源 利文

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/26 09:29
 
アバター
研究者氏名
源 利文
 
ミナモト トシフミ
URL
http://www2.kobe-u.ac.jp/~minamoto/index.html
所属
神戸大学
部署
大学院人間発達環境学研究科 人間環境学専攻
職名
准教授
学位
修士(理学)(京都大学), 博士(理学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0002-5379-1622

プロフィール

これまで魚類の視覚生理学、ミツバチやホヤを用いた時間生物学、バイオテクノロジーの新規手法開発、淡水域における病原微生物の生態学、病原生物と人間の相互作用環などをテーマに研究を行ってきました。
最近の研究テーマは環境DNAを用いた生物相把握法の研究です。いろいろな事に応用可能な楽しいテーマです。共同研究の提案も大歓迎です。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 准教授
 
2012年11月
 - 
2017年9月
神戸大学 大学院人間発達環境学研究科 特命助教
 
2007年4月
 - 
2012年10月
総合地球環境学研究所 プロジェクト上級研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
産業技術総合研究所 特別研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
京都大学生態学研究センター 非常勤講師(COE研究員)
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年3月
京都大学 理学部 
 
1997年4月
 - 
1999年3月
京都大学 大学院理学研究科博士前期課程 生物科学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
京都大学 大学院理学研究科博士後期課程 生物科学専攻
 

受賞

 
2016年12月
科学技術・学術政策研究所 科学技術への顕著な貢献2016(ナイスステップな研究者) 環境DNAを用いて水中生物を一括して特定し生物量を把握する技術を開発
 
2015年10月
神戸大学 神戸大学学長表彰 環境DNA情報から水中の生物相を読み解く技術の開発
 

論文

 
NAKAGAWA Hikaru, YAMAMOTO Satoshi, SATO Yukuto, SADO Tetsuya, MINAMOTO Toshifumi, MIYA Masaki
Freshwater Biology   63(6) 569-580   2018年6月   [査読有り]
WU Qianqian, KAWANO Ken, UEHARA Yoshitoshi, OKUDA Noboru, HONGO Masamichi, TSUJI Satsuki, YAMANAKA Hiroki, MINAMOTO Toshifumi
Freshwater Science   37(2) 307-314   2018年6月   [査読有り]
USHIO Masayuki, MURAKAMI Hiroaki, MASUDA Reiji, SADO Tetsuya, MIYA Masaki, SAKURAI Sho, YAMANAKA Hiroki, MINAMOTO Toshifumi, KONDOH Michio
Metabarcoding & Metagenomics   2018 e23297   2018年3月   [査読有り]
SAKATA K. Masayuki, MAKI Nobutaka, SUGIYAMA Hideki, MINAMOTO Toshifumi
The Science of Nature - Naturwissenschaften   104 100   2017年12月   [査読有り]
SATO Masayuki, USHIMARU Atushi, MINAMOTO Toshifumi
Urban Forestry & Urban Greening   28 110-117   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
種特異的な環境DNA検出によるマクロ生物の生態調査
源利文
水環境学会誌   41A(4) 123-127   2018年4月   [依頼有り]
水を汲むだけの生物調査〜環境DNA技術の紹介〜
池田幸資, 土居秀幸, 源利文
技術士   30(3) 20-21   2018年3月
環境DNAとは何か
源利文
海洋と生物   40(1) 3-8   2018年2月   [依頼有り]
環境DNAによる個体数・生物量推定の可能性
深谷肇一, 長田穣, 源利文
海洋と生物   40(1) 47-53   2018年2月   [依頼有り]
環境DNAの有効性:水槽実験とフィールドでの検証
益田玲爾, 村上弘章, 高橋宏司, 源利文, 宮正樹
海洋と生物   40(1) 17-22   2018年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
感染症の生態学(日本生態学会 編) pp. 39-51. 第4章 「感染症の発症メカニズム」
源利文
共立出版   2016年3月   
身近な水の環境科学 実習・測定編 (日本陸水学会東海支部会編)pp. 159-161. コラム「水を調べるだけで生き物がわかる!環境DNAを利用した生物分布モニタリング法」
高原輝彦, 源利文, 土居秀幸
朝倉書店   2014年6月   
湖の現状と未来可能性(RIHN-China Study Series No.3: 川端善一郎、孔海南、呉得意、福士由紀、窪田順平編 )pp. 139-151. 第9章「水生植物湖滨带改善现场实证性研究」
谢强, 吴德意, 源利文, 山中裕树, 本庄三惠, 川端善一郎
松香堂書店   2014年3月   
湖の現状と未来可能性(RIHN-China Study Series No.3: 川端善一郎、孔海南、呉得意、福士由紀、窪田順平編 )pp. 75-86. 第5章「湖の環境改変と感染症」
源利文, 川端善一郎
松香堂書店   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
Maximizing the potential of environmental DNA metabarcoding for fish detection in lentic ecosystem
MINAMOTO Toshifumi, HAYAMI Kana, SAKATA Masayuki K., OKITSU Jiro, MIYA Masaki, GOTOH Ryo O., SATO Hirotoshi, YAMANAKA Hiroki
ASLO 2018 Summer Meeting   2018年6月   
Detection of genetic diversity of a fish population using environmental DNA metabarcoding: Analysis strategies for eliminating sequence artifacts
TSUJI Satsuki, MIYA Masaki, USHIO Masayuki, SATO Hirotoshi, SATO Yukuto, MINAMOTO Toshifumi, YAMANAKA Hiroki
The 8th East Asian Federation of Ecological Societies International Congress   2018年4月   
Environmental DNA: next generation monitoring method for aquatic biodiversity [招待有り]
MINAMOTO Toshifumi
11th International Symposium Exploring the Global Sustainability   2018年3月   
The impact of biodiversity in river on valuation of urban ecosystem services: the case of Hanshin region using eDNA and the residents' life satisfaction data
AOSHIMA Ippei, NAKAO Ryohei, MINAMOTO Toshifumi, USHIMARU Atushi, SATO Masayuki
The 65th Annual Meeting of Ecological Society of Japan   2018年3月   
沖縄県北部におけるレプトスピラ環境DNAに関する研究
水山克, 佐藤行人, サトウ恵, 源利文, クラウディアトーマ
第55回レプトスピラ・シンポジウム   2018年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
六甲山周辺地域をモデルとした環境DNAによる水域生物相モニタリング手法の確立
環境研究総合推進費
研究期間: 2016年       代表者: 源 利文
(CREST)海洋における環境DNA定量による対象種の空間分布推定に必要な分子生物学的手法の開発
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(CREST)
研究期間: 2016年       代表者: 源 利文
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 源 利文