ORIDATE Nobuhiko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 25, 2019 at 15:40
 
Avatar
Name
ORIDATE Nobuhiko
Affiliation
Yokohama City University
Section
School of Medicine Medical Course , Otorhinolaryngology Head and Neck Surgery Graduate School of Medicine Degree Program
Degree
1997- Ph.D.(Hokkaido University School of Medicine)(Hokkaido University)

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Yokohama City University Graduate School of Medicine
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Chiba Y, Sano D, Ikui Y, Nishimura G, Yabuki K, Arai Y, Tanabe T, Ikemiyagi H, Hyakusoku H, Oridate N
Auris, nasus, larynx   45(6) 1214-1220   Apr 2018   [Refereed]
Kuwahara T, Takahashi H, Sano D, Matsuoka M, Hyakusoku H, Hatano T, Hiiragi Y, Oridate N
Anticancer research   38(9) 5321-5330   Sep 2018   [Refereed]
Nishimura G, Hatakeyama H, Shiono O, Taguri M, Komatsu M, Sano D, Sakuma N, Yabuki K, Arai Y, Shibata K, Chiba Y, Tanabe T, Oridate N
JMIR research protocols   7(8) e11003   Aug 2018   [Refereed]
Nishimura G, Sano D, Yabuki K, Arai Y, Chiba Y, Tanabe T, Oridate N
JMIR research protocols   6(12) e235   Dec 2017   [Refereed]
Sano D, Yabuki K, Takahashi H, Arai Y, Chiba Y, Tanabe T, Nishimura G, Oridate N
Auris, nasus, larynx      Dec 2017   [Refereed]
Nishimura G, Shiono O, Sano D, Yabuki K, Arai Y, Chiba Y, Tanabe T, Oridate N
Cancer chemotherapy and pharmacology   80(1) 203-207   Jul 2017   [Refereed]
Sano D, Yabuki K, Arai Y, Tanabe T, Chiba Y, Nishimura G, Takahashi H, Yamanaka S, Oridate N
Auris, nasus, larynx      Jul 2017   [Refereed]
Takahashi M, Arai Y, Sakuma N, Yabuki K, Sano D, Nishimura G, Oridate N, Usami SI
Acta oto-laryngologica   1-6   Nov 2017   [Refereed]
Hatano T, Sano D, Takahashi H, Hyakusoku H, Isono Y, Shimada S, Sawakuma K, Takada K, Oikawa R, Watanabe Y, Yamamoto H, Itoh F, Myers JN, Oridate N
International journal of cancer   140(7) 1571-1580   Dec 2016   [Refereed]
Mizoguchi K, Hatakeyama H, Yanagida S, Nishizawa N, Oridate N, Fukuda S, Homma A
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   274(5) 2215-2223   May 2017   [Refereed]
Kitani Y, Kubota A, Furukawa M, Hori Y, Nakayama Y, Nonaka T, Mizoguchi N, Kitani Y, Hatakeyama H, Oridate N
Oral oncology   71 54-59   Aug 2017   [Refereed]
Yabuki K, Sano D, Shiono O, Arai Y, Chiba Y, Tanabe T, Nishimura G, Takahashi M, Taguchi T, Kaneta T, Hata M, Oridate N
The Laryngoscope   127(4) 862-867   Aug 2016   [Refereed]
Hori Y, Kubota A, Yokose T, Furukawa M, Matsushita T, Takita M, Mitsunaga S, Mizoguchi N, Nonaka T, Nakayama Y, Oridate N
Head and neck pathology      Apr 2017   [Refereed]
Sano D, Oridate N
International journal of clinical oncology   21(5) 819-826   Jun 2016   [Refereed]
Yabuki K, Sano D, Shiono O, Arai Y, Takahashi H, Chiba Y, Tanabe T, Nishimura G, Takahashi M, Taguchi T, Kaneta T, Hata M, Oridate N
Head & neck   38(11) 1666-1671   May 2016   [Refereed]
[Newborn Hearing Screening and Subsequent Diagnostic Evaluation: Analysis and Outcomes of 6,063 Infants Born in a Community Hospital].
Tanaka Y, Enomoto H, Takada K, Inoue M, Ogawara N, Takahashi M, Oridate N
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   119(3) 187-195   Mar 2016   [Refereed]
Nishimura G, Taguchi T, Takahashi M, Shiono O, Komatsu M, Sano D, Yabuki K, Arai Y, Takahashi H, Hata M, Oridate N
Cancer chemotherapy and pharmacology   77(6) 1315-1319   Jun 2016   [Refereed]
Taguchi T, Nishimura G, Takahashi M, Shiono O, Komatsu M, Sano D, Yabuki KI, Arai Y, Yamashita Y, Yamamoto K, Sakuma Y, Oridate N
International journal of clinical oncology   21(5) 869-874   Feb 2016   [Refereed]
Sakuma Y, Yamashita Y, Shiono O, Oridate N
BMJ case reports   2016    Feb 2016   [Refereed]
Sakuma N, Moteki H, Takahashi M, Nishio SY, Arai Y, Yamashita Y, Oridate N, Usami S
Journal of human genetics   61(3) 253-261   Mar 2016   [Refereed]
Arai Y, Chiba Y, Umeda S, Ohara Y, Iwai T, Komatsu M, Yabuki K, Sano D, Oridate N
Auris, nasus, larynx   43(2) 207-211   Apr 2016   [Refereed]
Hyakusoku H, Sano D, Takahashi H, Hatano T, Isono Y, Shimada S, Ito Y, Myers JN, Oridate N
Journal of experimental & clinical cancer research : CR   35(1) 6   Jan 2016   [Refereed]
Nishimura G, Yabuki K, Hata M, Komatsu M, Taguchi T, Takahashi M, Shiono O, Sano D, Arai Y, Takahashi H, Chiba Y, Oridate N
International journal of clinical oncology   21(4) 658-667   Dec 2015   [Refereed]
Arai Y, Kawahara N, Yokoyama T, Oridate N
Auris, nasus, larynx   43(3) 353-358   Nov 2015   [Refereed]
Concurrent Chemoradiotherapy with Docetaxel, Cisplatin and 5-Fluorouracil (TPF) in Patients with Nasopharyngeal Carcinoma.
Komatsu M, Arai Y, Yabuki K, Sano D, Shiono O, Sakuma Y, Nishimura G, Takahashi M, Taguchi T, Oridate N
Anticancer research   35(12) 6861-6867   Dec 2015   [Refereed]
Nishimura G, Komatsu M, Hata M, Yabuki K, Taguchi T, Takahashi M, Shiono O, Sano D, Arai Y, Takahashi H, Chiba Y, Oridate N
International journal of clinical oncology      Aug 2015   [Refereed]
[Intratympanic Steroid Treatment for Severe Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss].
