一宮 正義

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/06 15:36
 
アバター
研究者氏名
一宮 正義
 
イチミヤ マサヨシ
所属
滋賀県立大学
部署
工学部電子システム工学科
職名
准教授
学位
京都大学博士(人間・環境学)(京都大学)
その他の所属
大阪大学大学院基礎工学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
2003年3月
京都大学総合人間学部 研修員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
京都大学高等教育研究開発推進機構 非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2008年3月
(独)科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CREST「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製研究領域」 研究員
 
2004年4月
 - 
2008年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科 招へい研究員
 
2008年4月
 - 
2008年4月
大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構 特任研究員
 
2008年5月
 - 
2009年3月
大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構 特任助教
 
2009年4月
 - 
2011年3月
大阪歯科大学物理学教室 助教
 
2009年4月
 - 
2014年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科 招へい教員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
大阪歯科大学物理学教室 講師
 
2014年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院基礎工学研究科 招へい准教授
 
2014年4月
 - 
現在
滋賀県立大学 工学部電子システム工学科 准教授
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
京都大学 総合人間学部 基礎科学科
 
1997年4月
 - 
2002年3月
京都大学 大学院人間・環境学研究科 環境相関研究専攻
 

受賞

 
2010年1月
Virtual Journal of Ultrafast Science Vol. 9, Issue 1 (2010)
 
2010年5月
ナノ学会第8回大会若手優秀発表賞
 
2010年7月
physica status solidi Young Researcher Award at EXCON'10
 
2011年3月
第5回日本物理学会若手奨励賞
 

論文

 
Optical Kerr Effect of Confined Excitons Coherently Coupled with Radiation Wave
Masayoshi Ichimiya,Kenta Kamizono,Naoya Okamoto,Hajime Ishihara,and Masaaki Ashida
CLEO-PR & OECC/PS 2013,Technical Digest   WPB-28   2013年7月   [査読有り]
Masayoshi Ichimiya, Le Quang Phuong,Masaaki Ashida, and Tadashi Itoh
Journal of Crystal Growth   378 372-375   2013年   [査読有り]
Le Quang Phuong,Masayoshi Ichimiya,Hajime Ishihara,and Masaaki Ashida
Physical Review B   86(23) 1-235449   2012年12月   [査読有り]
Azusa Hattori,Masayoshi Ichimiya,Masaaki Ashida,and Hidekazu Tanaka
Applied Physics Express   5(12) 1-125203   2012年12月   [査読有り]
Mitsutake Ando,Shin-ichi Uozumi,Ikufumi Katayama,Masayoshi Ichimiya,Masaaki Ashida,and Jun Takeda
physica status solidi (c)   9(12) 2493-2496   2012年10月   [査読有り]
Masayoshi Ichimiya,Hideki Yasuda,Masaaki Ashida,Hajime Ishihara,and Tadashi Itoh
Journal of Non-Crystalline Solids   358(17) 2357-2361   2012年9月   [査読有り]
Hirohiko Niioka,Taichi Furukawa,Masayoshi Ichimiya,Masaaki Ashida,Tsutomu Araki,and Mamoru Hashimoto
Applied Physics Express   4(11) 1-112402   2011年11月   [査読有り]
Koji Ogawa,Toru Tsujibayashi,Kazutoshi Takahashi,Junpei Azuma,Masayoshi Ichimiya,Hitoshi Fujimoto,Michinori Sumimoto,and Masao Kamada
Journal of Applied Physics   110(10) 103718   2011年11月   [査読有り]
Toru Tsujibayashi,Masayoshi Ichimiya,Koichi Toyoda,and Nobuhito Ohno
Japanese Journal of Applied Physics   50(10,Issue 1) 1-101601   2011年10月   [査読有り]
Masayoshi Ichimiya, Keita Mochizuki, Masaaki Ashida, Hideki Yasuda, Hajime Ishihara, and Tadashi Itoh
Journal of Luminescence   131(3) 498-501   2011年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
高品質CuClの薄膜における光カー効果による超高速応答の観測
村田 寛幸,馬越 隆之,一宮 正義,芦田 昌明 (担当:共著)
第24回光物性研究会論文集   2013年12月   
CuCl薄膜における斜入射条件下での励起子輻射緩和の高速化
神薗 建太,一宮 正義,村田 寛幸,石原 一,芦田 昌明 (担当:共著)
第23回光物性研究会論文集   2012年12月   
赤外レーザー光照射で形成されたシステインからなる鎖状分子の発光
辻林 徹,一宮 正義,大野 宣人 (担当:共著)
第23回光物性研究会論文集   2012年12月   
アミノ酸における赤外レーザー光に誘起された鎖状分子の形成
辻林 徹,一宮 正義,大野 宣人 (担当:共著)
第22回光物性研究会論文集   2011年12月   
システインとKDPにおける赤外レーザー光に誘起された鎖状分子の形成
辻林 徹,一宮 正義,豊田 紘一,大野 宣人 (担当:共著)
第21回光物性研究会論文集   2010年12月   

