基本情報

所属
東北大学 大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 資源戦略学講座 環境素材設計学分野 教授
学位
博士(工学)(京都大学)

J-GLOBAL ID
200901085134884014
researchmap会員ID
5000079755

外部リンク

論文

  210

MISC

  33

書籍等出版物

  10
  • 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:5-1-6 水熱合成したカルシウム欠損水酸アパタイトの骨による置換に伴う緩やかな吸収-骨代謝に組み込まれるカルシウム欠損水酸アパタイト-)
    公益財団法人日本金属学会 2014年10月
  • 大槻主税, 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:第3章 治療用材料 第2節 高機能セラミックス-アパタイト系・複合体 399頁~404頁)
    エヌ・ティー・エス 2011年1月
  • 川下将一, 上高原理暢, 日本バイオマテリアル学会監修, 石原一彦, 塙隆夫, 前田瑞夫 (担当:共著, 範囲:第2章セラミックス系バイオマテリアル 第2.1節セラミックス系バイオマテリアルの特徴と種類)
    日本医学館 2010年
  • 岡崎正之, 山下仁大, 尾坂明義, 石川邦夫, 大槻主税, 井奥洪二, 中村美穂, 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:6章リン酸カルシウム系セラミックバイオマテリアルの創製法 147頁~170頁)
    コロナ社 2009年
  • Koji Ioku, Masanobu Kamitakahara (担当:共著, 範囲:Chapter 20 (Hydrothermal Synthesis of Hydroxyapatite Ceramics for Medical Application) 317~326頁)
    World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd. 2008年12月
  • Kamitakahara Masanobu, Toshiki Miyazaki, Chikara Ohtsuki (担当:共著, 範囲:Chapter 11 (Design of Bioactive Nano-hybrids for Bone Tissue Regeneration) 339-366)
    WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA 2008年2月
  • 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:第2編 第4章(コラーゲン/アパタイトハイブリッド体)141-154, 第2編 第5章 (アルギン酸/アパタイトハイブリッド体)155-164)
    シーエムシー出版 2006年11月
  • 上高原理暢, 大槻主税 (担当:共著, 範囲:第5編4.3 (骨形成を促進するガラス材料)411-422)
    エヌ・ティー・エス 2006年7月
  • Kamitakahara Masanobu (担当:共著, 範囲:Chapter 6 (Novel Bone-Repairing Materials: Bioactive Organic-Inorganic Hybrids) 197-214)
    Nova Science Publishers 2006年
  • 大槻主税, 上高原理暢, 宮崎敏樹 (担当:共著, 範囲:第5章生体への応用,1有機−無機ハイブリッドの骨修復材料への応用, 253~260)
    シーエムシー出版 2005年11月

講演・口頭発表等

  17

共同研究・競争的資金等の研究課題

  19

その他

  14