安東 宏徳

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 19:06
 
アバター
研究者氏名
安東 宏徳
 
アンドウ ヒロノリ
URL
https://www.sc.niigata-u.ac.jp/sc/sadomarine/
所属
新潟大学
部署
理学部附属臨海実験所
職名
教授
学位
理学博士(早稲田大学), 理学修士(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
新潟大学 理学部 教授
 
2011年4月
 - 
2014年3月
新潟大学 理学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
九州大学 大学院農学研究院 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
九州大学 大学院農学研究院 助教授
 
1997年3月
 - 
1998年6月
トロント大学 医学部 客員研究員
 
1993年3月
 - 
2004年3月
北海道大学 理学部 助手
 
1991年4月
 - 
1993年2月
三菱化成生命科学研究所 特別研究員
 
1990年4月
 - 
1991年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
早稲田大学 大学院理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 博士後期課程
 
1985年4月
 - 
1987年3月
早稲田大学 大学院理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 博士前期課程
 
1981年4月
 - 
1985年3月
早稲田大学 教育学部 理学科 生物学専修
 

受賞

 
2011年9月
Zoological Science Award(藤井賞)
 
2009年9月
Zoological Science Award(藤井賞)
 

論文

 
Tanaka H, Oishi G, Nakano Y, Mizuta H, Nagano Y, Hiramatsu N, Ando H, Shimizu M
General and comparative endocrinology   257 184-191   2018年2月   [査読有り]
Shahjahan M, Kitahashi T, Ando H
General and comparative endocrinology   243 138-145   2017年3月   [査読有り]
Qui X, Undap SL, Honda M, Sekiguchi T, Suzuki N, Shimasaki Y, Ando H, Sato-Okoshi W, Wada T, Sunobe T, Takeda S, Munehara H, Yokoyama H, Momoshima N, Oshima Y
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   311 121-126   2017年1月   [査読有り]
© 2016, Akadémiai Kiadó, Budapest, Hungary. Radionuclide concentrations in wharf roaches inhabiting coastal areas of Honshu, Japan, were investigated in October 2011 and June 2012. Relative high concentrations of110mAg (2.1–127 Bq kg-wet−1),134Cs ...
Shahjahan M, Doi H, Ando H
General and comparative endocrinology   227 77-83   2016年2月   [査読有り]
Shahjahan M, Doi H, Ando H
General and comparative endocrinology   210 152-160   2015年1月   [査読有り]
Ando H, Ogawa S, Shahjahan M, Ikegami T, Doi H, Hattori A, Parhar I
Journal of neuroendocrinology   26(7) 459-467   2014年7月   [査読有り]
Undap SL, Matsunaga S, Honda M, Sekiguchi T, Suzuki N, Khalil F, Qiu X, Shimasaki Y, Ando H, Sato-Okoshi W, Sunobe T, Takeda S, Munehara H, Oshima Y
Ecotoxicology and environmental safety   96 75-79   2013年10月   [査読有り]
Ando H, Shahjahan M, Hattori A
General and comparative endocrinology   181 211-214   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
安東宏徳
比較生理生化学   35 45-53   2018年
クサフグの松果体におけるメラトニン受容体遺伝子のウルトラディアン発現-クサフグの半月周性産卵リズムとの関連-
安東宏徳
比較内分泌学   42 7-8   2016年
クサフグの半月周性産卵回遊行動とホルモン
安東宏徳
海洋と生物   37 569-575   2015年
魚類行動生理学-体系化と水産科学としての発展を目指して
棟方有宗、安東宏徳、小林牧人
海洋と生物   37 555-557   2015年
安東宏徳、小沼健、浦野明央
比較内分泌学   35 7-23   2009年

書籍等出版物

 
序論、サケとクサフグの産卵回遊
回遊・渡り-巡(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ)   2016年   
光と脊椎動物の生活史
光と生命の事典   2016年   
Gonadotropin-releasing hormone, Thyrotropin-releasing hormone, Somatostatin, Glycoprotein hormone, Follicle-stimulating hormone, Luteinizing hormone, Thyroid-stimulating hormone, Gonadal hormones
Handbook of Hormones-Comparative Endocrinology for Basic and Clinical Research   2015年   
Neuroendocrine control of lunar-synchronized spawning rhythm in grass puffer.
Sexual Plasticity and Gametogenesis in Fishes   2013年   
サケ類の回遊と浸透圧
サケ学入門   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
成長ホルモン分泌促進因子としてのメラニン凝集ホルモンの潜在機能探究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 高橋 明義
月周時計の実体解明への挑戦:月周産卵フグを用いた分子基盤の確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 安東 宏徳
体内時計と光、潮汐による生殖リズムの形成機構とその可塑性
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 安東 宏徳
佐渡産の海洋生物の標本を用いた理科実験法の開発とICT活用の研究
早稲田大学: 受託研究員研究費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 安東 宏徳
月周同調産卵におけるキスペプチン-GnRH系の制御機構と機能の解明
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 安東 宏徳