講演・口頭発表等

 
量子閉じ込め励起子の波動共鳴による超高速光カー応答
一宮 正義,木下 岳,石原 一,芦田 昌明
第74回応用物理学会秋季学術講演会   2013年9月   
Optical Kerr Effect of Confined Excitons Coherently Coupled with Radiation Wave
Masayoshi Ichimiya,Kenta Kamizono,Naoya Okamoto,Hajime Ishihara,and Masaaki Ashida
10th Conference on Laser and Electro-Optics Pacific Rim, and 18th OptoElectronics and Communications Conference / Photonics in Switching 2013 (CLEO-PR & OECC/PS 2013)   2013年7月   
高品質CuCl薄膜における超高速光カー応答
一宮 正義,神薗 建太,木下 岳,岡本 尚也,石原 一,芦田 昌明
ナノ学会第11回大会   2013年6月   
CuCl薄膜における弱閉じ込め励起子の光カー効果
神薗 建太,一宮 正義,岡本 尚也,石原 一,芦田 昌明
日本物理学会第68回年次大会   2013年3月   
赤外レーザーを照射したアミノ酸の時間分解発光スペクトル
辻林 徹,一宮 正義,大野 宣人
日本物理学会第68回年次大会   2013年3月   
CuCl薄膜における光―励起子結合の増強による励起子輻射緩和の高速化
神薗 建太,一宮 正義,村田 寛幸,石原 一,芦田 昌明
日本物理学会第68回年次大会   2013年3月   
水熱合成法によるシリコン系ナノ粒子の作製とその発光特性
荒 正人,山神 光平,一宮 正義,芦田 昌明,夛田 博一
第60回応用物理学会春季学術講演会   2013年3月   
カソードルミネッセンス生体イメージングのための微小希土類添加ナノ蛍光体作製
古川 太一,新岡 宏彦,一宮 正義,市川 聡,永田 智啓,三宅 淳,芦田 昌明,荒木 勉,橋本 守
第60回応用物理学会春季学術講演会   2013年3月   
アップコンバージョン発光とカソードルミネッセンスによる生体観察を目指した希土類ナノ蛍光体プローブの作製
福島 昌一郎,古川 太一,新岡 宏彦,一宮 正義,永田 智啓,三宅 淳,芦田 昌明,荒木 勉,橋本 守
第60回応用物理学会春季学術講演会   2013年3月   
Synthesis of rare-earth doped up-conversion and cathodoluminescence nanophosphors for correlative bioimaging
Shoichiro Fukushima,Taichi Furukawa,Hirohiko Niioka,Masayoshi Ichimiya,Satoshi Ichikawa,Tomohiro Nagata,Jun Miyake,Masaaki Ashida,Tsutomu Araki, and Mamoru Hashimoto
Focus on Microscopy 2013 (FOM2013)   2013年3月   

Works

 
Ⅲ-Ⅴ族半導体GaNとその混晶における基礎光学特性
2000年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
光電場のナノ空間構造による新機能デバイスの創製
独立行政法人 科学技術振興機構: 戦略的基礎研究推進事業(CREST)
研究期間: 2002年11月 - 2007年10月    代表者: 石原 一
ナノからバルクへのクロスオーバー領域における新しい光機能の探索
独立行政法人 日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 石原 一
ナノからバルクへのクロスオーバー領域における光・励起分極波間長距離相互作用の研究
公益財団法人 村田学術振興財団: 研究助成
研究期間: 2011年7月 - 2012年6月    代表者: 一宮 正義
高品質微小結晶における光・励起分極波動間強結合がもたらす可能性の探求
公益財団法人 住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2011年11月 - 2013年5月    代表者: 一宮 正義
超高品質半導体薄膜中の光・励起子間長距離強結合がもたらす非線形光学応答の増強
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)・若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 一宮 正義
有機薄膜中の閉じ込め励起子と光とのコヒーレント結合による超高速輻射緩和
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)・基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 伊藤 正
サーマルフリーフォトニクスを目指した極限共鳴光学応答の開拓
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)・基盤研究(A)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 石原 一