Kawano T, Matsuura M, Yuda K, Matsushima A, Ishitoya J, Sakuma Y, Yamashita Y, Ikoma R, Takahashi M, Oridate N
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   118(7) 867-874   Jul 2015   [Refereed]
Sakuma N, Moteki H, Azaiez H, Booth KT, Takahashi M, Arai Y, Shearer AE, Sloan CM, Nishio SY, Kolbe DL, Iwasaki S, Oridate N, Smith RJ, Usami S
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   124 Suppl 1 184S-92S   May 2015   [Refereed]
Ikui Y, Nakamura H, Sano D, Hyakusoku H, Kishida H, Kudo Y, Joki H, Koyano S, Yamauchi A, Takano S, Tayama N, Hirose H, Oridate N, Tanaka F
Journal of voice : official journal of the Voice Foundation   29(3) 273-280   May 2015   [Refereed]
Shiono O, Sakuma Y, Komatsu M, Hirama M, Yamashita Y, Ishitoya J, Oridate N
Auris, nasus, larynx   42(2) 123-127   Apr 2015   [Refereed]
Yabuki K, Shiono O, Komatsu M, Sano D, Nishimura G, Takahashi M, Taguchi T, Inoue T, Oridate N
PloS one   10(2) e0117924   2015   [Refereed]
Hatakeyama H, Takahashi H, Oridate N, Kuramoto R, Fujiwara K, Homma A, Takeda H, Fukuda S
ORL; journal for oto-rhino-laryngology and its related specialties   77(2) 100-108   2015   [Refereed]
Taguchi T, Takahashi M, Nishimura G, Shiono O, Komatsu M, Sano D, Sakuma Y, Tanigaki Y, Kubota A, Taguri M, Hata M, Oridate N
Japanese journal of clinical oncology   44(12) 1158-1163   Dec 2014   [Refereed]
Ikoma R, Ishitoya J, Sakuma Y, Hirama M, Shiono O, Komatsu M, Oridate N
Auris, nasus, larynx   41(5) 479-484   Oct 2014   [Refereed]
Ikoma R, Sakane S, Niwa K, Kanetaka S, Kawano T, Oridate N
Auris, nasus, larynx   41(4) 376-379   Aug 2014   [Refereed]
Nishimura G, Komatsu M, Taguchi T, Takahashi M, Sano D, Sakuma N, Arai Y, Takahashi H, Tanaka Y, Sawakuma K, Oridate N
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   117(7) 899-906   Jul 2014   [Refereed]
Taguchi T, Nishimura G, Takahashi M, Komatsu M, Sano D, Sakuma N, Yabuki K, Arai Y, Takahashi H, Hata M, Koike I, Oridate N
Cancer chemotherapy and pharmacology   73(6) 1147-1154   Jun 2014   [Refereed]
Kawano T, Matsuura M, Ishitoya J, Oridate N
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   117(6) 802-808   Jun 2014   [Refereed]
Komatsu M, Shiono O, Taguchi T, Sakuma Y, Nishimura G, Sano D, Sakuma N, Yabuki K, Arai Y, Takahashi M, Isitoya J, Oridate N
Japanese journal of clinical oncology   44(5) 416-421   May 2014   [Refereed]
Iizuka S, Oridate N, Nashimoto M, Fukuda S, Tamura M
PloS one   9(12) e114121   2014   [Refereed]
Mizumachi T, Kano S, Sakashita T, Hatakeyama H, Suzuki S, Homma A, Oridate N, Fukuda S
International journal of clinical oncology   18(5) 824-828   Oct 2013   [Refereed]
Taguchi T, Nishimura G, Takahashi M, Komatsu M, Sano D, Sakuma N, Arai Y, Yamashita Y, Shiono O, Hirama M, Sakuma Y, Ishitoya J, Hata M, Ogino I, Oridate N
Cancer chemotherapy and pharmacology   72(4) 837-843   Oct 2013   [Refereed]
Komatsu A, Suzuki K, Hatano T, Fujita Y, Mori Y, Oridate N
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   116(10) 1126-1130   Oct 2013   [Refereed]
Sakashita T, Homma A, Suzuki S, Hatakeyama H, Kano S, Mizumachi T, Oridate N, Fukuda S
Acta oto-laryngologica   133(9) 984-991   Sep 2013   [Refereed]
Sakashita T, Homma A, Oridate N, Suzuki S, Hatakeyama H, Kano S, Mizumachi T, Onimaru R, Tsuchiya K, Yasuda K, Shirato H, Fukuda S
Auris, nasus, larynx   40(2) 211-215   Apr 2013   [Refereed]
Taki S, Homma A, Suzuki F, Oridate N, Hatakeyama H, Mizumachi T, Kano S, Furusawa J, Sakashita T, Inamura N, Yoshida D, Onimaru R, Shirato H, Fukuda S
International journal of clinical oncology   17(5) 441-446   Oct 2012   [Refereed]
Sakashita T, Homma A, Oridate N, Suzuki S, Hatakeyama H, Kano S, Mizumachi T, Yoshida D, Fujima N, Fukuda S
Acta oto-laryngologica   132(10) 1121-1125   Oct 2012   [Refereed]
Nahata M, Muto S, Oridate N, Ohnishi S, Nakagawa K, Sadakane C, Saegusa Y, Hattori T, Asaka M, Takeda H
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   303(1) G42-53   Jul 2012   [Refereed]
Sakashita T, Homma A, Oridate N, Hatakeyama H, Kano S, Mizumachi T, Fukuda S
European archives of oto-rhino-laryngology : official journal of the European Federation of Oto-Rhino-Laryngological Societies (EUFOS) : affiliated with the German Society for Oto-Rhino-Laryngology - Head and Neck Surgery   269(6) 1671-1676   Jun 2012   [Refereed]
Alpha-defensin overexpression in patients with Bell's palsy and Ramsay Hunt syndrome.
Furuta Y, Oridate N, Takeichi N, Fukuda S, Sawa H
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   121(6) 419-425   Jun 2012   [Refereed]
Nakamaru Y, Takagi D, Oridate N, Homma A, Fukuda S
Otolaryngology--head and neck surgery : official journal of American Academy of Otolaryngology-Head and Neck Surgery   146(1) 119-121   Jan 2012   [Refereed]
Oridate N, Tokashiki R, Watanabe Y, Taguchi A, Kawamura O, Fujimoto K
International journal of otolaryngology   2012 908154   2012   [Refereed]
Kuramoto R, Hirata K, Takei T, Oridate N, Suzuki S, Yamada Y, Imamura M, Tamaki N
Clinical nuclear medicine   36(7) 582-583   Jul 2011   [Refereed]
Kitao K, Homma A, Oridate N, Suzuki S, Suzuki F, Hara T, Kano S, Mizumachi T, Taki S, Inamura N, Fukuda S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   114(3) 126-132   Mar 2011   [Refereed]
Saegusa Y, Takeda H, Muto S, Oridate N, Nakagawa K, Sadakane C, Nahata M, Harada Y, Iizuka M, Hattori T, Asaka M
Biological & pharmaceutical bulletin   34(5) 704-711   2011   [Refereed]
Nakamaru Y, Furuta Y, Takagi D, Oridate N, Fukuda S
Rhinology   48(4) 452-456   Dec 2010   [Refereed]
Shimizu Y, Yoshida T, Kato M, Ono S, Homma A, Oridate N, Asaka M
Endoscopy   42(8) 686-687   Aug 2010   [Refereed]
Takeda H, Muto S, Hattori T, Sadakane C, Tsuchiya K, Katsurada T, Ohkawara T, Oridate N, Asaka M
Endocrinology   151(1) 244-252   Jan 2010   [Refereed]
Furuta Y, Matsumura M, Ohtani F, Suzuki M, Satoh H, Morita S, Homma A, Oridate N, Fukuda S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   113(1) 9-14   Jan 2010   [Refereed]
Yoshida T, Shimizu Y, Ono S, Oridate N, Kato M, Asaka M
Endoscopy   41(6) 568-9; author reply 570   Jun 2009   [Refereed]
Shimizu Y, Yoshida T, Kato M, Ono S, Nakagawa M, Homma A, Oridate N, Asaka M
Endoscopy   41(4) 374-376   Apr 2009   [Refereed]
Oridate N, Homma A, Suzuki S, Nakamaru Y, Suzuki F, Hatakeyama H, Taki S, Sakashita T, Nishizawa N, Furuta Y, Fukuda S
Archives of otolaryngology--head & neck surgery   135(4) 363-368   Apr 2009   [Refereed]
Sakashita T, Oridate N, Homma A, Nakamaru Y, Suzuki F, Hatakeyama H, Taki S, Sawamura Y, Yamamoto Y, Furuta Y, Fukuda S
Skull base : official journal of North American Skull Base Society ... [et al.]   19(2) 127-132   Mar 2009   [Refereed]
Yoshida T, Shimizu Y, Hirota J, Nakagawa M, Ono S, Oridate N, Kato M, Asaka M
Endoscopy   40 Suppl 2 E204-5   Sep 2008   [Refereed]
Mizumachi T, Suzuki S, Naito A, Carcel-Trullols J, Evans TT, Spring PM, Oridate N, Furuta Y, Fukuda S, Higuchi M
Oncogene   27(6) 831-838   Jan 2008   [Refereed]
Higuchi E, Oridate N, Homma A, Suzuki F, Atago Y, Nagahashi T, Furuta Y, Fukuda S
Head & neck   29(10) 940-947   Oct 2007   [Refereed]
Preoperative staging and surgical approaches for sinonasal inverted papilloma.
