査読有り]
Sakuraba Y, Kimura T, Masuya H, Noguchi H, Sezutsu H, Takahasi KR, Toyoda A, Fukumura R, Murata T, Sakaki Y, Yamamura M, Wakana S, Noda T, Shiroishi T, Gondo Y
Mammalian genome : official journal of the International Mammalian Genome Society   19(10-12) 703-712   2008年10月   [査読有り]
Kaminuma E, Masuya H, Miura I, Motegi H, Takahasi KR, Nakazawa M, Matsui M, Gondo Y, Noda T, Shiroishi T, Wakana S, Toyoda T
Journal of Bioinformatics and Computational Biology   6(5) 905-917   2008年10月   [査読有り]
Gondo Y
Nature Reviews Genetics   9(10) 803-810   2008年10月   [査読有り]
Erickson RP, McQueen CA, Chau B, Gokhale V, Uchiyama M, Toyoda A, Ejima F, Maho N, Sakaki Y, Gondo Y
Biochemical and Biophysical Research Communications   370(2) 285-288   2008年5月   [査読有り]
Masuya H, Nishida K, Furuichi T, Toki H, Nishimura G, Kawabata H, Yokoyama H, Yoshida A, Tominaga S, Nagano J, Shimizu A, Wakana S, Gondo Y, Noda T, Shiroishi T, Ikegawa S
Human Molecular Genetics   16(19) 2366-2375   2007年10月   [査読有り]
Takahasi KR, Sakuraba Y, Gondo Y
BMC Molecular Biology   8 52   2007年6月   [査読有り]
Clapcote SJ, Lipina TV, Millar JK, Mackie S, Christie S, Ogawa F, Lerch JP, Trimble K, Uchiyama M, Sakuraba Y, Kaneda H, Shiroishi T, Houslay MD, Henkelman RM, Sled JG, Gondo Y, Porteous DJ, Roder JC
Neuron   54(3) 387-402   2007年5月   [査読有り]
Masuya H, Sezutsu H, Sakuraba Y, Sagai T, Hosoya M, Kaneda H, Miura I, Kobayashi K, Sumiyama K, Shimizu A, Nagano J, Yokoyama H, Kaneko S, Sakurai N, Okagaki Y, Noda T, Wakana S, Gondo Y, Shiroishi T
Genomics   89(2) 207-214   2007年2月   [査読有り]
Niimi N, Sugo N, Aratani Y, Gondo Y, Katsuki M, Koyama H
Mutagenesis   21(1) 55-59   2006年1月   [査読有り]
Masuya H, Inoue M, Wada Y, Shimizu A, Nagano J, Kawai A, Inoue A, Kagami T, Hirayama T, Yamaga A, Kaneda H, Kobayashi K, Minowa O, Miura I, Gondo Y, Noda T, Wakana S, Shiroishi T
Mammalian Genome   16(11) 829-837   2005年11月   [査読有り]
Sakuraba Y, Sezutsu H, Takahasi KR, Tsuchihashi K, Ichikawa R, Fujimoto N, Kaneko S, Nakai Y, Uchiyama M, Goda N, Motoi R, Ikeda A, Karashima Y, Inoue M, Kaneda H, Masuya H, Minowa O, Noguchi H, Toyoda A, Sakaki Y, Wakana S, Noda T, Shiroishi T, Gondo Y
Biochemical and Biophysical Research Communications   336(2) 609-616   2005年10月   [査読有り]
Masuya H, Shimizu K, Sezutsu H, Sakuraba Y, Nagano J, Shimizu A, Fujimoto N, Kawai A, Miura I, Kaneda H, Kobayashi K, Ishijima J, Maeda T, Gondo Y, Noda T, Wakana S, Shiroishi T
Human Molecular Genetics   14(5) 575-583   2005年3月   [査読有り]
[ENU mouse mutagenesis and advanced reverse genetics].
