講演・口頭発表等

2015年1月

A False and Unnatural Relation-フーリエ主義ネットワークの結婚制度批判とThe Scarlet Letter

日本アメリカ文学会東京支部1月例会
  • 稲垣伸一

記述言語
会議種別
口頭発表(一般)
開催地
慶應義塾大学

1840年代から50年代にかけてアメリカでは、女性解放運動家、ユートピア的生活共同体、スピリチュアリストといった様々なグループが、理想の男女関係を追求する立場から結婚制度批判、さらには結婚制度廃止論を展開した。本発表では、男女関係に批判の目を向けた複数のグループとアメリカに伝播したフーリエ主義との関係を指摘し、同時代に発表されたNathaniel HawthorneのThe Scarlet Letterを、19世紀半ばの理想的男女関係を求めた結婚制度批判、結婚制度廃止論、そして「フリー・ラヴ」と総称される思想から検討した。