永岡 勝俊

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/01 10:38
 
アバター
研究者氏名
永岡 勝俊
 
ナガオカ カツトシ
URL
http://www.appc.oita-u.ac.jp/physchem/index.html
所属
名古屋大学
部署
工学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
京都大学 触媒・電池元素戦略研究拠点ユニット
ORCID ID
0000-0003-1774-1537

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
   
 
大分大学 理工学部 准教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
大分大学 工学部 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
大分大学 工学部 助教授
 
2004年2月
 - 
2005年3月
大分大学 工学部 講師
 
2003年2月
 - 
2004年1月
アレクサンダー・フンボルト財団(ドイツ) 奨学研究員
 
2002年4月
 - 
2003年1月
ミュンヘン工科大学 博士研究員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
科学技術振興事業団 CREST研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境学専攻
 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境工学専攻
 
1993年4月
 - 
1996年3月
東京工業大学 工学部 化学工学科 応用化学コース
 
1992年4月
 - 
1993年3月
東京工業大学 第3類 
 

受賞

 
2016年3月
田中貴金属記念財団 MMS賞
 
2011年3月
平成22年度触媒学会奨励賞  酸素欠陥利用による炭化水素改質反応用触媒の機能向上に関する研究 
 
2010年5月
平成21年度石油学会奨励賞(新日本石油・新日本石油精製賞) 酸素欠陥利用による炭化水素改質反応用触媒の機能向上に関する研究
 

論文

 
Yuta Ogura, Kotoko Tsujimaru, Katsutoshi Sato, Shin-ichiro Miyahara, Takaaki Toriyama, Tomokazu Yamamoto, Syo Matsumura, Katsutoshi Nagaoka
ACS Sustainable Chemistry & Engineering      2018年12月   [査読有り]
Nor Diana Bt. Zulkifli, Takayoshi Ishimoto, Katsutoshi Sato, Takaaki Eboshi, Katsutoshi Nagaoka, Michihisa Koyama
Applied Catalysis A: General   568 176   2018年11月   [査読有り]
Lin Yu, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Sato, Takaaki Toriyama, Tomokazu Yamamoto, Syo Matsumura, Syo Matsumura, Katsutoshi Nagaoka
Chemistry - A European Journal   24 8742-8746   2018年6月   [査読有り]
© 2018 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Solid oxide fuel cells (SOFCs) with liquefied petroleum gas (LPG) reduce CO2emissions due to their high-energy-conversion efficiency. Although SOFCs can convert LPG directly, coking occurs easily...
Yuta Ogura, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Sato, Shin Ichiro Miyahara, Yukiko Kawano, Takaaki Toriyama, Tomokazu Yamamoto, Syo Matsumura, Syo Matsumura, Saburo Hosokawa, Katsutoshi Nagaoka
Chemical Science   9 2230-2237   2018年1月
© 2018 The Royal Society of Chemistry. Ammonia is an important feedstock for producing fertiliser and is also a potential energy carrier. However, the process currently used for ammonia synthesis, the Haber-Bosch process, consumes a huge amount of...
Yoshihide Nishida, Chandan Chaudhari, Hirotaka Imatome, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Nagaoka
Chemistry Letters   47 938-940   2018年1月
© 2018 The Chemical Society of Japan. Various metal nanoparticle catalysts (Ru, Rh, Pd, Ir, and Pt) were prepared via liquid-phase reduction and their activity was studied for selective hydrogenation of benzonitrile to corresponding secondary imin...
Kazuya Imamura, Hiroko Kato, Yuichiro Wada, Kazuhiro Makabe, Ayumu Onda, Atsuhiro Tanaka, Hiroshi Kominami, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Nagaoka
Chemical Communications   54 7298-7301   2018年1月
© 2018 The Royal Society of Chemistry. In the presence of a palladium-loaded TiO2photocatalyst, the cleavage of benzyl phenyl ether in low-molecular-weight alcohol solvents under de-aerated conditions afforded toluene and phenol simultaneously in ...
Katsutoshi Nagaoka, Takaaki Eboshi, Yuma Takeishi, Ryo Tasaki, Kyoko Honda, Kazuya Imamura, Katsutoshi Sato
Science Advances   3(4) e1602747   2017年4月   [査読有り]
Natalia Palina, Osami Sakata, Osami Sakata, Osami Sakata, L. S.R. Kumara, Chulho Song, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Nagaoka, Katsutoshi Nagaoka, Tokutaro Komatsu, Tokutaro Komatsu, Hirokazu Kobayashi, Kohei Kusada, Hiroshi Kitagawa, Hiroshi Kitagawa, Hiroshi Kitagawa
Scientific Reports   7    2017年1月
© 2017The Author(s). The change in electronic structure of extremely small Rh x Cu y alloy nanoparticles (NPs) with composition variation was investigated by core-level (CL) and valence-band (VB) hard X-ray photoelectron spectroscopy. A combinatio...
Yoshihide Nishida, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Sato, Tomokazu Yamamoto, Dongshuang Wu, Kohei Kusada, Hirokazu Kobayashi, Syo Matsumura, Hiroshi Kitagawa, Katsutoshi Nagaoka
Chemistry Letters   46 1254-1257   2017年1月
© 2017 The Chemical Society of Japan Size-controlled Rh nanoparticles stabilized by poly(vinyl-pyrrolidone) were quickly synthesized via alcohol reduction. Microwave-assisted synthesis in closed vessels allowed alcohols with low-to-high boiling po...
Sato K, Abe N, Kawagoe T, Miyahara S.-I, Honda K, Nagaoka K.
International Journal of Hydrogen Energy   42(10) 6610-6617   2017年   [査読有り]