Sakuraba Y, Gondo Y
Tanpakushitsu Kakusan Koso. Protein, nucleic acid, enzyme   49(17 Suppl) 2642-2648   2004年12月   [招待有り]
Inoue M, Sakuraba Y, Motegi H, Kubota N, Toki H, Matsui J, Toyoda Y, Miwa I, Terauchi Y, Kadowaki T, Shigeyama Y, Kasuga M, Adachi T, Fujimoto N, Matsumoto R, Tsuchihashi K, Kagami T, Inoue A, Kaneda H, Ishijima J, Masuya H, Suzuki T, Wakana S, Gondo Y, Minowa O, Shiroishi T, Noda T
Human Molecular Genetics   13(11) 1147-1157   2004年6月   [査読有り]
Masuya H, Nakai Y, Motegi H, Niinaya N, Kida Y, Kaneko Y, Aritake H, Suzuki N, Ishii J, Koorikawa K, Suzuki T, Inoue M, Kobayashi K, Toki H, Wada Y, Kaneda H, Ishijima J, Takahashi KR, Minowa O, Noda T, Wakana S, Gondo Y, Shiroishi T
Mammalian Genome   15(5) 404-411   2004年5月   [査読有り]
Sagai T, Masuya H, Tamura M, Shimizu K, Yada Y, Wakana S, Gondo Y, Noda T, Shiroishi T
Mammalian Genome   15(1) 23-34   2004年1月   [査読有り]
Okada T, Gondo Y, Goto J, Kanazawa I, Hadano S, Ikeda JE
Human Genetics   110(4) 302-313   2002年4月   [査読有り]
Shiraishi K, Shimura T, Taga M, Uematsu N, Gondo Y, Ohtaki M, Kominami R, Niwa O
Radiation Research   157(6) 661-667   2002年6月   [査読有り]
Matsuyama N, Hadano S, Onoe K, Osuga H, Showguchi-Miyata J, Gondo Y, Ikeda JE
Genomics   69(1) 72-85   2000年10月   [査読有り]
Saitoh Y, Miyamoto N, Okada T, Gondo Y, Showguchi-Miyata J, Hadano S, Ikeda JE
Genomics   67(3) 291-300   2000年8月   [査読有り]
Ise K, Nakamura K, Nakao K, Shimizu S, Harada H, Ichise T, Miyoshi J, Gondo Y, Ishikawa T, Aiba A, Katsuki M
Oncogene   19(26) 2951-2956   2000年6月   [査読有り]
Shioyama Y, Gondo Y, Nakao K, Katsuki M
Jpn J Cancer Res (Cancer Science)   91(5) 482-491   2000年5月   [査読有り]
Murai H, Takeuchi S, Nakatsu Y, Ichikawa M, Yoshino M, Gondo Y, Katsuki M, Tanaka K
Mutation Research   450(1-2) 181-192   2000年5月   [査読有り]
Sunahara S, Nakamura K, Nakao K, Gondo Y, Nagata Y, Katsuki M
Biochemical and Biophysical Research Communications   268(2) 590-595   2000年2月   [査読有り]
Radiation-induced mutations in the spleen and brain of lacZ transgenic mice.
Nakamura S, Ikehata H, Komura J, Hosoi Y, Inoue H, Gondo Y, Yamamoto K, Ichimasa Y, Ono T
International Jounal of Radiation Biology   76(3) 431-440   2000年3月   [査読有り]
Yamamoto K, Sakai H, Hadano S, Gondo Y, Ikeda JE
Biochem Biophys Res Commun   264(3) 998-1006   1999年11月   [査読有り]
Muto S, Yokoi T, Gondo Y, Katsuki M, Shioyama Y, Fujita K, Kamataki T
Carcinogenesis   20(3) 421-424   1999年3月   [査読有り]
Gondo Y, Okada T, Matsuyama N, Saitoh Y, Yanagisawa Y, Ikeda JE
Genomics   54(1) 39-49   1998年11月   [査読有り]
Yamada A, Fujita K, Yokoi T, Muto S, Suzuki A, Gondo Y, Katsuki M, Kamataki T
Biochem Biophys Res Commun   250(1) 150-153   1998年9月   [査読有り]
Shibata H, Yoshino K, Sunahara S, Gondo Y, Katsuki M, Ueda T, Kamiya M, Muramatsu M, Murakami Y, Kalcheva I, Plass C, Chapman VM, Hayashizaki Y
