ISHII Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 2, 2019 at 09:52
 
Avatar
Name
ISHII Atsushi
E-mail
ishiicneas.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1e65521f226d5480022a667469f855cd.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Center for Northeast Asian Studies Department of Basic Studies Division of Japanese and Korean Studies
Job title
Associate Professor
Degree
Master's degree in Economics(University of Tsukuba)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jan 2001
 - 
Sep 2004
NIES Assistant Fellow, Climate Change Research Project, National Insitute for Environmental Studies
 

Committee Memberships

 
Apr 2012
 - 
Today
環境経済・政策学会  理事
 
Nov 2013
 - 
Nov 2015
日本国際政治学会環境分科会責任者  分科会責任者
 
Sep 2011
 - 
Sep 2012
環境経済・政策学会2012年大会実行委員会  委員
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
地球研和文学術叢書『シベリア ─温暖化する極北の水環境と社会』(京都大学学術出版会, 2015年), 水文・水資源学会 学術出版賞, 水文・水資源学会
Winner: 檜山哲哉
 
石井敦は受賞対象著書の執筆者として貢献した
 
Transdisciplinary co-design of scientific research agendas: 40 research questions for socially relevant climate engineering research, Outstanding Article of the 2017 Sustainability Science Best Paper Awards, Sustainability Science
Winner: Masahiro Sugiyama, Shinichiro Asayama, Takanobu Kosugi, Atsushi Ishii, Seita Emori, Jiro Adachi, Keigo Akimoto, Masatomo Fujiwara, Tomoko Hasegawa, Yasushi Hibi, Kimiko Hirata, Toru Ishii, Takeshi Kaburagi, Yuki Kita, Shigeki Kobayashi, Atsushi Kurosawa,
 

Published Papers

 
Sarah Burch, Aarti Gupta, Cristina Y.A. Inoue, Agni Kalfagianni, Åsa Persson, Andrea K. Gerlak, Atsushi Ishii, James Patterson, Jonathan Pickering, Michelle Scobie, Jeroen Van der Heijden, Joost Vervoort, Carolina Adler, Michael Bloomfield, Riyanti Djalante, John Dryzek, Victor Galaz, Christopher Gordon, Renée Harmon, Sikina Jinnah, Rakhyun E. Kim, Lennart Olsson, Judith Van Leeuwen, Vasna Ramasar, Paul Wapner, Ruben Zondervan,
Earth System Governance   1    Jan 2019   [Refereed][Invited]
Asayama S, Sugiyama M, Ishii A, Kosugi T.
Anthropocene Review      2019   [Refereed]
J. S. Barkin, Elizabeth R. DeSombre, Atsushi Ishii, Isao Sakaguchi
Marine Policy   94 256-263   Aug 2018
© 2018 Elsevier Ltd Many international commercial fish stocks are threatened with depletion; in some cases they are already badly depleted. Through Regional Fisheries Management Organizations (RFMOs), member countries are committed in principle to...
Masahiro Sugiyama,Atsushi Ishii,Shinichiro Asayama,Takanobu Kosugi
Oxford Research Encyclopedia of Climate Science      Apr 2018   [Refereed][Invited]
Climate engineering, a set of techniques proposed to directly intervene in the climate system to reduce risks from climate change, presents many novel governance challenges. Solar radiation management (SRM), particularly stratospheric aerosol inje...
Victoria Wibeck,Anders Hansson,Jonas Anshelm,Shinichiro Asayama,Lisa Dilling,Pamela M. Feetham,Rachel Hauser,Atsushi Ishii,Masahiro Sugiyama
Climatic Change   145(1-2) 1-14   Nov 2017   [Refereed]
Open Access

Misc

 
捕鯨裁判は日本に何を突きつけたのか
Atsushi Ishii
世界   (879) 152-158   Mar 2016
捕鯨判決と新調査捕鯨計画をめぐる攻防
Yasuhiro Sanada,Atsushi Ishii
科学   85(9) 815-817   Sep 2015
クロマグロをめぐる資源管理・国際政治・メディア報道
石井敦,井田徹治,勝川俊雄
科学   80(7) 675-677   Jul 2010
調査捕鯨における「科学」の欠如は漁業資源交渉に悪影響を及ぼしかねない
石井敦
科学   78(7) 704-705   Jul 2008

Books etc

 
Studies on the Japanese Act on Punishment of and Measures against Piracy
Atsushi Ishii,Yasuhiro Sanada,Mari Koyano (Part:Joint Work, コラム⑥「南極海捕鯨事件」国際司法裁判所判決140頁)
有信堂   Jun 2016   ISBN:978-4-8420-4061-5
クジラコンプレックス:捕鯨裁判の勝者はだれか
石井敦,真田康弘 (Part:Joint Work)
東京書籍   Oct 2015   ISBN:978-4487809257
シベリア:温暖化する極北の水環境と社会
石井敦 (Part:Joint Work, 第10章 適応と脆弱性)
京都大学出版会   Mar 2015   ISBN:978-4-8769-8315-5
農林水産の経済学
石井敦
中央経済社   2015   
198-223頁
The Social Dynamics of Carbon Capture and Storage: Understanding CCS Representations, Governance and Innovation
Nils Markusson,Atsushi Ishii,Jennie C. Stephens (Part:Joint Work, Chapter 13. Learning in CCS demonstration projects: social and political dimensions)
Routledge   2012   ISBN:978-1-84971-315-3
pp. 222-244

Conference Activities & Talks

 
IWCと環境倫理「規範」
「捕鯨と環境倫理」第2回研究会 「国際捕鯨委員会の動向」   19 Nov 2017   
気候工学の超学際シナリオ研究の意義と課題
杉山昌広,朝山慎一郎,小杉隆信,石井敦
研究・イノベーション学会第32回年次学術大会   28 Oct 2017   
一般講演
〈ホットイシュー〉
日本における学際・超学際研究の研究・実施・支援・評価の発展
Augmenting GeoMIP with interdisciplinary collaboration and participatory scenario approach
Masahiro Sugiyama, Shinichiro Asayama, Takanobu Kosugi, Atsushi Ishii
Climate Engineering Conference 2017   9 Oct 2017   
Parallel Session 1.2: The Geoengineering Model Intercomparison Project: Where have we been and where should we go?