Misc

 
小倉優太, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 宮原伸一郎, 河野夕希子, 永岡勝俊
触媒討論会討論会A予稿集   122nd 206‐207   2018年9月
佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 財津修平, 北山悟大, 八木翔, 和田雄一郎, 永岡勝俊, 永岡勝俊
触媒討論会討論会A予稿集   122nd 132‐133   2018年9月
辻丸琴子, 小倉優太, 宮原伸一郎, 佐藤勝俊, 永岡勝俊
触媒討論会討論会A予稿集   122nd 213   2018年9月
松本賢, 田崎凌, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊
触媒討論会討論会A予稿集   122nd 202   2018年9月
永岡勝俊
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   50th ROMBUNNO.DB116   2018年9月

競争的資金等の研究課題

 
元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業ACCEL
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 北川 宏
エネルギーキャリアとしてのアンモニアを合成・分解するための特殊反応場の構築に関する基盤技術の創成
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業CREST
研究期間: 2013年 - 2018年    代表者: 永岡 勝俊
温和な条件でアンモニア分解により水素を製造するためのバイメタル触媒の開発
科学技術振興機構: 科研費基盤研究B
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 永岡 勝俊
新固溶型ナノ合金におる革新的機能の創出
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業CREST
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 北川 宏
温和な条件でアンモニア分解により水素を製造するためのバイメタル触媒の開発
科学技術振興機構: 科研費若手研究B
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 永岡 勝俊
気体原料の高効率利用技術の開発」
新エネルギー・産業技術総合開発機構: グリーン・サステイナブルケミカルプロセス基盤技術開発
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 北川 進
木質系バイオマスの高効率エネルギー変換プロセスに用いるNi系触媒の開発
科学技術振興機構: 地域イノベーション創出総合支援事業・シーズ発掘試験
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 永岡 勝俊
燃料電池用改質器への応用を目的とした炭化水素の酸化的改質反応の常温駆動系の構築
科学技術振興機構: 良いシーズをつなぐ知の連携システムつなぐしくみ
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 永岡 勝俊
エタノールの酸化的改質反応を常温から駆動可能な触媒系の構築
科学技術振興機構: 地域イノベーション創出総合支援事業・シーズ発掘試験
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 永岡 勝俊
改質反応用貴金属代替Ni触媒の開発
科学技術振興機構: 地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 永岡 勝俊

特許

 
永岡 勝俊, 河野 まなみ, 北川 進, 北川 宏, 樋口 雅一, 山内 美穂, 梶原 隆史, 東村 秀之, 渡部 大輔, 大島 伸司, 三津家 由子, 永島 和郎
永岡 勝俊, 今村 和也, 佐藤 勝俊, 小久保 浩二, 加藤 裕三
岡田 治, 中山 真衣子, 森本 かおり, 伊藤 千尋, 永岡 勝俊
岡田 治, 中山 真衣子, 森本 かおり, 伊藤 千尋, 永岡 勝俊