Genomics   35(1) 248-252   1996年7月   [査読有り]
Kitamoto T, Nakamura K, Nakao K, Shibuya S, Shin RW, Gondo Y, Katsuki M, Tateishi J
Biochem Biophys Res Commun   222(3) 742-747   1996年5月   [査読有り]
Gondo Y, Shioyama Y, Nakao K, Katsuki M
Mutation Research   360(1) 1-14   1996年5月   [査読有り]
Norimura T, Nomoto S, Katsuki M, Gondo Y, Kondo S
Nature Medicine   2(5) 577-580   1996年5月   [査読有り]
Gondo Y, Brilliant MH
Electrophoresis   16(2) 174-178   1995年   [査読有り]
Brilliant MH, Gondo Y, Magliocco A
Electrophoresis   16(2) 163-167   1995年2月   [査読有り]
Gondo Y, Nakamura K, Nakao K, Sasaoka T, Ito K, Kimura M, Katsuki M
Biochem Biophys Res Commun   202(2) 830-837   1994年7月   [査読有り]
Gondo Y, Gardner JM, Nakatsu Y, Durham-Pierre D, Deveau SA, Kuper C, Brilliant MH
Proc Natl Acad Sci USA   90(1) 297-301   1993年1月   [査読有り]
Brilliant MH, Gondo Y, Eicher EM
Pigment Cell Research   5 271-274   1992年11月   [査読有り]
Gardner JM, Nakatsu Y, Gondo Y, Lee S, Lyon MF, King RA, Brilliant MH
Science   257(5073) 1121-1124   1992年8月   [査読有り]
Lyon MF, King TR, Gondo Y, Gardner JM, Nakatsu Y, Eicher EM, Brilliant MH
Proc Natl Acad Sci USA   89(15) 6968-6972   1992年8月   [査読有り]
Brilliant MH, Gondo Y
Pigment Cell Research   5 271-273   1992年11月   [査読有り]
Nakatsu Y, Gondo Y, Brilliant MH
Mammalian Genome   2(1) 69-71   1992年   [査読有り]
Brilliant MH, Gondo Y, Eicher EM
Science   252(5005) 566-569   1991年4月   [査読有り]
Beeson J, Gondo Y, Sueoka N
Gene   24(2-3) 237-244   1983年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Animal Models for the Study of Human Diseases, 2nd Ed. by P. Michael Conn
GONDO Yoichi, Shigeru MAKINO, Ryutaro FUKUMURA (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 28 Forward and Reverse Genetics to Model Human Diseases in the Mouse.)
Academic Press   2017年6月   ISBN:9780128094686
Animal Models for the Study of Human Diseases
GONDO Yoichi (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 34 Mouse Models for Human Diseases by Forward and Reverse Genetics)
Academic Press   2013年   ISBN:978-0-12-415894-8
Animal Models for the Study of Human Diseases, Ed. by P. Michael Conn
https://www.sciencedirect.com/book/9780124158948/animal-models-for-the-study-of-human-disease
https://doi.org/10.1016/C2011-0-05225-0
"Megasatellite DNA." Y.Gondo,J.-E .Ikeda
Nature Encycopedia of the Human Genome   2003年   
Knowledge-based intelligent information engineering systems & allied technology KES'2001“Bioinformatics for the large-scale mouse mutagenesis project.” Gondo, Y.
IOS Press   2001年   

Works

 
Sacsin遺伝子の個体レベルにおける機能解析研究
2004年 - 2007年
Disc1,Srr,CBP,NCS-1およびRtn4r遺伝子の個体レベルにおける機能解析研究
2004年 - 2007年
Nat1遺伝子 (MMU08C1)の個体レベルにおける機能解析研究
2002年 - 2005年
