ARAKI Shin-ichi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 21, 2018 at 21:47
 
Avatar
Name
ARAKI Shin-ichi
URL
http://jimusvka.shiga-med.ac.jp/kenkyu/FMPro?-db=kenkyu.fmj&-format=record%5fdetail.htm&-lay=list&-sortfield=occupation%5fcode&-op=eq&dep%5fcode=103&delete%5fflg=0&-recid=33454&-find=
Affiliation
Shiga University of Medical Science
Section
Undergraduate School of Medicine, Faculty of Medicine, Shiga University of Medical Science Undergraduate School of Medicine Faculty of Medicine
Job title
Assistant Professors

Education

 
 
 - 
1997
Graduate School, Division of Medical Sciences, Shiga University of Medical Science
 

Published Papers

 
Taira M, Imamura M, Takahashi A, Kamatani Y, Yamauchi T, Araki SI, Tanaka N, van Zuydam NR, Ahlqvist E, Toyoda M, Umezono T, Kawai K, Imanishi M, Watada H, Suzuki D, Maegawa H, Babazono T, Kaku K, Kawamori R, SUMMIT Consortium., Groop LC, McCarthy MI, Kadowaki T, Maeda S
PloS one   13(12) e0208654   Dec 2018   [Refereed]
Kume S, Araki SI, Ugi S, Morino K, Koya D, Nishio Y, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H
Journal of diabetes investigation      Nov 2018   [Refereed]
Nobuta H, Katagi M, Kume S, Terashima T, Araki SI, Maegawa H, Kojima H, Nakagawa T
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   fj201801825R   Nov 2018   [Refereed]
Megumi Oshima, Megumi Oshima, Tadashi Toyama, Tadashi Toyama, Masakazu Haneda, Kengo Furuichi, Kengo Furuichi, Tetsuya Babazono, Hiroki Yokoyama, Kunitoshi Iseki, Shinichi Araki, Toshiharu Ninomiya, Shigeko Hara, Yoshiki Suzuki, Masayuki Iwano, Eiji Kusano, Tatsumi Moriya, Hiroaki Satoh, Hiroyuki Nakamura, Miho Shimizu, Akinori Hara, Hirofumi Makino, Takashi Wada, Takashi Wada
PLoS ONE   13    Aug 2018
© 2018 Oshima et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are ...
Shohei Yoshida, Kosuke Yamahara, Kosuke Yamahara, Shinji Kume, Daisuke Koya, Mako Yasuda-Yamahara, Mako Yasuda-Yamahara, Naoko Takeda, Norihisa Osawa, Masami Chin-Kanasaki, Yusuke Adachi, Kenji Nagao, Hiroshi Maegawa, Shin ichi Araki
Aging Cell   17    Aug 2018
© 2018 The Authors. Aging Cell published by the Anatomical Society and John Wiley & Sons Ltd. Extending healthy lifespan is an emerging issue in an aging society. This study was designed to identify a dietary method of extending lifespan, promot...
Chisato Kusunoki-Tsuji, Shin ichi Araki, Shinji Kume, Masami Chin-Kanasaki, Norihisa Osawa, Katsutaro Morino, Osamu Sekine, Satoshi Ugi, Atsunori Kashiwagi, Hiroshi Maegawa
Journal of Diabetes Investigation   9 776-781   Jul 2018
© 2017 The Authors. Journal of Diabetes Investigation published by Asian Association for the Study of Diabetes (AASD) and John Wiley & Sons Australia, Ltd Aims/Introduction: Diabetes and obesity are important health and economic concerns. We inv...
好酸球性腹膜炎が細菌性腹膜炎に合併し治療経過の評価と治療方針の選択に難渋した1例
桑形 尚吾, 大町 将司, 霍田 裕明, 澤井 和信, 今村 孔美, 大井 衣里, 多賀谷 允, 冨田 奈津子, 佐々木 裕二, 久米 真司, 金崎 雅美, 前川 聡, 荒木 信一
日本透析医学会雑誌   51(7) 463-467   Jul 2018
症例は34歳、男性。悪性腎硬化症による末期腎不全のため腹膜透析用カテーテル留置術を施行、腹膜透析(peritoneal dialysis:PD)導入となった。術後6日目に発熱、腹痛、血液検査で炎症反応上昇、PD排液の混濁(細胞数380/μL、多核細胞優位)が出現した。細菌性腹膜炎を疑い抗菌薬治療を開始したところ、術後8日目には発熱と腹痛は消失したが、炎症反応上昇とPD排液の混濁は持続した。術後12日目に実施したPD排液の細胞診で、著明な好酸球増多が認められた。PD排液の培養検査は陰性であっ...
Hiroki Yokoyama, Shin Ichi Araki, Koichi Kawai, Katsuya Yamazaki, Osamu Tomonaga, Shin Ichiro Shirabe, Hiroshi Maegawa
BMJ Open Diabetes Research and Care   6    May 2018
© Article author(s) (or their employer(s) unless otherwise stated in the text of the article) 2018. We examined changes in prevalence of diabetic microvascular/macrovascular complications and diabetes care indicators for adults in Japan with type ...
Shin ichi Araki
Diabetology International   9 100-107   May 2018
© 2018, The Japan Diabetes Society. Diabetic kidney disease (DKD) in patients with type 2 diabetes mellitus is a leading cause of end-stage renal disease worldwide. An increase in the severity of albuminuria and a decrease in the glomerular filtra...
Hiroki Yokoyama, Shin Ichi Araki, Koichi Kawai, Koichi Hirao, Yoshio Kurihara, Hiroaki Seino, Hiroshi Takamura, Hidekatsu Sugimoto, Akira Okada, Hiroshi Maegawa
Journal of Diabetes Investigation   9 594-601   May 2018
© 2017 The Authors. Journal of Diabetes Investigation published by Asian Association for the Study of Diabetes (AASD) and John Wiley & Sons Australia, Ltd Aims/Introduction: To investigate the current status of achieved blood pressure levels in ...
Yuki Tanaka, Shinji Kume, Shiro Maeda, Shiro Maeda, Shiro Maeda, Norihisa Osawa, Naoko Takeda, Masami Chin-Kanasaki, Keiji Isshiki, Satoshi Ugi, Itsuki Oshima, Takashi Uzu, Hiroshi Maegawa, Shin ichi Araki
Biochemical and Biophysical Research Communications   495 1115-1121   Jan 2018
© 2017 Elsevier Inc. A single nucleotide polymorphism (SNP) within the acetyl CoA carboxylase (ACC) β gene (ACACB), rs2268388, has been shown to be associated with susceptibility to development of proteinuria in patients with type 2 diabetes. To i...
滋賀県全域で5年にわたり展開されたCKDシールのアウトカム評価
磯野 哲一郎, 國津 侑貴, 増田 恭子, 平 大樹, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 寺田 智祐
医療薬学   43(11) 601-609   Nov 2017
滋賀県下の全保険薬局を対象に、5年(2012年〜2016年)と長期間にわたる継続的なアンケート調査を行い、慢性腎臓病(CKD)シールの効果、有用性について検討した。アンケート回収率は22.4〜34.0%であった。CKDシールの認知率は2012年89.9%から2016年98.6%まで増加した。CKDシール運用がきっかけで腎機能を注意するようになった薬局は2014年59.8%から2016年90.5%と1.5倍に増加した。有用性があるかは十分に評価されていないが、CKDシールに起因して疑義照会し...
慢性血液透析患者におけるヘモグロビン変動と予後の関係 びわこ臨床透析カンファレンス共同研究
一色 啓二, 八田 告, 磯野 元秀, 牧石 徹也, 永作 大輔, 新宮 良介, 鹿野 勉, 渋谷 和之, 富田 耕彬, 西尾 利二, 金崎 雅美, 荒木 信一, 宇津 貴, びわこ臨床透析カンファレンス共同研究グループ
日本透析医学会雑誌   50(7) 465-472   Jul 2017
【目的】血液透析患者のヘモグロビン(Hb)変動に影響を及ぼす因子を解析しHb変動と予後の関係を検討した。【対象と方法】6ヵ月間のHb変動を算出した血液透析患者613例を対象とした。Hb変動はHb値回帰直線の残差標準偏差の平均値(Hb-RSD)を用いた。Hb-RSDに影響を及ぼす因子を重回帰分析で解析し30ヵ月間の入院歴・死亡を後ろ向きに調査した。Hb-RSDを中央値で2群に分け入院累積率・生存率をカプランマイヤー法で、Hb-RSDと予後の関係はコックス比例ハザード法で解析した。【結果】Hb...
Shinya Ono, Shinji Kume, Mako Yasuda-Yamahara, Kosuke Yamahara, Naoko Takeda, Masami Chin-Kanasaki, Hisazumi Araki, Osamu Sekine, Hideki Yokoi, Masashi Mukoyama, Takashi Uzu, Shin Ichi Araki, Hiroshi Maegawa
Nephrology Dialysis Transplantation   32 1477-1487   Jan 2017
© 2017 The Author. Background. O-linked β-N-acetylglucosamine modification (O-GlcNAcylation) is a post-translational modification of intracellular proteins, serving as a nutrient sensor. Growing evidence has demonstrated its physiological and path...
Koshi Nakamura, Emiko Okada, Shigekazu Ukawa, Makoto Hirata, Akiko Nagai, Zentaro Yamagata, Yutaka Kiyohara, Kaori Muto, Yoichiro Kamatani, Toshiharu Ninomiya, Koichi Matsuda, Koichi Matsuda, Michiaki Kubo, Yusuke Nakamura, Yusuke Nakamura, Akiko Tamakoshi, Hiromasa Harada, Sunao Matsubayashi, Rieko Komi, Kazuo Misumi, Shiro Minami, Hitoshi Sugihara, Eitaro Kodani, Akio Kanazawa, Hiromasa Gotoh, Hidenori Haruna, Satoshi Asai, Mitsuhiko Moriyama, Yasuo Takahashi, Tomoaki Fujioka, Wataru Obara, Seijiro Mori, Hideki Ito, Satoshi Nagayama, Yoshio Miki, Akihide Masumoto, Akira Yamada, Yasuko Nishizawa, Ken Kodama, Satoshi Ugi, Shinichi Araki, Yukihiro Koretsune, Hideki Taki, Takayuki Nakagawa
Journal of Epidemiology   27    Jan 2017
© 2017 The Authors. Background: Breast cancer is currently the most common type of cancer in Japanese females. Unlike most other types of cancer, breast cancer develops more frequently in middle-aged females than in elderly females. Methods: Of al...
Shogo Kuwagata, Shinji Kume, Masami Chin-Kanasaki, Hisazumi Araki, Shinichi Araki, Jun Nakazawa, Takeshi Sugaya, Daisuke Koya, Masakazu Haneda, Hiroshi Maegawa, Takashi Uzu
Kidney International   90 1211-1225   Dec 2016
© 2016 International Society of Nephrology Hypoxia causes proximal tubular cell damage in diabetes, even though proximal tubular cells have an adaptive system to combat hypoxia involving induction of hypoxia factor-1 (HIF-1) and inhibition of mech...
Uzu T, Araki SI, Kashiwagi A, Haneda M, Koya D, Yokoyama H, Kida Y, Ikebuchi M, Nakamura T, Nishimura M, Takahara N, Obata T, Omichi N, Sakamoto K, Shingu R, Taki H, Nagai Y, Tokuda H, Kitada M, Misawa M, Nishiyama A, Kobori H, Maegawa H, Shiga Committee for Preventing Diabetic Nephropathy.
