基本情報

所属
奈良大学 社会学部 教授

研究者番号
20176506
J-GLOBAL ID
200901058180159564

研究キーワード

  1

論文

  43

MISC

  67

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  2

その他

  2
  • 2018年11月 - 2018年11月
    6名のDM1患者が、生体情報端末を利用し、健康管理プログラムに参加した。2名は体重が減少したが、4名は現状維持か増加した者もいた。生体情報端末は活動量の自己モニタリングには有効だが、健康管理に活用するためには、動機づけや自己効力感を高める心理的支援が重要であった。
  • 2017年11月 - 2017年11月
    本研究は、筋強直性ジストロフィータイプ1患者(DM1)の認知機能、QOL と心理的要因の関連を検討した。60名のDM1患者が評価され、半数以上に注意やワーキングメモリ、遂行機能、処理速度、視覚構成能力の低下がみられた。QOL には抑うつと疲労が関連していた。