CREB binding protein (MMU16), Dtnbp1 (MMU13B1), frequenin homolog (MMU02B) and reticulon 4R (MMU16) 遺伝子の個体レベルにおける機能解析研究
2003年 - 2004年
COMT遺伝子 (MMU16A2), Per1 (MMU11B3)遺伝子, Per2遺伝子 (MMU1C5), Per3遺伝子 (MMU4E2)および KCNE1遺伝子 (16C4) の個体レベルにおける機能解析研究
2002年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
微量変異原評価を可能とする全ゲノム解読に基づく網羅的自然発生突然変異検出系の開発
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 権藤 洋一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2016年    代表者: 権藤 洋一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 権藤 洋一
独自に開発したENU 変異マウスライブラリーが有する点突然変異を、従来法の1000 倍以上の効率で超高速高精度に検出し、リソースとして公開する基盤を確立した。成功の鍵は、次世代シーケンサーとマウスexome 濃縮システムの導入であった。ゲノム全体のコーディング変異に特価した検出が可能となったことで、変異間相互作用をも捉え、複合形質や多因子疾患のモデルマウス開発へと当初の目的を越えて一気に開発を進めた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 権藤 洋一
総数3000万のENU誘発点突然変異をもつ1万匹の雄マウスを凍結精子として系統保存した。そのゲノムDNAもすべてアーカイブ化した。疾患モデル開発や遺伝子機能解明にむけ、この膨大なゲノム機能解析資源から、外部研究者が簡便に標的遺伝子に点突然変異マウスを入手できるシステムを整備構築するが本研究の目的である。4年間で、分担班員それぞれが提案した遺伝子にPCRプライマーを設計し、権藤が順調にアーカイブから変異を発見した。また、本研究班での成果を基に一般ユーザーへの公開も推進し、班員を含め国内外43...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 権藤 洋一
RS447メガサテライトDNAはヒト4p15に20〜100コピータンデム反復し多型と変動に富む。RS447単位長4746bpに1590bpのORFがあり脱ユビキチン化酵素USP17をコードし、少なくとも哺乳動物種によく保存されていた。以上より本研究では、ゲノム進化研究と実験解析のためのモデル系開発も視野に入れ、単離していたチャイニーズハムスター、ラットのRS447相同配列の解析とヒトRS447導入マウスの系統化を試みた。データベースのマウスDUB-1、-2配列も加え比較したところ、ヒトとの...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 権藤 洋一
世代間10%という超可変性を示すヒト4p15領域に存在するRS447メガサテライトDNAは単位長4746bpのタンデム反復配列構造をもつ。単位長内には1590bpからなるORF様配列があり脱ユビキチン化酵素と高い相同性を示す。RS447相同配列はサル、ウシ、ウサギ、イヌ、ブタ、チャイニーズハムスター、ラットにも存在し、イヌ、マウス以外ではタンデム反復構造も示唆された。チャイニーズハムスターやラットよりも、マウスDUB-1、DUB-2の方が、ヒトRS447配列と高い相同性を示したが、マウスに...
情報解析シュミレーション、データマイニングまで、高速ネットワーク上の大規模データベースに基づく成長型情報処理システム構築
研究期間: 2000年   
点突然変異マウスライブラリーから特定疾患候補遺伝子に変異を探しモデル動物とするgene-driven mutagenesis
研究期間: 2000年   
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 権藤 洋一
98年度にヒトゲノムにおけるRS447メガサテライトDNAという新しい概念を公に認められ(Gondo et al.,Genomics 1998)、詳細な解析を進めたところ、タンデムコピー数が親子間で10%の高頻度で変動し(Okada et al.,in preparation)、また、junk DNAなどと異なりその反復単位のなかに活性をもつ脱ユビキチン化酵素をコードし、5'上流にプロモーター活性もあった(Saitoh et al.,Molec.Cell Biol.submitted)。こ...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 権藤 洋一
遺伝子機能をもちながら超可変性を示すヒトゲノムの変動の機構および機能を研究する。まず、親子間で10%の変動をしめすRS447メガサテライトDNAは、体細胞では変動がみられないので生殖細胞とくに減数分裂期の非等価組換えによってコピー数が増減するという仮説を立てた。その検証のためにモデル動物系を確立した。調べた哺乳動物すべてにRS447メガサテライト相同配列が存在し、チャイニーズハムスター、ラットから相同クローンを得た。タンデムコピー数がそれぞれ75および10と推定された。遺伝子としてはやはり...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 権藤 洋一
ヒトゲノムにおけるメガサテライトDNAという新しい概念を提唱し、認められ(Gondo et al.,Genomic 54 : 39-49,1998)、分子進化的な研究にも発展できるよう、ヒト以外の哺乳動物のRS447相同配列の単離に着手した。98年にチャイニーズハムスターおよび99年にラットのゲノムDNAから相同配列クローンを得た。その中で独立なクローン3つずつの全塩基配列を決定したところ、単位長はチャイニーズハムスター4976〜4996bp、ラット5917〜5920bpであり、種内での互...