PloS one   11(12) e0164936   Dec 2016   [Refereed]
Iwai T, Kume S, Chin-Kanasaki M, Kuwagata S, Araki H, Takeda N, Sugaya T, Uzu T, Maegawa H, Araki SI
International journal of molecular sciences   17(11)    Nov 2016   [Refereed]
Yokoyama H, Oishi M, Takamura H, Yamasaki K, Shirabe SI, Uchida D, Sugimoto H, Kurihara Y, Araki SI, Maegawa H
BMJ open diabetes research & care   4(1) e000294   Oct 2016   [Refereed]
Tagawa A, Yasuda M, Kume S, Yamahara K, Nakazawa J, Chin-Kanasaki M, Araki H, Araki S, Koya D, Asanuma K, Kim EH, Haneda M, Kajiwara N, Hayashi K, Ohashi H, Ugi S, Maegawa H, Uzu T
Diabetes   65(3) 755-767   Mar 2016   [Refereed]
Tanaka Y, Kume S, Chin-Kanasaki M, Araki H, Araki S, Ugi S, Sugaya T, Uzu T, Maegawa H
Biochemical and biophysical research communications   470(3) 539-545   Feb 2016   [Refereed]
Takagi A, Kume S, Kondo M, Nakazawa J, Chin-Kanasaki M, Araki H, Araki S, Koya D, Haneda M, Chano T, Matsusaka T, Nagao K, Adachi Y, Chan L, Maegawa H, Uzu T
Scientific reports   6 18944   Jan 2016   [Refereed]
Araki S, Haneda M, Koya D, Kondo K, Tanaka S, Arima H, Kume S, Nakazawa J, Chin-Kanasaki M, Ugi S, Kawai H, Araki H, Uzu T, Maegawa H
Clinical journal of the American Society of Nephrology : CJASN   10(12) 2152-2158   Dec 2015   [Refereed]
Tanaka Y, Kume S, Araki H, Nakazawa J, Chin-Kanasaki M, Araki S, Nakagawa F, Koya D, Haneda M, Maegawa H, Uzu T
Free radical biology & medicine   89 831-841   Dec 2015   [Refereed]
大学病院における全科型NST活動の成果と課題
仲川 満弓, 栗原 美香, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也
日本静脈経腸栄養学会雑誌   30(6) 1307-1310   Nov 2015
当院は全科型NSTが2003年7月より稼働し、10年を迎えた。院内スタッフの間でNST活動が浸透し、介入件数は約600症例となっている。摂食嚥下チームや口腔ケアチームとも連携して活動し、サポートも幅広い内容となっている。介入前後における栄養管理の推移をみると、静脈栄養の症例は介入前76%から介入後は42%と減少し、これに対して経口摂取が可能な症例が介入前20%から介入後は52%に増加していた。介入症例の転帰は57%が軽快退院であり、26%が転院、17%が死亡退院であり、血清アルブミン値やリ...
H. Yokoyama, S. Araki, S. Watanabe, J. Honjo, J. Honjo, S. Okizaki, S. Okizaki, D. Yamada, R. Shudo, H. Shimizu, H. Sone, H. Sone, M. Haneda
Diabetes Research and Clinical Practice   110 18-25   Oct 2015
© 2015 Elsevier Ireland Ltd. Objective: The prevalence of treatment resistant hypertension (RH) depends on methods used for blood pressure (BP) measurements, goals of BP, and therapeutic efforts in terms of medication and adherence. We focused on ...
H. Yokoyama, S. Araki, K. Kawai, K. Hirao, M. Oishi, M. Oishi, K. Sugimoto, H. Sone, H. Maegawa, A. Kashiwagi, K. Doi, Y. Fukumoto, K. Iwasaki, M. Kudo, M. Minami, H. Ogawara, H. Takeda, K. Miyazawa, H. Takamura, M. Takai, C. Takahashi, H. Takagi, H. Yokoyama, T. Wada
Diabetes Research and Clinical Practice   109 485-492   Sep 2015
© 2015 Elsevier Ireland Ltd. Aims: The protective association of pioglitazone with cardiovascular events and death was investigated over 6-years in large-scale type 2 diabetic subjects without established cardiovascular disease in a primary care s...
Yasuda-Yamahara M, Kume S, Yamahara K, Nakazawa J, Chin-Kanasaki M, Araki H, Araki S, Koya D, Haneda M, Ugi S, Maegawa H, Uzu T
Biochemical and biophysical research communications   465(2) 249-255   Sep 2015   [Refereed]
Uzu T, Araki S, Araki H, Kume S, Maegawa H
Kidney international   87(5) 1077   May 2015   [Refereed]
Araki H, Ono S, Nishizawa Y, Deji N, Nakazawa J, Morita Y, Kume S, Chin-Kanasaki M, Isshiki K, Araki S, Arimura T, Maegawa H, Uzu T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   54(17) 2213-2217   2015   [Refereed]
Wada T, Haneda M, Furuichi K, Babazono T, Yokoyama H, Iseki K, Araki S, Ninomiya T, Hara S, Suzuki Y, Iwano M, Kusano E, Moriya T, Satoh H, Nakamura H, Shimizu M, Toyama T, Hara A, Makino H, Research Group of Diabetic Nephropathy,Ministry of Health,Labour,and Welfare of Japan.
Clinical and experimental nephrology   18(4) 613-620   Aug 2014   [Refereed]
Araki H, Tanaka Y, Yoshida S, Morita Y, Kume S, Isshiki K, Araki S, Uzu T, Kashiwagi A, Maegawa H
Journal of diabetes investigation   5(4) 435-441   Jul 2014   [Refereed]
Yasuda M, Tanaka Y, Kume S, Morita Y, Chin-Kanasaki M, Araki H, Isshiki K, Araki S, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Biochimica et biophysica acta   1842(7) 1097-1108   Jul 2014   [Refereed]
Kume S, Araki S, Ono N, Shinhara A, Muramatsu T, Araki H, Isshiki K, Nakamura K, Miyano H, Koya D, Haneda M, Ugi S, Kawai H, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H
PloS one   9(6) e101219   Jun 2014   [Refereed]
Araki H, Kuwagata S, Soumura M, Yamahara K, Morita Y, Kume S, Isshiki K, Araki S, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Clinical and experimental nephrology   18(3) 487-491   Jun 2014   [Refereed]
Araki S
Clinical and experimental nephrology   18(2) 230-233   Apr 2014   [Refereed]
Takashi Wada, Takashi Wada, Masakazu Haneda, Kengo Furuichi, Kengo Furuichi, Tetsuya Babazono, Hiroki Yokoyama, Kunitoshi Iseki, Shin Ichi Araki, Toshiharu Ninomiya, Shigeko Hara, Yoshiki Suzuki, Masayuki Iwano, Eiji Kusano, Tatsumi Moriya, Hiroaki Satoh, Hiroyuki Nakamura, Miho Shimizu, Miho Shimizu, Tadashi Toyama, Tadashi Toyama, Akinori Hara, Akinori Hara, Hirofumi Makino
Clinical and Experimental Nephrology   18 621-622   Jan 2014
Shiro Maeda, Minako Imamura, Mahiro Kurashige, Mahiro Kurashige, Shinichi Araki, Daisuke Suzuki, Tetsuya Babazono, Takashi Uzu, Tomoya Umezono, Masao Toyoda, Koichi Kawai, Masahito Imanishi, Kazushige Hanaoka, Hiroshi Maegawa, Yasuko Uchigata, Tatsuo Hosoya
Clinical and Experimental Nephrology   17 866-871   Dec 2013
Background: A recent genome-wide association study for diabetic nephropathy in European type 1 diabetes identified 3 candidate loci for diabetic nephropathy. In this study, we examined the association of the 3 single nucleotide polymorphism (SNP) ...
Yamahara K, Kume S, Koya D, Tanaka Y, Morita Y, Chin-Kanasaki M, Araki H, Isshiki K, Araki S, Haneda M, Matsusaka T, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   24(11) 1769-1781   Nov 2013   [Refereed]
Yokoyama H, Araki S, Honjo J, Okizaki S, Yamada D, Shudo R, Shimizu H, Sone H, Moriya T, Haneda M
Diabetes care   36(10) 3227-3233   Oct 2013   [Refereed]
Takeda N, Kume S, Tanaka Y, Morita Y, Chin-Kanasaki M, Araki H, Isshiki K, Araki S, Haneda M, Koya D, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
The American journal of pathology   183(3) 774-785   Sep 2013   [Refereed]
Daisuke Sato, Katsutaro Morino, Natsuko Ohashi, Emi Ueda, Kazuhiro Ikeda, Hideka Yamamoto, Satoshi Ugi, Hiroshi Yamamoto, Shinichi Araki, Hiroshi Maegawa
Endocrine Journal   60 847-853   Aug 2013
Dumping syndrome, or rapid gastric emptying, is a frequent complication after gastric surgery. In this case, the patient was a 47-year-old woman who 10 years previously had undergone distal gastrectomy with Billroth I reconstruction for early-stag...
Araki S, Matsuno H, Haneda M, Koya D, Kanno Y, Kume S, Isshiki K, Araki H, Ugi S, Kawai H, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H
Diabetes care   36(7) e92-e93-3   Jul 2013   [Refereed]
Araki S, Haneda M, Koya D, Sugaya T, Isshiki K, Kume S, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H
Diabetes care   36(5) 1248-1253   May 2013   [Refereed]
Kurashige M, Imamura M, Araki S, Suzuki D, Babazono T, Uzu T, Umezono T, Toyoda M, Kawai K, Imanishi M, Hanaoka K, Maegawa H, Uchigata Y, Hosoya T, Maeda S
PloS one   8(1) e54064   2013   [Refereed]
Uzu T, Nakao K, Kume S, Araki H, Isshiki K, Araki S, Kawai H, Ugi S, Kashiwagi A, Maegawa H
American journal of hypertension   25(11) 1170-1174   Nov 2012   [Refereed]
Sawaguchi M, Araki SI, Kobori H, Urushihara M, Haneda M, Koya D, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H
Journal of diabetes investigation   3(3) 318-324   Jun 2012   [Refereed]
Kume S, Uzu T, Takagi C, Kondo M, Okabe T, Araki S, Isshiki K, Takeda N, Kondo K, Haneda M, Koya D, Nishio Y, Kashiwagi A, Maegawa H
Journal of diabetes investigation   3(3) 298-301   Jun 2012   [Refereed]
Araki S, Nishio Y, Araki A, Umegaki H, Sakurai T, Iimuro S, Ohashi Y, Uzu T, Maegawa H, Kashiwagi A, Ito H, Japanese Elderly Intervention Trial Research Group.
Geriatrics & gerontology international   12 Suppl 1 127-133   Apr 2012   [Refereed]
Aoyama M, Isshiki K, Kume S, Chin-Kanasaki M, Araki H, Araki S, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Biochemical and biophysical research communications   419(2) 244-249   Mar 2012   [Refereed]
Uzu T, Kida Y, Yamauchi A, Kume S, Isshiki K, Araki S, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H, Kikkawa R
Journal of the American Society of Hypertension : JASH   6(2) 124-131   Mar 2012   [Refereed]
Nakao K, Uzu T, Araki S, Kume S, Deji N, Chin-Kanasaki M, Araki H, Isshiki K, Sugimoto T, Kawai H, Nishio Y, Kashiwagi A, Maegawa H
Journal of diabetes investigation   3(1) 86-91   Feb 2012   [Refereed]
Deji N, Kume S, Araki S, Isshiki K, Araki H, Chin-Kanasaki M, Tanaka Y, Nishiyama A, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Biochemical and biophysical research communications   418(3) 559-564   Feb 2012   [Refereed]
Uzu T, Araki S, Isshiki K, Maegawa H
Kidney international   80(5) 556   Sep 2011   [Refereed]
Koyama T, Kume S, Koya D, Araki S, Isshiki K, Chin-Kanasaki M, Sugimoto T, Haneda M, Sugaya T, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Free radical biology & medicine   51(6) 1258-1267   Sep 2011   [Refereed]
Koya D, Araki S, Haneda M
Journal of diabetes investigation   2(4) 248-254   Aug 2011   [Refereed]
Maeda S, Koya D, Araki S, Babazono T, Umezono T, Toyoda M, Kawai K, Imanishi M, Uzu T, Suzuki D, Maegawa H, Kashiwagi A, Iwamoto Y, Nakamura Y
Clinical and experimental nephrology   15(3) 381-390   Jun 2011   [Refereed]
Miyazawa I, Araki S, Obata T, Yoshizaki T, Morino K, Kadota A, Ugi S, Kawai H, Uzu T, Nishio Y, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H
Diabetes research and clinical practice   92(2) 174-180   May 2011   [Refereed]
妊娠・出産に際し治療抵抗性高血圧を呈したSLEの1例
小野 真也, 山原 康佑, 岩井 環, 坂口 正芳, 荒木 信一, 杉本 俊郎, 村上 節, 宇津 貴
Pharma Medica   29(5) 198-200   May 2011
29歳女。体重増加、下腿浮腫を主訴とした。妊娠・出産を契機に蛋白尿、血圧上昇、全身浮腫、血小板減少、腎機能障害を認め、検査所見、画像所見より全身性エリテマトーデス(SLE)と診断した。血小板減少のために腎生検は施行できず、ステロイド加療によりSLEの活動性は速やかに改善したが、溶血所見、腎機能と血圧の改善は乏しかった。エナラプリルの追加併用により、溶血所見、腎機能と血小板数は改善傾向を示したが、高血圧は持続し、腎生検ではループス腎炎(classIV)とともに妊娠高血圧症に類似した所見が認め...
