金原 和秀

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 03:19
 
アバター
研究者氏名
金原 和秀
 
キンバラ カズヒデ
URL
http://59.106.135.116/~tmshint/
所属
静岡大学
部署
工学部 - 化学バイオ工学科
職名
教授
学位
農学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1994年
長岡技術科学大学生物系助手
 
1991年
 - 
1995年
新技術事業団「微生物進化プロジェクト」研究員(兼務)
 
1994年
 - 
1995年
長岡技術科学大学計画経営系講師
 
1995年
 - 
1998年
財団法人鉄道総合技術研究所主任研究員
 
1995年
 - 
2004年
東京工業大学大学院総合理工学研究科客員助教授(兼務)
 

学歴

 
 
 - 
1987年
東京大学 農学系研究科 農芸化学専門課程
 
 
 - 
1982年
早稲田大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
2019年3月
静岡化学工学懇話会 副会長
 
2018年4月
 - 
2019年3月
静岡大学食品・生物産業創出拠点 副幹事長
 
2018年4月
 - 
2019年3月
化学工学会 バイオ部会分科会代表
 
2017年8月
 - 
2017年8月
環境微生物系学会合同大会2017 大会準備委員会
 
2017年6月
 - 
2018年3月
志太広域事務組合廃棄物処理施設整備事業者選定委員会
 

受賞

 
2013年9月
第65回日本生物工学会大会トピックス集選定(2013.9、広島市)
 

論文

 
Shintani M, Sugiyama K, Sakurai T, Yamada K,
J Biosci Bioeng.      2018年8月   [査読有り]
Proteobacteria and Bacteroidetes are major phyla of filterable bacteria passing through 0.22 μm pore size membrane filter, in Lake Sanaru, Hamamatsu, Japan.
[責任著者]新谷 政己 [共著者]金原 和秀,Maejima Y, Kushimoto K, Muraguchi Y, Fukuda K, Miura T, Yamazoe A
Biosci Biotechnol Biochem.   (vol)((num)) (xxx)-(zzz)   2018年3月   [査読有り]
Different transferability of incompatibility (Inc) P-7 plasmid pCAR1 and IncP-1 plasmid pBP136 in stirring liquid conditions.
[責任著者]Shintani M [共著者]金原 和秀,Nakazawa S, Haramiishi A, Fukuda K, Kanayama Y, Watanabe T, Yuki M, Ohkuma M, Takeda K,
PLoS One   12((10)) e0186248-(zzz)   2017年10月   [査読有り]
[責任著者]Futamata H, [共著者]金原 和秀,Tashiro Y, Hasegawa Y, Shintani M, Takaki K, Ohkuma M,
Front Microbiol   (8)((num)) 571-(zzz)   2017年4月   [査読有り]
[責任著者]Tani A [共著者]金原 和秀,Okumura M, Fujitani Y, Maekawa M, Charoenpanich J, Murage H, Sahin N,
J Biosci Bioeng.   123((2)) (190)-(196)   2017年2月   [査読有り]

Misc

 
巻頭言 我々の目指すべきもの?
金原和秀
環境バイオテクノロジー学会誌   18(1) 1   2018年6月
巻頭言 AIを生分解性に活用する
金原和秀
CERI News   85 2-3   2018年4月
生きた細胞の簡易連続検定システム
[責任著者]金原 和秀 [共著者]新谷政己,木村元彦
バイオインダストリー   34(11) 53-59   2017年11月
8.5 環境生物
金原 和秀
化学工学   81(10(2017)) 556-557   2017年10月
バイオ技術による放射能汚染植物の処理-減容化/安定化とエネルギー生産-
[責任著者]加藤純一 [共著者]金原 和秀,中村雅哉,大塚裕一郎,佐々木健,中島田豊,佐々木慧,松尾健司
ISOTOPE NEWS   745((num)) 7-10   2016年6月

書籍等出版物

 
生物と科学 生物に挑む化学の歩み
木内一壽、横川隆志、吉田信行、中川裕之、金原和秀、堀内城司 (担当:共著, 範囲:5章、14章)
培風館   2018年4月   
放射性物質対策技術
金原 和秀 (担当:共著)
NTS   2015年2月   
微生物機能学―微生物リソースと遺伝子リソースの応用
金原 和秀 (担当:共著)
三共出版   2012年3月   

講演・口頭発表等

 
木質バイオマスの利活用に向けた樹皮成分の糖化発酵技術の開発 [招待有り]
金原和秀
第2回天野フォーラム   2018年9月   
宿主染色体上のプロファージの有無によるプラスミド保持株の fitness 変化
ファム・チィー・キム・ユン(修士1年),レー・ティー・タン・トゥー(修士2年),森内良太(静岡大学),道羅英夫(静岡大学),金原和秀(静岡大学),新谷政己(静岡大学)
第70回日本生物工学会大会   2018年9月   
好気・微好気・嫌気条件下におけるプラスミドの接合伝達性の比較
越智健太郎(修士1年),柳谷洸輔(修士2年),大熊盛也(理研),金原和秀(静岡大学),新谷政己(静岡大学)
第70回日本生物工学会大会   2018年9月   
回転型スラリーバイオリアクタを用いた高濃度 A 重油汚染土壌の浄化
三好佑奈(修士1年),浦田智宇,岡田丈(学部4年),新谷政己(静岡大学),金原和秀(静岡大学)
第70回日本生物工学会大会   2018年9月   
GENOME SEQUENCE ANALYSIS OF DIBENZOFURAN DEGRADING BACTERIA
レー・ティー・ハー・タン(博士2年),トラン・ブー・ゴック・ティー(博士3年),新谷政己(静岡大学),森内良太(静岡大学),道羅英夫(静岡大学),Nguyen Hoang Loc(フエ大学),金原和秀(静岡大学)
17th International Symposium on Microbial Ecology   2018年8月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
糖化液の混合がメタン発酵に与える影響の解析
福島県: 
研究期間: 2017年4月 - 2017年9月
平成28年度化学物質安全対策
経済産業省: 
研究期間: 2016年7月 - 2017年3月
難発酵性木質バイオマスの湿式ミリング及びメタン発酵条件
福島県: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年2月
平成27年度化学物質安全対策
経済産業省: 
研究期間: 2015年7月 - 2016年3月
流れ場の毒性物質分解とバイオフィルム形成のシミュレーションとそのメカニズムの解明
基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月   

特許

 
特願2015-21988 : 放射性セシウムを含む植物バイオマスの処理方法
特許第4830103号 : 生理活性判定方法、及び生理活性判定用キット
4674337 : 細胞観察用デバイス及び細胞観察方法