波多野 学

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:21
 
アバター
研究者氏名
波多野 学
eメール
hatanochembio.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www.ishihara-lab.net/
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

経歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
日本学術振興会特別研究員、DC1・化学
 
2007年3月
   
 
名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 助手
 
2007年4月
 - 
2012年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 講師
 
2012年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学 大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 バイオマテリアル 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2003年
東京工業大学 理工学研究科 応用化学専攻
 

委員歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
日本化学会東海支部化学教育協議会  委員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本化学会東海支部代議員会  代議員
 
2015年4月
 - 
現在
有機合成化学協会東海支部  庶務幹事
 
2017年4月
 - 
現在
日本プロセス化学会東海フォーラム  幹事
 

Misc

 
Manabu Hatano, Tatsuhiro Sakamoto, Tomokazu Mizuno, Yuta Goto, Kazuaki Ishihara
J. Am. Chem. Soc.   140 ASAP   2018年11月   [査読有り]
The Diels-Alder reaction, which is a traditional [4 + 2] cycloaddition with two carbon-carbon bond formations, is one of the most powerful tools to synthesize versatile and unique six-membered rings. We show that chiral supramolecular U-shaped bor...
Haruka Okamoto, Kohei Toh, Takuya Mochizuki, Hidefumi Nakatsuji, Akira Sakakura, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara
Synthesis   50(23) 4577-4590   2018年8月   [査読有り][依頼有り]
Chiral BINOL-derived pyrophosphoric acid catalysts were developed and used for the regio- and enantioselective aza-Friedel-Crafts reaction of phenols with aldimines. ortho/para-Directing phenols could react at the para-position selectively with mo...
Shun Satake, Takumaru Kurihara, Keisuke Nishikawa, Takuya Mochizuki, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara, Tatsuhiko Yoshino, Shigeki Matsunaga
Nature Catalysis   1(8) 585-591   2018年8月   [査読有り]
Manabu Hatano, Haruka Okamoto, Taro Kawakami, Kohei Toh, Hidefumi Nakatsuji, Akira Sakakura, Kazuaki Ishihara
Chem. Sci.   9(30) 6361-6367   2018年6月   [査読有り]
Chiral C2- and C1-symmetric BINOL-derived bis(phosphoric acid) catalysts, which have OP(=O)(OH)2/OP(=O)(OH)(OR) moieties at the 2,2'-positions, were developed and used for the enantioselective aza-Friedel-Crafts reaction of 2-methoxyfuran with alp...
Takumaru Kurihara, Shun Satake, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara, Tatsuhiko Yoshino, Shigeki Matsunaga
Chem. Asian J.   13(17) 2378-2381   2018年4月   [査読有り][依頼有り]
1,1'-Spirobiindane-7,7'-disulfonic acid (SPISA) and 1,1'-spirobiindane-7,7'-disulfonimide were synthesized from 1,1'-spirobiindane-7,7'-diol (SPINOL) in 4 steps using a Pd-catalyzed Newman-Kwart rearrangement as a key step. These new catalysts pos...

書籍等出版物

 
Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara (担当:共著, 範囲:Cp. 10)
Wiley-VCH   2016年9月   ISBN:978-3-527-33618-0
In this chapter, various bifunctional Lewis base catalyses, which involve a carbon-carbon bond forming
reaction between traditional organometallic reagents and carbonyl compounds with dual activation of R-M and C=O, are overviewed with a focus on ...
RSC Green Chemistry No. 38, Sustainable Catalysis: With Non-endangered Metals, Part 1
Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara (担当:共著)
The Royal Society of Chemistry   2015年11月   
Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara (担当:共著)
Springer   2015年8月   
Recent progress on our Bronsted acid-Lewis base hybrid complexes in some asymmetric catalyses is reviewed. Based on the rational design of conjugated acid-base catalysts, tailor-made supramolecular catalysts can show remarkable catalytic activity ...
テーラーメイド型超分子触媒
波多野学、石原一彰 (担当:共著)
シーエムシー出版   2014年10月   ISBN:978-4-7813-0973-6
7.7 Product Class 7: Calcium Compounds," in Science of Synthesis Knowledge Updates 2013/1
Manabu Hatano (担当:共著)
Georg Thieme   2013年5月   

講演・口頭発表等

 
Enantioselective direct Mannich-type reaction catalyzed by chiral lithium complexes
K. Ishihara; M. Hatano; T. Horibe
2010環太平洋国際化学会議   2010年12月16日   
Inexpensive, Stable, and Low-Toxic Lanthanum(III) Nitrate-Catalyzed Transesterification
Sho Kamiya, Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara
G-COE-RCMS International Symposium   2011年3月17日   
キラル第一・二族金属ビナフトラート塩触媒を用いるアルジミンへの直截的マンニッヒ型反応及びケトンへの直截的ホスホニル化反応
堀部 貴大, 波多野 学, 石原 一彰
日本化学会第91春季年会   2011年3月26日   
キラル超分子触媒を用いるα-置換アクロレインに対する異常な高エンド選択的不斉ディールス・アルダー反応
宇佐美 良太, 水野 智一, 波多野 学, 赤倉 松次郎, 石原 一彰
日本化学会第91春季年会   2011年3月26日   
エナンチオ及びエンド/エキソ選択的ディールス・アルダー反応を制御するキラル超分子触媒の設計
泉関 督人, 波多野 学, 石原 一彰
日本化学会第91春季年会   2011年3月26日   

競争的資金等の研究課題

 
キラル3,3’-二置換ビナフチルジスルホン酸を用いる高活性有機分子触媒の精密設計
科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 波多野学
高次反応制御に必要な立体配座柔軟性キラル自己組織化触媒の精密設計
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 波多野学
キラルビナフチルジスルホン酸を用いる高活性キラル有機分子触媒の開発
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 波多野学
触媒化学と超分子化学を結ぶしなやかな動的錯体触媒の設計
科学研究費助成事業
研究期間: 2009年9月 - 2012年3月    代表者: 波多野 学
アート型金属塩触媒を用いる高次選択的触媒反応の開発
科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 波多野 学

特許

 
JP2001139588 : Preparation of phenylpalladium phosphine complexes as cyclization catalyst for allyl propargyl ether
Koichi Mikami, Manabu Hatano, Masahiro Terada, Koji Kume
2000169491 : Method for producing palladium complex compound
Takashi Kume, Satoru Narizuka, Koide Makato, Koichi Mikami, Manabu Hatano, Masahiro Terada, Michio Ishida, Yuzuru Morino
特開2006-35125 : 不斉触媒、光学活性アルコールの製造方法及びビナフトール誘導体
石原一彰、波多野 学
特開 2007-290973 : 亜鉛―マグネシウムアート錯体を含む求核試薬及びそれを使用する求核付加体の製造方法
石原一彰、波多野 学
特開2008-184408 : 有機金属複合体及びアルドール付加体の製造方法
石原一彰、波多野 学