豊留 孝仁

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/18 11:41
 
アバター
研究者氏名
豊留 孝仁
 
トヨトメ タカヒト
URL
http://www.obihiro.ac.jp/~syokuhinrisk/
所属
帯広畜産大学
部署
獣医学研究部門
職名
講師
学位
博士(医学)(東京大学)
その他の所属
千葉大学真菌医学研究センター臨床感染症分野帯広畜産大学動物・食品検査診断センター

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
帯広畜産大学 獣医学研究部門 講師
 
2012年10月
 - 
2017年3月
帯広畜産大学 動物・食品検査診断センター 講師
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 医学系研究科 病因・病理学専攻
 

論文

 
かびと疫病 アスペルギルス症におけるグリオトキシンの寄与
豊留 孝仁
JSM Mycotoxins   65(2) 109-113   2015年7月
アスペルギルス属菌はアスペルギルス症の原因菌として臨床上重要な病原真菌である。中でもAspergillus fumigatusは最も分離頻度が高い真菌種である。アスペルギルス属菌はそれぞれ特徴ある二次代謝産物を産生するが、その感染における役割は十分に明らかになっていない。グリオトキシンはA.fumigatusによって産生される主な二次代謝産物の一つである。グリオトキシンを産生できないもしくは産生が低下したA.fumigatus株を用いた検討で、グリオトキシンの病原性への寄与が明らかとなって...
豊留孝仁
JSM Mycotoxins   65(2) 109-113 (J-STAGE)-113   2015年
Aspergillus species (spp.) are medically important pathogens that cause aspergillosis, and A. fumigatus is the most prevalent causative agent of the disease. Aspergillus spp. produce various secondary metabolites; however, the role of these metabo...
Suzuki S, Mimuro H, Kim M, Ogawa M, Ashida H, Toyotome T, Franchi L, Suzuki M, Sanada T, Suzuki T, Tsutsui H, Núñez G, Sasakawa C
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(40) E4254-63   2014年10月   [査読有り]
Muraosa Y, Toyotome T, Yahiro M, Watanabe A, Shikanai-Yasuda MA, Kamei K
Medical mycology   54(4) 433-438   2016年5月   [査読有り]
Wang DN, Toyotome T, Muraosa Y, Watanabe A, Wuren T, Bunsupa S, Aoyagi K, Yamazaki M, Takino M, Kamei K
Medical mycology   52(5) 506-518   2014年7月   [査読有り]
Toyotome T, Fujiwara T, Kida H, Matsumoto M, Wada T, Komatsu R
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy      2016年4月   [査読有り]
T. Toyotome, T. Toyotome, M. Satoh, M. Yahiro, A. Watanabe, A. Watanabe, F. Nomura, F. Nomura, K. Kamei, K. Kamei
Clinical and Experimental Allergy   44 450-457   2014年3月
Background: Schizophyllum commune is one of the causative agents of basidiomycosis including disorders such as allergic bronchopulmonary mycosis, allergic fungal sinusitis, and mucoid impaction of bronchi, the incidence of those of which has been ...
Effect of serum components on biofilm formation by Aspergillus fumigatus and other Aspergillus species.
Wuren T, Toyotome T, Yamaguchi M, Takahashi-Nakaguchi A, Muraosa Y, Yahiro M, Wang DN, Watanabe A, Taguchi H, Kamei K
Japanese journal of infectious diseases   67(3) 172-179   2014年   [査読有り]
Toyotome T, Takahashi H, Kamei K
The Journal of toxicological sciences   41(1) 25-31   2016年2月   [査読有り]
【感染症症候群(第2版)-症候群から感染性単一疾患までを含めて-[上]】 真菌感染症 マルネッフェイ型ペニシリウム症
亀井 克彦, 渡邉 哲, 豊留 孝仁
日本臨床   別冊(感染症症候群(上)) 606-608   2013年7月
Hagiwara D, Takahashi-Nakaguchi A, Toyotome T, Yoshimi A, Abe K, Kamei K, Gonoi T, Kawamoto S