Tuesday, 11:00 - 12:30
01 I Großer Saal
科学が政治を律するとき:認識共同体、超学祭科学としての外交科学、今後の研究展望
環境政策転換における科学者と科学的知見の役割   1 Aug 2017   
13:00-13:10「環境(気候)政策転換における科学者と科学的知見の役割:研究上の問い」(青山学院大学国際政治経済学部准教授 渡邉理絵)

13:10-14:00 「気候科学は社会の価値にどう向き合うか」(国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室長 江守正多)

14:00-14:15 質疑応答

14:15-14:25 休憩

14:25-15:25 「科学が政治を律するとき:認識共同体、超学際科学としての外交科学、今後の研究課題」(東北大学東北アジア研究センター准...
統合知を創出するための包括概念と境界概念―人類世とフューチャーアース
地球環境変化研究の転換期における人間的側面研究の強化と推進に向けて   3 Jul 2017   
主 催 日本学術会議地域研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同地球環境変化の人間的側面(HD)分科会
後 援:日本地球惑星科学連合、地理学連携機構
場 所 日本学術会議講堂(東京都港区六本木 7-22-34, 地下鉄千代田線乃木坂駅青山霊園出口)

Social Contribution

 
捕鯨問題 日本の戦略 東北大准教授 石井敦氏に聞く
[TV or radio appearance, Contribution]  共同通信 配信  21 Jan 2008
インタビュー記事
クローズアップ現代「二酸化炭素を回収せよ~切り札となるか 地下貯蔵~」
[TV or radio appearance, Contribution]  NHK  24 Jun 2008
東北大学リベラルアーツサロン
[Others]  1 Feb 2013
解体新書「捕鯨論争」
みやぎ県民大学
[Others]  22 Oct 2010
みやぎ県民大学では,
《人を人をつなぎ,地域を育む“学びの輪”》をテーマに
全61講座を開設します。
下記5事業を設定し,県民のみなさんの興味関心に応じて,
“学びの輪”を展開します。
捕鯨、象牙 日本批判相次ぐ
[TV or radio appearance, Contribution]  共同通信  3 Dec 2017

Others

 
Jul 2017
The 17th Session of the International Scientific Committee for Tuna and Tuna-like Species in the North Pacific Ocean
Jun 2017
Shouting at Japan won’t stop Antarctic whaling
Apr 2017   北東アジアの環境保全に向けた認識共同体の構築とプログラム化
 研究の目的
 本研究申請は、東北アジアの越境環境の理解と保全を進めるための多国間学術ネットワーク、アムール・オホーツクコンソーシアムの活動を、これまでの自然科学中心の議論から学際的かつ実際的な取り組みにすすめるべく、国際関係論、国際法、鳥類保全学の分野の研究者が連携することにより、より具体的な問題解決のためのプログラム案作りのために企画された。これまではややもすれば発散しがちであったアムール・オホーツクコンソーシアムの取り組みを、より具体的な形で取りまとめ、中国、ロシア、モンゴルの研究者を積極的に参加させるためのプログラム案を形にすることが本研究の目的である

 研究計画
 研究代表者と分担者が低温科学研究所にて2回の会合を持ち、1)これまでのコンソーシアム活動の総括、2)問題点の抽出、3)新たな注目点の創出を討議する。問題点のひとつは、これまでのコンソーシアムの議論があまりに広範な問題を扱ったため、具体的な保全活動に結びつかなかったという点がある。このため、本研究では、河川環境と海洋環境を結びつけるひとつの具体案として、極東地域に生息する渡り鳥に注目し、渡り鳥の保全のための陸域・海域環境保全策を、自然科学(鳥類保全学、地理学、雪氷学、海洋物理学、海洋地球生物化学)と社会科学(国際関係論、国際法)の協働によって提案する。この案を該当する多国間で取り組めるようなプログラムに昇華させることが本研究の最終的な目的である。

 本研究所との共同研究の必要性(研究集会は集会開催予定期間も記入)
 本研究で議論の中心となるアムール・オホーツクコンソーシアムは、設立以降、低温科学研究所に事務局を置き、低温科学研究所の研究者が中心となって活動を進めてきた。同研究所の環オホーツク観測研究センターは、ロシアとの学術ネットワークを築いてきた国内拠点の一つであり、同様な拠点の一つである東北大学 東北アジア研究センターに所属する研究代表者が共同研究を立案することにより、実りの多い国内・多国間共同研究につながることが期待されるため。

 期待される効果
 日露の経済活動が促進されようとする今、その環境面への影響を懸念する声が多い現状では、社会的な重要性も高い。メンバーのこれまでの実績も十分であり、2回の会合を持つという低予算に比較して、大きな成果が予想される。本研究の成果は、2018 年にウランバートルで開催を予定されている第5回アムール・オホーツクコンソーシアム国際会合の基本的な骨子を決めるものであり、その成果は国際的な波及力をも持っている。
Nov 2016
20th Special Meeting of the International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas
Oct 2016
The 66th Meeting of the International Whaling Commission