Oikawa K, Furuta Y, Nakamaru Y, Oridate N, Fukuda S
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   116(9) 674-680   Sep 2007   [Refereed]
[Laryngopharyngeal reflux].
Takeda H, Oridate N, Shimizu Y, Kato M, Asaka M, Fukuda S, Yamamoto J
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   65(5) 921-925   May 2007   [Refereed]
Mesuda Y, Oridate N, Nishizawa N, Mori M, Dohsaka Y, Furuta Y, Fukuda S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   110(5) 416-419   May 2007   [Refereed]
Clinical and pathological analysis of recurrent inverted papilloma.
Oikawa K, Furuta Y, Itoh T, Oridate N, Fukuda S
The Annals of otology, rhinology, and laryngology   116(4) 297-303   Apr 2007   [Refereed]
Shimizu Y, Yamamoto J, Kato M, Yoshida T, Hirota J, Ono Y, Nakagawa M, Nakagawa S, Oridate N, Asaka M
Gastrointestinal endoscopy   64(2) 255-9; discussion 260   Aug 2006   [Refereed]
Kim HJ, Chakravarti N, Oridate N, Choe C, Claret FX, Lotan R
Oncogene   25(19) 2785-2794   May 2006   [Refereed]
[Olfactory neuroblastoma: the Hokkaido University experience].
Kano S, Furuta Y, Homma A, Oridate N, Higuchi E, Suzuki F, Nagahashi T, Sawamura Y, Fukuda S
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   109(5) 433-439   May 2006   [Refereed]
S100A2 expression as a predictive marker for late cervical metastasis in stage I and II invasive squamous cell carcinoma of the oral cavity.
Suzuki F, Oridate N, Homma A, Nakamaru Y, Nagahashi T, Yagi K, Yamaguchi S, Furuta Y, Fukuda S
Oncology reports   14(6) 1493-1498   Dec 2005   [Refereed]
Randomized phase II trial of concomitant chemoradiotherapy using weekly carboplatin or daily low-dose cisplatin for squamous cell carcinoma of the head and neck.
Homma A, Shirato H, Furuta Y, Nishioka T, Oridate N, Tsuchiya K, Nagahashi T, Aoyama H, Inuyama Y, Fukuda S
Cancer journal (Sudbury, Mass.)   10(5) 326-332   Sep 2004   [Refereed]
[Long-term complete response to treatment with TS-1 in a patient with oropharyngeal squamous cell carcinoma].
Homma A, Suzuki F, Oridate N, Furuta Y, Inuyama Y, Fukuda S
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   29(8) 1475-1478   Aug 2002   [Refereed]
Involvement of reactive oxygen species in N-(4-hydroxyphenyl)retinamide-induced apoptosis in cervical carcinoma cells.
Oridate N, Suzuki S, Higuchi M, Mitchell MF, Hong WK, Lotan R
Journal of the National Cancer Institute   89(16) 1191-1198   Aug 1997   [Refereed]
Oridate N, Higuchi M, Suzuki S, Shroot B, Hong WK, Lotan R
International journal of cancer   70(4) 484-487   Feb 1997   [Refereed]
Differential induction of apoptosis by all-trans-retinoic acid and N-(4-hydroxyphenyl)retinamide in human head and neck squamous cell carcinoma cell lines.
Oridate N, Lotan D, Xu XC, Hong WK, Lotan R
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   2(5) 855-863   May 1996   [Refereed]
Implication of retinoic acid receptor gamma in squamous differentiation and response to retinoic acid in head and neck SqCC/Y1 squamous carcinoma cells.
Oridate N, Esumi N, Lotan D, Hing WK, Rochette-Egly C, Chambon P, Lotan R
Oncogene   12(9) 2019-2028   May 1996   [Refereed]
Oridate N, Lotan R, Lotan D
In vitro cellular & developmental biology. Animal   32(4) 192-193   Apr 1996   [Refereed]
Retinoid refractoriness occurs during lung carcinogenesis despite functional retinoid receptors.
Kim YH, Dohi DF, Han GR, Zou CP, Oridate N, Walsh GL, Nesbitt JC, Xu XC, Hong WK, Lotan R
Cancer research   55(23) 5603-5610   Dec 1995   [Refereed]
Induction of apoptosis by retinoids in human cervical-carcinoma cell-lines.
Oridate N, Lotan D, Mitchell M, Hong W, Lotan R
International journal of oncology   7(3) 433-441   Sep 1995   [Refereed]
Inhibition of proliferation and induction of apoptosis in cervical carcinoma cells by retinoids: implications for chemoprevention.
Oridate N, Lotan D, Mitchell MF, Hong WK, Lotan R
Journal of cellular biochemistry. Supplement   23 80-86   1995   [Refereed]
Jun and Fos related gene products bind to and modulate the GPE I, a strong enhancer element of the rat glutathione transferase P gene.
Oridate N, Nishi S, Inuyama Y, Sakai M
Biochimica et biophysica acta   1219(2) 499-504   Oct 1994   [Refereed]
Takizawa M, Maguchi S, Ryu T, Oridate N, Fukuda S, Inuyama Y, Honke K
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   97(1) 20-27   Jan 1994   [Refereed]
[Clinical significance of anti-neutrophil cytoplasmic antibody (ANCA) for the diagnosis of Wegener's granulomatosis in the early stage].
Maguchi S, Takizawa M, Ryu T, Oridate N, Fukuda S, Inuyama Y
Nihon Jibiinkoka Gakkai kaiho   96(8) 1288-1296   Aug 1993   [Refereed]

Misc

 
生駒 亮, 坂根 さやか, 城村 裕司, 佐久間 康徳, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   110(2) 81-87   Feb 2017
【超音波検査ハンドブック】 インターベンション 超音波ガイド下穿刺吸引細胞診
西村 剛志, 島田 翔子, 折舘 伸彦
JOHNS   32(10) 1499-1504   Oct 2016
井上 真規, 小河原 昇, 折舘 伸彦
日本気管食道科学会会報   68(1) 32-39   Feb 2017
顆粒細胞腫は全身に発生する良性腫瘍であるが、喉頭への発生は少なく、また小児の症例は非常に稀である。今回、小児喉頭顆粒細胞腫の症例を経験したので報告する。症例は10歳女児で、5歳頃から嗄声を認め増悪していたが放置されていた。母親の虐待が判明し、10歳時に施設入所となった。その後感冒時に吸気性喘鳴が出現したため、前病院を受診し喉頭腫瘤を認め当科紹介となった。CT、MRI所見では喉頭後壁から気管後壁へ3cm大の腫瘤性病変を認めた。気管切開術、腫瘍生検術を施行し、顆粒細胞腫と診断した。喉頭截開によ...