Tanaka Y, Kume S, Araki S, Isshiki K, Chin-Kanasaki M, Sakaguchi M, Sugimoto T, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Kidney international   79(8) 871-882   Apr 2011   [Refereed]
Uzu T, Yokoyama H, Itoh H, Koya D, Nakagawa A, Nishizawa M, Maegawa H, Yokomaku Y, Araki S, Abiko A, Haneda M
Clinical and experimental nephrology   15(1) 58-63   Feb 2011   [Refereed]
Yang X, Kume S, Tanaka Y, Isshiki K, Araki S, Chin-Kanasaki M, Sugimoto T, Koya D, Haneda M, Sugaya T, Li D, Han P, Nishio Y, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
PloS one   6(9) e25271   2011   [Refereed]
Kato N, Chin-Kanasaki M, Tanaka Y, Yasuda M, Yokomaku Y, Sakaguchi M, Isshiki K, Araki S, Ohta S, Uzu T
Case reports in nephrology   2011 824709   2011   [Refereed]
Soumura M, Kume S, Isshiki K, Takeda N, Araki S, Tanaka Y, Sugimoto T, Chin-Kanasaki M, Nishio Y, Haneda M, Koya D, Kashiwagi A, Maegawa H, Uzu T
Biochemical and biophysical research communications   402(2) 265-271   Nov 2010   [Refereed]
Uzu T, Sakaguchi M, Tsuda A, Kadota A, Yokomaku Y, Kume S, Kanasaki M, Isshiki K, Araki S, Sugiomoto T, Maegawa H, Kashiwagi A
Journal of diabetes investigation   1(5) 196-201   Oct 2010   [Refereed]
Araki S, Haneda M, Koya D, Isshiki K, Kume S, Sugimoto T, Kawai H, Nishio Y, Kashiwagi A, Uzu T, Maegawa H
Diabetes care   33(8) 1805-1810   Aug 2010   [Refereed]
Maeda S, Araki S, Babazono T, Toyoda M, Umezono T, Kawai K, Imanishi M, Uzu T, Watada H, Suzuki D, Kashiwagi A, Iwamoto Y, Kaku K, Kawamori R, Nakamura Y
Diabetes   59(8) 2075-2079   Aug 2010   [Refereed]
Kume S, Uzu T, Horiike K, Chin-Kanasaki M, Isshiki K, Araki S, Sugimoto T, Haneda M, Kashiwagi A, Koya D
The Journal of clinical investigation   120(4) 1043-1055   Apr 2010   [Refereed]
Ohshige T, Tanaka Y, Araki S, Babazono T, Toyoda M, Umezono T, Watada H, Suzuki D, Iwamoto Y, Kawamori R, Nakamura Y, Maeda S
Diabetes care   33(4) 842-846   Apr 2010   [Refereed]
Uzu T, Kida Y, Shirahashi N, Harada T, Yamauchi A, Nomura M, Isshiki K, Araki S, Sugimoto T, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Kikkawa R
Journal of the American Society of Nephrology : JASN   21(3) 520-526   Mar 2010   [Refereed]
Nakazawa J, Isshiki K, Sugimoto T, Araki S, Kume S, Yokomaku Y, Chin-Kanasaki M, Sakaguchi M, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Uzu T
Nephrology (Carlton, Vic.)   15(1) 93-101   Feb 2010   [Refereed]
Maeda S, Kobayashi MA, Araki S, Babazono T, Freedman BI, Bostrom MA, Cooke JN, Toyoda M, Umezono T, Tarnow L, Hansen T, Gaede P, Jorsal A, Ng DP, Ikeda M, Yanagimoto T, Tsunoda T, Unoki H, Kawai K, Imanishi M, Suzuki D, Shin HD, Park KS, Kashiwagi A, Iwamoto Y, Kaku K, Kawamori R, Parving HH, Bowden DW, Pedersen O, Nakamura Y
PLoS genetics   6(2) e1000842   Feb 2010   [Refereed]
Araki S, Matsuno H, Haneda M, Koya D, Kanno Y, Itho J, Kishi A, Isshiki K, Sugimoto T, Maegawa H, Kashiwagi A, Uzu T
Diabetes care   32(11) 2062-2067   Nov 2009   [Refereed]
D. Koya, M. Haneda, S. Inomata, Y. Suzuki, D. Suzuki, H. Makino, K. Shikata, Y. Murakami, Y. Tomino, K. Yamada, S. I. Araki, A. Kashiwagi, R. Kikkawa
Diabetologia   52 2037-2045   Oct 2009
Aims/hypothesis: There is currently insufficient evidence to recommend a low-protein diet for type 2 diabetic patients with diabetic nephropathy. We assessed whether a low-protein diet could prevent the progression of diabetic nephropathy. Methods...
Takashi Uzu, Masayoshi Sakaguchi, Yukiyo Yokomaku, Shinji Kume, Masami Kanasaki, Keiji Isshiki, Shin Ichi Araki, Toshiro Sugiomoto, Daisuke Koya, Masakazu Haneda, Atsunori Kashiwagi
Clinical and Experimental Nephrology   13 307   Aug 2009
Uzu T, Sakaguchi M, Yokomaku Y, Kume S, Kanasaki M, Isshiki K, Araki S, Sugiomoto T, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A
Clinical and experimental nephrology   13(4) 300-306   Aug 2009   [Refereed]
Hirata K, Kume S, Araki S, Sakaguchi M, Chin-Kanasaki M, Isshiki K, Sugimoto T, Nishiyama A, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Uzu T
Biochemical and biophysical research communications   380(1) 44-49   Feb 2009   [Refereed]
Deji N, Kume S, Araki S, Soumura M, Sugimoto T, Isshiki K, Chin-Kanasaki M, Sakaguchi M, Koya D, Haneda M, Kashiwagi A, Uzu T
American journal of physiology. Renal physiology   296(1) F118-26   Jan 2009   [Refereed]
Shin ichi Araki, Masakazu Haneda, Daisuke Koya, Atsunori Kashiwagi, Takashi Uzu, Ryuichi Kikkawa
Diabetes Research and Clinical Practice   82(Suppl 1) S54-S58   Nov 2008
Diabetic nephropathy in type 2 diabetes is a leading cause of end-stage renal disease worldwide. Its early clinical sign is microalbuminuria, which is not only a predictor for progression of nephropathy but also an independent risk factor for card...
John J. Rogus, John J. Rogus, G. David Poznik, Marcus G. Pezzolesi, Marcus G. Pezzolesi, Adam M. Smiles, Jonathon Dunn, William Walker, Krzysztof Wanic, Krzysztof Wanic, Dariusz Moczulski, Dariusz Moczulski, Dariusz Moczulski, Luis Canani, Luis Canani, Luis Canani, Shinichi Araki, Shinichi Araki, Shinichi Araki, Yuichiro Makita, Yuichiro Makita, Yuichiro Makita, James H. Warram, Andrzej S. Krolewski, Andrzej S. Krolewski
Diabetes   57 2519-2526   Sep 2008
OBJECTIVE-Epidemiological and family studies have demonstrated that susceptibility genes play an important role in the etiology of diabetic nephropathy, defined as persistent proteinuria or end-stage renal disease (ESRD) in type 1 diabetes. RESEAR...
摘出腫瘤の病理組織標本所見より頸椎腫瘍状石灰沈着症(cervical tumoral calcinosis)と診断し得た維持透析患者の1例
一色 啓二, 中澤 純, 杉本 俊郎, 坂口 正芳, 小山 哲朗, 田中 敬, 武田 尚子, 田中 裕紀, 安田 真子, 津田 安都子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 信一, 川添 智道, 時田 由美子, 中村 紘子, 前田 憲吾, 富田 耕彬, 宇津 貴, 高橋 忍, 岡田 裕作
日本透析医学会雑誌   41(8) 483-488   Aug 2008
67歳男性。患者は62歳時に慢性腎不全で血液透析導入され、64歳時に関節リウマチで経口ステロイド療法の既往があった。今回、右上肢の脱力で神経内科に入院となり、頭部CTでは左側放線冠、右視床に陳旧制ラクナ梗塞が認められ、頸部X線ではSpondylosisとC5/6間の狭小化がみられた。また、脊髄MRIでは頸椎の複数の椎間レベルで脊髄圧迫を認め、C3/4間で正中やや右寄りにT1で低信号、T2で信号強度不均一な腫瘤が確認された。以上より、本症例は頸髄症の疑いで頸椎椎弓形成術および腫瘤切除術が行な...
アトルバスタチン投与後に改善した浮動感・耳鳴の1例
前田 憲吾, 坂口 正芳, 荒木 信一, 前川 聡
神経内科   68(1) 116-116   Jan 2008
Am J Physiol Renal Physiol   296(1) F118-F126   2008
J Am Soc Nephrol.   19(2) 321-328   2008
Masataka Nishimura, Takashi Uzu, Yuki Tanaka, Kazuyuki Shibuya, Keiji Isshiki, Shin Ichi Araki, Toshiro Sugimoto, Atsunori Kashiwagi
Therapeutic Research   28 2217-2221   Dec 2007
Objective : We examined whether cilnidipine, L-type and N-type Ca 2+ channel blocker, reduce urinary protein excretion in patients with chronic kidney disease treated with angiotensin II receptor blockers. Methods : Twenty-one Japanese patients (1...
Masumi Kamiyama, Masaaki Kobayashi, Shin Ichi Araki, Aritoshi Iida, Tatsuhiko Tsunoda, Koichi Kawai, Masahito Imanishi, Makoto Nomura, Tetsuya Babazono, Yasuhiko Iwamoto, Atsunori Kashiwagi, Kohei Kaku, Ryuzou Kawamori, Daniel P.K. Ng, Torben Hansen, Peter Gaede, Oluf Pedersen, Yusuke Nakamura, Shiro Maeda
Human Genetics   122 397-407   Nov 2007
Using a large-scale genotyping analysis of gene-based single nucleotide polymorphisms (SNPs) in Japanese type 2 diabetic patients, we have identified a gene encoding neurocalcin δ (NCALD) as a candidate for a susceptibility gene to diabetic nephro...
非糖尿病慢性腎臓病患者に対するアンジオテンシンII受容体拮抗薬とシルニジピンの併用効果
西村 正孝, 宇津 貴, 田中 敬, 渋谷 和之, 一色 啓二, 荒木 信一, 杉本 俊郎, 柏木 厚典
Therapeutic Research   28(11) 2217-2221   Nov 2007
非糖尿病慢性腎臓病(CKD)患者21例(男性16例、女性5例、平均59±11歳)を対象に、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)とL型、N型Caチャネル両阻害作用を有するCaチャネル拮抗薬(CCB)シルニジピンの併用投与の有効性について検討した。ARBでコントロール不良であった非糖尿病CKD例において、シルニジピン10mg又は20mg/日の追加投与により血圧低下と共に蛋白尿の減少効果を認め、本剤による明らかな副作用は認めなかった。他のCCBからの切り替え患者においても抗蛋白尿効果が観察され...
PEG症例の経腸栄養投与熱量設定における間接熱量測定の有用性について
栗原 美香, 岩川 裕美, 丈達 知子, 中西 直子, 辻井 靖子, 三上 貴子, 碓井 理香, 徳永 道子, 小寺 利美, 星野 伸夫, 赤羽 理也, 長尾 大志, 塩見 尚礼, 荒木 信一, 佐々木 雅也, 柏木 厚典, 澤田 直子, 小澤 恵子, 伊藤 明彦
静脈経腸栄養   22(3) 329-335   Sep 2007
Harris-Benedict式(HB式)により求められたbasal energy expenditure(BEE)と間接熱量計を用いて測定したresting energy expenditure(REE)の結果に基づき投与熱量を決定し、経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)15例の至適投与量について比較検討した。患者群を無作為に2群に分け、6週間ずつREEによる熱量投与する期間とHB式より求めたBEEによる熱量投与する期間とのクロスオーバー試験を行った。REE群に比べ、BEE群では、体脂肪と体...
Norihisa Osawa, Norihisa Osawa, Daisuke Koya, Shin Ichi Araki, Takashi Uzu, Tatsuhiko Tsunoda, Atsunori Kashiwagi, Yusuke Nakamura, Shiro Maeda
Journal of Human Genetics   52 143-151   Feb 2007
To elucidate the role of the renin-angiotensin system (RAS) in diabetic nephropathy, we examined the association between diabetic nephropathy in a large cohort of Japanese type 2 diabetic patients and polymorphisms within the genes that encode ang...
Takashi Uzu, Takashi Uzu, Genjiro Kimura, Atsushi Yamauchi, Masami Kanasaki, Keiji Isshiki, Shin Ichi Araki, Toshiro Sugiomoto, Yoshihiko Nishio, Hiroshi Maegawa, Daisuke Koya, Masakazu Haneda, Atsunori Kashiwagi
Journal of Hypertension   24 1627-1632   Aug 2006
OBJECTIVE: To assess whether an association between sodium-sensitive hypertension and metabolic syndrome exists; and whether, in patients with metabolic syndrome, the nocturnal fall of blood pressure decreases and salt restriction affects the circ...
