児玉 靖司

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/26 08:45
 
アバター
研究者氏名
児玉 靖司
 
コダマ セイジ
URL
http://chokai.riast.osakafu-u.ac.jp/~housya6/home.html
所属
大阪府立大学
部署
大学院理学系研究科
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

論文

 
Kashiwagi, H., Shiraishi, K., Sakaguchi, K., Nakahama, T., and Kodama, S.
J. Radiat. Res.   59 261-271   2018年5月   [査読有り]
Fujiwara, D., Kitada, H., Oguri, M., Nishihara, T., Michigami, M., Shiraishi, K., Yuba, E., Nakase, I., Im, H., Cho, S., Joung, J. Y., Kodama, S., Kono, K., Ham, S. and Fujii, I.
Angew. Chem, Int. ed.   55 1-5   2016年   [査読有り]
Ariyoshi, K., Suzuki, K., Watanabe, M., and Kodama, S
Radiat. Emer. Med.   4 40-46   2015年   [査読有り]
Yamamoto, M., Wakata, A., Aoki, Y., Miyamae, Y., and Kodama, S.
Mutat. Res.   762 10-16   2014年   [査読有り]
Urushibara, A., Kodama, S., and Yokoya, A.
Mutat. Res.   766 29-34   2014年   [査読有り]
Increased susceptibility to delayed genetic effects of low dose X-irradiation in DNA repair deficient cells.
Kashino, G., Suzuki, K., Kodama, S., Watanabe, M., and Prise, K. M
Int. J. Radiat. Biol.   89 295-300   2013年   [査読有り]
Yamamoto, M., Wakata, A., Aoki, Y., Miyamae, Y., and Kodama, S.
Mutat. Res.,   749 39-48   2013年   [査読有り]
Takeshita, S., Matsuda, N., Kodama, S., Suzuki, K., and Watanabe, M.
Eretmochelys imbricate. Zool. Sci.   30 1038-1043   2013年   [査読有り]
Suzuki, M., Suzuki, K., Kodama, S., Yamashita, S., and Watanabe, M
Oxid. Med. Cell. Longev.,   20121 1-8   2012年   [査読有り]
Suzuki, K., Yamaji, H., Kobashigawa, S., Kawauchi, R., Shima, K., Kodama, S., and Watanabe, M
Radiat. Res.   175 416-423   2011年   [査読有り]
Suzuki, K., Kodama, S., and Watanabe, M.
Mutat. Res.   683 29-34   2010年   [査読有り]
Ariyoshi, K., Suzuki, K., Goto, M., Oshimura, M., Ishizaki, K., Watanabe, M., and Kodama, S
J. Radiat. Res.,   50(3) 253-259   2009年
Suzuki, K., Kashino, G., Kodama, S., and Watanabe, M
Mutat. Res.   671 33-39   2009年   [査読有り]
Harada, T., Kashino, G., Suzuki, K., Matsuda, N., Kodama, S. and Watanabe, M
Int. J. Radiat. Biol.   84 809-814   2008年
Yamauchi, M., Oka, Y., Yamamoto, M., Niimura, K., Uchida, M., Kodama, S., Watanabe, M., Sekine, I., Yamashita, S., and Suzuki, K.
DNA Repair   7(3) 405-417   2008年
Hamamoto, T., Suzuki, K., Yamauchi, M., Kodama, S., Sasaki, H., and Watanabe, M.
Int. J. Hyperthermia   24 415-424   2008年
Mukaida, N., Kodama, S., Suzuki, K., Oshimura, M., and Watanabe, M.
Radiat. Res.   167 675-681   2007年   [査読有り]
Ariyoshi, K., Suzuki, K., Goto, M., Watanabe, M., and Kodama, S.:
J. Radiat. Res.   48 219-231   2007年   [査読有り]
Kashino, G., Prise, K. M., Suzuki, K., Matsuda, N., Kodama, S., Suzuki, M., Nagata, K., Kinashi, Y., Masunaga, S., Ono, K., and Watanabe, M.
J. Radiat. Res.   48 327-333   2007年   [査読有り]
Kashino, G., Suzuki, K., Matsuda, N., Kodama, S., Ono, K., Watanabe, M., and Prise, K. M.
Mutat. Res.   619 134-138   2007年   [査読有り]
Kato, T., Kanemura, Y., Shiraishi, K., Miyake, J., Kodama, S., and Hara, M
Neurorep.   18 895-900   2007年   [査読有り]
Yoshida, M. A., Hayata, I., Tateno, H., Tanaka, K., Sonta, S., Kodama, S., Kodama, Y., and Sasaki, M. S.
Radiat. Measure.   42 1125-1127   2007年   [査読有り]
Hamamoto, T., Suzuki, K., Kodama, S., Sasaki, H., Abe, K., Hayashi, T., Watanabe, M.:
Int. J. Hyperthermia,   23 363-370   2007年   [査読有り]
Suzuki, M., Suzuki, K., Kodama, S., and Watanabe, M.
Biochem. Biophys. Res. Comm.   340 145-150   2006年   [査読有り]
Suzuki, M., Suzuki, K., Kodama, S., and Watanabe, M.:
Radiat. Res.   165 269-276   2006年   [査読有り]
Suzuki, K., Okada, H., Yamauchi, M., Oka, Y., Kodama, S., and Watanabe, M.:
Radiat. Res.   165 499-504   2006年   [査読有り]
