高山 憲之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 11:01
 
アバター
研究者氏名
高山 憲之
 
タカヤマ ノリユキ
eメール
takayamaier.hit-u.ac.jp
URL
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~takayama/
所属
(公財)年金シニアプラン総合研究機構
職名
理事長
学位
経済学博士(東京大学)
科研費研究者番号
30102940

研究分野

 
 

経歴

 
1976年4月
   
 
武蔵大学経済学部専任講師
 
1978年4月
   
 
   同    助教授
 
1980年4月
   
 
  一橋大学経済研究所助教授
 
1990年4月
   
 
   同     教授
 
2010年4月
   
 
   同     特任教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 経済学研究科 
 

受賞

 
1996年
日経・経済図書文化賞
 

論文

 
所得不平等の尺度:再検討
国民経済   131 41-70   1974年
積立方式と賦課方式
季刊社会保障研究   12(4) 11-18   1977年   [査読有り]
社会保険料負担の三・七問題
日本労働協会雑誌   0(0) 13-26   1977年   [査読有り]
Censored Income Distributions and the Measurement of Poverty
共論文
XL7(1) 617-632   1977年   [査読有り]
戦後日本の所得分布(2)
共論文
経済研究   29(1) 44-60   1978年   [査読有り]

Misc

 
いわゆるインフレ調整減税の所得再分配効果
季刊理論経済学   27(2) 105-117   1976年
所得・金融資産分布の不平等とその要因
経済研究   27(2) 134-142   1976年
Poverty, Income Inequality and Their Measures: Professor Sen's Axiomatic Approach Reconsidered
Econometrica   47(3) 747-759   1979年
貧困計測の現段階
経済研究   32(4) 311-331   1981年
保育サービスの費用負担
経済研究   33(3) 239-250   1982年

書籍等出版物

 
The Japanese Longitudinal Survey on Employment and Fertility (LOSEF): Essential Features of the 2011 Internet Version and a Guide to Its Users (共編著)
Research Institute for Policies on Pension & Aging   2016年   
Matching Contributions for Pensions (共編著)
The World Bank   2012年   
Reforming Pensions for Civil and Military Servants (編著)
Maruzen   2011年   
Security Lifelong Retirement Income (共編著)
Oxford University Press   2011年   
Priority Challenges in Pension Administration (編著)
Maruzen   2011年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
年金をめぐる世代間問題の計量分析
科学研究費補助金
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 高山 憲之
世代間問題の経済分析:さらなる深化と飛躍
科学研究費補助金
研究期間: 2010年 - 2014年
世代間問題の経済分析
科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2010年
人口減少社会に関する経済理論的・計量的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2007年
世代間の利害調整に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2004年

その他

 
2018年5月   人生100年時代に備える:年金を高齢雇用促進型に
日本経済新聞
2017年1月   頓挫した夫婦控除の創設:“多くが実質増税”は誤解
日本経済新聞
2016年   高齢雇用促進に制度の壁 就労意欲向上策カギ
日本経済新聞
2014年   基礎年金に最低額保証を:放置なら3万円台に
日本経済新聞
2013年   年金は持続可能か:受給開始年齢、自動調整を
日本経済新聞