PloS one   8(12) e80881   2013年   [査読有り]
Tamiya H, Ochiai E, Kikuchi K, Yahiro M, Toyotome T, Watanabe A, Yaguchi T, Kamei K
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21(5) 385-391   2015年5月   [査読有り]
Takahashi-Nakaguchi A, Muraosa Y, Hagiwara D, Sakai K, Toyotome T, Watanabe A, Kawamoto S, Kamei K, Gonoi T, Takahashi H
Medical mycology   53(4) 353-360   2015年5月   [査読有り]
Toyotome T, Watanabe A, Ochiai E, Kamei K
Biochemical and biophysical research communications   458(3) 483-487   2015年3月   [査読有り]
豊留 孝仁
千葉医学雑誌   88(3) 131-135   2012年6月
Toyotome T, Yamaguchi M, Iwasaki A, Watanabe A, Taguchi H, Qin L, Watanabe H, Kamei K
International journal of medical microbiology : IJMM   302 108-116   2012年3月   [査読有り]
豊留孝仁, 亀井克彦
化学療法の領域   28(2) 201-207   2012年1月
Nagayoshi M, Tada Y, West J, Ochiai E, Watanabe A, Toyotome T, Tanabe N, Takiguchi Y, Shigeta A, Yasuda T, Shibuya K, Kamei K, Tatsumi K
Mycopathologia   172 5-15   2011年7月   [査読有り]
Oarada M, Kamei K, Gonoi T, Tsuzuki T, Toyotome T, Hirasaka K, Nikawa T, Sato A, Kurita N
Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   25 954-963   2009年9月   [査読有り]
豊留 孝仁, 渡辺 哲, 岩崎 彩, 亀井 克彦
日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology   50(3) 139-145   2009年7月
ヒトは絶えず,環境中の真菌を吸入している.健常人では吸入された菌体が速やかに生体防御機構により排除されるが,免疫機能が破綻すると病原真菌はその防御機構を突破し,ヒトの体を制圧する.主要な病原真菌には病原因子産生などの感染を成立させるためのメカニズムが存在する.Aspergillus fumigatus においてもいくつかの病原性を規定する因子が報告されている.<BR>病原因子の一つはA. fumigatus が産生する様々な二次代謝産物である.A. fum...
[Strategy of Aspergillus fumigatus to evade attacks from host--projectile weapons and armor].
Toyotome T, Watanabe A, Iwasaki A, Kamei K
Nihon Ishinkin Gakkai zasshi = Japanese journal of medical mycology   50 139-145   2009年   [査読有り]
渡辺哲, 豊留孝仁, 亀井克彦
日本臨床   184-187   2008年12月
[Recent progress in the study of fungal virulence factors and identification of new targets of anti-fungal drug using proteomic and transcriptomic analysis].
Toyotome T, Watanabe A, Kamei K
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   66 2255-2260   2008年12月   [査読有り]
Toyotome T, Adachi Y, Watanabe A, Ochiai E, Ohno N, Kamei K
Microbial pathogenesis   44 141-150   2008年2月   [査読有り]
[Candidates for virulence factors of Aspergillus fumigatus].
Watanabe A, Hashimoto Y, Higurashi H, Ochiai E, Toyotome T, Nagayoshi M, Kamei K
Nihon Ishinkin Gakkai zasshi = Japanese journal of medical mycology   49 263-267   2008年   [査読有り]
Ashida H, Toyotome T, Nagai T, Sasakawa C
Molecular microbiology   63 680-693   2007年2月   [査読有り]
Oarada M, Gonoi T, Tsuzuki T, Igarashi M, Hirasaka K, Nikawa T, Onishi Y, Toyotome T, Kamei K, Miyazawa T, Nakagawa K, Kashima M, Kurita N
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   71 174-182   2007年1月   [査読有り]