Hamada, N., Shettino, G., Kashino, G., Valid, M., Suzuki, K., Kodama, S., Vojnovic, B., Folkard, M., Watanabe, M., Michael, B. D., and Prise, K. M.
Radiat. Res.   166 31-38   2006年   [査読有り]
Suzuki, K., Morimoto, M., Yamauchi, M., Yoshida, H., Kodama, S., Tsukamoto, K., and Watanabe, M
Cell Cycle,   5 1008-1009   2006年   [査読有り]
Suzuki, K., Ojima, M., Kodama, S., and Watanabe, M.
Mutat. Res.   597 73-77   2006年   [査読有り]
Multiple involvement of oxidative stress in Werner syndrome phenotype.
児玉 靖司
Biogerontology   6 233-243   2005年   [査読有り]
Exogenous expression of exonuclease domain-deleted WRN interferes with the repair of radiation-induced DNA damages
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   46 407-414   2005年   [査読有り]
Differences in effects of oncogenes on sensitivity to anticancer drugs.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   46 197-203   2005年   [査読有り]
Induction of micronuclei in CHO cells by bleomycin but not by X-irradiation is decreased by treatment with HMG-CoA reductase inhibitors.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.,   46 191-195   2005年   [査読有り]
Abnormal stability of wild-type p53 protein in a human lung carcinoma cell line
児玉 靖司
Biochem. Biophys. Res. Comm.,   330 483-488   2005年   [査読有り]
Evidence for induction of DNA double strand breaks in the bystander response to targeted soft X-rays in CHO cells.
児玉 靖司
Mutation Res.   556 209-215   2004年   [査読有り]
Stabilization of alanine substituted p53 protein at Ser15, Thr18, and Ser20 in response to ionizing radiation.
児玉 靖司
Biochem. Biophys. Res. Comm.   323 906-911   2004年   [査読有り]
Involvement of reactive oxygen species (ROS) in the induction of genetic instability by radiation.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   45 181-188   2004年   [査読有り]
Delayed induction of telomere instability in normal human fibroblast cells by ionizing radiation.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   45 105-110   2004年   [査読有り]
X-ray-induced telomeric instability in Atm-deficient mouse cells.
児玉 靖司
Biochem. Biophys. Res. Comm.   315 51-58   2004年   [査読有り]
Involvement of telomere dysfunction in the induction of genomic instability by radiation in scid mouse cells.
児玉 靖司
Biochem. Biophys. Res. Comm.   313 1037-1043   2004年   [査読有り]
KUMAGAI J, MASUI K, ITAGAKI Y, SHIOTANI M, KODAMA S, WATANABE M, MIYAZAKI T
Radiation Research   160(1) 95-102   2003年   [査読有り]
Free Radical Biology and Medicine   35 438-443   2003年   [査読有り]
Carcinogenesis   24 1723-1728   2003年   [査読有り]
Delayed reactivation of p53 in the progeny of cells surviving ionizing radiation
Cancer Research   63 936-941   2003年   [査読有り]
Radiation-induced DNA damage and delayed induced genomic instability.
児玉 靖司
Oncogene   22 6988-6993   2003年   [査読有り]
KUMAGAI J, NAKAMA M, MIYAZAKI T, ISE T, KODAMA S, WATANABE M
Radiation Physics and Chemistry   64(4) 293-297   2002年   [査読有り]
International Journal of Hyperthermia   18 332-343   2002年   [査読有り]
MIYAKODA M, SUZUKI K, KODAMA S, WATANABE M
Oncogene   21(7) 1090-1096   2002年   [査読有り]
Chromosome aberration analysis in persons exposed to low-level radiation from the JCO criticality accident in Tokai-mura
Journal of Radiation Research   42(Suppl.) S107-S116   2001年   [査読有り]
KASHINO G, KODAMA S, SUZUKI K, OSHIMURA M, WATANABE M
Biochemical Biophysical Research Communications   289(1) 111-115   2001年   [査読有り]
Extremely low-dose ionizing radiation causes activation of mitogen-activated protein kinase pathway and enhances proliferation of normal human diploid cells
Cancer Research   61 5396-5401   2001年   [査読有り]
Culture-condition-dependent senescence-like growth arrest and immortalization in rodent embryo cells.
