沓掛 磨也子

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/16 08:55
 
アバター
研究者氏名
沓掛 磨也子
 
クツカケ マヤコ
eメール
m-kutsukakeaist.go.jp
URL
https://unit.aist.go.jp/bpri/bpri-symbio/
所属
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 
部署
生物プロセス研究部門 生物共生進化機構研究グループ
職名
主任研究員
学位
博士(理学)(お茶の水女子大学)
科研費研究者番号
90415703
ORCID ID
0000-0002-4915-8998

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 主任研究員
 
2005年
   
 
産業技術総合研究所 研究員
 
1999年
   
 
生物系特定産業技術研究推進機構 派遣研究員
 
1999年
   
 
お茶の水女子大学大学院人間文化研究科修了(博士(理学))
 

受賞

 
2019年
平成30年度 お茶の水女子大学賞 第3回保井コノ賞 アブラムシにおける社会性の分子基盤と進化に関する研究
 
2014年
2014年度日本昆虫学会学会賞 The aphid Ceratovacuna nekoashi (Hemiptera, Aphididae, Hormaphidinae) and its allied species in Korea, Japan, and Taiwan.
受賞者: 青木重幸, 黒須詩子, 沓掛磨也子 ほか
 
2013年
平成25年度日本動物学会奨励賞 昆虫社会の成立・維持機構と進化に関する研究
 
2006年
第8回日本進化学会大会 優良ポスター賞 真社会性アブラムシにおける兵隊攻撃毒プロテアーゼの分子進化学的研究
受賞者: 沓掛磨也子 ほか
 
2004年
平成16年度日本動物学会女性研究者奨励OM賞 社会性アブラムシにおける兵隊特異的発現プロテアーゼの機能と進化に関する研究
 

論文

 
Kutsukake M., Moriyama M., Shigenobu S., Meng X. Y., Nikoh N., Noda C., Kobayashi S., FukatsuT.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America the United States of America, DOI: 10.1073/pnas.1900917116      2019年   [査読有り]
Aoki S., Kurosu U., Uematsu K., Fukatsu T., Kutsukake M.
Entomological Science, DOI: 10.1111/ens.12358      2019年   [査読有り]
Uematsu K., Kutsukake M., Fukatsu T.
Biology Letters, DOI: 10.1098/rsbl.2018.0470      2018年   [査読有り]
Aoki S., Kurosu U., Uematsu K., Fukatsu T., Kutsukake M.
Entomological Science   21 142-153   2018年   [査読有り]
Kurosu U., Aoki S., Uematsu K., Kutsukake M., Fukatsu T.
Psyche   2016 4036571   2016年   [査読有り]
Shibao H., Takanashi T., Kutsukake M., Matsuyama S., Shimada M., Fukatsu T.
Entomological Science   19 147-151   2016年   [査読有り]
Aoki S., Kutsukake M., Kurosu U., Yeh H. T., Sano M., Fukatsu T.
Entomological Science   18 420-434   2015年   [査読有り]
Aoki S., Kurosu U., Kutsukake M., Hsieh T.-J., Yang M.-M., Choe J. and Fukatsu T.
Entomological Science   16 203-221   2013年   [査読有り]
Kutsukake M., Meng X.-Y., Katayama N., Nikoh N., Shibao H. and Fukatsu T.
Nature Communications   3 1187   2012年   [査読有り]
Uematsu K., Kutsukake M., Fukatsu T., Shimada M., Shibao H.
Current Biology   20 1182-1186   2010年   [査読有り]
Shibao H., Kutsukake M., Matsuyama S., Fukatsu T, and Shimada M.
Comparative and Integrative Biology   3 1-5   2009年   [査読有り]
Kutsukake M., Shibao H., Uematsu K., and Fukatsu T.
Proceedings of the Royal Society B   276 1555-1563   2009年   [査読有り]
Kutsukake M., Nikoh N., Shibao H., Rispe C., Simon J.-C.,and Fukatsu T.
Molecular Biology and Evolution   25 2627-2641   2008年   [査読有り]
Galls of Cerataphis bambusifoliae (Hemiptera, Aphididae) found on Styrax suberifolius in Taiwan.
Kurosu U., Kutsukake M., Aoki S., Wang C.-C., Lee H.-J.,and Fukatsu T.
Zoological Studies   47 191-199   2008年   [査読有り]
Rispe C., Kutsukake M., Doublet V., Hudaverdian S., Legeai F., Simon J.-C., Tagu D.,and Fukatsu T.
Molecular Biology and Evolution   25 5-17   2008年   [査読有り]
Altruistic defenders in a Japanese gall-forming aphid, Quadrartus yoshinomiyai (Homoptera: Aphididae: Hormaphidinae).
Uematsu K., Kutsukake M., Fukatsu T., Shimada M.,and Shibao H.
Sociobiology   50 711-724   2007年   [査読有り]
Mechanism of caste differentiation and control in an aphid social system.
Shibao H., Kutsukake M., Matsuyama S., Suzuki T., Shimada M.,and Fukatsu T
In: Frontiers in Life Sciences (eds. M. Fujiwara, S. Ishiura, N. Sato)   127-145   2006年   [査読有り]
Kutsukake M., Shibao H., Nikoh N., Morioka M., Tamura T., Hoshino T., Ohgiya S.,and Fukatsu T.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   101 11338-11343   2004年   [査読有り]
Shibao H., Kutsukake M.,and Fukatsu T.
Journal of Insect Physiology   50 995-1000   2004年   [査読有り]
Shibao H., Kutsukake M.,and Fukatsu T.
Journal of Insect Physiology   50 143-147   2004年   [査読有り]
Shibao H., Kutsukake M.,and Fukatsu T.
Proceedings of the Royal Society of London Series B   271 S71-S74   2004年   [査読有り]
Shibao H., Lee J. M., Kutsukake M.,and Fukatsu T.
Naturwissenschaften   90 501-504   2003年   [査読有り]
Hurst G.D.D., Anbutsu H., Kutsukake M., and Fukatsu T.
Insect Molecular Biology   12 93-97   2002年   [査読有り]
Shibao, H., Kutsukake M., Lee J.,and Fukatsu T.
Journal of Insect Physiology   48 495-505   2002年   [査読有り]
Nagaya.Y, Kutsukake, M., Ishiwa-Chigusa, S., and Komatsu, A.
Neuroscience Letters   329 324-328   2002年   [査読有り]
Kutsukake M., Komatsu A., Yamamoto D.,and Ishiwa-Chigusa S.
Gene   245 31-42   2000年   [査読有り]