心臓リハビリテーションにおける栄養サポート(NST) 心臓血管外科におけるNSTの関わり
岩川 裕美, 辻井 靖子, 栗原 美香, 丈達 知子, 中西 直子, 平岩 康之, 信迫 香織, 白子 寛子, 星野 伸夫, 赤羽 理也, 三上 貴子, 碓井 理香, 徳永 道子, 荒木 信一, 園田 聡, 神前 英明, 佐々木 雅也, 柏木 厚典, 五月女 隆男, 浅井 徹
心臓リハビリテーション   11(2) 281-285   Jun 2006
心拍動下冠動脈血管バイパス手術(OPCAB)を含む低侵襲手術を施行した患者の術前術後の消費エネルギーと摂取エネルギーの検討と,心臓血管術後,合併症を併発し,NSTに依頼された症例について報告した.OPCABを含む低侵襲手術を施行した7例を対象とした.手術前,手術後2日後,手術1週間後にそれぞれの早朝空腹時の基礎代謝消費エネルギーを測定した.また,同時に摂取エネルギー量も算出した.NSTとして,術前後に必要栄養量を測定し,MICS症例の栄養評価上の実態把握を行った.また,術直後の必要栄養量の...
ICUにおける人工呼吸器患者に対する間接熱量測定の有用性について
岩川 裕美, 五月女 隆男, 佐々木 雅也, 丈達 知子, 栗原 美香, 中西 直子, 辻井 靖子, 三上 貴子, 碓井 理香, 徳永 道子, 星野 伸夫, 赤羽 理也, 平岩 康之, 荒木 信一, 江口 豊, 柏木 厚典, 西野 幸典
静脈経腸栄養   21(1) 91-97   Mar 2006
治癒促進を目的に,ICU入室後に人工呼吸器管理となった患者の安静時エネルギー消費量(REE),呼吸商(RQ)を測定して栄養学的介入を行った.16名(平均64.1歳)を対象とした.投与エネルギーは,間接熱量測定(IC)後,REE測定値とほぼ同等になった.REEとBEEは相関し,REEはBEEの約1.6倍であった.RQは栄養介入後から経時的に上昇し,脂肪酸化割合と糖質酸化割合は逆転した.栄養介入後に対象をSepsis related organ failure assessmentにより改善群...
A. S. Krolewski, A. S. Krolewski, A. S. Krolewski, G. D. Poznik, G. Placha, G. Placha, L. Canani, L. Canani, L. Canani, J. Dunn, W. Walker, A. Smiles, B. Krolewski, B. Krolewski, D. G. Fogarty, D. G. Fogarty, D. G. Fogarty, D. Moczulski, D. Moczulski, D. Moczulski, S. Araki, S. Araki, S. Araki, Y. Makita, Y. Makita, Y. Makita, D. P.K. Ng, D. P.K. Ng, D. P.K. Ng, J. Rogus, J. Rogus, R. Duggirala, S. S. Rich, J. H. Warram
Kidney International   69 129-136   Jan 2006
The main hallmark of diabetic nephropathy is elevation in urinary albumin excretion. We performed a genome-wide linkage scan in 63 extended families with multiple members with type II diabetes. Urinary albumin excretion, measured as the albumin-to...

Misc

 
【尿検査の新たな潮流】 糖尿病性腎症のバイオマーカー
荒木 信一
臨床検査   62(7) 798-802   Jul 2018
<文献概要>Point ●糖尿病性腎症は,微量アルブミン尿の出現により早期腎症と診断し,尿中アルブミン排泄量の程度と糸球体濾過量(GFR)により病期分類を行う.●腎症発症リスクの高い患者を微量アルブミン尿の出現よりも早期に同定するため,アルブミン尿に代わる診断能・予知能に優れた新たなバイオマーカーが求められている.●腎症で認められる糸球体病変,尿細管間質障害,炎症などに関連する因子が尿中バイオマーカーとして検討されているが,アルブミン尿以上に有用な尿中バイオマーカーは現時点では見いだされて...
透析時と非透析時の血糖変動の違い
荒木 信一
内分泌・糖尿病・代謝内科   46(5) 363-367   May 2018
滋賀県の慢性透析療法の現況(2015年12月31日現在)
金崎 雅美, 荒木 信一, 河内 明宏, 江口 豊, 秋岡 清一, 門 浩志, 磯野 元秀, 前田 咲弥子, 新井 豊, 西尾 利樹, 有村 哲朗, 西村 正孝, 一色 啓二, 谷口 正展
滋賀医学   40 9-13   Mar 2018
2015年12月31日現在の滋賀県における慢性透析患者数は3122人、慢性透析導入患者数は415人で、人口100万人当たりの慢性透析患者数は全国に比べて低い。一方、慢性透析の治療形態のうち腹膜透析、在宅血液透析、夜間透析の比率はいずれも全国平均に比べて高く、患者の多様な生活形態や希望に沿うよう努力していると言える。2001年末から2015年末までの慢性透析患者数の推移、慢性透析導入原疾患や年齢の推移、粗死亡率と主要死因の推移などを表に示し、滋賀県の2015年末の現状を述べた。
【糖尿病診療アップデート2018】 こんな糖尿病はこう診る 注意点とTIPS 腎機能が低下しつつある糖尿病
荒木 信一
診断と治療   106(3) 325-330   Mar 2018
Headline 1 糖尿病性腎症の腎機能低下抑制のための治療戦略として包括的リスク管理が重要となる。2 腎症の進行に伴い腎機能が低下してきた場合、多くの経口血糖降下薬が使用禁忌となるとともに低血糖の発症リスクが高くなるため、適切な薬剤選択と低血糖を起こしにくい血糖管理が求められる。3 腎機能の低下に伴いたんぱく質制限食が推奨されるが、摂取量だけではなく摂取するたんぱくの質も考慮する。(著者抄録)
【腎と糖尿病:変革期の診断と治療】 【DKD変革期の治療】寛解・退縮を目指した集学的治療
荒木 信一
腎と透析   84(2) 225-229   Feb 2018
diabetic kidney disease(DKD)とdiabetic nephropathyの概念の相違点は? DKDは広く「糖尿病のあるCKD」を意味し、糖尿病性腎症は単一疾患的な意味合い
荒木 信一, 藤田 征弘
日本医事新報   (4895) 52-52   Feb 2018
【糖尿病を有する慢性腎臓病患者のマネジメント】 糖尿病合併腎障害に対するマネジメント総論 糖尿病合併腎症における血糖コントロール
荒木 信一
月刊糖尿病   9(11) 46-52   Nov 2017
【診断と治療のABC[124]糖尿病合併症】 (第2章)細小血管合併症とその関連疾患の病態・診断・治療 腎症 早期腎症〜顕性腎症 病態・診断・治療
荒木 信一
最新医学   別冊(糖尿病合併症) 73-80   Jul 2017
慢性腎臓病(CKD)の代表的疾患である糖尿病腎症は,尿アルブミン値と糸球体濾過量(GFR)により病期が定義される.腎症は,慢性的な高血糖により惹起される疾患であるが,その病態と成因にはさまざまな因子が関与する.そのため,血糖のみを管理するのではなく,チーム医療による包括的リスク管理が重要となる.また,腎症の進行経過は,必ずしも段階的で進行性ではないため,アルブミン尿を定期的に測定し,その変動を評価することが必要である.(著者抄録)
【糖尿病腎症-予後改善とレミッションを目指して-】 糖尿病腎症予後予測マーカー
荒木 信一
プラクティス   34(3) 241-247   May 2017
腎臓病と栄養の最前線 糖尿病性腎症の栄養
荒木 信一
Diabetes Update   6(2) 112-113   Apr 2017
滋賀県の慢性透析療法の現況(2014年12月31日現在)
金崎 雅美, 荒木 信一, 河内 明宏, 江口 豊, 秋岡 清一, 門 浩志, 八田 告, 磯野 元秀, 前田 咲弥子, 新井 豊, 西尾 利樹, 安田 和弘, 有村 哲朗, 西村 正孝, 西尾 利二, 一色 啓二, 富田 耕彬, 谷口 正展
滋賀医学   39 8-12   Mar 2017
【糖尿病性腎症の現況と進展阻止対策-生活習慣の修正と薬物療法】 寛解・退縮を目指した集学的治療
荒木 信一
カレントテラピー   35(1) 54-59   Jan 2017
【糖尿病性腎症の克服を目指して〜up to date〜】 糖尿病性腎症の最近の経過と病期分類
荒木 信一
Pharma Medica   34(6) 9-13   Jun 2016
【糖尿病を診る ポケット検査事典】 合併症 腎症および水・電解質代謝 尿中L型脂肪酸結合蛋白(尿中L-FABP)
荒木 信一, 前川 聡
プラクティス   別冊(糖尿病を診るポケット検査事典) 80-81   May 2016
【新時代の臨床糖尿病学(下)-より良い血糖管理をめざして-】 糖尿病合併症の病態・診断・治療 慢性合併症 糖尿病腎症 糖尿病腎症の検査・診断 尿中IV型コラーゲン、尿中L-FABP
荒木 信一
日本臨床   74(増刊2 新時代の臨床糖尿病学(下)) 186-190   Apr 2016
【糖尿病治療の現在と未来】 慢性合併症の予防と治療の進歩 糖尿病性腎症の治療と進行予防
荒木 信一
診断と治療   104(Suppl.) 162-167   Mar 2016
腎症の発症・進行予防のためには、高血糖・高血圧・脂質異常などのリスク因子を包括的に管理することが重要である。リスク因子の管理目標は、糖尿病治療ガイドライン等で推奨されている管理目標値に準拠するが、年齢・生活環境・合併症の程度に応じた個別の管理目標値を設定する。少なくとも年に1回は、尿中アルブミン排泄量を測定し、腎症合併の有無を評価する。腎症合併症例では、尿中アルブミン排泄量を経時的に測定し、包括的リスク管理による腎症の寛解を目指す。(著者抄録)
【糖尿病腎症の診断と治療Up To Date】 診断の新たなバイオマーカー
荒木 信一
月刊糖尿病   7(12) 14-21   Dec 2015
【糖尿病は回復するだろうか Part 2-腎障害は寛解するか】 糖尿病におけるアルブミン尿の改善とその治療戦略
荒木 信一
糖尿病診療マスター   13(11) 859-863   Nov 2015
<POINT>血糖・血圧・脂質などの包括的管理が,アルブミン尿の改善と関連する.アルブミン尿の改善は,腎・心血管イベント発症のリスク低下と関連する.(著者抄録)
【高血圧治療update-最新の治療動向-】 合併症・ライフステージ別高血圧治療 糖尿病
荒木 信一, 前川 聡
日本臨床   73(11) 1885-1890   Nov 2015
危険因子 尿中アルブミン
荒木 信一
動脈硬化予防   14(3) 93-95   Oct 2015
尿細管における糖代謝
菅原 翔, 荒木 信一, 久米 真司
腎臓内科・泌尿器科   2(2) 226-232   Aug 2015
【糖尿病と合併症(後篇) 糖尿病合併症】 細小血管障害と大血管障害 糖尿病腎症診断のバイオマーカー
荒木 信一
最新医学   70(7月増刊) 1397-1404   Jul 2015
糖尿病腎症の"確定診断"には病理診断が必要であるが,すべての患者に腎生検を行うことは現実的ではなく,腎症のバイオマーカーである尿中アルブミン排泄量と糸球体濾過量(GFR)によって,腎症の"臨床診断"を行っている.さらに,腎症の発症・進展阻止の観点から,より早期に腎症を診断し,治療を開始するため,また,腎・心血管疾患に対するハイリスク症例の早期同定のために,新たなバイオマーカーに関する知見も集積されてきている.(著者抄録)
【最新糖尿病トピックス】 糖尿病の合併症 糖尿病性腎症
荒木 信一
アニムス   20(3) 25-28   Jul 2015
【糖尿病と腎疾患2015】 糖尿病性腎症総論 糖尿病性腎症の成因
荒木 信一, 前川 聡
腎と透析   78(増刊) 58-61   Jun 2015
【患者中心医療のための糖尿病患者評価-合併症】 腎症
荒木 信一
内分泌・糖尿病・代謝内科   40(2) 85-91   Feb 2015
【肥満2型糖尿病の実践的管理】 実践的治療戦略 包括的リスク管理の目標達成と血管合併症予防
荒木 信一