遺伝学と情報科学を融合させゲノムの生物機能解明のため遺伝情報学
研究期間: 1999年   
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 権藤 洋一
本年度の最大の成果は、ヒト4p15から単離した単位長4746bpがらなるRS447タンデム反復配列について、詳細なマッピング、コピー間の変異度、集団内のコピー数の多型度、さらに、種間保存性を踏まえて提唱していた「メガサテライトDNA」という新しい概念をついに公式に認められたことである(Gondo et al.,Genomics54:39-49,1998)。7月に福岡で開催された国際集団遺伝学シンポジウムにおいて、分子進化の面からも注目されるとともに、2月にはKeystoneシンポジウム「D...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 権藤 洋一
ヒト第4染色体短腕部4p16.3にマップされているハンチントン病原因遺伝子のポジショナルクローニングの過程において、新規のタンデム反復配列をもつコスミドクローンCRS447が得られた(Kogi et al.,Genomics 42:278-283,1997)。CRS447は、4746bpを単位長とする重連重複した反復構造をしており、その単位配列をRS447と呼んでいる。FISHによる染色体マッピング解析の結果、RS447は4p15に強いシグナルが、8p-ter領域に弱いシグナルが認められた...
文部科学省: 科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 権藤 洋一
突然変異をポジティブに検出できる大腸菌rpsL遺伝子を導入したマウスを開発し、自然発生突然変異や環境変異原のもつ遺伝毒性を、鋭敏かつ簡便に検定できる系を確立した。権藤は、pML4導入マウスに加え、新しくpSSW導入マウスも確立した。これにより1)バックグランド突然変異体頻度が1×10^<-5>に下がる、2)検定効率が約3倍になる、3)メチル化されたシャトルベクターも効率よく検定できる、4)生じる塩基変化はいずれの系とも同じである、ということが明らかになった(権藤、中村、若林)。変異原として...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 権藤 洋一
本研究ではマウス体細胞における特定遺伝子座近傍の相同組換えを鋭敏に検出し、その領域を分子レベルで解析する系を確立することを第一の目的とした。まずneo-tkカセットを利用した系でマウスp53遺伝子座にHSV-tkを導入したアリルTを確立し、その野生型とのヘテロ接合体W/TをGANC選択でW/Wおよび高濃度G418でT/Tホモ接合体の組換え修復体を得る系を用いた。これをC57BL/6とCBAのF1細胞株であるTT2において確立することにより、組換え修復を分子レベルで解析できる基礎系を確立した...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 権藤 洋一
本研究では、がん遺伝子、がん抑制遺伝子をジーンターゲティング法などを用いて、破壊、置換、導入を行なった。そのための方法の開発と、個体に及ぼす実際の影響を解析した。また、遺伝子の突然変異が発がんと関わっていることが、分子、細胞レベルから明らかなとなっているので、個体レベルでの検証も行なった。そのためのトランスジェニックマウスも開発した。H-ras遺伝子欠損マウスは正常のものと差がみられなかったので、N-ras遺伝子およびK-ras遺伝子欠損マウスを作成した。N-ras遺伝子欠損マウスはやはり...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 権藤 洋一
ジーンターゲッティングを用いてマウス第II染色体上のp53遺伝子座にneo-tkカセットを標的導入した胚幹(ES)細胞を確立し,染色体の相同組換えに関与する一連の現象を解析した。成果として、二段階のジーンターゲッティングを施し、遺伝子置換を普遍的に行ない得ることを実際に証明した。さらにこの過程で予期されなかったジーンコンバージョンによる偽相同組換え体が、25%程度の頻度で必ず付随して得られることを示し、また、野生型アリル(W)とneo-tkアリル(T)をもつヘテロ接合体(W/T)ES細胞に...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 権藤 洋一
マウスES細胞CCE株のp53遺伝子のジーンターゲッティングを行ない、4タイプの組換え導入体を得た。導入実験を独立に2回行ない、得られた全G418耐性株をサザーン法にて解析した。1回目:G418耐性57株の内、相同組換え体13株、重複相同組換え体2株、ランダム導入体35株、ジーンコンバージョン型組換え体7株。2回目:G418耐性58株中、相同組換え体21株、重複相同組換え体2株、ランダム導入体30株、ジーンコンバージョン型組換え体5株であった。ゆえに、4つの導入パターンが、ほぼ同頻度で繰り...
ゲノム配列と生物情報を繋ぐ情報処理DB の開発
高速大規模分子生物学/ゲノム解析システム開発
高速大規模発生工学システム構築
新規変異(SNP)発見システム開発
点突然変異生物個体ライブラリー構築
ゲノム創薬/遺伝子機能モデル動物
高速高精度ゲノム配列解析/QTL マッピング
バイオメトリックス/バイオイメージング
データベース情報処理
育種/ミュータジェネシス

特許

 
サンプル保存ケースおよびサンプル保存ケースの収納ラック
2001-319360
NAIPトランスジェニック動物
2000-032319