久保 拓弥

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/24 17:41
 
アバター
研究者氏名
久保 拓弥
 
クボ タクヤ
通称等の別名
久保
URL
http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~kubo/
所属
北海道大学
部署
大学院地球環境科学研究院 環境生物科学部門 陸域生態学分野
職名
助教
学位
博士 (理学)(九州大学)
ORCID ID
0000-0001-6202-9624

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
Matsumura Yoko, Kubo Takuya
ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE   4(8)    2017年8月   [査読有り]
Araki Kiwako S., Kubo Takuya, Kudoh Hiroshi
PLOS ONE   12(5)    2017年5月   [査読有り]
Araya Takao, Kubo Takuya, von Wiren Nicolaus, Takahashi Hideki
JOURNAL OF INTEGRATIVE PLANT BIOLOGY   58(3) 254-265   2016年3月   [査読有り]
Nabeshima Eri, Kubo Takuya, Yasue Koh, Hiura Tsutom, Funada Ryo
TREES-STRUCTURE AND FUNCTION   29(4) 1273-1281   2015年8月   [査読有り]
Iida Yoshiko, Poorter Lourens, Sterck Frank, Kassim Abd Rahman, Potts Matthew D, Kubo Takuya, Kohyama Takashi S
Ecology   95(2) 353-363   2014年2月   [査読有り]
Ohno Yuko, Ogiyama Yuki, Kubota Yoshino, Kubo Takuya, Ishii Kojiro
NUCLEIC ACIDS RESEARCH   44(1) 232-244   2016年1月   [査読有り]
Miyata R, Kubo T, Nabeshima E, Kohyama TS
Annals of botany   108(7) 1279-1286   2011年11月   [査読有り]
Iida Yoshiko, Kohyama Takashi S., Kubo Takuya, Kassim Abd Rahman, Poorter Lourens, Sterck Frank, Potts Matthew D.
Functional Ecology   25(6) 1260-1268   2011年12月   [査読有り]
Iida Yoshiko, Poorter Lourens, Sterck Frank J, Kassim Abd R, Kubo Takuya, Potts Matthew D, Kohyama Takashi S
Functional Ecology   26(1) 274-282   2012年2月   [査読有り]
Miyazaki S, Murakami T, Kubo T, Azuma N, Higashi S, Miura T
Proceedings. Biological sciences / The Royal Society   277(1690) 1953-1961   2010年7月   [査読有り]
Kamiyama Chiho, Oikawa Shimpei, Kubo Takuya, Hikosaka Kouki
Oecologia   164(3) 591-599   2010年11月   [査読有り]
A Bayesian analysis of the temporal change of local density of proboscis monkeys: implications for environmental effects on a fission-fusion society
Anthropology   235   2010年
Nabeshima Eri, Kubo Takuya, Hiura Tsutom
Forest Ecology and Management   259(6) 1055-1066   2010年3月   [査読有り]
Matsuda Ikki, Kubo Takuya, Tuuga Augustine, Higashi Seig
American Journal of Physical Anthropology   142(2) 235-245   2010年6月   [査読有り]
久保 拓弥
電子情報通信学会誌   92(10) 881-885   2009年10月
Mori Yosuke, Nagamitsu Teruyoshi, Kubo Takuya
Population Ecology   51(1) 175-186   2009年1月   [査読有り]
Shimizu Akira, Kubo Takuy
Lichenologist   41 285-297   2009年5月   [査読有り]
久保 拓弥
日本生態学会誌   59(2) 187-196   2009年7月
観測データの背後にある生態学的なプロセスを特定するときに、データの空間構造に由来する空間的自己相関(空間相関)のある「場所差」はとりあつかいの難しい「ノイズ」である。空間相関のある「場所差」はrandom effectsとして統計モデルの中で表現するのがよい。近年よく使われているGLMMなど簡単な階層ベイズモデルでは空間相関のあるrandom effectsをうまくあつかえない。そこで空間相関をうまく表現できるintrinsic Gaussian CAR modelの概要を説明し、単純化し...
Thallus growth and apothecium production of two highland umbilicate lichens
The Lichenologist   41 285   2009年
久保 拓弥, 竹中 明夫, 粕谷 英一
日本生態学会誌   58(3) 219-224   2008年11月
Lian C, Goto S, Kubo T, Takahashi Y, Nakagawa M, Hogetsu T
Molecular ecology   17(12) 2948-2962   2008年6月   [査読有り]
Kubo Takuya, Kobayashi Tsuyoshi, Kato Kyoko, Nishimura Seiichi, Uemura Shigeru, Ono Kiyomi, Sumida Akihiro, Hara Toshihiko
Agricultural and Forest Meteorology   148(8-9) 1293-1304   2008年7月   [査読有り]
Kubo Takuya, Kobayashi Tsuyosh
Ecological Modelling   200(3-4) 467-474   2007年1月   [査読有り]
久保 拓弥
数学セミナー   46(11) 16-22   2007年11月
久保 拓弥, 粕谷 英一
日本生態学会誌   56(2) 181-190   2006年8月
生態学のデータ解析で一般化線形モデル(generalized linear model; GLM)が普及していくにつれ「GLMだけでは説明がむずかしい現象」にも注目が集まりつつある。たとえば「過分散」(overdispersion)はわれわれがあつかう観測データによくあらわれるパターンであり、これは「あり・なし」データやカウントデータのばらつきがGLMで解析できなくなるほど大きくなることだ。この過分散の原因のひとつは個体差・ブロック差といった「直接は観測されてないがばらつきを増大させる効果...