Diabetes Frontier   26(1) 67-72   Feb 2015
【最新の糖尿病の実地日常診療 第一線の実地医家が実践すべき最新の診療の実際】 治療 第一線の実地医家による有効な最新の実践的治療の実際 糖尿病患者における降圧治療のエビデンスと実践的治療法
荒木 信一, 前川 聡
Medical Practice   32(1) 149-153   Jan 2015
高齢者では生活機能の維持・向上をめざすことが重要
荒木 信一
Diabetes Strategy   4(3) 103-103   Aug 2014
糖尿病患者の血圧管理はどうするのか JSH2014をふまえて
稲垣 暢也, 野出 孝一, 古家 大祐, 井藤 英喜, 荒木 信一, 江口 和男, 原田 和昌
Diabetes Strategy   4(3) 87-102   Aug 2014
【病態に応じた血糖コントロールの管理目標】 糖尿病腎症における血糖コントロール(早期腎症〜顕性腎症期)
荒木 信一
月刊糖尿病   6(6) 23-28   Jul 2014
腎臓病領域の臨床検査の進歩 糖尿病性腎症のバイオマーカー
荒木 信一
臨床病理   62(2) 171-179   Feb 2014
画一的な指導にとらわれず個々の患者に適した制限量の設定を
荒木 信一
Diabetes Strategy   4(1) 19-19   Feb 2014
糖尿病腎症の食事療法を考える たんぱく制限・塩分制限に対するPros、塩分制限に対するCons、たんぱく制限に対するCons
矢部 大介, 古家 大祐, 古宮 俊幸, 菅野 義彦, 荒木 信一, 垣田 浩子, 南郷 智香
Diabetes Strategy   4(1) 5-18   Feb 2014
【糖尿病における心腎連関】 治療 心腎連関から見た糖尿病性腎症の治療戦略(概論)
荒木 信一
月刊糖尿病   5(11) 73-79   Nov 2013
【高齢者の糖尿病】 高齢者糖尿病患者の合併症の管理 細小血管合併症 糖尿病性腎症
荒木 信一
日本臨床   71(11) 2010-2014   Nov 2013
【CKD(慢性腎臓病)ガイドラインに基づく有効なこれからの実地診療】 実地医家のベッドサイドでの武器とストラテジーの整理のために リスク疾病に対し実地医家はどのように考え、どのように対処すべきか 糖尿病とCKD
荒木 信一
Medical Practice   30(11) 1900-1904   Nov 2013
【エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013】
木村 健二郎, 岡田 浩一, 今井 裕一, 田村 功一, 西 慎一, 和田 隆志, 福井 次矢, 松尾 清一, 湯澤 由紀夫, 有村 義宏, 堀江 重郎, 丸山 彰一, 今井 圓裕, 守山 敏樹, 池住 洋平, 石倉 健司, 井関 邦敏, 上田 仁康, 小尾 佳嗣, 大野 岩男, 貝藤 裕史, 香美 祥二, 金崎 啓造, 要 伸也, 川田 典孝, 河原崎 宏雄, 北川 清樹, 北田 宗弘, 小井手 裕一, 古家 大祐, 後藤 俊介, 後藤 眞, 後藤 憲彦, 近藤 秀治, 佐古 まゆみ, 柴垣 有吾, 嶋 英昭, 庄司 哲雄, 新沢 真紀, 鈴木 芳樹, 諏訪部 達也, 坪井 伸夫, 鶴岡 秀一, 徳山 博文, 富田 亮, 長澤 康行, 西尾 妙織, 長谷部 直幸, 花房 規男, 濱 ひとみ, 早川 洋, 原 章規, 深川 雅史, 藤井 直彦, 藤井 秀毅, 藤野 貴行, 古市 賢吾, 丸山 達也, 丸山 之進, 三浦 健一郎, 三浦 直人, 三ツ木 加代, 武藤 智, 望月 俊雄, 森 一越, 谷澤 雅彦, 安田 宜成, 山本 裕康, 山本 陵平, 脇野 修, 鷲田 直輝, 渡辺 裕輔, 原田 浩, 荒木 信一, 伊藤 貞嘉, 上村 治, 臼井 丈一, 内田 俊也, 宇津 貴, 宇都宮 保典, 風間 順一郎, 柏原 直樹, 川村 哲也, 栗山 哲, 小松 康宏, 斉藤 喬雄, 斎藤 知栄, 酒井 謙, 佐田 憲映, 四方 賢一, 杉山 斉, 竹村 司, 土谷 健, 椿原 美治, 成田 一衛, 服部 元史, 花岡 一成, 馬場園 哲也, 樋口 誠, 平野 勉, 星野 純一, 堀尾 勝, 山縣 邦弘, 横山 啓太郎, 横山 仁, 吉川 徳茂, 渡邊 有三, 船橋 徹, 益崎 裕章, エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013作成委員会,日本腎臓学会
日本腎臓学会誌   55(5) 585-860   Jul 2013
【糖尿病合併症としての動脈硬化の臨床】 アルブミン尿と脳・心血管イベント
荒木 信一
動脈硬化予防   12(1) 32-39   Apr 2013
【糖尿病性腎症の現況と今後の展望】 腎症と大血管障害に共通する進展機構
荒木 信一
Diabetes Frontier   23(5) 567-572   Oct 2012
【日本人の糖尿病と欧米人の糖尿病】 糖尿病の合併症に関する相違 細小血管症
荒木 信一, 前川 聡
ホルモンと臨床   60(5) 415-418   May 2012
【糖尿病性腎症治療と腎症治療薬の新しい展望】 糖尿病性腎症の治療 血糖管理
荒木 信一
Medicinal   2(2) 42-49   Feb 2012
【心腎連鎖の克服を目指した糖尿病腎症の治療】 心腎連関と各因子・疾患のかかわり 心腎連関と微量アルブミン尿の意義
荒木 信一
月刊糖尿病   4(2) 32-39   Feb 2012
【降圧薬による脳・心・腎連関の治療作戦】 脳・心・腎連関を断つ降圧薬療法 糖尿病
荒木 信一
Medicinal   2(1) 70-77   Jan 2012
【ICU/CCUでの電解質異常】 水電解質異常の予防と治療のための経腸栄養剤の使い方
栗原 美香, 荒木 信一, 佐々木 雅也
腎と透析   71(4) 617-625   Oct 2011
【糖尿病性腎症とCKD-新たな展開と治療法の選択-】 糖尿病性腎症の病態 GFR declinerの意義とその予測
荒木 信一
月刊糖尿病   3(7) 51-58   Jul 2011
心腎連関から見た糖尿病性腎症の治療戦略
荒木 信一
Nephrology Frontier   10(2) 155-158   Jun 2011
【内科診療における論点】 腎臓 糖尿病性腎障害患者に対する厳格な低蛋白食管理は必要か?
荒木 信一
内科   107(6) 1149-1155   Jun 2011
【メタボリックシンドロームと多臓器障害】 高血圧症とメタボリックシンドローム
荒木 信一
細胞   43(5) 174-177   May 2011
近年、本邦においてもメタボリックシンドロームに伴う高血圧患者数が増加している。メタボリックシンドロームが脳心血管疾患のリスク因子の集積であることより、高血圧治療ガイドライン(JSH2009)の脳心血管リスク層別化では、メタボリックシンドロームを有するだけでリスク第二層となり、中等リスク以上と評価される。脳心血管疾患の発症リスクの軽減のためには、減量と塩分制限食などの生活習慣の是正と、リスク評価に応じた適切な薬物療法が必要である。降圧薬としては、ARBが第一選択薬として推奨されている。メタボ...
腎障害患者に対するロサルタンのエビデンスと実臨床における効果
宇津 貴, 荒木 信一, 堀出 直樹, 磯野 元秀, 牧石 徹也
Progress in Medicine   31(3) 849-855   Mar 2011
Clinical nephrology 全身性疾患と腎障害 糖尿病における血管病変
荒木 信一, 柏木 厚典
Annual Review腎臓   2011 183-188   Jan 2011
糖尿病患者において,腎症を含む血管合併症の発症・進展は,生活の質や生命予後に大きな影響を与えることより,血管合併症の発症・進展をいかに抑制するかが糖尿病治療の重要な課題である.厳格な血糖管理による糖尿病患者の心血管イベントの発症抑制効果を検証したACCORD試験,ADVANCE試験,VADT試験といった大規模臨床試験では,厳格な血糖管理による心血管イベント抑制効果が認められず,厳格な血糖管理に疑問を呈する結果であった.しかしながら,これら大規模臨床試験の詳細なサブ解析が報告されるにつれ,腎...
【糖尿病性細小血管症(第2版) 発症・進展制御の最前線】 糖尿病性腎症 検査マーカーとその意義 尿中アンジオテンシノーゲン
荒木 信一, 宇津 貴
日本臨床   68(増刊9 糖尿病性細小血管症) 437-440   Nov 2010
慢性合併症の臨床(腎症) 細小血管障害のエビデンス
荒木 信一
糖尿病学の進歩   (44) 277-280   Sep 2010
【糖尿病と抗血栓療法】 最近の話題 出血性合併症 ATTの解析より
荒木 信一
血栓と循環   18(2) 131-134   Jun 2010
<論文のポイント>[1]アスピリンの一次予防に関する最新のATTメタ解析では、アスピリン投与は、絶対リスクを0.07%減少、相対リスクを12%減少させたに過ぎなかった。[2]アスピリン投与は、出血性合併症の相対リスクを54%増加させたが、その大部分は非致死的なイベントであり、致死的出血性イベントの発生率に差を認めなかった。[3]アスピリンによる一次予防効果と出血性合併症リスクの増加率から判断すると、心血管疾患の低リスク症例に、一次予防目的でアスピリンを投与することは現時点では推奨されない。...
糖尿病性腎症の寛解を目指した治療戦略の探索
荒木 信一
最新医学   65(6) 1227-1232   Jun 2010
【内科疾患の診断基準 病型分類・重症度】 腎臓 糖尿病性腎症
荒木 信一
内科   105(6) 1100-1103   Jun 2010
あなたならどう考える? NSTの現場から 肺炎をともなった肺気腫患者(COPD)の栄養管理について
岩川 裕美, 川見 員令, 吉田 理香, 三上 貴子, 星野 伸夫, 赤羽 理也, 佐々木 雅也, 大澤 真, 荒木 信一, 柴山 将之
臨床栄養   116(1) 49-55   Jan 2010
糖尿病 臨床分野での進歩 糖尿病合併症のregression
荒木 信一, 柏木 厚典
Annual Review糖尿病・代謝・内分泌   2010 80-84   Jan 2010
糖尿病合併症の発症・進展は,糖尿病患者の生活の質や生命予後に大きな影響を与えることより,合併症の発症・進展をいかに抑制するかが従来の糖尿病治療の重要な課題であった.しかしながら,多くの臨床研究の成績より,RAS阻害薬の投与を含む厳格な治療により合併症の発症・進展を抑制するのみならず,remission(寛解)やregression(退縮)させることができることも明らかとなってきた.近年では,日本人2型糖尿病患者でのエビデンスの集積が認められてきている.このような背景より,今後の糖尿病治療は...
【CKD患者の輸液と経腸栄養の指針 ステージ4・5患者への対策】 静脈・経腸・経口栄養の選択方法
佐々木 雅也, 荒木 信一
臨床透析   25(13) 1779-1785   Dec 2009
腎不全患者における静脈・経腸・経口栄養の選択方法における基本方針は,他の疾患と異なるものではない.食事摂取がもっとも優れた栄養法であることはいうまでもないが,意識障害や嚥下障害などにより経口摂取が不能な場合,消化器疾患により経口摂取が不可能な場合などには,経腸栄養や静脈栄養が選択される.その際,「腸が機能している場合には腸を使う」のが原則である.静脈栄養,とくに中心静脈栄養は,必要なエネルギーを確実に投与できる栄養法であるが,腸粘膜の萎縮やbacterial translocationが問...
【消化器以外の診療科からみた低用量アスピリンの必要性と消化器障害】 糖尿病と低用量アスピリン
荒木 信一, 柏木 厚典
日本消化器病学会雑誌   106(11) 1589-1595   Nov 2009
糖尿病患者は、冠動脈疾患や脳血管障害などの動脈硬化性疾患を合併することが多く、また、糖尿病自体が動脈硬化疾患の重要な危険因子の1つである。そのため、動脈硬化疾患の発症を阻止するために、血糖・血圧・脂質異常などの包括的管理に加え、低用量アスピリンの投与が二次予防のみならず一次予防に対して多くのガイドラインで推奨されている。しかしながら、低用量アスピリンの一次予防効果に関しては、そのエビデンスが十分とはいえず、最近の臨床試験やメタ解析の結果ではその有用性は示されていない。一次予防のための低用量...
