上高原 理暢

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/28 15:00
 
アバター
研究者氏名
上高原 理暢
 
カミタカハラ マサノブ
eメール
kamitakamail.kankyo.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/7b78f22f000d4b94bb5f37b699c4e2e4.html
所属
東北大学
部署
大学院環境科学研究科 先進社会環境学専攻 資源戦略学講座 環境素材設計学分野
職名
准教授
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2006年4月
 - 
2007年3月
ニューセラミックス懇話会  ニュースレター委員
 

受賞

 
2010年6月
日本セラミックス協会 第64回(平成21年度)日本セラミックス協会賞 進歩賞 リン酸カルシウムの特性を活用した高機能人工骨の創製
 
2008年12月
The IUMRS International Conference in Asia 2008 Award for Encouragement of Research in Materials Science Preparation of Hydroxyapatite/Anatase Composite Granules by Hydrothermal Process
 
2008年9月
東北大学大学院環境科学研究科 環境科学研究科研究奨励賞
 
2005年1月
43rd Symposium on Basic Science of Ceramics World Young Fellow Meeting 2005 Presentation Award
 

論文

 
Masanobu Kamitakahara, Shohei Takahashi, Taishi Yokoi, Chihiro Inoue, Koji Ioku
J. Ceram. Soc. Japan   126 732-735   2018年9月   [査読有り]
Kenshiro Kimura, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Koji Ioku
Cryst. Growth Des.   18 1961-1966   2018年4月   [査読有り]
Effect of Silicate Incorporation in Alpha-Tricalcium Phosphate on Behaviors of Osteoblast-Like Cells
Masanobu Kamitakahara, Takashi Shirato, Taishi Yokoi, Hideaki Matsubara, Yasuaki Shibata, Tohru Ikeda
Key Engineering Materials   720 90-94   2017年   [査読有り]
Sota Terasaka, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Hideaki Matsubara
J. Ceram. Soc. Japan   124 1211-1216   2016年12月   [査読有り]
Kota Morishita, Eri Tatsukawa, Yasuaki Shibata, Fumio Suehiro, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Koji Ioku, Masahiro Umeda, Masahiro Nishimura, Tohru Ikeda
Acta Biomaterialia   39 180-191   2016年7月   [査読有り]
Gazi Jased Ahmed, Eri Tatsukawa, Kota Morishita, Yasuaki Shibata, Fumio Suehiro, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Takehiko Koji, Masahiro Umeda, Masahiro Nishimura, Tohru Ikeda
Acta Histochem. Cytochem.   49 97-107   2016年6月   [査読有り]
Masanobu Kamitakahara, Naohiro Ohtoshi, Masakazu Kawashita, Koji Ioku
J. Mater. Sci.: Mater. Med.   27    2016年5月   [査読有り]
論文番号:93
ページ数:7ページ
Masanobu Kamitakahara, Eri Tatsukawa, Yasuaki Shibata, Shota Umemoto, Taishi Yokoi, Koji Ioku, Tohru Ikeda
J. Mater. Sci.: Mater. Med.   27    2016年5月   [査読有り]
論文番号:97
ページ数:9ページ
Masanobu Kamitakahara, Shohei Takahashi, Taishi Yokoi, Chihiro Inoue, Koji Ioku
Mater. Sci. Eng. C   61 169-173   2016年4月   [査読有り]
Taishi Yokoi, Mitsuo Hara, Takahiro Seki, Sota Terasaka, Masanobu Kamitakahara, Hideaki Matsubara
CrystEngComm   18 1207-1214   2016年2月   [査読有り]
Masanobu Kamitakahara, Takuya Nagamori, Taishi Yokoi, Koji Ioku
J. Asian Ceram. Soc.   3 287-291   2015年9月   [査読有り]
Taishi Yokoi, Kei Tsukada, Sota Terasaka, Masanobu Kamitakahara, Hideaki Matsubara
J. Asian Ceram. Soc.   3 230-233   2015年9月   [査読有り]
Sota Terasaka, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Hideaki Matsubara
Mater. Trans.   56 1509-1512   2015年9月   [査読有り]
Taishi Yokoi, Masanobu Kamitakahara, Chikara Ohtsuki
Dalton Trans.   44 7943-7950   2015年5月   [査読有り]
Sota Terasaka, Masanobu Kamitakahara, Taishi Yokoi, Koji Ioku
J. Ceram. Soc. Japan   122 995-999   2014年12月   [査読有り]
Natsuko Ito, Masanobu Kamitakahara, Masahiro Yoshimura, Koji Ioku
Mater. Sci. Eng. C   40 121-126   2014年7月   [査読有り]
Natsuko Ito, Masanobu Kamitakahara, Koji Ioku
Mater. Lett.   120 94-96   2014年4月   [査読有り]
Eri Tatsukawa, Yoshinori Gonda, Masanobu Kamitakahara, Masaaki Matsuura, Masaru Ushijima, Yasuaki Shibata, Ikuho Yonezawa, Mutsunori Fujiwara, Koji Ioku, Tohru Ikeda
J. Orthop. Res.   32 189-196   2014年2月   [査読有り]
Taishi Yokoi, Masanobu Kamitakahara
Chem. Lett.   43 234-236   2014年2月   [査読有り]
Masanobu Kamitakahara, Yuika Uno, Koji Ioku
J. Mater. Sci.: Mater. Med.   25 239-245   2014年1月   [査読有り]