Kubo, T and Kohyama, T. 2005. Abies population dynamics simulated using a functional-structural tree model. Ecological Research 20:255-269.*
   2005年
Uraguchi, A. and Kubo, T. 2005. Responses to light in individual growth and reproduction of two Acer species and their long-term consequences. Ecological Research 20:177-187.*
   2005年
Kohyama, T., Kubo, T. and Macklin, E. 2005. Effect of temporal autocorrelation on apparent growth rate variation in forest tree census data and an alternative distribution function of tree growth rate. Ecological Research. 20: 11-15.*
   2005年
Kubo T, Kohyama
Ecological Research   20(3) 255-269   2005年   [査読有り]
Uraguchi A, Kubo
Ecological Research   20(2) 177-187   2005年   [査読有り]
久保 拓弥
生物科学   54(3) 188-192   2003年3月
樹木の個体・個体群・群集の問題を取りあつかう生態学のデータ解析ではさまざまな統計学的手法が駆使される.同時にこれらの手法についてよく理解されぬまま間違って用いられている事例も散見する.ここではよく普及しているごく簡単な誤用二例を紹介する.対数変換してから直線回帰することで生じる問題,そして「割り算指標」とその分母の間で「負の相関を創作」してしまう失敗である.どちらも観測データの「確率分布を見ない」解析方針に原因がある.統計学的なデータ解析では背後にある確率論的モデルを考え,それらに合致した...
Kohyama, T., Suzuki, E., Partomihardjo, T., Yamada, T., and Kubo, T. 2003. Tree species differentiation in growth, recruitment and allometry in relation to maximum height in a Bornean mixed dipterocarp forest. J. Ecol., 91:797-806.*
   2003年
小林 剛, 久保 拓弥, 中谷 暢丈, 佐久川 弘
大気環境学会年会講演要旨集   (44)    2003年
Kohyama T, Suzuki E, Partomihardjo T, Yamada T, Kubo
Journal of Ecology   91(5) 797-806   2003年   [査読有り]
Kubo, T. 2002. Individual-based Model of Forest Dynamics. in Ecological Studies 158:167-183. ``Diversity and Interaction in a Temperate Fosret Community: Ogawa Forest Reserve of Japan'' (Nakashizuka and Matsumoto eds.) Springer-Verlag, Tokyo.*
   2002年
Kubo T, Nakashizuka T, Matsumoto
Diversity and Interaction in a Temperate Forest Community   158 167-183   2002年   [査読有り]
久保 拓弥
科学   71(1) 86-91,図61   2001年1月
この論文ファイルは投稿時の原稿をもとに作成されており、実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正レベルの異同があることがあります。森林はどう時間変化していくのか ―― その動態機構を解明するために調査区を設定し, 区画内の樹木個体の消長を追跡する"毎木調査"が世界各地で行われている. 本稿では この毎木調査の長期観測データを解析する 新しい方法論 ―― "計算機集約的な還元と再構成" を紹介する. この新しい方法論は, 従来の過度に抽象化された動態モデルを廃して より現実的なものに置き換え...
Nanami S, Kawaguchi H, Kubo
Ecological Research   15(2) 159-164   2000年   [査読有り]
Kubo T, Kohyama T, Potts MD, Ashton P
Journal of Tropical Ecology   16 753-756   2000年   [査読有り]
Katori M, Kizaki S, Terui Y, Kubo
Fractals-an Interdisciplinary Journal on the Complex Geometry of Nature   6(1) 81-86   1998年   [査読有り]
Satake A, Kubo T, Iwasa
Journal of Theoretical Biology   195(4) 465-479   1998年   [査読有り]
Kubo T, Ida
Ecological Modelling   111(2-3) 223-235   1998年   [査読有り]
Klinkhamer PGL, Kubo T, Iwasa
Journal of Evolutionary Biology   10(4) 529-550   1997年   [査読有り]
Iwasa Y, Kubo
Evolutionary Ecology   11(1) 41-65   1997年   [査読有り]
Kubo T, Iwasa Y, Furumoto
Journal of Theoretical Biology   180(3) 229-246   1996年   [査読有り]
VanDam NM, DeJong TJ, Iwasa Y, Kubo
Functional Ecology   10(1) 128-136   1996年   [査読有り]
Iwasa Y, Kubo T, VanDam N, DeJong T
Theoretical Population Biology   50(2) 124-148   1996年   [査読有り]
Kubo T, Iwasa
Theoretical Population Biology   49(1) 90-117   1996年   [査読有り]
IWASA Y, KUBO
Ecological Modelling   77(2-3) 257-271   1995年   [査読有り]
KUBO T, IWASA
Evolution   49(4) 694-704   1995年   [査読有り]
Iwasa Y, Kubo T, Sato
Vegetatio   121(1-2) 127-134   1995年   [査読有り]
巌佐 庸, 佐藤 一憲, 久保 拓弥
森林科学 : 日本林学会会報   (10) 19-23   1994年2月
巌佐 庸, 久保 拓弥, 佐藤 一憲
数理解析研究所講究録   828 126-137   1993年4月

