中原 健二

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/06 18:16
 
アバター
研究者氏名
中原 健二
 
ナカハラ ケンジ
eメール
knakaharres.agr.hokudai.ac.jp
URL
http://plantvirus.lsv.jp/wordpress/
所属
北海道大学
部署
大学院農学研究院 基盤研究部門 生物資源科学分野 植物病原学研究室
職名
講師
学位
博士(農学)

研究分野

 
 

論文

 
Taninaka, Y., Nakahara, K.S., Yuka Hagiwara-Komoda, Y.
Microbiology and Immunology      2019年11月   [査読有り]
Wang, Y., Xu, W., Abe, J., Nakahara, K.S., Hajimorad, M.R.
Phytopathology      2019年9月   [査読有り]
Osmani, Z, Jin, S, Mikami, M, Endo, M, Atarashi, H, Fujino, K, Yamada, T, Nakahara, KS
Methods in Molecular Biology   2028 153-165   2019年6月   [招待有り]
Abe J, Wang Y, Yamada T, Sato M, Ono T, Atsumi G, Abe J, Hajimorad MR, Nakahara KS
Mol Plant-Microbe Interactions   32 1026-1037   2019年3月   [査読有り]
Eun Jin Jeon, Kazuki Tadamura, Taiki Murakami, Junichi Inaba, Bo Min Kim, Masako Sato, Go Atsumi, Kazuyuki Kuchitsu, Chikara Masuta, Kenji S. Nakahara
Journal of Virology   91 e00761-17   2017年9月   [査読有り]
中原 健二
生化学   89 436-440   2017年7月   [招待有り]
Taiki Murakami, Ryou Tayama, Kenji S. Nakahara
Journal of General Plant Pathology      2016年8月   [査読有り]
Go Atsumi, Haruka Suzuki, Yuri Miyashita, Sun Hee Choi, Yusuke Hisa, Shunsuke Rihei, Ryoko Shimada, Eun Jin Jeon, Junya Abe, Kenji S. Nakahara, Ichiro Uyeda
Journal of Virology   90(16) 7388-7404   2016年6月   [査読有り]
Yuri Miyashita, Go Atsumi, Kenji S. Nakahara
Molecular Plant-microbe interactions   29(8) 595-598   2016年6月   [査読有り]
Yuka Hagiwara-Komoda, Sun Hee Choi, Masanao Sato, Go Atsumi, Junya Abe, Junya Fukuda, Mie N. Honjo, Atsushi J. Nagano, Keisuke Komoda, Kenji S. Nakahara, Ichiro Uyeda, Satoshi Naito
Scientific Reports   6 21411   2016年2月   [査読有り]
Kenji S. Nakahara, Kei Nishino, Ichiro Uyeda
Methods in Molecular Biology   1236 219-227   2015年   [招待有り]
忠村一毅, 中原健二
化学と生物   52(12) 805-813   2014年12月   [招待有り]
Kenji S. Nakahara, Chikara Masuta
Current Opinion in Plant Biology   20 88-95   2014年5月   [査読有り][招待有り]
Yusuke Hisa, Haruka Suzuki, Go Atsumi, Sun Hee Choi, Kenji S. Nakahara, Ichiro Uyeda
Virology   449 200-206   2014年1月   [査読有り]
Sun Hee Choi, Yuka Hagiwara-Komoda, Kenji S. Nakahara, Go Atsumi, Ryoko Shimada, Yusuke Hisa, Satoshi Naito and Ichiro Uyeda
Journal of Virology   87(13) 7326-7337   2013年4月   [査読有り]
Kazuki Tadamura, Kenji S. Nakahara, Chikara Masuta and Ichiro Uyeda
Plant Signaling & Behavior   7(12) 1548-1551   2012年12月   [査読有り]
Kenji S. Nakahara, Chikara Masuta, Syouta Yamada, Hanako Shimura, Yukiko Kashihara, Tomoko S. Wada, Ayano Meguro, Kazunori Goto, Kazuki Tadamura, Kae Sueda, Toru Sekiguchi, Jun Shao, Noriko Itchoda, Takeshi Matsumura, Manabu Igarashi, Kimihito Ito, Richard W. Carthew, and Ichiro Uyeda
Proceedings of the National Academy of Sciences USA   109(25) 10113-10118   2012年6月   [査読有り]
Sun Hee Choi, Kenji S. Nakahara, Marcelo Andrade, Ichiro Uyeda
Journal of General Plant Pathology   78(4) 269-276   2012年   [査読有り]
Yukari Ido, Kenji S. Nakahara, Ichiro Uyeda
Journal of General Plant Pathology   78 127-132   2012年   [査読有り]
Go Atsumi1, Kenji S. Nakahara, Tomoko Sugikawa Wada, Sun Hee Choi, Chikara Masuta, and Ichiro Uyeda
Archives of Virology   157(6) 1019-1028   2012年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 中原 健二
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 中原 健二
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 中原健二
タバコのrgs-CaMタンパクが植物ウイルスのRNAサイレンシング抑制タンパク(RSS)と相互作用してウイルスの侵入を感知し、防御機構を活性化する宿主のウイルスセンサー(PAMPs受容体)であるという仮説について、下記の点について検証した。(A)rgs-CaMはHC-Proおよびキュウリモザイクウイルス(CMV)の2b以外のRSSと結合するのか。(B)rgsCaMの高発現がどのように宿主植物のウイルス病抵抗性を高めたり、えそ斑様の細胞死を誘導するのか。その結果、(A)Tomato bush...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 中原健二
昨年の研究で、キイロショウジョウバエのS2培養細胞ではCIYVVのHC-ProはRNAサイレンシング抑制能を示さなかったが、HC-Proと相互作用することが知られるタバコのrgsCaMはsiRNA形成後の過程でRNAサイレンシングを抑制することが分かった。次にこれらの遺伝子とともに外来遺伝子ルシフェラーゼの遺伝子がS2細胞のゲノムに組み込まれた安定発現細胞を作成してルシフェラーゼ活性を指標にその発現に対するrgsCaMとCIYVV HC-Proの影響を調べた。なぜなら、安定発現するルシフェ...
ウイルスに対する植物の自然免疫機構

特許

 
新規なcDNAサブトラクション法
3459977
リンゴクロロティックリーフスポットウイルスの検出方法及び検出用プライマー
3459976