Misc

 
上高原 理暢
粉体および粉末冶金   65 197-201   2018年4月   [査読有り][依頼有り]
バイオセラミックスとしてのリン酸カルシウム多孔体
井奥洪二, 上高原 理暢
Phosphorus Letter   (81) 17-26   2014年10月
バイオセラミックスを用いた複合材料の創成
横井太史,上高原理暢,大槻主税
Phosphorus Letter   (81) 58-68   2014年10月
医療分野におけるバイオインスパイアード材料の応用
井奥洪二, 横井太史, 上高原理暢
セラミックス   49 397-401   2014年5月
人工骨用リン酸カルシウム系材料の形態制御
横井太史,上高原理暢,大槻主税
機能材料   33 12-18   2013年9月
骨代謝に組み込まれる水酸アパタイト多孔体
井奥洪二,上高原理暢,池田通
J. Soc. Inorg. Mater. Japan   19 396-400   2012年
Masanobu KAMITAKAHARA
J. Ceram. Soc. Japan   119 266-270   2011年4月
Chikara Ohtsuki, Masanobu Kamitakahara, Toshiki Miyazaki
J. R. Soc. Interface   6 S349-S360   2009年6月
Koji Ioku, Masanobu Kamitakahara
Phosphorus Research Bulletin   23 25-30   2009年5月
骨代謝に組み込まれるリン酸カルシウムセラミックス
井奥 洪二, 上高原 理暢, 米澤 郁穂, 黒澤 尚, 池田 通
Phosphorus Letter   (65) 8-15   2009年
Masanobu Kamitakahara, Chikara Ohtsuki, Toshiki Miyazaki
J. Biomater. Appl.   23(3) 197-212   2008年11月
抗菌薬を必要最小限に抑えた環境低負荷医療の実現を目指すセラミック技術
伊藤敦夫,大矢根綾子,六崎裕高,十河友,上高原理暢,井奥洪二
セラミックス      2008年10月
Masanobu Kamitakahara, Chikara Ohtsuki, Toshiki Miyazaki
Biomed. Mater.   2 R17-R23   2007年11月
生体活性セラミックスの生体内反応に基づく有機-無機ハイブリッドの創成
上高原理暢,宮崎敏樹
マテリアルインテグレーション   20(11) 73-77   2007年11月
谷原正夫,上高原理暢
高分子   56(3) 144-149   2007年3月
Chikara Ohtsuki, Masanobu Kamitakahara, Toshiki Miyazaki
Journal of Tissue Engineering and Regenerative Medicine   1(1) 33-38   2007年1月
Masanobu Kamitakahara, Chikara Ohtsuki
Phosphorus Research Bulletin   20 101-110   2006年12月
リン酸三カルシウム多孔体の生体吸収性の制御
大槻主税, 上高原理暢
Phosphorus Letter   (53) 20-27   2005年
骨組織の自己再生を支援するセラミックスの材料設計
大槻主税, 上高原理暢, 宮崎敏樹
セラミックス   40 862-864   2005年
化学ベクトル制御による骨修復用ガラス材料の設計
大槻主税,上高原理暢,宮崎敏樹
マテリアルインテグレーション   18(11) 7-11   2005年
Bioactive inorganic-organic hybrids with deformability
Masakazu Kawashita, Masanobu Kamitakahara, Tadashi Kokubo
Ann. Chim. Sci. Mat.   29(1) 7-16   2004年
Design of bioactive organic-inorganic hybrids on the basis of bonding mechanism of calcium silicate glass with living bone
Chikara Ohtsuki, Masanobu Kamitakahara, Toshiki Miyazaki
Ann. Chim. Sci. Mat.   29(1) 29-39   2004年
大槻主税, 上高原理暢
日本結晶成長学会誌   31(2) 69-72   2004年
Control of hydroxyapatite deposition on organic polymer under biomimicking condition
Chikara Ohtsuki, Takahiro Kawai, Masanobu Kamitakahara
Phosphorus Research Bulletin   17 21-28   2004年