Misc

 
中川 震一, 久保 拓弥
統計数理 = Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics   64(1) 105-121   2016年6月
久保 拓弥, 甲山 隆司
日本生態学会大会講演要旨集   50(0) 185-185   2003年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 久保 拓弥
2000年以来継続している廿日市市周辺の定点観察地77か所のアリ相調査を実施し,1か所で新たにアルゼンチンアリの侵入が確認された.しかし,採集状況が不自然であったため,定期調査以降に4回にわたって新侵入地とその周辺を探索したが,アルゼンチンアリを発見することができず,定期調査で採集された個体は,調査者の衣服等に付着していたものが偶然採集された可能性が高いと考えられ,そうすると2011年度は新侵入地が記録されなかったことになる.侵入後に在来アリ相が変化していく過程を多数の地点で追跡し,その置...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 甲山 隆司
種多様性の高い東南アジア熱帯~暖温帯多雨林の樹木群集の共存機構を解明する目的で、森林追跡センサスに基づき、群集全体に共通する環境傾度依存性と種・個体特異的な動態(樹木サイズ依存的成長・死亡と新規加入)のパラメータを、ベイズモデルによって一斉に推定し、群集レベルの動態パラメータ間のトレード・オフと、それを反映した撹乱応答を解析した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 甲山 隆司
マレーシア熱帯多雨林において、樹種間の樹冠形態特性を解明し、林冠葉群三次元構造を記述する手法を確立した。個体の樹冠構造に基づく林冠三次元構造解析と葉群リモートセンシングという二つのアプローチを用いた。200種の樹冠ディメンション間の関係を階層ベイズモデルを用いて推定した。樹種間差は、最大到達サイズと耐陰性で大きく説明され、それぞれ、垂直方向の葉群分布と、水平方向のギャップ動態による光不均質性という環境構造に対応していた。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 粕谷 英一
生態データ、とくに野外でのそれは、空間的な相互依存性や不均一性、個体差などの特徴を持つだめ、当然考慮すべきと考えられる効果をフルに組み込んだ統計的なデータ解析は純然たる実験的な場合を除けば容易ではなく、実際には近似的な単純化された解析が行なわれるのが普通であった。本研究では、とくに生態データの解析のためのベイズモデルや神経回路網モデル、擬似尤度モデルなどを開発した、従来の方法では推定できなかった構造や機能を観測データから抽出することに成功した。林冠構造の三次元構造をMCMC(マルコフ連鎖モ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 東 正剛
本研究プロジェクトにより、スーパーコロニー(SC)を形成するエゾアカヤマアリの感覚子レベルにおける巣仲間認識と行動レベルでの攻撃性の関係が明らかとなった。このアリは、クロオオアリの角で発見されたものと同じ体表炭化水素識別感覚子を持ち、巣仲間であってもパルスを発しており、中枢神経系で識別していると考えられる。しかし、SC外の他コロニーの個体に対する反応よりは遥かに穏やかな反応であり、体表炭化水素を識別する機能は失われていないと考えられる。また、SC内ではこの感覚子の反応強度と巣間距離の間に緩...