児玉 靖司
Radiat. Res.   155 254-262   2001年   [査読有り]
Radiation-induced senescence-like growth arrest requires TP53 function but not telomere shortening.
児玉 靖司
Radiat. Res.   155 248-253   2001年   [査読有り]
Dose-dependent biphasic accumulation of TP53 protein in normal human embryo cells after X irradiation.
児玉 靖司
Radiat. Res.   153 305-311   2000年   [査読有り]
Hypoxia relieves X-ray-induced delayed effect in normal human embryo cells.
児玉 靖司
Radiati. Res.   154 659-666   2000年   [査読有り]
Delayed cell death, giant cell formation and chromosome instability by X-irradiation in human embryo cells.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   40 311-322   1999年   [査読有り]
Effects of protein kinase inhibitors on accumulation kinetics of p53 protein in normal human embryo cells following X-irradiation.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   40 23-37   1999年   [査読有り]
Recruitment of ATM protein to double-strand DNA irradiated with ionizing radiation.
児玉 靖司
J. Biol. Chem.   274 25571-25575   1999年   [査読有り]
Heat-induced G1 arrest is dependent on p53 function but not on RB dephosphorylation.
児玉 靖司
Biochem. Biophys. Res. Comm.   266 377-381   1999年   [査読有り]
Effect of low dose pre-irradiation on induction of the hsp70B-LacZ fusion gene in heat-shock treated human cells.
児玉 靖司
Radiat. Res.   149 195-201   1998年   [査読有り]
Telomerase activity, telomere length, and chromosome aberrations in the extension of life span of human embryo cells induced by low-dose X-rays.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   39 35-51   1998年   [査読有り]
Failure to complement abnormal phenotypes of SV40-transformed Werner syndrome cells by introduction of a normal chromosome 8.
児玉 靖司
Cancer Res.   58 5188-5195   1998年   [査読有り]
Radiation-induced long-lived radicals which cause mutation and transformation.
児玉 靖司
Mutation Res.   421 45-54   1998年   [査読有り]
In situ detection of chromosome bridge formation and delayed reproductive death in normal human embryonic cells surviving X irradiation.
児玉 靖司
Radiat. Res.   150 375-381   1998年   [査読有り]
Suppressive effect of low-dose preirradiation on genetic instability induced by X-rays in normal human embryonic cells.
児玉 靖司
Radiat. Res.   150 656-662   1998年   [査読有り]
Establishment and characterization of a hypocatalasemic mouse cell strain.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   39 165-174   1998年   [査読有り]
Extension of in vitro life-span of -irradiated human embryo cells accompanied by chromosome instability.
児玉 靖司
J. Radiat. Res.   39 203-213   1998年   [査読有り]
Reaction of long-lived radicals and vitamin C in gamma-irradiated mammalian cells and their model system at 295K. Tunneling reaction in biological system.
児玉 靖司
Radiat. Phys. Chem.   49 547-551   1997年   [査読有り]
Extended lifespan and immortalization of human fibroblasts induced by X-ray irradiation.
児玉 靖司
Mol. Carcinogenesis,   18 7-18   1997年   [査読有り]
The gene for Nijmegen breakage syndrome (V2) is not located on chromosome 11.
児玉 靖司
Am. J. Hum. Genet.   58 885-888   1996年   [査読有り]
Radiation-induced emission from golden hamster embryo cells.
児玉 靖司
Radiat. Phys. Chem.   47 817-819   1996年   [査読有り]
Normal human cells at confluence get heat resistance by efficient accumulation of HSP72 in nucleus.
児玉 靖司
Carcinogenesis   16 2373-2380   1995年   [査読有り]
Elevated expression of mitochondrial cytochrome b and NADH dehydrogenase subunit 4/4L genes in senescent human cells.
児玉 靖司
Exp. Cell Res.   219 82-86   1995年   [査読有り]
Aflatoxin B1-induced immortalization of cultured skin fibroblasts from a patient with Li-Fraumeni syndrome.
児玉 靖司
Carcinogenesis   16 25-34   1995年   [査読有り]

