HAZAMA Shoichi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 25, 2019 at 11:42
 
Avatar
Name
HAZAMA Shoichi
E-mail
hazamayamaguchi-u.ac.jp
Affiliation
Yamaguchi University
Section
Graduate School of Medicine Applied Molecular Bioscience(Medicine) Graduate School of Medicine(Medicine) YAMAGUCHI UNIVERSITY
Job title
Associate Professor
Other affiliation
Yamaguchi UniversityYamaguchi UniversityYamaguchi University
Research funding number
50253159

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2007
 - 
Oct 2016
Associate Professor, Graduate School of Medicine(Medicine), YAMAGUCHI UNIVERSITY
 
Apr 2002
 - 
Mar 2007
Lecturer, YAMAGUCHI UNIVERSITY
 
Aug 1993
 - 
Mar 2002
Research Associate, YAMAGUCHI UNIVERSITY
 

Education

 
 
 - 
Mar 1986
Faculty of Medicine, Yamaguchi University
 

Published Papers

 
Suzuki N, Hazama S, Nagasaka T, Tanioka H, Iwamoto Y, Negoro Y, Yamauchi M, Kobayashi M, Okuda H, Fujishima N, Nishimura T, Yamanaka N, Toyota K, Mori Y, Nakagami Y, Shimokawa M, Nagano H, Okajima M
International journal of clinical oncology   24(10) 1223-1230   Oct 2019   [Refereed]
Kuwahara T, Hazama S, Suzuki N, Yoshida S, Tomochika S, Nakagami Y, Matsui H, Shindo Y, Kanekiyo S, Tokumitsu Y, Iida M, Tsunedomi R, Takeda S, Yoshino S, Okayama N, Suehiro Y, Yamasaki T, Fujita T, Kawakami Y, Ueno T, Nagano H
British journal of cancer   121(8) 659-665   Oct 2019   [Refereed]
Kuwahara T, Hazama S, Suzuki N, Yoshida S, Tomochika S, Nakagami Y, Matsui H, Shindo Y, Kanekiyo S, Tokumitsu Y, Iida M, Tsunedomi R, Takeda S, Yoshino S, Okayama N, Suehiro Y, Yamasaki T, Fujita T, Kawakami Y, Ueno T, Nagano H
British journal of cancer      Oct 2019   [Refereed]
Oga T, Yamashita Y, Soda M, Kojima S, Ueno T, Kawazu M, Suzuki N, Nagano H, Hazama S, Izumiya M, Koike K, Mano H
Cancer science   110(9) 2973-2981   Sep 2019   [Refereed]
Matsui H, Hazama S, Tamada K, Udaka K, Irie A, Nishimura Y, Miyakawa T, Doi S, Nakajima M, Kanekiyo S, Tokumitsu Y, Shindo Y, Tomochika S, Yoshida S, Iida M, Suzuki N, Takeda S, Yamamoto S, Yoshino S, Ueno T, Nagano H
Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997)   42(7) 244-250   Sep 2019   [Refereed]