田中 恭子, 榎本 浩幸, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   109(10) 735-742   Oct 2016
症例は69歳女性で、65歳より関節リウマチでメトトレキサート(MTX)内服中、シェーグレン症候群の既往歴があった。今回、右耳下腺部腫瘤が増大し受診した。右耳下腺部は約5cm大に腫脹し、圧痛を認め、レボフロキサシン(LVFX)内服で腫脹の軽減、圧痛の消失を認めた。3ヵ月半後に同主訴で再受診し、右耳下腺部の圧迫でステノン管開口部より排膿を認めたが、採血で炎症反応はなく、膿から菌検出もなく、LVFXで腫瘤は不変であった。同部位は7cm大に腫脹し、末梢性顔面神経麻痺が出現し入院とした。CTで右耳下...
嚥下内視鏡検査スコア評価法と誤嚥の有無を予測する因子の検討
千葉 欣大, 矢吹 健一郎, 佐野 大佑, 生井 友紀子, 廣瀬 肇, 折舘 伸彦
音声言語医学   58(1) 61-62   Jan 2017
涙嚢炎を契機に発症した眼窩内膿瘍の一例
百束 紘, 塩野 理, 佐野 大佑, 矢吹 健一郎, 須藤 七生, 小林 茉莉子, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌   4(3) 58-58   Sep 2016
症例をどうみるか 乳児声門下血管腫の1例
井上 真規, 折舘 伸彦
JOHNS   32(9) 1392-1397   Sep 2016
症例は2ヵ月女児で、生後1ヵ月半頃から吸気性喘鳴を認めた。徐々に吸気性喘鳴が増悪したため精査目的で入院となった。喉頭内視鏡検査を施行し、両声帯浮腫、右声門下の発赤、腫脹を認めた。急性声門下咽頭炎と考え、デキサメタゾン静注、アドレナリン吸入、クラリスロマイシン内服を開始した。両声帯浮腫と右声門下の発赤は改善したが、吸気性喘鳴は改善しなかった。頸部造影CTを施行した。声門下右側から後方にかけて造影効果のある病変を認め、血管腫または血管奇形と考えられた。プレドニゾロン点滴投与を開始したが、徐々に...
市中病院における新生児聴覚スクリーニングと精密検査の検討
田中 恭子, 榎本 浩幸, 高田 顕太郎, 井上 真規, 小河原 昇, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
音声言語医学   58(1) 94-94   Jan 2017
人工内耳装用児に対する対人コミュニケーション行動観察フォーマットFOSCOMでの評価
蜂谷 純, 吉田 佳那, 佐久間 康徳, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
音声言語医学   58(1) 98-99   Jan 2017
【耳鼻咽喉科とメディカルスタッフ】 言語障害診療とメディカルスタッフ
佐野 大佑, 生井 友紀子, 折舘 伸彦
JOHNS   32(4) 481-484   Apr 2016
音階弁別訓練を実施した成人人工内耳装用者の一例
吉田 佳那, 蜂谷 純, 佐久間 康徳, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
音声言語医学   58(1) 99-99   Jan 2017
【耳鼻咽喉科とメディカルスタッフ】 頭頸部癌治療後とメディカルスタッフ
田口 享秀, 折舘 伸彦, 大橋 伸英, 坂本 靖宜, 川合 智果, 雁部 弘美, 坂本 安令, 生井 友紀子, 押見 陽子
JOHNS   32(4) 503-507   Apr 2016
甲状軟骨形成術II型専用スプレッダーの有効性の検討と改良版スプレッダーの使用経験
松島 康二, 田邉 正博, 大津 和也, 千葉 欣大, 佐野 大佑, 渡邊 雄介, 折舘 伸彦, 廣瀬 肇
日本気管食道科学会会報   67(6) 466-466   Dec 2016
若年型喉頭乳頭腫症例
井上 真規, 小河原 昇, 佐久間 直子, 山本 学慧, 大石 公直, 折舘 伸彦
日本気管食道科学会会報   67(2) s61-s61   Apr 2016
佐藤 要, 鈴木 一雅, 藤田 芳史, 森 義明, 松下 武史, 高橋 洋一郎, 折舘 伸彦
頭頸部癌   42(1) 44-50   Apr 2016
2003年4月から2014年3月までの11年間に横須賀共済病院にて根治治療を行った下咽頭癌症例の治療成績を検討し、今後の課題を考察した。対象は前治療のない下咽頭扁平上皮癌症例76例である。観察期間中央値は60ヵ月(1〜132ヵ月)、男性67例、女性9例、年齢は中央値66歳(44〜99歳)だった。臨床病期は、stage I/II/III/IV:3/10/10/53例であった。一次治療として手術治療または化学療法併用放射線療法(Concurrent chemoradiotherapy:CCRT...
音声外科手術におけるSSI
千葉 欣大, 須藤 七生, 佐野 大佑, 塩野 理, 生井 友紀子, 廣瀬 肇, 折舘 伸彦
日本気管食道科学会会報   67(6) 466-466   Dec 2016
【中咽頭癌-HPVの視点からみた大きな変化】 治療 化学療法併用放射線治療の位置づけは?
小松 正規, 折舘 伸彦
JOHNS   32(3) 336-338   Mar 2016
横浜市立大学における耳鼻咽喉科医の育成
折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 435-435   Apr 2016
生駒 亮, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   29(1) 71-75   Mar 2016
2002年から2012年までに横浜南共済病院耳鼻咽喉科で口蓋扁桃摘出術を行った692例に対して、術後出血に関する検討を行った。口蓋扁桃摘出術術後出血(post-tonsillectomy hemorrhage:PTH)を、視診でわずかでも扁桃窩からの出血や凝血塊などを確認した場合、と定義した。PTHは692例中80例(11.6%)に認め、再手術症例は18例(2.6%)であった。これらPTH症例に対し、性別、年齢、原疾患、術者の経験、手術時間、結紮糸の種類、抗菌薬の投与日数で危険因子を検討し...
喉頭、中・下咽頭扁平上皮癌II期症例に対するS-1を用いた化学放射線療法に関する第II相臨床試験
田口 享秀, 西村 剛志, 高橋 優宏, 塩野 理, 佐野 大佑, 矢吹 健一郎, 荒井 康裕, 佐久間 康徳, 小松 正規, 山下 ゆき子, 谷垣 祐二, 久保田 彰, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 575-575   Apr 2016
田中 恭子, 榎本 浩幸, 高田 顕太郎, 井上 真規, 小河原 昇, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(3) 187-195   Mar 2016
2005年からの9年間に当院で新生児聴覚スクリーニング(NHS)を施行した6,063例を対象に後方視的検討を行った。NHSは自動ABRで、精密聴力検査(精査)は主にABRで行った。2013年のNHS実施率は88.8%で増加傾向であったが、希望者に有料で行う現行制度下での全例実施は困難であった。最終refer判定は40例(0.66%)で、34例に精査を実施し31例に難聴を認めた。偽陽性は3例で症例全体の0.05%であった。ハイリスク児群(HR群)とローリスク児群(LR群)を比較すると最終re...