書籍等出版物

 
バイオマテリアル研究の最前線
上高原理暢(節の著者) (担当:共著, 範囲:5-1-6 水熱合成したカルシウム欠損水酸アパタイトの骨による置換に伴う緩やかな吸収-骨代謝に組み込まれるカルシウム欠損水酸アパタイト-)
公益財団法人日本金属学会   2014年10月   
セラミックス機能化ハンドブック
大槻主税, 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:第3章 治療用材料 第2節 高機能セラミックス-アパタイト系・複合体 399頁~404頁)
エヌ・ティー・エス   2011年1月   
バイオマテリアルの基礎
川下将一, 上高原理暢(節の著者) (日本バイオマテリアル学会監修, 石原一彦・塙隆夫・前田瑞夫編集) (担当:共著, 範囲:第2章セラミックス系バイオマテリアル 第2.1節セラミックス系バイオマテリアルの特徴と種類)
日本医学館   2010年   
セラミックバイオマテリアル
岡崎正之, 山下仁大, 尾坂明義, 石川邦夫, 大槻主税, 井奥洪二, 中村美穂, 上高原理暢 (担当:共著, 範囲:6章リン酸カルシウム系セラミックバイオマテリアルの創製法 147頁~170頁)
コロナ社   2009年   
Biomaterials in Asia
Koji Ioku, Masanobu Kamitakahara (担当:共著, 範囲:Chapter 20 (Hydrothermal Synthesis of Hydroxyapatite Ceramics for Medical Application) 317~326頁)
World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd.   2008年12月   

講演・口頭発表等

 
Potential of hydroxyxpatite as a scaffold material for microorganisms for water purification
4th Nagoya Biomimetics International Symposium   2015年10月30日   
In vitro evaluation of calcium-deficient hydroxyapatite ceramics composed of rod-like particles
Takafumi Ebesu, Koji Ioku
The 14th Asian BioCeramics Symposium (ABC2014)   2014年10月28日   
Evaluation of Microorganism Adhesion on Hydroxyapatite as Scaffold for Microorganisms
Shohei Takahashi, Taishi Yokoi, Chihiro Inoue, Koji Ioku
The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014)   2014年8月24日   
水酸アパタイト複合多孔体の水熱合成と評価
村上節明,上高原理暢,井奥洪二
日本セラミックス協会2007年年会   2007年3月21日   
リン酸三カルシウムへのケイ素の導入
倉内貴司, 上高原理暢, 谷原正夫, 大槻主税
第45回セラミックス基礎科学討論会   2007年1月22日   

競争的資金等の研究課題

 
水酸アパタイトの環境浄化材料への応用に関する研究
研究期間: 2003年4月 - 現在
生体吸収性セラミックスに関する研究
研究期間: 2003年4月 - 現在
骨結合性を発現する有機-無機ハイブリッドに関する研究
研究期間: 1997年4月 - 現在

その他

 
2010年12月   資源開発のための熱水性人工鉱床構築の可能性の探索
資源開発のための熱水性人工鉱床構築の可能性の探索を行う。
2010年4月   リン酸八カルシウムの生体内反応を利用したドラッグデリバリーシステムの構築
リン酸八カルシウムの生体内反応を利用したドラッグデリバリーシステムの構築を行う。
2009年10月   Synthesis of Silicon-doped Tricalcium Phosphate through Wet Chemical Process
ケイ素含有リン酸三カルシウムの湿式合成について研究する。
2009年3月   イオンの電気泳動を利用したリン酸カルシウム粒子の作製
イオンの電気泳動を利用したリン酸カルシウム粒子の作製を行う。
2008年12月   リン酸カルシウムが生命現象に与える影響の解明
リン酸カルシウムが生命現象に与える影響を解明する。