藤本 ゆかり

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 02:52
 
アバター
研究者氏名
藤本 ゆかり
 
フジモト ユカリ
URL
http://www.chem.keio.ac.jp/~fujimoto-lab/
所属
慶應義塾大学
部署
理工学部 化学科
職名
教授
学位
博士(理学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1998年
住友化学工業株式会社 研究員
 
1998年8月
 - 
2001年3月
コロンビア大学化学科 Research Associate
 
2002年4月
 - 
2003年2月
名古屋大学大学院理学研究科 研究員
 
2003年3月
 - 
2006年5月
大阪大学大学院理学研究科 助手
 
2006年5月
 - 
2008年2月
大阪大学大学院理学研究科 講師
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
大阪大学 理学部 化学科
 
2002年3月
   
 
大阪大学 博士(理学) 
 

委員歴

 
2019年3月
 - 
現在
日本化学会 第100年会  特別企画小委員会 委員長
 
2016年4月
 - 
現在
日本学術振興会 産学協力研究委員会  第189委員会委員
 
2015年12月
 - 
現在
Glycoconjugate Journal  Editorial Board Member
 
2015年3月
 - 
現在
日本糖鎖科学コンソーシアム  幹事
 
2014年7月
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2016年4月
長瀬科学振興賞
 
2013年8月
大阪大学 大阪大学総長顕彰
 
2012年10月
国際エンドトキシン&自然免疫学会 The Alois Nowotny Award
 
2008年7月
社団法人日本化学会 Bulletin of the Chemical Society of Japan賞
 
2007年4月
大阪大学 大阪大学教育・研究功績賞
 
2007年2月
社団法人 有機合成化学協会 第25回有機合成化学奨励賞
 

論文

 
Inuki, S., Kashiwabara, E., Hirata, N., Kishi, J., Nabika, E., Fujimoto, Y.
Angew. Chem. Int. Ed.   57 9655-9659   2018年
Chang, T. C., Manabe, Y., Fujimoto, Y., Ohshima, S., Kametani, Y., Kabayama, K., Nimura, Y., Lin, C. C., Fukase, K.
Angew. Chem. Int. Ed.   57 8219-8224   2018年
Inuki, S., Kishi, J., Kashiwabara, E., Aiba, T., Fujimoto, Y.
Org. Lett.   19 6482   2017年   [査読有り]
Choy, S. L., Bernin, H., Aiba, T., Bifeld, E., Lender, S. C., Mühlenpfordt, M., Noll, J., Eick, J., Marggraff, C., Niss, H., Roldán, N. G., Tanaka, S., Kitamura, M., Fukase, K., Clos, J., Tannich, E., Fujimoto, Y., Lotter, H.
Sci. Rep.   7 9472   2017年   [査読有り]
Aiba, T., Suehara, S., Choy, S.-L., Maekawa, Y., Lotter, H., Murai, T., Inuki, S., Fukase, K., Fujimoto, Y.
Chem. Eur. J.   23 8304-8308   2017年4月   [査読有り]

Misc

 
“次世代免疫アジュバント開発:微生物由来の自然免疫活性をもつ分子群とワクチンへの展開”
藤本 ゆかり
『未来材料』   12(11) 13-21   2012年
Synthesis and functional analysis of the key compounds responsible for signal transduction
Yukari Fujimoto
Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   65(12) 1170-1178   2007年12月
ここまで分かった「自然免疫」-リピドA等複合糖質の作用解明
深瀬浩一,藤本ゆかり
『化学』   30-36   2007年

書籍等出版物

 
天然物の化学 II 自然からの贈り物
藤本 ゆかり (共著) (担当:共著)
東京化学同人   2018年   ISBN:978-4-8079-1505-7
未来を創るグライコサイエンス −我が国のロードマップー
藤本 ゆかり(共著) (担当:共著)
日本糖質科学コンソーシアム(JCGG) 編   2018年   
“Sugar Synthesis by Microfluidic Techniques” In Glycochemical Synthesis : Strategies and Applications
Fukase, K., Tanaka, K., Fujimoto, Y., Shimoyama, A., Manabe, Y. (担当:共著)
John Wiley & Sons   2016年   ISBN:978-1-118-29984-5
"Microbial glycoconjugates recognition with tlrs and nlrs in innate immunity" In Glycoscience: Biology and Medicine
Yukari Fujimoto, Koichi Fukase (担当:共著)
Springer Japan   2015年   
「糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療 からヘルスケアまで」第4編 糖鎖の工学—合成・機能, 第2章 糖鎖合成(化学合成)と機能, 7.免疫増強複合糖質
藤本 ゆかり
エヌ・ティー・エス   2015年   

講演・口頭発表等

 
Glycoconjugates; Synthesis and the latent functions in immune system [招待有り]
Yukari Fujimoto
The 2019 Carbohydrates Gordon Research Conference (GRC)   2019年6月27日   
Natural killer T cell activation by CD1d glycolipid ligand based on “anchoring effect” of polar groups in lipid component
Yukari Fujimoto
EUROCARB 2019   2019年7月2日   
脂質を介した感染と共生の制御 [招待有り]
藤本ゆかり
第92回日本細菌学会総会   2019年4月23日   
生体防御に関わる複合脂質認識機構の理解と創薬展開 [招待有り]
藤本ゆかり
日本薬学会第139年会   2019年3月21日   
複合糖質-脂質の化学合成を基盤とした免疫調節機能の解明 [招待有り]
藤本ゆかり
糖鎖科学中部拠点第15回「若手の力」フォーラム   2018年9月6日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ネオ・セルフ脂質抗原分子ライブラリ構築と免疫調節機能解析
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 藤本 ゆかり
免疫機構の複合的な機能制御を可能とする中分子化合物の創製
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 藤本 ゆかり
生体防御に関わる脂質認識機構の理解と制御を指向した複合脂質合成と機能解明
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 藤本 ゆかり
ネオセルフ分子群としての脂質抗原の合成と機能解析
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 藤本 ゆかり
複合的機能発現を指向した免疫調節性中分子の創製
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 藤本 ゆかり

特許

 
PCT/JP2017/008381 : 化合物又はその塩、ナチュラルキラーT細胞活性化剤、及び医薬組成物
PCT/EP2015/072292 : Novel immunostimulatory molecules
Hannelore Lotter, Hannah Bergnin, Egbert Tannich, Netor Gonzalez-Roldan, Yukari Fujimoto, Koichi Fukase
特許番号6359409号 : トール様受容体4活性化作用を有するフニクロシン誘導体及びその用途
藤本ゆかり、深瀬浩一、高津聖志、長井良憲、岡本直樹
US 2006258580 A1 : N-Acyl gamma-D-glutamyl-meso-diaminopimelic acid compounds as modulators of Nod1 signaling
Inohara, N., Fukase, K., Fujimoto, Y.
EP 708165 B1 : Liquid crystal, liquid crystal mixture and liquid crystal device comprising the same
Chizu Sekine, Kyoko Yamamoto, Koichi Fujisawa, Yukari Fujimoto, Tsutomu Matsumoto, Masayoshi Minai