ケナコルトAの鼓室内注入によりアナフィラキシーを起こした好酸球性中耳炎の一例
湯田 惠子, 佐久間 康徳, 山下 ゆき子, 折舘 伸彦
Otology Japan   26(1) 1-6   Feb 2016
好酸球性中耳炎は難治性中耳炎であり、代表的な治療としてステロイドの鼓室内注入がある。今回、アスピリン喘息を合併する好酸球性中耳炎症例に対し、ケナコルトAの鼓室内注入を行い、アナフィラキシーを呈した症例を経験したので報告する。症例は72歳、女性。10年前から難治性耳漏に対しケナコルトAの鼓室内注入を定期的に施行していた。今回、外来にて注入を行った直後から呼吸困難などのアナフィラキシーを呈した。本稿では、アナフィラキシー発症の機序について若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)
和田 昂, 生駒 亮, 小林 茉莉子, 柊 陽平, 寳地 信介, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 585-585   Apr 2016
神奈川県における嚥下障害例の多職種連携
西山 耕一郎, 廣瀬 祐介, 粉川 将二, 田口 享秀, 大上 研二, 折舘 伸彦, 廣瀬 肇
音声言語医学   57(1) 93-93   Jan 2016
折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   118(12) 1489-1492   Dec 2015
佐久間 康徳, 塩野 理, 小松 正規, 池田 陽一, 折舘 伸彦
日本気管食道科学会会報   66(6) 365-372   Dec 2015
喉頭気管分離術は反復性誤嚥性肺炎を完全に防止できる手術として非常に有用である。われわれは、誤嚥防止手術の中で侵襲が比較的小さく、かつ喉頭機能を温存できる方法として、喉頭気管分離術を施行している。症例はLindeman変法が7症例、気管弁法B-typeが7症例、年齢は7ヵ月から69歳、手術時間は、Lindeman変法が143±39分(平均±標準偏差)、気管弁法は103±23分で、気管弁法はLindeman変法と比較して短かった。カニューレは、成人では呼吸器装着が必要な2症例以外は抜去できたが...
堀 由希子, 久保田 彰, 古川 まどか, 木谷 洋輔, 中山 優子, 野中 哲生, 溝口 信貴, 折舘 伸彦
頭頸部癌   41(4) 427-431   Dec 2015
【背景】耳下腺癌手術における顔面神経温存については諸説ある。当院では顔面神経が腫瘍から剥離可能であれば可能な限り温存している。【対象】1997年から2014年に当院で根治治療を行った遠隔転移のない耳下腺悪性腫瘍59例を対象にretrospectiveに検討した。【結果】治療内容は手術47例、放射線治療(RT)5例、化学放射線同時併用療法(CRT)7例。32例に術後RT/CRTを施行した。5年/7年生存率は手術±術後RT/CRTが78%/69%、CRTが35%/35%、RTが20%/20%で...
西山 耕一郎, 大田 隆之, 戎本 浩二, 杉本 良介, 吉田 直人, 粉川 将二, 廣瀬 祐介, 河合 敏, 宮内 辰也, 三宅 哲, 金井 枝美, 木村 麻美子, 桑原 昌己, 田口 享秀, 大上 研二, 上野 美和, 山本 奈緒美, 足立 徹也, 折舘 伸彦, 飯田 政弘, 廣瀬 肇
外科と代謝・栄養   49(6) 331-331   Dec 2015
佐久間 直子, 井上 真規, 山本 学慧, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 596-596   Apr 2016
荒井 康裕, 高橋 優宏, 磯野 泰大, 佐久間 直子, 塩野 理, 須藤 七生, 田口 享秀, 西村 剛志, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 602-602   Apr 2016
高橋 優宏, 須藤 七生, 磯野 泰大, 荒井 康裕, 西村 剛志, 田口 享秀, 佐久間 直子, 折舘 伸彦, 宇佐美 真一
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 618-618   Apr 2016
河野 敏朗, 石戸谷 淳一, 高畑 喜延, 岩村 節子, 鯨井 和明, 古川 滋, 小勝 敏行, 佐藤 博久, 栗原 美樹, 池田 陽一, 松島 明美, 高橋 優宏, 折舘 伸彦, 湯田 恵子
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 624-624   Apr 2016
山本 学慧, 井上 真規, 佐久間 直子, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 630-630   Apr 2016
堀 由希子, 久保田 彰, 古川 まどか, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 660-660   Apr 2016
笠井 理行, 小松 正規, 佐合 智子, 桑原 達, 高田 顕太郎, 丹羽 一友, 柴田 邦彦, 山下 ゆき子, 佐久間 康則, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 662-662   Apr 2016
西村 剛志, 田口 享秀, 高橋 優宏, 塩野 理, 佐野 大佑, 矢吹 健一郎, 荒井 康裕, 高橋 秀聡, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 667-667   Apr 2016
柴田 邦彦, 佐久間 康徳, 小松 正規, 山下 ゆき子, 丹羽 一友, 高田 顕太郎, 桑原 達, 笠井 理行, 佐合 智子, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 674-674   Apr 2016
PF+cetuximab併用治療を施行した再発転移頭頸部癌症例の検討
田辺 輝彦, 高橋 秀聡, 矢吹 健一郎, 佐野 大祐, 塩野 理, 西村 剛志, 高橋 優宏, 田口 享秀, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 678-678   Apr 2016
塩野 理, 矢野 実裕子, 須藤 七生, 田辺 輝彦, 矢吹 健一郎, 高橋 優宏, 西村 剛志, 田口 享秀, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 679-679   Apr 2016
外耳道原発の小児横紋筋肉腫例
生駒 亮, 吉本 世一, 和田 昂, 小林 茉莉子, 柊 陽平, 堀内 長一, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(4) 687-687   Apr 2016
【耳鼻咽喉科処方マニュアル】 主な薬剤の種類と使い方 頭頸部がん治療薬の種類と使い方
西村 剛志, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   88(5) 28-34   Apr 2016
めまいを主訴に耳鼻咽喉科に受診したBickerstaff型脳幹脳炎の1例
荒井 康裕, 西村 剛志, 高橋 優宏, 折舘 伸彦, 肥塚 泉
Equilibrium Research   75(5) 400-400   Oct 2016
奥住 沙也, 小松 正規, 松浦 省己, 千葉 欣大, 荒井 康裕, 愛甲 健, 西村 剛志, 高橋 優宏, 田口 享秀, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(10) 1300-1304   Oct 2016
咀嚼筋隙とは、咬筋筋膜と翼突筋膜の間に囲まれる領域を言い、頬骨弓より上を側頭隙、下を側頭下隙と区分する。下顎大臼歯部に生じた感染が頭側へ進展する際にはここを通って上行する。本症例1では、歯周囲の感染から側頭下隙、さらに側頭隙へ波及した。症例2はビスホスホネート系薬剤内服中の抜歯を契機に下顎骨骨髄炎となり、症例1と同様に側頭下隙へ波及した。症例1は骨髄炎には至っておらず、短期的な抗菌薬投与と外科的ドレナージのみで改善した。症例2は骨髄炎を来したため外科的ドレナージに加え約4ヵ月間の抗菌薬投与...