Misc

 
ゴールで生活するアブラムシの快適な住まいづくり
沓掛 磨也子
「むしコラ」むしむしコラム・おーどーこん http://column.odokon.org/2013/0201_104800.php      2013年
アブラムシにより誘導される完全閉鎖型ゴールの巧妙な排泄物処理システム
沓掛磨也子
昆虫と自然   48(13) 12-15   2013年
分子レベルで見た兵隊アブラムシの行動と進化
沓掛磨也子
植物防疫   66(2) 77-81   2012年
兵隊アブラムシによる自己犠牲的なゴール修復 —分子基盤とその進化—
沓掛磨也子
生物科学   63(3) 131-140   2009年
前代未聞! アブラムシが植物の傷をふさいで治す
沓掛磨也子
自然保護   5・6月号 25   2009年
兵隊アブラムシの攻撃毒プロテアーゼ
沓掛磨也子
「むしコラ」むしむしコラム・おーどーこん http://column.odokon.org/archives/2007/1221_235800.php      2007年

その他

 
2019年   プレス発表
兵隊アブラムシが放出する体液で巣を修復する仕組みを解明-傷修復の分子機構を増強した「スーパー凝固体液」で壊れた巣を修復-
沓掛磨也子、森山実、深津武馬
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr20190416/pr20190416.html
2012年   プレス発表
昆虫が植物の性質を改変し、究極の「巣ごもり」生活を実現 -完全閉鎖型の虫こぶ内のアブラムシ集団存続の謎を解明-
沓掛 磨也子、深津 武馬
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20121114/pr20121114.html
2009年   プレス発表
昆虫による植物組織の修復・再生現象の発見 -植物の傷を自己犠牲的に自分の体液で塞ぎ、口針で癒す兵隊アブラムシ—
深津武馬、沓掛磨也子
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2009/pr20090225/pr20090225.html
2004年   プレス発表
兵隊アブラムシの攻撃毒プロテアーゼ —未探索の生物資源からの生理活性物質—
深津 武馬、沓掛 磨也子、扇谷 悟
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2004/pr20040727/pr20040727.html