大畑 雅典

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/23 18:00
 
アバター
研究者氏名
大畑 雅典
 
ダイバタ マサノリ
URL
http://www.jimu.kochi-u.ac.jp/~soran/index.html
所属
高知大学
部署
医学部医学科
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
   
 
     高知医科大学大学院博士課程修了
 
1989年
 - 
1994年
 米国マサチューセッツ医科大学 Instructor
 
1994年
 - 
2000年
 高知医科大学 第三内科 助手
 
2000年
 - 
2007年
高知大学 医学部 血液・呼吸器内科 講師
 
2007年
 - 
2009年
 高知大学 医学部 血液・呼吸器内科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
高知大学 医学研究科 
 
 
 - 
1985年
高知大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本内科学会  総合内科専門医・指導医
 
 
   
 
日本血液学会  専門医・代議員・指導医
 
 
   
 
日本感染症学会  専門医・指導医・評議員
 
 
   
 
日本呼吸器学会  専門医・指導医
 
 
   
 
日本化学療法学会  抗菌化学療法専門医・指導医
 

受賞

 
2000年
日本癌学会奨励賞
 
1999年
高知信用金庫・安心友の会 学術賞
 

Misc

 
Genetic Variability of the Noncoding Control Region of Cutaneous Merkel Cell Polyomavirus: Identification of Geographically-Related Genotypes.
Y. Hashida, T. Higuchi, K. Matsui, Y. Shibata, K. Nakajima, S. Sano, M. Daibata.
The Journal of Infectious Diseases   217 1601-1611   2018年
Prevalence and genetic variability of human polyomaviruses 6 and 7 in healthy skin among asymptomatic individuals.
Y. Hashida, T. Higuchi, S. Matsuzaki, K. Nakajima, S. Sano, M. Daibata.
The Journal of Infectious Diseases.   217 483-493   2018年
Recovery of micobacteriophages from archival stocks stored for approximately 50 years in Japan.
T. Ujihara, J. Uchiyama, T. Nasukawa, H. Ando, H. Murakami, N. Ohara, H. Taniguchi, T. Yamazaki, M. Daibata, M. Sakaguchi, S. Matsuzaki.
Archives of Virology.      2018年
Isolation of Bacteriophages for Fastidious Bacteria.
S. Matsuzaki, J. Uchiyama, I. Takemura-Uchiyama, T. Ujihara, M. Daibata.
Methods in Molecular Biology.   1693 3-10   2018年
Differential gene expression profiling linked to tumor progression of splenic marginal zone lymphoma.
T. Higuchi, Y. Hashida, A. Taniguchi, M. Kamioka, M. Daibata.
Scientific Reports.   7 11026   2017年

競争的資金等の研究課題

 
ウイルス発癌
補助金
造血器腫瘍の病態解明
補助金