ヒトパピローマウィルス(HPV)関連頭頸部癌細胞株におけるHPV組み込み部位の解析
波多野 孝, 佐野 大佑, 百束 紘, 磯野 泰大, 島田 翔子, 澤熊 香衣, 高田 顕太郎, 及川 律子, 渡邊 嘉行, 山本 博幸, 伊東 文生, 折舘 伸彦
日本癌学会総会記事   75回 P-2299   Oct 2016
奥住 沙也, 小松 正規, 松浦 省己, 千葉 欣大, 荒井 康裕, 愛甲 健, 西村 剛志, 高橋 優宏, 田口 享秀, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(10) 1300-1304   Oct 2016
咀嚼筋隙とは、咬筋筋膜と翼突筋膜の間に囲まれる領域を言い、頬骨弓より上を側頭隙、下を側頭下隙と区分する。下顎大臼歯部に生じた感染が頭側へ進展する際にはここを通って上行する。本症例1では、歯周囲の感染から側頭下隙、さらに側頭隙へ波及した。症例2はビスホスホネート系薬剤内服中の抜歯を契機に下顎骨骨髄炎となり、症例1と同様に側頭下隙へ波及した。症例1は骨髄炎には至っておらず、短期的な抗菌薬投与と外科的ドレナージのみで改善した。症例2は骨髄炎を来したため外科的ドレナージに加え約4ヵ月間の抗菌薬投与...
超後期高齢者フレイル例の誤嚥性肺炎に対する治療経験 多職種連携、地域包括
西山 耕一郎, 廣瀬 裕介, 粉川 将二, 中野 久美子, 呉 晃一, 大上 研二, 折舘 伸彦, 廣瀬 肇
嚥下医学   5(2) 279-280   Sep 2016
難聴に対する遺伝学的診断の検討
佐久間 直子, 茂木 英明, 高橋 優宏, 荒井 康裕, 西尾 信哉, 折舘 伸彦, 宇佐美 真一
Otology Japan   26(4) 257-257   Sep 2016
両側人工内耳症例における蝸牛容積と残存聴力との関連についての検討
高橋 優宏, 磯野 泰大, 荒井 康裕, 佐久間 直子, 折舘 伸彦, 宇佐美 真一
Otology Japan   26(4) 271-271   Sep 2016
当科における聴器癌症例の検討
荒井 康裕, 高橋 優宏, 磯野 泰大, 佐久間 直子, 中川 千尋, 折舘 伸彦
Otology Japan   26(4) 408-408   Sep 2016
急速に両側聾を呈したANCA関連血管炎性中耳炎(OMAAV)と考えられた一例
熊谷 有香, 百束 紘, 高橋 優宏, 鈴木 一雅, 折舘 伸彦
Otology Japan   26(4) 543-543   Sep 2016
人工内耳埋込術後、強いこう鼻による頸部皮下気腫を呈した1例
須藤 七生, 高橋 優宏, 平間 真理子, 磯野 泰大, 荒井 康裕, 折舘 伸彦
Otology Japan   26(4) 566-566   Sep 2016
【逆流性食道炎-最新の治療動向-】 逆流性食道炎関連疾患の病態生理 慢性咽喉頭炎 逆流性食道炎の食道外症状として
田辺 輝彦, 折舘 伸彦
日本臨床   74(8) 1367-1371   Aug 2016
口腔底及び咽喉頭の浮腫を繰り返した症例に対しトラネキサム酸内服が著効を示した1例
山本 馨, 鈴木 一雅, 森 義明, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   29(3) 346-346   Aug 2016
野島 雄介, 生駒 亮, 松浦 省己, 長岡 章平, 長田 侑, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   29(3) 378-378   Aug 2016
山下 ゆき子, 佐久間 康徳, 柴田 邦彦, 小松 正規, 丹羽 一友, 高田 顕太郎, 桑原 達, 笠井 理行, 佐合 智子, 高柳 博久, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   119(7) 955-961   Jul 2016
石灰沈着性頸長筋腱炎は、急激な頸部痛、嚥下時痛、頸部の運動制限などを来す頸長筋の急性炎症である。予後は良好だが比較的まれな疾患で、臨床症状や局所所見が咽後膿瘍など重篤な疾患と類似し診断に苦慮することもある。われわれが経験した1例目は本疾患を考慮しておらず結核性膿瘍や髄膜炎を疑い骨髄穿刺等を施行し、2例目は本疾患を疑いつつも糖尿病の合併があり細菌性咽後膿瘍の鑑別に全身麻酔下に試験的切開術を行った。3例目は本疾患を強く疑い外来通院で内服薬にて軽快した。本疾患は頸部CTで環軸椎前方の石灰化像が特...
佐藤式彎曲型咽喉頭直達鏡下に摘出し得た咽頭粘膜下魚骨異物の一例
井口 悠香, 千葉 欣大, 澤熊 香衣, 高橋 秀聡, 荒井 康弘, 佐野 大佑, 西村 剛志, 河野 敏朗, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(2) 301-301   Jul 2016
Streptococcus pyogenesによる深頸部膿瘍をきたした成人男性の1例
池宮城 秀崇, 森 牧子, 塩野 理, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(2) 302-302   Jul 2016
Hunt症候群の発症を契機に内耳道腫瘍が疑われた一例
佐合 智子, 佐久間 康徳, 笠井 理行, 桑原 達, 高田 顕太郎, 丹羽 一友, 柴田 邦彦, 山下 ゆき子, 小松 正規, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(2) 308-308   Jul 2016
紫斑病性腎炎に対する口蓋扁桃摘出術について
山本 学慧, 井上 真規, 佐久間 直子, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(2) 310-310   Jul 2016
佐藤式彎曲型咽喉頭直達鏡を用いて経口腔的に摘出し得た咽頭粘膜下魚骨異物の1例
井口 悠香, 千葉 欣大, 澤熊 香衣, 荒井 康裕, 河野 敏朗, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊146) 76-76   Jun 2016
急性中耳炎から続発した成人髄膜炎症例
生駒 亮, 坂根 さやか, 城村 裕司, 佐久間 康徳, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊146) 97-97   Jun 2016
頸部リンパ節における穿刺吸引細胞診の有用性
山下 ゆき子, 佐久間 康徳, 丹羽 一友, 高田 顕太郎, 桑原 達, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊146) 107-107   Jun 2016
下咽頭食道癌肉腫の1例
井口 亜美, 千葉 欣大, 矢吹 健一郎, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床 補冊   (補冊146) 136-136   Jun 2016
丹羽 一友, 佐久間 康徳, 折舘 伸彦
頭頸部外科   26(1) 97-101   Jun 2016
髄膜炎による鼓室階の骨化に伴う両側性難聴の児に対して、前庭階に人工内耳電極を挿入し、良好な装用閾値が得られた1症例を経験した。患児は0歳5ヵ月時に細菌性髄膜炎を罹患後、難聴を認めた。術前の画像評価で蝸牛、特に鼓室階の骨化が示唆された。1歳11ヵ月で右人工内耳埋込術を施行、鼓室階が骨化により閉塞していたため前庭階を開放し、電極を挿入した。髄膜炎後難聴では内耳骨化をきたすことがあるため、早期に画像評価を行い、骨化の程度およびその部位を十分に検討する必要がある。内耳骨化で鼓室階に電極が挿入困難な...
矢吹 健一郎, 磯野 泰大, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   29(2) 175-178   Jun 2016
扁桃摘出後の術後出血に対して血管クリップが有用であった一例を経験したので報告する。症例は40代男性。口蓋扁桃摘出術後8日目に術後出血を認めたため全身麻酔下の止血術を施行した。右扁桃床の下極付近からの出血と思われたが結紮での止血処置が困難であったため周囲の咽頭粘膜を縫縮することで圧迫止血とした。その5日後に再度出血を認めた。全身麻酔下で拡張式喉頭鏡および硬性内視鏡下で観察したところ前回と同部位からの動脈性出血を認め、舌動脈分枝からの出血と診断した。結紮による止血は困難であり血管クリップ留置に...