High vaccine efficacy against shigellosis of recombinant noninvasive Shigella mutant that expresses Yersinia invasin.
Suzuki T, Yoshikawa Y, Ashida H, Iwai H, Toyotome T, Matsui H, Sasakawa C
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   177 4709-4717   2006年10月   [査読有り]
Okuda J, Toyotome T, Kataoka N, Ohno M, Abe H, Shimura Y, Seyedarabi A, Pickersgill R, Sasakawa C
Biochemical and biophysical research communications   333 531-539   2005年7月   [査読有り]
Shigella Spa32 is an essential secretory protein for functional type III secretion machinery and uniformity of its needle length.
Tamano K, Katayama E, Toyotome T, Sasakawa C
Journal of bacteriology   184 1244-1252   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
廣瀬晃一, 渡邉哲, 中島裕史, 亀井克彦, 豊留孝仁
千葉大学真菌医学研究センター報告   17 46   2014年3月
豊留孝仁
デオキシニバレノールが呼吸器由来細胞やマウス肺に与える影響 平成25-26年度 総合研究報告書   15P   2015年
豊留孝仁
デオキシニバレノールが呼吸器由来細胞やマウス肺に与える影響 平成26年度 総括研究報告書   11P   2015年
豊留孝仁, 亀井克彦, 高橋弘喜, 八尋真希
千葉大学真菌医学研究センター報告   19 64-65   2016年3月
亀井克彦, 豊留孝仁
真菌感染症の病態解明に基づく検査・治療法の確立と国内診断・治療ネットワークの構築に関する研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   57-63   2013年
亀井克彦, 豊留孝仁
真菌感染症の病態解明に基づく検査・治療法の確立と国内診断・治療ネットワークの構築に関する研究 平成22-24年度 総括・分担研究報告書   129-143   2013年
大木雄示, 飯沼智久, 山本陛三郎, 豊留孝仁, 米倉修二, 櫻井大樹, 亀井克彦, 岡本美孝
日本鼻科学会会誌(Web)   52(3) 390(J-STAGE)-390   2013年9月
亀井克彦, 豊留孝仁
COPD等における難治性感染症の病態把握等に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   62-65   2011年
安達禎之, 亀井克彦, 豊留孝仁
千葉大学真菌医学研究センター報告   13/14 59-60   2011年3月
亀井克彦, 豊留孝仁
COPD等における難治性感染症の病態把握等に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   58-61   2010年
亀井克彦, 豊留孝仁
COPD等における難治性感染症の病態把握等に関する研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   42-46   2009年
TOYOTOME T, SUZUKI T, KUWAE A, NONAKA T, FUKUDA H, IMAJOH‐OHMI S, TOYOFUKU T, HORI M, SASAKAWA C
The Journal of Biological Chemistry   276(34) 32071-32079   2001年8月
Various pathogenic bacteria such as Shigella deliver effector proteins into mammalian cells via the type III secretion system. The delivered Shigella effectors have been shown to variously affect host functions required for efficient bacterial int...
玉野孝一, 豊留孝仁, 笹川千尋
日本細菌学雑誌   57(1) 137   2002年2月
Shigella Spa32 is an essential secretory protein for functional type III secretion machinery and uniformity of its needle length.
Journal of Bacteriology   184 1244-1252   2002年
Shigella effector IpaH9.8 binds to a splicing factor U2AF(35) to modulate host immune responses
Biochem. Biophys. Res. Commun.   333(2)531-539    2005年
豊留孝仁, 岡文子, 額賀路嘉, 沢井哲夫
日本薬学会年会要旨集   118th(3) 162   1998年3月

講演・口頭発表等

 
松本宗大, 澤岡亜衣, 瀧本理子, 佐々木真知子, 荻喬博, 高村圭, 山本真, 木田秀幸, 豊留孝仁
日本呼吸器学会誌   2016年3月10日   
バイオフィルム研究の最前線 明らかになってきたAspergillus属菌のバイオフィルム形成機構とその意義
豊留 孝仁
日本化学療法学会雑誌   2015年3月