Misc

 
電離放射線により哺乳動物細胞に誘発される長寿命で突然変異能を持つラジカルは主に蛋白質に存在する
国際放射線研究雑誌   160 95-102   2003年
アスコルビン酸による酸化的ストレスの軽減は正常細胞とウェルナー症候群線維芽細胞の細胞老化を遅延させる
国際フリーラジカル生物医学雑誌   35 438-443   2003年
ギャップ結合細胞間情報伝達と熱ストレス細胞応答
国際発癌雑誌   24 1723-1728   2003年
放射線被ばく生存細胞の子孫細胞におけるp53蛋白質の遅延性再活性化
アメリカ癌学会雑誌   63 936-941   2003年
放射線照射された哺乳動物細胞におけるエピガロカテキンガレートによる長寿命ラジカル補足とそれに伴う突然変異の抑制
国際放射線物理化学雑誌   64 293-297   2002年
熱ショックはヒト癌細胞において中心体機能不全を誘発し非アポトーシス様分裂異常の原因となる
国際温熱療法雑誌   18 332-343   2002年
熱ショックによるATM蛋白質の活性化とp53蛋白質のリン酸化
国際癌遺伝子雑誌   21 1090-1096   2002年
東海村JCO臨界事故による低線量放射線被ばく者の染色体異常解析
日本放射線影響学会英文雑誌   42(Suppl.) S107-S116   2001年
正常8番染色体を移入されたウェルナー症候群細胞株における正常WRN遺伝子の優先的発現
国際生化学・生物物理学研究速報誌   289 111-115   2001年
極低線量放射線はMAPキナーゼ経路を活性化し正常ヒト二倍体細胞の増殖を刺激する
アメリカ癌学会雑誌   61 5396-5401   2001年
放射線により誘導される細胞老化様変化に似た細胞増殖停止はp53の活性化を伴うがテロメアの短縮を伴わない.
155 248-253   2001年
齧歯類胎児細胞における培養条件依存的老化様増殖停止と不死化
155 254-262   2001年
正常ヒト細胞における放射線誘導遅延型影響の低酸素培養による軽減
154 659-666   2000年
X線照射されたヒト正常細胞における線量に依存した二相性p53蓄積
153 305-311   2000年
熱によって誘導されるG1停止はp53機能に依存するがRBの脱リン酸化を伴わない.
266 377-381   1999年
電離放射線によるDNA二重鎖へのATMタンパク質の結合
274 25571-25575   1999年
ヒト胎児由来細胞におけるX線による遅延性細胞死,巨大細胞形成、染色体不安定性
40 311-322   1999年
X線照射後の正常ヒト胎児細胞におけるp53蛋白質蓄積動態に対する蛋白質カイネース阻害剤の効果
40 23-37   1999年
正常ヒト胎児細胞にX線により誘発される遺伝的不安定性に対する低線量前照射による抑制効果
150 656-662   1998年
HSP70B-LacZ遺伝子導入ヒト細胞における温熱処理による導入遺伝子発現に及ぼす低線量X線の前照射の影響
149 195-201   1998年
X線照射後の生存ヒト胎児由来細胞における染色体架橋形成と遅延性細胞死の同時検出.
150 375-381   1998年
正常8番染色体移入によるSV40ウィルス不死化ワーナー症候群細胞の異常形質正常化の不可能性
58 5188-5195   1998年
突然変異と細胞癌化の原因となる放射線誘発長寿命ラジカル
421 45-54   1998年
低カタラーゼマウス細胞株の樹立と性格付け
39 165-174   1998年
低線量率ガンマー線連続照射によるヒト胎児細胞の分裂寿命延長と染色体不安定性の誘導
39 203-213   1998年
低線量X線により分裂寿命が延長したヒト胎児細胞におけるテロメレース活性テロメア長、および染色体異常