生駒 亮, 小林 茉莉子, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   109(6) 419-424   Jun 2016
82歳女性。3年前より他院にて甲状腺腫瘍の経過観察中であったが、数週間前より前頸部腫瘤の急速な増大を自覚し、著者らの施設へ紹介となった。頭部単純CTでは甲状腺右葉は腫瘤で占拠され、食道との境界が不明瞭であった。また、一部に粗大石灰化が認められた。以後、細胞診にて甲状腺未分化癌(ATC)を疑い、甲状腺右葉切除術およびD1郭清術を施行したところ、病理組織学的にstage IV BのATCと診断され、術後は前頸部に放射線治療を行った。だが、放射線治療中の術後4週時点で肺転移が判明したため、mon...
生駒 亮, 小林 茉莉子, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   109(6) 419-424   Jun 2016
予防的頸部郭清術を回避した早期舌癌における後発頸部リンパ節転移の検討
堀 由希子, 久保田 彰, 古川 まどか, 光永 幸代, 折舘 伸彦
頭頸部癌   42(2) 163-163   May 2016
予防的頸部郭清術を回避した早期舌癌における後発頸部リンパ節転移の検討
堀 由希子, 久保田 彰, 古川 まどか, 光永 幸代, 折舘 伸彦
頭頸部癌   42(2) 163-163   May 2016
頸部食道癌肉腫の一例
矢野 実裕子, 田辺 輝彦, 須藤 七生, 矢吹 健一郎, 佐野 大佑, 塩野 理, 原 健太朗, 利野 靖, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(1) 88-88   Jan 2016
緊急気道確保を必要とした甲状腺腫瘍内出血例
松本 悠, 生駒 亮, 和田 昂, 小林 茉莉子, 柊 陽平, 平石 あいみ, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   43(1) 95-96   Jan 2016
【言語・認知・構音・音声障害】 構音障害 舌切除術後の構音障害
佐野 大佑, 田口 享秀, 折舘 伸彦
JOHNS   31(11) 1635-1638   Nov 2015
耳下腺悪性腫瘍の術前診断が手術方針および予後に与える影響の検討
高橋 秀聡, 多田 雄一郎, 増淵 達夫, 伏見 千宙, 松木 崇, 猪俣 徹, 折舘 伸彦, 長尾 俊孝, 三浦 弘規
日本唾液腺学会誌   56 37-37   Nov 2015
生駒 亮, 丹羽 一友, 折舘 伸彦
頭頸部外科   25(2) 203-208   Oct 2015
鼻口蓋管嚢胞は、胎生期に存在する鼻口蓋管の上皮遺残に由来し、WHOの分類では非歯原性上皮性嚢胞の一つとされている。今回われわれは、鼻内内視鏡の併用で摘出しえた鼻口蓋管嚢胞例を経験したので報告する。症例は63歳の男性で、主訴は右鼻前庭部の腫脹。右鼻腔底の腫脹と、硬口蓋に一部骨欠損を認めた。鼻内内視鏡併用で、歯齦部切開により摘出術を施行した。鼻内内視鏡は、より良好な手術視野確保のために有効であった。術後の合併症は認めず、術後4年で再発を認めていない。鼻口蓋管嚢胞は、鼻内内視鏡操作に熟練する耳鼻...
横浜市における新生児聴覚スクリーニング施行動向
高橋 優宏, 持松 いづみ, 平原 史樹, 折舘 伸彦
横浜医学   66(4) 515-519   Oct 2015
先天性難聴の早期発見・早期療育が良好な言語発達をもたらすことと自動聴性脳幹反応検査(automated auditory brainstem response:AABR)や耳音響放射(otoacoustic emissions:OAE)検査の出現により、本邦では2001年より新生児聴覚スクリーニングが開始された。2007年助成廃止後、実施数は増加傾向ではあるが、横浜市における新生児聴覚スクリーニングの現状を把握するべく療育機関在籍児の施行動向を調査した。2013年度における実施率は約70%...
頭頸部扁平上皮癌の遠隔転移能におけるJunBの役割
百束 紘, 佐野 大佑, 高橋 秀聡, 波多野 孝, 磯野 泰大, 島田 翔子, 折舘 伸彦
日本癌学会総会記事   74回 P-3288   Oct 2015
【長引く咳を診る】 疾患別 咳の診かた 胃食道逆流症・咽喉頭逆流症
田辺 輝彦, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87(10) 808-812   Sep 2015
<POINT>胃の内容物が食道に逆流する現象を胃食道逆流といい,胃食道逆流によって引き起こされる病態を胃食道逆流症という。胃の内容物が咽喉頭に逆流する現象を咽喉頭逆流といい,それにより引き起こされる病態を咽喉頭逆流症という。病歴や質問票は診断に有用とされるが,各種検査法については,咳嗽との関連が証明できておらず,侵襲性などの観点からも確立していない。GERDを伴う原因不明の慢性咳嗽に対する治療はPPIの内服,ヒスタミンH2受容体拮抗薬の内服,消化管運動改善薬,生活指導,噴門形成術が効果のあ...
【耳鼻咽喉科薬物療法2015】 耳鼻咽喉科の疾患・症候別薬物療法 頭頸部扁平上皮癌の分子標的薬による治療
田口 享秀, 折舘 伸彦
JOHNS   31(9) 1358-1361   Sep 2015
症例をどうみるか 二次性真珠腫が疑われた中耳カルチノイドの1例
高橋 優宏, 佐久間 直子, 小松 正規, 折舘 伸彦
JOHNS   31(9) 1410-1413   Sep 2015
73歳女。主訴は右難聴・右耳閉感であった。初診時、右鼓膜前下象限に穿孔を認め、穿孔縁および前方鼓膜内側にはdebris様の白色塊を認めた。側頭骨CTにて右鼓室を占拠する軟部陰影を認め、鼓膜穿孔から生じた二次性真珠腫と診断した。鼓室形成術を施行し、腫瘍性病変の迅速病理診断にて上皮性低悪性度腫瘍との結果であったため、腫瘍を全摘出した。免疫組織化学染色ではchromograninとsynaptophysinが陽性、S-100は陰性であり、中耳カルチノイドと診断された。腫瘍による耳管閉塞のため滲出...
蠣崎 文彦, 加納 里志, 折舘 伸彦, 本間 明宏, 鈴木 清護, 畠山 博充, 水町 貴諭, 坂下 智博, 福田 諭
耳鼻咽喉科展望   58(補冊1) 12-13   Sep 2015
真菌による眼窩内膿瘍の一例
山本 学慧, 佐久間 康徳, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌   3(3) 56-56   Sep 2015
外切開を伴う頭頸部癌症例におけるSSIの検討
須藤 七生, 小林 茉莉子, 荒井 康裕, 矢吹 健一郎, 佐野 大佑, 塩野 理, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌   3(3) 60-60   Sep 2015
錠剤の残留症例の検討
西山 耕一郎, 大田 隆之, 杉本 良介, 戎本 浩史, 永井 浩巳, 酒井 昭博, 田口 享秀, 大上 研二, 折舘 伸彦, 飯田 政弘, 廣瀬 肇
嚥下医学   4(2) 204-211   Sep 2015
高齢者では嚥下機能が全般的に低下する傾向があり、これに伴って薬剤、特に錠剤の内服が困難になる症例をしばしば認める。錠剤が下咽頭や食道に残留した状態を放置すると、粘膜に潰瘍を形成することがあり、さらにそれが進行して穿孔を生じる危険性もある。そこで錠剤の残留を訴えて受診した錠剤残留群と、ムセを主訴に受診したが錠剤の残留の既往のない錠剤嚥下可能群、各12例を比較検討した。X線画像上で咽頭と喉頭蓋をつなぐ咽頭喉頭蓋ヒダ(別名:外側舌喉頭蓋ヒダ:pharyngoepiglottic fold)の高さ...
