基本情報

所属
日本大学 生物資源科学部食品生命学科 特任教授
学位
博士(医学)(東邦大学)

研究者番号
10299323
J-GLOBAL ID
200901078393008285

食品の健康に対する重要性が明らかになってきました。そして、「食品の健康に対する作用」の解明が強く求められています。これまで私は「食品成分の健康効果と疾病予防作用」について研究を強く押し進め、食品成分が疾患による種々の生理的負担と死亡率を軽減させる証拠を分子レベルで示しきました。特に、生活習慣病に対する食品成分の健康効果に対する新知見を多く明らかにし国際専門雑誌に報告してきました。例えば、血管内皮細胞の解析から動脈硬化の新たな発症機構を示し、ポリフェノールなどの食品成分について潜在的な予防作用を明らかにしてきました。また、脳神経細胞やアストロサイトの解析から、脳卒中における、神経細胞の脆弱性の機構と神経細胞への栄養供給が脳卒中予防に強く関連する分子的基盤を明らかにしてきました。

論文

  96

講演・口頭発表等

  66

社会貢献活動

  2

メディア報道

  1