39 35-51   1998年
X線照射によるヒト線維芽細胞の寿命延長と不死化。
分子がん化   18 7-18   1997年
ガンマ線照射された哺乳動物細胞における長寿命ラジカルとビタミンCの反応及びその295Kにおけるモデル系。生物系におけるトンネル反応。
放射線物理と化学   49 547-551   1997年
放射線によるゴールデンハムスター胎児細胞からの発光
放射線物理と化学   47 817-819   1996年
ナイミンジェン切断症候群(V2)遺伝子は11番染色体上には存在しない
アメリカ人類遺伝学雑誌   58 885-888   1996年
コンフルエントな正常ヒト細胞はHSP72の効率的な核移行により熱抵抗性を獲得する
がん化   16 2373-2380   1995年
老化したヒト細胞におけるミトコンドリアチトクロームb及びNADH脱水素酵素サブユニット4/4L遺伝子の発現上昇
実験細胞研究   219 82-86   1995年
児玉 靖司
放射性同位元素   44(6) 395-400   1995年
リー・フラウメニ症候群患者由来皮膚線維芽細胞のアフラトキシンB1による不死化
がん化   16 25-34   1995年
ジエチルスチルベストロールによって誘発された子宮内膜がん由来マウス細胞株の細胞遺伝学的解析
がん遺伝学及び細胞遺伝学   74 99-103   1994年
プラトー期のマウスm5S細胞における突熱変異及びがん化誘導に対する中性子及びガンマ線の線量率効果
国際放射線生物学雑誌   63,469-474    1993年
プロテアーゼ阻害剤処理によるシリアンハムスター胎児細胞へのがん化誘導
がん研究   53,1777-1782    1993年
ヒト老化線維芽細胞におけるミトコンドリア遺伝子の発現上昇
細胞生化学雑誌   G218    1992年
正常ヒト11番染色体導入による血管拡張性運動失調症におけるX線誘発染色体異常の抑制
突然変異研究   293,31-37    1992年
低線量全身照射後のマウス組織におけるヨードデオキシウリジン(IUdR)取り込み量の変化
横浜市立大学医学部紀要   42,113-119    1991年
マウスm5S細胞のがん化に関与する特異的染色体変異の出現と進化
がん遺伝学及び細胞遺伝学   53,185-197    1991年
正常11番染色体導入による血管拡張性運動失調症における放射線抵抗性の回復
突然変異研究   235,59-63    1990年
温熱と放射線の併用による染色体異常の誘発
日本ハイパーサーミア学会   334-335    1990年
Thymidine kinaseの活性でみた全身照射マウスの放射線ホルミシス反応
放射線生物研究   23,225-233    1988年
試験管内細胞癌化過程における染色体変異
放射線生物研究   23,1-15    1988年
3T3様近2倍体マウス細胞株の樹立とその特徴
細胞生理学雑誌   131,114-122    1987年
マウスm5S細胞のX線誘発細胞がん化過程における13番染色体の関与
日本がん研究雑誌   78,372-381    1987年

書籍等出版物

 
バイオサイエンス実験 入門から応用へ
児玉 靖司 (担当:共著, 範囲:マウスの解剖、マウスの発生、生物科学における放射線)
大阪公立大学共同出版会   2016年   
みんなのくらしと放射線
大阪公立大学共同出版会   2008年   ISBN:9784901409328
アメリカの政治と科学
児玉 靖司 (担当:共訳, 範囲:ガン予防と環境化学物質の混乱)
2007年   
低線量放射線と健康影響
医療科学社   2007年   ISBN:9784860033774
薬剤による熱抵抗性の修飾
テイラーとフランシス出版社   1993年