【糖尿病性腎症 成因解明と寛解をめざした治療戦略】 寛解(remission)をめざした早期腎症の治療戦略
荒木 信一
月刊糖尿病   1(5) 73-78   Oct 2009
【糖尿病食事療法のエビデンス】 糖尿病性腎症に対する低蛋白食のエビデンス
荒木 信一
内分泌・糖尿病科   28(2) 141-145   Feb 2009
【腎心連関 病的状態における腎臓と心血管系の連鎖】 腎臓と心血管系の連鎖のメカニズム 糖尿病
荒木 信一, 古家 大祐
Mebio   26(1) 94-102   Jan 2009
【糖尿病性腎症治療の進歩】 糖尿病性腎症寛解の可能性
荒木 信一
BIO Clinica   23(11) 999-1004   Oct 2008
従来、糖尿病性腎症は不可逆で進行性の慢性合併症であると考えられていたため、早期腎症を合併する糖尿病患者に対する治療目標は腎症の進展阻止であった。しかし、近年の臨床研究の結果から、RAS阻害薬を含めた積極的な集約的治療をおこない、血圧・血糖・脂質管理目標値をより多く達成することで、早期腎症の寛解が高頻度に認められることが明らかとなった。早期腎症の寛解に至ることができれば、心血管イベントリスクの減少と腎機能保護が期待できることから、腎症の寛解は、糖尿病患者の予後を改善させうるための重要な治療目...
糖尿病性腎症 病態解明と治療の進歩 肥満・メタボリック症候群に関連した腎障害の発症・進展における腎内脂質代謝異常の関与
久米 真司, 宇津 貴, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典
糖尿病合併症   22(2) 167-170   Aug 2008
高脂肪食負荷誘発肥満マウスを用い、全身の肥満、インスリン抵抗性状態における腎障害ならびに腎内脂質代謝について検討した。その結果、高脂肪食負荷4週後という早い段階から、肥満、インスリン抵抗性の出現、腎局所における腎内脂質代謝異常を認めた。負荷8週後からは腎内脂肪沈着を認め、16週後には腎障害が出現した。PPARγヘテロ欠損マウスでは、インスリン抵抗性の改善により腎障害も改善し、この改善には先行する腎内脂質代謝異常、脂肪蓄積の改善が伴っていた。以上より、肥満およびメタボリック症候群に関連した腎...
【慢性腎臓病:CKD最新の診療 早期診断による心・血管障害の予防と腎不全への進展阻止】 Remissionをめざした治療 糖尿病性腎症
荒木 信一
Modern Physician   28(8) 1209-1213   Aug 2008
【Pros & Cons 糖尿病腎症と慢性腎臓病(CKD)】 低蛋白食は0.5〜0.6g/kg/日以下でなければ腎保護効果は期待できない Cons 低蛋白食は糖尿病腎症の進展抑制に効果はない
古家 大祐, 荒木 信一
糖尿病診療マスター   6(4) 408-413   Jul 2008
【全科に必要な栄養管理Q&A 初歩的な知識からNSTの実際まで】 症候別 栄養療法 栄養療法と腎障害 透析患者の栄養管理の注意点は?
荒木 信一, 佐々木 雅也
ナーシングケアQ&A   (20) 210-211   Feb 2008
糖尿病と低たんぱく食
古家 大祐, 荒木 信一, 羽田 勝計
Diabetes Frontier   19(1) 17-21   Feb 2008
ゲノム医科学研究を基盤とした糖尿病性腎症の進展・寛解因子の同定
荒木 信一
糖尿病合併症   21(1) 11-17   Jun 2007
糖尿病早期腎症のremission/regression
荒木 信一
内分泌・糖尿病科   24(6) 623-626   Jun 2007
【糖尿病とNST】 糖尿病腎症
荒木 信一
プラクティス   24(3) 290-295   May 2007
糖尿病腎症の克服をめざして 早期腎症のremission/regression
荒木 信一
糖尿病学の進歩   (41) 164-167   Mar 2007
糖尿病腎症の寛解をめざした治療戦略
古家 大祐, 荒木 信一
内分泌・糖尿病科   24(2) 202-206   Feb 2007
糖尿病性腎症のremission
荒木 信一, 羽田 勝計
内分泌・糖尿病科   24(1) 85-89   Jan 2007
糖尿病性腎症のremission 早期腎症を中心に
羽田 勝計, 荒木 信一, 古家 大祐
Diabetes Frontier   17(5) 684-685   Oct 2006
【糖尿病性腎症治療の新しい展望】 新しい腎症治療薬の展望 腎症発症遺伝子とテーラーメイド治療
荒木 信一, 羽田 勝計
Diabetes Frontier   17(4) 479-483   Aug 2006
滋賀医科大学におけるNSTの現状と問題点
星野 伸夫, 赤羽 理也, 岩川 裕美, 栗原 美香, 丈達 知子, 中西 直子, 辻井 靖子, 三上 貴子, 碓井 理香, 徳永 道子, 小寺 利美, 平岩 康之, 信迫 香織, 白子 寛子, 長尾 大志, 塩見 尚礼, 荒木 信一, 佐々木 雅也, 柏木 厚典
外科と代謝・栄養   40(2) 159-160   Apr 2006
【新薬展望2006】 治療における最近の新薬の位置付け 新薬の広場 糖尿病合併症治療薬
杉本 俊郎, 荒木 信一, 柏木 厚典
医薬ジャーナル   42(増刊) 437-443   Jan 2006
糖尿病合併症が発症・進展すると,患者に大きな負担をかけることが多く,早期に発見し,かつ,適切に治療して,「合併症を発症させない,もしくは一旦発症しても進行させない」ということが,糖尿病診療の一つの柱として重要と考えられている.近年,糖尿病特有の代謝異常に基づいた新しい薬剤の開発が進められている.本稿では,今現在,わが国で臨床治験が行われているアルドース還元酵素阻害薬,プロテインキナーゼβ阻害薬,アンジオテンシンII受容体拮抗薬について解説したい(著者抄録)
The Association between Polymorphisms of the PKC-B Gene and Diabetic Kidney Disease in Japanese Type 2 Diabetes Mellitus.
66th Scientific Sessions-ADA Annual Meeting   747-P-747-P   2006
【全科に必要な栄養管理Q&A 初歩的な知識からNSTの実際まで】 栄養療法と腎障害 透析患者の栄養管理の注意点は?
荒木 信一, 佐々木 雅也
ナーシングケアQ&A   (8) 200-201   Sep 2005
【尿毒症・慢性透析にみられる合併症と関連する諸物質】 耐糖能障害
荒木 信一, 古家 大祐
臨床透析   21(9) 1269-1274   Aug 2005
大部分の透析患者では,インスリン抵抗性の存在が認められる.しかし,代償的なインスリン分泌による高インスリン血症のため,正常血糖に維持されている患者が半数程度存在し,残りの患者では空腹時高血糖や耐糖能異常を認める.また,活性型ビタミンD欠乏などによリインスリン分泌の低下を認める例も少なくない.インスリン抵抗性を惹起させる因子としては,運動不足,腎性貧血,尿毒症性物質,高サイトカイン血症などが挙げられる.近年,低栄養・炎症・動脈硬化からなるMIA(malnutrition,inflammati...
【糖尿病性細小血管症 基礎・臨床のアップデート】 糖尿病性腎症 検査マーカーとその意義 IV型コラーゲン
荒木 信一
日本臨床   63(増刊6 糖尿病性細小血管症) 362-366   Jun 2005
糖尿病 糖尿病性腎症関連遺伝子の解明
荒木 信一, 羽田 勝計
Annual Review内分泌,代謝   2005 50-55   Jan 2005
【血液浄化療法 基礎理論と最新臨床応用】 維持血液透析療法 尿毒症の病態論 糖代謝異常
古家 大祐, 荒木 信一, 羽田 勝計
日本臨床   62(増刊6 血液浄化療法(下)) 114-117   Jun 2004
【慢性腎不全の病態と治療 CKDからESRDへの進行をいかに阻止するか】 糖尿病性腎症の原因遺伝子
古家 大祐, 荒木 信一, 前田 士郎, 羽田 勝計
医学のあゆみ   209(1) 28-32   Apr 2004
近年,糖尿病性腎症の発症・進展に遺伝因子の関与が想定されて以来,候補遺伝子解析法によって腎症原因遺伝子の同定が試みられ,レニン-アンジオテンシン系,脂質代謝,ポリオール経路,細胞外基質などにかかわる遺伝子多型がその腎症原因遺伝子である可能性が示されてきた.さらに,ゲノムワイドなアプローチによる1塩基多型(SNP)をマーカーとした相関解析も行われ,多因子病である腎症の原因遺伝子の解明が現実となってきた
【治療における最近の新薬の位置付け 新薬の広場】 糖尿病性合併症治療薬
荒木 信一, 羽田 勝計
医薬ジャーナル   40(増刊) 449-455   Jan 2004
1型糖尿病患者における微量アルブミン尿の出現は必ずしも進行性腎症を意味しない
荒木 信一
内科   93(1) 177-180   Jan 2004
【糖・脂質代謝と臓器相関】 腎の糖代謝への寄与
荒木 信一, 羽田 勝計
内分泌・糖尿病科   17(5) 444-449   Nov 2003
【高血圧を合併した糖尿病の臨床 EBMに基づく予防と治療戦略】 糖尿病における高血圧発症とその要因 腎症を含む腎性因子
荒木 信一, 羽田 勝計
日本臨床   61(7) 1124-1129   Jul 2003
【糖尿病性腎症の管理と治療 その包括的対策を考える】 糖尿病性腎症の基礎 腎症の候補遺伝子,遺伝子マッピング
荒木 信一, 羽田 勝計
Progress in Medicine   22(11) 2602-2607   Nov 2002
【遺伝子多型と腎】 腎・泌尿器疾患領域における遺伝子多型解析の現状 糖尿病性腎症
荒木 信一
腎と透析   53(3) 352-356   Sep 2002
【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病基礎研究の進歩 細胞別(臓器別)糖代謝調節系 腎臓における糖代謝
荒木 信一
日本臨床   60(増刊7 新時代の糖尿病学(1)) 336-341   Jul 2002
糖尿病 合併症 腎症
荒木 信一, 羽田 勝計
Annual Review内分泌,代謝   2002 162-166   Jan 2002
糖尿病性腎症の発症・進展機序
古家 大祐, 荒木 信一, 羽田 勝計
腎臓   24(2) 60-69   Dec 2001
糖尿病性腎症(腎症)の発症・進展に関わる最も重要な因子が高血糖であることは,大規模な疫学的研究により明らかにされてきた.しかし,厳格な血糖管理によっても腎症の発症・進展を完全には阻止しえないのが現状である.したがって,高血糖に起因する分子生物学的な腎症の発症・進展機序を解明することにより治療手段を講じることができる.近年の研究成果により,高血糖により惹起される生化学的異常であるポリオール経路の亢進,DAG-PKC経路の活性化,ヘキソサミン経路の亢進,AGEsの蓄積,酸化ストレスの亢進が腎症...