Misc

 
門脈内腫瘍栓に対する肝動注化学療法と外科切除
木村 祐太, 徳光 幸生, 松隈 聰, 松井 洋人, 新藤 芳太郎, 中島 正夫, 吉田 晋, 飯田 通久, 鈴木 伸明, 武田 茂, 山本 滋, 吉野 茂文, 硲 彰一, 上野 富雄, 永野 浩昭
癌と化学療法   46(4) 760-762   Apr 2019
当科では2013年より、Vp3/Vp4肝細胞癌(HCC)に対して周術期肝動注化学療法および放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っている。過去22年間に当科で手術を行ったVp3/Vp4 HCC症例36例について後方視的に検討し、治療成績を報告する。術前動注療法は10例、術前放射線療法は7例に施行され、術後に動注を行ったのは14例であった。全体での生存期間中央値は19.3ヵ月で、R0手術が達成できた21例は有意に予後良好であった。R1症例に限ると、術後動注療法を行った群で予後が良好であった。...
腸骨浸潤を伴う盲腸癌局所再々発に対して腸骨合併切除術を施行した1例
山本 常則, 鈴木 伸明, 田中 宏典, 友近 忍, 徳光 幸生, 兼清 信介, 新藤 芳太郎, 飯田 通久, 吉田 晋, 武田 茂, 硲 彰一, 吉野 茂文, 上野 富雄, 永野 浩昭
癌と化学療法   46(3) 526-528   Mar 2019
症例は65歳、女性。前医で盲腸癌に対して腹腔鏡補助下右半結腸切除術を施行され、その3年後に腹壁浸潤を伴う局所再発に対して腫瘍切除、小腸・右腸骨筋・右大腿神経合併切除を施行された。その1年後、右腸骨周囲に再々発を認め、約1年間の化学療法を施行された。その後のPET-CT所見でも他部位の異常集積は認めず、切除目的で当科紹介となった。腸骨合併切除にて完全切除が可能と判断し、腫瘍切除、腸骨合併切除術を施行した。病理結果は切除断端陰性であった。術後経過は良好で杖歩行にて自宅退院となった。骨合併切除の...
がん免疫療法の急展開と今後の展望 消化器癌を中心に
硲 彰一
山口医学   68(1) 5-12   Mar 2019
消化器がんに対する免疫療法は、ペプチドワクチン療法、免疫細胞療法、免疫遺伝子治療など様々な臨床研究が行われており、多くの臨床的有用性を示す報告がある。しかしながら、治療不応の進行・再発症例が対象となることが多かったこと、治療方法の統一が難しく大規模な臨床試験が行われなかったこと、治療のパワー自体が不足していたことなどの理由で一般臨床として承認されるには至らなかったが、免疫チェックポイント阻害剤(ICI)の開発により事態が急展開した。Cytotoxic T-lymphocyte antige...
肝門部胆管癌術後に挙上空腸静脈瘤破裂による消化管出血を来した2例
桑原 太一, 徳光 幸生, 中島 正夫, 松隈 聡, 松井 洋人, 新藤 芳太郎, 兼清 信介, 友近 忍, 飯田 通久, 鈴木 伸明, 武田 茂, 吉野 茂文, 硲 彰一, 上野 富雄, 永野 浩昭
癌と化学療法   46(2) 324-326   Feb 2019
挙上空腸静脈瘤からの出血と診断し、それぞれ経皮経肝的静脈瘤塞栓術、経回腸静脈的静脈瘤塞栓術と異なるアプローチで止血を得られた2例を経験した。症例1は64歳、男性。肝門部胆管癌に対し拡大右葉切除を施行し、術後多発肝転移を認め化学療法を施行中であった。初回手術より3年6ヵ月経過後、下血を認め救急搬送となった。症例2は69歳、男性。肝門部胆管癌に対し左三区域切除を施行した。術後、門脈血栓を発症したため血栓除去を行ったが、血流再開が得られず結紮処置を施行し退院した。初回手術より6ヵ月後、吐下血を認...
個々の患者に最適ながん治療を目指して
硲 彰一
山口医学   67(4) 217-217   Dec 2018

Conference Activities & Talks

 
Current status and future perspectives of immunotherapy for gastrointestinal cancer
Shoichi Hazama、Nobuaki Suzuki、Shinsuke Kanekiyo、Kazuhiko Sakamoto、Michihisa Iida、Yoshihiro Tokuhisa、Shigeru Takeda、Shigefumi Yoshino、Koji Tamada、Hiroaki Nagano
12 Jul 2018   
A phase I study of multi-HLA-binding HSP70 + GPC3 peptides and combination adjuvants of LAG3-lg + Poly­ICLC against gastrointestinal cancers
Shoichi Hazama, Koji Tamada, Keiko Udaka, Yasunari Koki, Toshinari Uematsu, Hideki Arima, Tomomitsu Satoh, Shun Doi, Tomoya Miyakawa, Hiroto Matsui, Shinsuke Kanekiyo, Yukio Tokumitsu, Kazuhiko Sakamoto, Nobuaki Suzuki, Shigeru Takeda, Shigeru Yamamoto, Shigefumi Yoshino, Tomio Ueno, Hiroaki Nagan
ASCO ANNUAL MEETING 2018   Jun 2018