玉木 望, 佐久間 康徳, 山下 ゆき子, 丹羽 一友, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   108(9) 671-677   Sep 2015
29歳男。両側進行性感音難聴の治療目的に当科紹介となった。血液検査で梅毒RPR定量、TPHA定量、FTA-ABS法のいずれも上昇しており、身体所見で異常所見はなく、問診にて初診3ヵ月前から不特定多数の女性との性交渉があり、1ヵ月前には発熱と両側鼡径部リンパ節腫脹を認めていたことが判明した。髄液検査では細胞数、蛋白、TP抗体、TPHA定量のいずれも上昇を認め、神経梅毒の診断に至った。ドキシサイクリンの内服を開始したところ、聴力は治療前の右61.3dB、左51.3dBから右53.8dB、左33...
人工内耳埋込術を施行したPTPRQ遺伝子変異による両側感音難聴の1例
佐久間 直子, 茂木 英明, 高橋 優宏, 宮川 麻衣子, 荒井 康裕, 西尾 信哉, 井上 真規, 吉田 高史, 折舘 伸彦, 宇佐美 真一
Otology Japan   25(4) 436-436   Sep 2015
人工内耳術後の残存聴力予測因子の検討
高橋 優宏, 須藤 七生, 磯野 泰大, 荒井 康裕, 佐久間 直子, 折舘 伸彦, 宇佐美 真一
Otology Japan   25(4) 515-515   Sep 2015
非結核性抗酸菌性中耳炎の1例
荒井 康裕, 高橋 優宏, 磯野 泰大, 須藤 七生, 佐久間 直子, 折舘 伸彦
Otology Japan   25(4) 751-751   Sep 2015
鼻性眼窩内合併症5症例の検討
生駒 亮, 和田 昂, 折舘 伸彦
日本鼻科学会会誌   54(3) 399-399   Sep 2015
伊藤 裕介, 榎本 浩幸, 田中 恭子, 玉木 望, 大上 研二, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   108(8) 625-631   Aug 2015
64歳女。健康診断にて左側頸部腫脹を指摘され、増大傾向を認めた。MRI所見では左下顎角下方に頸動脈の外側に位置し、胸鎖乳突筋前縁に接する径26mm大の腫瘤を認めた。穿刺吸引細胞診にてClass II、扁平上皮陽性であった。超音波検査では左下顎角下方29×17×26mm大の嚢胞性腫瘤を認め、嚢胞内には壁肥厚は認めなかった。以上より左側頸嚢胞を疑い、腫瘤摘出術を施行した。病理組織学的所見より扁平上皮癌と診断したが、鰓性癌または転移性腫瘍であるかが断定できない所見であった。術後PET/CTを施行...
松浦 省己, 河野 敏朗, 佐久間 康徳, 生駒 亮, 折舘 伸彦
耳鼻咽喉科臨床   108(8) 643-647   Aug 2015
症例1:76歳男。右視床出血にて退院に入院し、嚥下性肺炎および気道閉塞を発症し、気管切開術を施行した。リハビリテーション目的に当院に転院し、左視床出血を発症した。activities of daily living(ADL)は車椅子生活で、経管栄養に依存し低栄養状態であった。日中は30分〜1時間の吸痰処置、夜間は低圧持続吸引を施行するも嚥下性肺炎を繰り返していた。全身麻酔下に気管弁法B-typeを施行した。術後は合併症は認めず、経管栄養依存ではあるが、栄養状態は改善し、体重増加を認めた。少...
折舘 伸彦, 水町 貴諭, 佐野 大佑
耳鼻咽喉科展望   58(4) 194-197   Aug 2015
ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)陽性中咽頭癌は多量の喫煙歴や飲酒歴がない比較的若年者に発生し、早期に所属リンパ節転移を起こすものの、放射線や化学療法に対する感受性が高く、従来型の中咽頭癌と比較して有意に予後良好であるなど異なる臨床像を呈する。HPVについて、HPVによる発癌、HPVと頭頸部癌、北海道大学での中咽頭癌症例におけるHPV検出、HPV関連中咽頭癌の臨床像・治療成績と予後、HPV陽性中咽頭癌の治療成績が良好である理由について述べた。
診断と治療のコツ 口蓋扁桃摘出術 術後出血の予防と対応 術後出血の危険因子と対策
生駒 亮, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   28(3) 286-286   Aug 2015
口蓋扁桃摘出術の術後出血に対する血管クリップの使用経験
矢吹 健一郎, 磯野 泰大, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   28(3) 314-314   Aug 2015
軟口蓋切開により摘出した上咽頭多形腺腫例
柊 陽平, 生駒 亮, 折舘 伸彦
口腔・咽頭科   28(3) 371-371   Aug 2015
河野 敏朗, 松浦 省己, 湯田 恵子, 松島 明美, 石戸谷 淳一, 佐久間 康徳, 山下 ゆき子, 生駒 亮, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
日本耳鼻咽喉科学会会報   118(7) 867-874   Jul 2015
【目的】Grade 3、4の突発性難聴に対する3者併用療法(全身ステロイド療法+高気圧酸素療法+鼓室内ステロイド療法)の有効性を検討した。【対象と方法】当科で1次治療を行ったGrade 3、4の突発性難聴172例を対象とした。2007年4月から2010年7月までは1次治療として2者併用療法(全身ステロイド療法+高気圧酸素療法)を行い、2010年8月から2013年10月まで3者併用療法を行った。Grade別に治療効果と周波数別の平均聴力レベル改善を比較した。さらに治療効果に影響を与える因子を...
レーザー鼓膜開窓により経鼓膜的に摘出し得た先天性真珠腫の一例
森下 大樹, 桑原 達, 金高 清佳, 中川 千尋, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   42(2) 273-273   Jul 2015
甲状腺悪性リンパ腫の急速な進行により気道狭窄を来した1例
水谷 友美, 生駒 亮, 田辺 輝彦, 池宮城 秀崇, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   42(2) 278-278   Jul 2015
側頸嚢胞として摘出した標本に扁平上皮癌が見つかり、最終的に中咽頭癌であった症例
伊藤 裕介, 田中 恭子, 榎本 浩幸, 大上 研二, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   42(2) 279-279   Jul 2015
当院における新生児聴覚スクリーニングの検討
田中 恭子, 榎本 浩幸, 高田 顕太郎, 井上 真規, 小河原 昇, 高橋 優宏, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   42(2) 281-281   Jul 2015
拍動性耳鳴を主訴とした浅側頭動静脈瘻の一例
勝又 徳行, 和田 昂, 愛甲 健, 折舘 伸彦
神奈川医学会雑誌   42(2) 281-281   Jul 2015

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): Nobuhiko ORIDATE
MicroRNA profiling was performed between the anticancer drug sensitive- and resistant- head and neck cancer cells to identify microRNAs associated with drug resistant mechanisms.
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): Yasushi FURUTA
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2005 - 2006    Investigator(s): 樋口 栄作, Nobuhiko ORIDATE
The semi-synthetic taxane, docetaxel, has demonstrated significant anti-tumor activity in head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC) and is thought to enhance tumor radiosensitivity. However, molecular markers that might be of use in pre icting...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): Nobuhiko ORIDATE
Head and neck squamous cell carcinomas (HNSCCs) exhibit an increased expression of the cell-cycle regulator cyclin D1 (CCND1). It stimulates cell cycle progression and transform squamous epithelial cells. We used small interfering RNAs (siRNAs) to...