糖尿病性腎症の発症に関与する遺伝的感受性 ゲノムスクリーニングと候補遺伝子解析
Krolewski Andrzej S., 荒木 信一
糖尿病合併症   14(1) 7-15   Jun 2000
【糖尿病】 細胞別糖代謝調節系(脂質,蛋白代謝を含む) 尿細管細胞
荒木 信一, 羽田 勝計, 吉川 隆一
日本臨床   55(増刊 糖尿病(1)) 230-234   Oct 1997
糖尿病性腎症モデル動物の遺伝子解析
荒木 信一, 羽田 勝計, 吉川 隆一
内分泌・糖尿病科   5(3) 247-252   Sep 1997
【腎臓症候群-その他の腎臓疾患を含めて】 各種病態にみられる腎障害 代謝性疾患,電解質異常 糖尿病性腎症,糖尿病性早期腎症
荒木 信一, 吉川 隆一
日本臨床   別冊(腎臓症候群(下)) 221-224   Jul 1997
Clinical characteristics and risk factors of diabetic nephropathy in Japanese NIDDM
Pathogenesis and Treatment of NIDDM and its Related Problems   423-426   1994
糖尿病の治療制御と細小血管合併症の発症進展阻止 腎症進展阻止と血圧制御の意義
吉川 隆一, 羽田 勝計, 荒木 信一
日本糖尿病学会総会記録   (35) 25-28   Jan 1993
1) 283名のNIDDM患者をcross-sectionalに検討した結果,腎症の有無と関連する因子として糖尿病罹病期間,HbA1c,高血圧が示唆されたが,高血圧家族歴の関与は確認できなかった.2) 52名のnormoalbuminuria患者を5年間追跡調査し,腎症(microalbuminuria)の出現に血圧値とHbA1が関係していることが明らかとなった.これらの成績はNIDDM患者においても血圧の制御が腎症の発症・進展を阻止し得ることを示しているものと思われた

Conference Activities & Talks

 
腎臓病 糖尿病性腎症における糸球体血管内皮障害に対するポドサイトオートファジーの役割
吉林 護, 久米 真司, 山原 康佑, 武田 尚子, 山原 真子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, 中江 由希, 横井 秀基, 向山 政志, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病合併症   Oct 2018   
腎臓病 近位尿細管における蛋白質O-GlcNAc修飾は脂質代謝の安定化を介して絶食時および肥満糖尿病状態での細胞障害を軽減する
菅原 翔, 久米 真司, 金崎 雅美, 山原 康佑, 山原 真子, 武田 尚子, 大澤 紀之, 柳田 素子, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病合併症   Oct 2018   
原発性マクログロブリン血症の経過中に蛋白尿・腎機能障害を認めた一例
大張 靖幸, 大町 将司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 久米 真司, 金崎 雅美, 関根 理, 荒木 信一, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Aug 2018   
メトトレキサート(MTX)大量療法直後に発症し血液浄化療法を要した急性腎障害の1例
藤野 隆弘, 高木 彩乃, 武田 尚子, 大澤 紀之, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 信一
日本透析医学会雑誌   May 2018   
透析開始時の血圧低下を伴う好酸球増多の原因検索に苦慮した透析患者の一例
田川 安都子, 冨田 奈津子, 多賀谷 允, 高木 彩乃, 武田 尚子, 大澤 紀之, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 信一
日本透析医学会雑誌   May 2018   
経口ケトン体前駆物質投与は高脂肪食負荷肥満ApoE欠損マウスの腎障害を改善する
富田 一聖, 久米 真司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, Mayoux Eric, 金子 達朗, 荒木 信一, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
糸球体上皮細胞の接着機構における新規細胞接着分子FERMT2の同定
山原 真子, Shell Christoph, 久米 真司, 荒木 信一, Huber Tobias, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
転写因子Mafbは糸球体上皮細胞のオートファジー活性を制御する
山原 康佑, Bork Tillmann, Liang Wei, Schell Christoph, 吉林 護, 久米 真司, 荒木 信一, Huber Tobias B., 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
近位尿細管のエネルギー代謝恒常性維持における蛋白質O-GlcNAc修飾の役割
菅原 翔, 久米 真司, 金崎 雅美, 武田 尚子, 大澤 紀之, 柳田 素子, 荒木 信一, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2018   
糖尿病性腎症進展における糸球体血管内皮障害とポドサイトオートファジーの関連
吉林 護, 久米 真司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, 中江 由希, 横井 秀基, 向山 政志, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Apr 2018   
糖尿病性腎症における骨髄由来細胞の動態の検討
信田 裕, 仲川 孝彦, 樫 美和子, 久米 真司, 寺島 智也, 小島 秀人, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Apr 2018   
2型糖尿病患者における糖尿病性腎臓病診療の経年的変化の解析 滋賀医科大学糖尿病経過観察研究(1996-2014)
久米 真司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, 卯木 智, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Apr 2018   
急性腎不全を来した筋ジストロフィー患者の腎機能評価について考察した1例
谷川 楽, 高木 彩乃, 大町 将司, 澤井 和信, 今村 孔美, 冨田 奈津子, 武田 尚子, 大澤 紀之, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 信一, 前川 聡
滋賀医学   Mar 2018   
血液浄化部における安全チェックリストを用いたタイムアウトの導入
塩飽 徹, 竹内 早苗, 国分 亮子, 石川 加奈, 瀬戸 淳子, 吉田 英子, 金崎 雅美, 荒木 信一
滋賀医学   Mar 2018   
腎症 糖尿病性腎症のポドサイト障害における糸球体血管内皮障害とポドサイトオートファジーの役割
吉林 護, 久米 真司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, 中江 由紀, 横井 秀基, 向山 政志, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病合併症   Oct 2017   
腎症 糖尿病に伴うポドサイト障害における食餌中アミノ酸バランスの重要性
吉田 尚平, 久米 真司, 武田 尚子, 大澤 紀之, 金崎 雅美, 古屋 大祐, 安達 祐介, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病合併症   Oct 2017   
糖尿病大血管障害と細小血管障害の相互関連について 糖尿病大血管障害の発症阻止を目指した腎症治療
荒木 信一
糖尿病合併症   Oct 2017   
近位尿細管における蛋白質O-GlcNAc修飾は絶食時の脂肪酸代謝とATP産生に関与する
菅原 翔, 久米 真司, 荒木 信一, 前川 聡
肥満研究   Sep 2017   
ループス腎炎の経過中に発症した若年性クモ膜下出血の1例
上田 寛, 高木 彩乃, 武田 尚子, 大澤 紀之, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 信一, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Sep 2017   
糖尿病性腎症の経過中に腎不全急性増悪と乳酸アシドーシスを合併した1症例
沖 達也, 今村 孔美, 高木 彩乃, 武田 尚子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Sep 2017   
微小変化型ネフローゼ症候群加療中に発見された緩徐進行I型糖尿病の1例
清水 芳樹, 霍田 裕明, 高木 彩乃, 武田 尚子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Sep 2017   
透析液K補正による血清K値・透析液K排泄量の検討
吉田 めぐみ, 川添 智道, 中川 健二, 中村 寿伸, 馬場 洋樹, 岡本 晴哉, 谷後 翔太, 小澤 美月, 山本 浩, 吉田 均, 吉田 英子, 武田 尚子, 桑形 尚吾, 金崎 雅美, 荒木 信一
日本透析医学会雑誌   May 2017   
血液透析導入直後に汎血球減少を呈しメトトレキセート(MTX)自己内服が発覚した一例
寺本 由加子, 霍田 裕明, 今村 孔美, 高木 彩乃, 武田 尚子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一
日本透析医学会雑誌   May 2017   
近位尿細管における蛋白質O-GlcNAc修飾の生理的役割の解明
菅原 翔, 久米 真司, 武田 尚子, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 柳田 素子, 宇津 貴, 荒木 信一, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2017   
肥満2型糖尿病に伴うポドサイト障害における食餌中アミノ酸バランスの重要性
吉田 尚平, 久米 真司, 武田 尚子, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 古家 大祐, 安達 祐介, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Apr 2017   
VAカテーテルから脱血し皮静脈への返血による血液透析中に再循環を認めた1例
山本 浩史, 川添 智道, 中川 健二, 吉田 めぐみ, 中村 寿伸, 岡本 晴哉, 馬場 洋樹, 坂口 純輝, 小澤 美月, 谷後 翔太, 吉田 均, 吉田 英子, 金崎 雅美, 荒木 信一, 宇津 貴
滋賀医学   Mar 2017   
腹膜透析導入時にカテーテル閉塞を来し、腹腔鏡下にて解除できた1例
今村 孔美, 澤井 和信, 霍田 裕明, 大井 衣里, 高木 彩乃, 武田 尚子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 前川 聡, 荒木 信一
滋賀医学   Mar 2017   
栄養計算アプリ「easyNST」の有用性
栗原 美香, 仲川 満弓, 佐々木 雅也, 堀江 美弥, 神谷 貴樹, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 川見 員令, 福永 恵美子, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一
滋賀医学   Mar 2017   
大学病院におけるNST活動の成果と課題
仲川 満弓, 栗原 美香, 佐々木 雅也, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 椿野 悦子, 川見 員令, 植田 道子, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一
滋賀医学   Mar 2017   
腎臓病と栄養の最前線 糖尿病性腎症の栄養
荒木 信一
日本病態栄養学会誌   Dec 2016   
腎症 糖尿病に伴う糖・脂質代謝異常に起因する細胞内低酸素応答の破綻に着目した近位尿細管障害の病態解析
桑形 尚吾, 久米 真司, 武田 尚子, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Sep 2016   
急性腎不全で発症しステロイド治療が奏効した糖尿病性腎症合併C3腎症の1例
長尾 賢太朗, 霍田 裕明, 澤井 和信, 今村 孔美, 高木 彩乃, 武田 尚子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Aug 2016   
Cronkhite-Canada症候群(CCS)に膜性腎症を合併した一例
大井 雅之, 富田 一聖, 信田 裕, 中澤 純, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 多賀谷 允, 佐々木 裕二, 渋谷 和之, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Aug 2016   
低酸素ストレス応答の破綻に伴う近位尿細管障害に着目した新規糖尿病性腎症治療標的の同定
桑形 尚吾, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   May 2016   
蛋白O-GlcNAc修飾は糸球体上皮細胞(ポドサイト)の機能維持に不可欠である
小野 真也, 山原 真子, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   May 2016   
二次性副甲状腺機能亢進症による異所性石灰化を生じた腹膜透析の一例
林 葵, 富田 一聖, 信田 裕, 中澤 純, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴
日本透析医学会雑誌   May 2016   
細胞内低酸素応答機構の破綻に伴う近位尿細管障害に着目した新規糖尿病性腎症治療標的の同定
桑形 尚吾, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2016   
全身性エリテマトーデス、抗リン脂質症候群を基礎疾患とする腎不全の血液透析導入中に、ヘパリン起因性血小板減少症を発症した1例
冨田 奈津子, 大井 衣里, 富田 一聖, 中澤 純, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴
滋賀医学   Mar 2016   
全身性エリテマトーデスに対して免疫吸着療法を施行した1例
芝田 浩平, 大井 衣里, 冨田 奈津子, 富田 一聖, 中澤 純, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴
滋賀医学   Mar 2016   
医師の使用経験からみた栄養計算アプリの有用性について
栗原 美香, 仲川 満弓, 堀江 美弥, 神谷 貴樹, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 川見 員令, 福永 恵美子, 岡田 信子, 三上 貴子, 中家 奈緒子, 荒木 信一, 佐々木 雅也
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2016   
当院の膵頭十二指腸切除術の周術期栄養管理の現状と課題
仲川 満弓, 栗原 美香, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 川見 員令, 福永 恵美子, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也, 塩見 尚礼, 谷 眞至
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2016   
糖尿病腎症 ポドサイトにおけるオートファジー不全は糖尿病性腎症における蛋白尿を増悪させる
田川 安都子, 安田 真子, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古屋 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Nov 2015   
滋賀県全域におけるCKD医療連携の試みと現状
宇津 貴, 荒木 久澄, 八田 告, 磯野 元秀, 一色 啓二, 有村 徹朗, 渋谷 和之, 前田 咲弥子, 森田 善方, 久米 真司, 荒木 信一
日本腎臓学会誌   Aug 2015   
ステロイド療法が著効したIgG4関連腎臓病に伴う膜性腎症の一例
多賀谷 允, 中澤 純, 大井 衣里, 冨田 奈津子, 菅原 翔, 吉田 尚平, 久米 真司, 金崎 雅美, 渋谷 和之, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴
日本腎臓学会誌   Aug 2015   
血漿交換の開始時期により腎予後に差異を認めた抗GBM抗体型RPGNの2症例
霍田 裕明, 中澤 純, 大井 衣里, 冨田 奈津子, 富田 一聖, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴
日本腎臓学会誌   Aug 2015   
