伊藤 信博

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 09:48
 
アバター
研究者氏名
伊藤 信博
eメール
itohlang.nagoya-u.ac.jp
学位
学士号(フランス国立東洋言語文化研究院), 文学修士(名古屋大学), 博士(文学)(名古屋大学)

経歴

 
2001年10月
 - 
2006年3月
国際言語文化研究科助手
 
2007年4月
 - 
現在
国際言語文化研究科助教
 
2007年9月
 - 
現在
筑波大学北アフリカ研究センター客員共同研究員
 

Misc

 
擬人化の転換期において
伊藤慎吾、他
『妖怪・憑依・擬人化の日本文化―異類文化学入門―』   229-238   2016年2月   [依頼有り]
西欧の擬人化と日本漫画の受容について
伊藤慎吾、他
『妖怪・憑依・擬人化の日本文化―異類文化学入門―』   281-295   2016年2月   [依頼有り]
チェルヌスキ美術館蔵『奈良絵本・古今著聞集』の挿絵について
新井美佐子、他
『言語文化論集』   37(2) 1-18   2016年2月
『六条葵上物語』翻刻・注釈研究からみる擬人化された物語
伊藤信博、畑有紀その他
言語文化論集37-1   1-17   2015年10月
伊藤信博、ニコラ・ボーメール、その他
Géographie et Cultures   (86) 31-48   2014年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『酒飯論絵巻』影印と研究: 文化庁本・フランス国立図書館本とその周辺
伊藤信博、小峯和明、その他 (担当:共著)
臨川書店   2015年2月   

競争的資金等の研究課題

 
『酒飯論絵巻』影印と研究 文化庁本・フランス国立図書館本とその周辺
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年2月
「掲鉢図」、「水陸斎図」を通じた擬人化された絵物語研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
パリ国立図書館東洋写本室を巡る異文化交流の総合的比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 伊藤信博
「源氏物語の文化史―宗教・芸能・美術―」(国際シンポジウム)
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 小嶋菜温子
「科学研究費」基盤研究B課題番号:183200430002『王朝文芸の中世・近世における図像的展開をめぐる総合比較研究』の一環として、パリにおいて「源氏物語の文化史―宗教・芸能・美術―」と題するシンポジウムを行なった。国立図書館において奈良絵本の源氏物語の調査を行なった。
「キリシタン文化と日欧交流」(国際シンポジウム)
科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 小峯和明
[科研]基盤研究B「16世紀以降の日本と東アジアのキリシタン文学とその影響度をめぐる総合的比較研究」の一環としての国際シンポジウム