臨床腎臓学の到達点と未来 滋賀糖尿病経過観察研究から考える糖尿病性腎症の治療戦略
荒木 信一
日本腎臓学会誌   Aug 2015   
糖尿病腎症の経過中に急激に腎機能が悪化した1例
吉田 尚平, 神鳥 研二, 矢端 博行, 小野 真也, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴
糖尿病   Jul 2015   
肥満が2型糖尿病患者の医療費に及ぼすインパクト
楠 知里, 荒木 信一, 卯木 智, 関根 理, 森野 勝太郎, 前川 聡
日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集   Jun 2015   
Overlap syndromeに合併した血球貪食症候群に対し、血漿交換が奏功した1例
茶谷 元晴, 多賀谷 允, 菅原 翔, 吉田 尚平, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本透析医学会雑誌   May 2015   
カンピロバクター腸炎後に難治性十二指腸潰瘍を発症したANCA関連血管炎の一例
吉田 尚平, 上村 諒, 多賀谷 允, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本透析医学会雑誌   May 2015   
SIADHによる低Na血症が一因と考えられた骨粗鬆症の1例
茶谷 元晴, 根本 憲一, 堀川 修, 中泉 伸彦, 大角 誠一郎, 布施 恵子, 山本 有香子, 楠 知里, 関根 理, 森野 勝太郎, 荒木 信一, 卯木 智, 前川 聡
日本内分泌学会雑誌   Apr 2015   
妊娠糖尿病患者におけるインスリン療法の要否判定の指標の検討
角 幸頼, 根本 憲一, 山本 有香子, 楠 知里, 森野 勝太郎, 関根 理, 荒木 信一, 卯木 智, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
2型糖尿病患者の腎・心血管イベントの発症と尿中カリウム・ナトリウム排泄量との関連
荒木 信一, 羽田 勝計, 古家 大祐, 久米 真司, 荒木 久澄, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
亜鉛に対するIV型アレルギーにより血糖コントロール不良であった1型糖尿病の1例
根本 憲一, 大角 誠一郎, 中泉 伸彦, 加藤 威, 布施 恵子, 楠 知里, 森野 勝太郎, 関根 理, 荒木 信一, 卯木 智, 田中 俊宏, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
シャペロン介在性オートファジー欠損は高脂肪食負荷肥満糖尿病の発症を抑制する
安田 真子, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, Paul Saftig, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
肥満が2型糖尿病の医療経済に及ぼすインパクト
楠 知里, 荒木 信一, 宮澤 伊都子, 卯木 智, 根本 憲一, 関根 理, 森野 勝太郎, 川合 寛道, 宇津 貴, 柏木 厚典, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
外来2型糖尿病患者の24時間尿糖排泄量を再考する
森野 勝太郎, 関根 理, 根本 憲一, 楠 知里, 大村 祐美子, 荒木 信一, 卯木 智, 川合 寛道, 宇津 貴, 柏木 厚典, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
糖尿病性腎症における近位尿細管障害をmTORC1依存性に制御する新規microRNAsの同定
桑形 尚吾, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
NAD代謝関連酵素Nicotinamide n-methyltransferase(NNMT)は糖尿病性腎症の脂肪酸結合アルブミンによる近位尿細管障害を抑制する
田中 裕紀, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2015   
微量アルブミン測定は必要か不要か 「微量アルブミン尿は必要か不要か」 必要の立場
荒木 信一
糖尿病   Apr 2015   
糖尿病における近位尿細管障害を制御する新規microRNAsの同定
桑形 尚吾, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2015   
糸球体上皮細胞の機能維持における蛋白O-GlcNAc修飾の役割
小野 真也, 安田 真子, 久米 真司, 関根 理, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2015   
糸球体上皮細胞におけるオートファジー不全は糖尿病性腎症における蛋白尿を増悪させる
田川 安都子, 安田 真子, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2015   
飢餓時の糖新生ならびにケトン産生における肝腎オートファジーの役割
高木 彩乃, 久米 真司, 中澤 純, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   Apr 2015   
減量手術により肥満および肥満合併症の改善に伴いレストレスレッグス症候群が著明に改善した1例
堀川 修, 根本 憲一, 布施 恵子, 岸本 祥平, 山本 有香子, 楠 知里, 関根 理, 森野 勝太郎, 卯木 智, 荒木 信一, 前川 聡
日本内分泌学会雑誌   Apr 2015   
チーム力の向上を目指したNST活動の工夫と組織の発展
仲川 満弓, 栗原 美香, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 椿野 悦子, 湯本 浩史, 川見 員令, 植田 道子, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2015   
静脈栄養投与時におけるエネルギー代謝変化について
栗原 美香, 高岡 あずさ, 伴 宏充, 馬場 重樹, 仲川 満弓, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 椿野 悦子, 山元 佑加理, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也, 安藤 朗
日本静脈経腸栄養学会雑誌   Jan 2015   
糖尿病腎症患者における微侵襲食後高血糖モニタリングの評価 CGMSと比較して
岩井 環, 津田 安都子, 森田 善方, 荒木 久澄, 佐藤 利幸, 細谷 砂美子, 森本 彩, 中島 弘, 一色 啓二, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Dec 2014   
HAART療法中に1型糖尿病・Basedow病を発症し免疫再構築症候群を認めた1例
岡田 貴司, 堀川 修, 福山 佳代, 井田 昌吾, 山本 有香子, 関根 理, 森野 勝太郎, 吉崎 健, 卯木 智, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Dec 2014   
抗GAD抗体の関与が示唆された自己免疫性脳症と糖尿病を合併した1例
井田 昌吾, 福山 佳代, 岡田 貴司, 山本 有香子, 楠 知里, 山川 勇, 川合 寛道, 吉崎 健, 森野 勝太郎, 卯木 智, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Dec 2014   
肥満が2型糖尿病患者の医療費に及ぼすインパクト
楠 知里, 荒木 信一, 卯木 智, 根本 憲一, 関根 理, 森野 勝太郎, 柏木 厚典, 前川 聡
肥満研究   Oct 2014   
塩酸リトドリン投与下に診断した妊娠糖尿病(GDM)の耐糖能および周産期予後に関する検討
山本 有香子, 根本 憲一, 大角 誠一郎, 布施 恵子, 堀川 修, 岸本 祥平, 楠 知里, 森野 勝太郎, 関根 理, 荒木 信一, 卯木 智, 辻 俊一郎, 村上 節, 前川 聡
糖尿病と妊娠   Oct 2014   
NAD代謝関連酵素Nicotinamide n-methyltransferase(NNMT)は糖尿病における脂肪毒性に伴う近位尿細管細胞障害を抑制する
田中 裕紀, 久米 真司, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Sep 2014   
非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の治療経過中にヘパリン起因性血小板減少症(HIT)を合併した一例
吉田 尚平, 新田 信人, 森田 善方, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴
日本腎臓学会誌   Aug 2014   
3ヵ月間の血液透析を離脱し得たステロイド抵抗性ネフローゼ症候群の一例
西澤 侑香, 小野 真也, 出路 奈緒子, 森田 善方, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 宇津 貴, 有村 哲朗, 前川 聡
日本透析医学会雑誌   May 2014   
糖尿病患者における自由行動下血圧の短期変動性に影響する因子の検討
岩井 環, 中尾 恵子, 森田 善方, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   May 2014   
Indolethylamine N-methyltransferase(Inmt)は肥満と加齢に伴う尿蛋白誘導性尿細管障害の増悪に関与する
武田 尚子, 久米 真司, 荒木 信一, 一色 啓二, 荒木 久澄, 田中 敬, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   May 2014   
NAD代謝関連酵素Nicotinamide n-methyltransferase(NNMT)は脂肪毒性に伴う近位尿細管細胞障害を抑制する
田中 裕紀, 久米 真司, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 宇津 貴, 前川 聡
日本腎臓学会誌   May 2014   
糖尿病性腎症
荒木 信一
日本腎臓学会誌   May 2014   
飢餓時の糖新生ならびにケトン産生におけるオートファジーの役割
高木 彩乃, 久米 真司, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 茶野 徳宏, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2014   
妊娠糖尿病(GDM)患者における産後耐糖能異常のリスク因子の検討
山本 有香子, 根本 憲一, 近藤 慶子, 福山 佳代, 高槻 信夫, 辻 明紀子, 西村 公宏, 堀川 修, 楠 知里, 森野 勝太郎, 関根 理, 荒木 信一, 卯木 智, 前川 聡
糖尿病   Apr 2014   
糸球体上皮細胞オートファジー不全は糖尿病性腎症における蛋白尿を増悪させる
安田 真子, 田川 安都子, 久米 真司, 田中 敬, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2014   
Cushing病に対する下垂体手術後のコルチゾール分泌低下を契機に発症した傍腫瘍性RS3PE症候群の一例
辻 明紀子, 堀川 修, 楠 知里, 森野 勝太郎, 吉崎 健, 高槻 信夫, 西村 公宏, 福山 佳代, 山本 有香子, 根本 憲一, 関根 理, 荒木 信一, 卯木 智, 前川 聡
日本内分泌学会雑誌   Apr 2014   
血液透析および持続血液濾過透析にて治療した急性リチウム中毒の2例
今井 勇伍, 森田 善方, 信田 裕, 吉林 護, 吉田 尚平, 久米 真司, 荒木 久澄, 荒木 信一, 宇津 貴, 前川 聡, 武田 尚子, 一色 啓二
滋賀医学   Mar 2014   
肺胞出血を繰り返す顕微鏡的多発血管炎の慢性透析患者にニューモシスチス肺炎を併発した1例
大狩 慶治, 吉林 護, 信田 裕, 吉田 尚平, 岩井 環, 森田 善方, 荒木 久住, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴, 武田 尚子, 久米 真司, 一色 啓二
滋賀医学   Mar 2014   
静脈栄養がエネルギー代謝に及ぼす影響について
栗原 美香, 高岡 あずさ, 伴 宏充, 馬場 重樹, 仲川 満弓, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 山元 佑加理, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也, 藤山 佳秀
静脈経腸栄養   Jan 2014   
NSTのアウトカム 大学病院における全科型NST活動の現状と課題
仲川 満弓, 栗原 美香, 岩田 佳織里, 神谷 貴樹, 堀江 美弥, 星野 伸夫, 湯本 浩史, 山元 佑加理, 岡田 信子, 三上 貴子, 荒木 信一, 佐々木 雅也
静脈経腸栄養   Jan 2014   
肝機能障害を契機に偽性アルドステロン症II型(PHA II)と診断された1例
吉林 護, 吉田 尚平, 岩井 環, 森田 善方, 荒木 久澄, 田中 敬, 久米 真司, 一色 啓二, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴
日本腎臓学会誌   Aug 2013   
2型糖尿病患者における脳・心血管イベント発症予測指標としての血漿アミノ酸分画解析「アミノインデックス技術」の有用性の探索
久米 真司, 荒木 信一, 新原 温子, 村松 孝彦, 小野 信和, 古家 大祐, 羽田 勝計, 一色 啓二, 荒木 久澄, 卯木 智, 川合 寛道, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Aug 2013   
2型糖尿病患者の尿中カリウム排泄量は腎・脳・心血管イベントの発症リスクと関連する
荒木 信一, 羽田 勝計, 古家 大祐, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Aug 2013   
飽和脂肪酸はmTORC1過剰亢進を介し糸球体上皮細胞のアポトーシスを惹起する
安田 真子, 田中 敬, 久米 真司, 森田 善方, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Aug 2013   
脂肪酸合成酵素Acetyl-CoA carboxylase β(ACCβ)の発現亢進は糖尿病性腎症におけるポドサイト障害を増悪させる
田中 敬, 久米 真司, 前田 士郎, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 大島 五紀, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病合併症   Aug 2013   
欧米人ゲノムワイド関連解析で同定された3つの糖尿病腎症関連遺伝子領域の日本人2型糖尿病集団での検証
今村 美菜子, 倉重 眞大, 荒木 信一, 鈴木 大輔, 馬場園 哲也, 宇津 貴, 梅園 朋也, 豊田 雅夫, 川井 紘一, 今西 政仁, 花岡 一成, 前川 聡, 内潟 安子, 細谷 龍男
糖尿病合併症   Aug 2013   
糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)にCHDFが有効であった一例
多賀谷 允, 吉林 護, 吉田 尚平, 桑形 尚吾, 井田 昌吾, 田川 安都子, 森田 善方, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴
日本透析医学会雑誌   May 2013   
長期の経過中に肺胞出血を繰り返したMPO-ANCA関連血管炎の一例
西村 公宏, 竹内 翠, 吉田 尚平, 桑形 尚吾, 田川 安都子, 森田 善方, 金崎 雅美, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 前川 聡, 宇津 貴
日本透析医学会雑誌   May 2013   
シロスタゾールは、2型糖尿病患者のアスピリン不応性自然誘発微小血小板凝集塊の形成を減弱させる
荒木 信一, 松野 浩之, 羽田 勝計, 古家 大祐, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2013   
一時はクッシング病と診断されるも、リラグルチドによる偽性クッシング病と判明した一例
村田 幸一郎, 福山 佳代, 米岡 完, 橋本 賢吾, 佐藤 大介, 森野 勝太郎, 深見 忠輝, 前野 恭宏, 荒木 信一, 前川 聡
糖尿病   Apr 2013   
脂肪酸分画の違いが糸球体上皮細胞障害に及ぼす影響
安田 真子, 田中 敬, 久米 真司, 荒木 久澄, 一色 啓二, 荒木 信一, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2013   
蛋白尿を呈さない2型糖尿病患者における種々の血中可溶性受容体マーカー濃度の推移と腎機能低下の関連
宮澤 伊都子, 荒木 信一, 小畑 利之, 吉崎 健, 森野 勝太郎, 門田 文, 卯木 智, 川合 寛道, 宇津 貴, 西尾 善彦, 古家 大祐, 羽田 勝計, 柏木 厚典, 前川 聡
糖尿病   Apr 2013   
腎機能障害患者におけるフェブキソスタット(Feb)の有効性と安全性 糖尿病と非糖尿病の比較
荒木 久澄, 森田 善方, 久米 真司, 一色 啓二, 荒木 信一, 柏木 厚典, 宇津 貴, 前川 聡
糖尿病   Apr 2013