多根 正和

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/18 16:23
 
アバター
研究者氏名
多根 正和
 
タネ マサカズ
所属
大阪大学
部署
産業科学研究所
職名
准教授
学位
博士(工学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
80379099
ORCID ID
0000-0002-1478-6820

プロフィール

材料の力学および相転移現象に対する研究を行っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
大阪大学 産業科学研究所 准教授
 
2017年10月
 - 
2018年3月
東北大学 金属材料研究所 客員准教授
 
2007年4月
 - 
2010年4月
大阪大学 産業科学研究所 助教
 
2004年4月
 - 
2007年4月
大阪大学 産業科学研究所 助手
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2004年3月
基礎工学研究科 システム人間系専攻 博士後期課程  
 
2000年4月
 - 
2002年3月
大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム人間系専攻 博士前期課程 
 
1996年4月
 - 
2000年3月
大阪大学 基礎工学部 
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本金属学会  講演大会委員会委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本金属学会 会誌・欧文誌編集委員会  委員
 
2011年10月
 - 
現在
日本学術振興会 加工プロセスによる材料新機能発現 第176委員会  委員
 
2011年8月
 - 
現在
日本学術振興会 合金状態図 第172委員会  委員
 
2015年4月
 - 
2017年4月
日本金属学会 会報編集委員会  委員
 

受賞

 
2017年11月
大阪大学 大阪大学賞(若手教員部門)
 
2017年5月
公益財団法人 本多記念会 第38回 本多記念研究奨励賞
 
2016年9月
新学術領域研究 「シンクロ型LPSO構造の材料科学 ‐次世代軽量構造材料への革新的展開‐」 優秀発表賞 H27年度シンクロLPSO合宿研究会
 
2016年9月
日本金属学会 第13回 村上奨励賞
 
2013年9月
新学術領域研究 「シンクロ型LPSO構造の材料科学 ‐次世代軽量構造材料への革新的展開‐」 優秀発表賞 H25年度シンクロLPSO中間報告会
 
2013年3月
新学術領域研究 「シンクロ型LPSO構造の材料科学 ‐次世代軽量構造材料への革新的展開‐」 優秀発表賞 H24年度 研究成果報告会
 
2012年8月
大阪大学 大阪大学総長奨励賞(研究部門)
 
2008年9月
日本金属学会 第11回 優秀ポスター賞 (2008年日本金属学会 秋期講演大会)
 
2008年
第2回 Joint JIM/TMS Young Leader International Scholar
 
2006年
日本金属学会 第16回 日本金属学会奨励賞
 
2011年1月
The 12th International Symposium on Eco-materials Processing and Design Excellence Award of Poster Presentation
 
2009年3月
グローバルCOEプログラム「構造・機能先進材料デザイン教育研究拠点」 論文賞
 
2006年3月
21世紀COEプログラム「構造・機能先進材料デザイン研究拠点の形成」 最優秀ポスター賞
 

論文

 
M. Tane, H. Nishiyama, A. Umeda, N.L. Okamoto, K. Inoue, M. Luckabauer, Y. Nagai, T. Sekino, T. Nakano, T. Ichitsubo
Physical Review Materials   3 043604   2019年4月   [査読有り]
*M. Tane, H. Okuda, F. Tanaka
Acta Materialia   166 75-84   2019年3月   [査読有り]
T. Mayama, M. Tane, Y. Tadano
Acta Materialia   165 62-72   2019年2月   [査読有り]
T. Mayama, M. Tane, Y. Tadano
Journal of Physics: Conference Series   1063 012047   2018年8月   [査読有り]
N. Kamiuchi, K. Sun, R. Aso, M. Tane, T. Tamaoka, H. Yoshida, S. Takeda
Nature Communications   9 2060   2018年5月   [査読有り]
M. Tane, S. Suzuki, M. Yamasaki, Y. Kawamura, K. Hagihara, H. Kimizuka
Materials Science & Engineering A   710 227-239   2018年1月   [査読有り]
N. Oka, M. Ishimaru, M. Tane, Y. Sina, C. McHargue, K. Sickafus, E. Alves
Microscopy   66 388-396   2017年8月   [査読有り]
*M. Tane, K. Yamori, T. Sekino, T. Mayama
Acta Materialia   122 236-251   2017年1月   [査読有り]
*M. Tane, H. Kimizuka, T. Ichitsubo
The Journal of Chemical Physics   144 194505   2016年5月   [査読有り]
*M. Tane, K. Hagihara, M. Ueda, T. Nakano, Y. Okuda
Acta Materialia   102 373-384   2016年1月   [査読有り]
M. Tane, H. Kimizuka, K. Hagihara , S. Suzuki, T. Mayama , T. Sekino, Y. Nagai
Acta Materialia   96 170-188   2015年9月   [査読有り]
K. Hagihara, M. Yamasaki, M. Honnami, H. Izuno, M. Tane, T. Nakano, Y. Kawamura
Philosophical Magazine   95 132-157   2015年2月   [査読有り]
M. Tane, T. Mayama, A. Oda, H. Nakajima
Acta Materialia   84 80-94   2015年1月   [査読有り]
R. Nakamura, T. Toda, S. Tsukui, M. Tane, M. Ishimaru, T. Suzuki, H. Nakajima
Journal of Applied Physics   116 33504 (8 pages)   2014年7月   [査読有り]
M. Tane, Y. Okuda, Y. Todaka, H. Ogi, A. Nagakubo
Acta Materialia   61 7543-7554   2013年12月   [査読有り]
*M. Tane, Y. Nagai, H. Kimizuka, K. Hagihara, Y. Kawamura
Acta Materialia   61 6338-6351   2013年10月   [査読有り]
T. Ide, *M. Tane, H. Nakajima
Metallurgical and Materials Transactions A   44 4257-4265   2013年9月   [査読有り]
F. Yang, *M. Tane, J.P. Lin, Y.H. Song, H. Nakajima
Materials & Design   49 755-760   2013年8月   [査読有り]
*M. Tane, T. Nakano, S. Kuramoto, M. Niinomi, N. Takesue, and H. Nakajima
Acta Materialia   61 139-150   2013年1月   [査読有り]
M. Vesenjak, A. Kovačič, M. Tane, M. Borovinšek, H. Nakajima, Z. Ren
Computational Materials Science   65 37-43   2012年12月   [査読有り]

Misc

 
チタンおよびチタン合金の弾性特性
多根正和
軽金属      2018年5月   [査読有り][依頼有り]
多根 正和
まてりあ      2017年9月   [査読有り][依頼有り]
一方向性気孔を有するポーラス純鉄および炭素鋼の衝撃エネルギー吸収特性
多根 正和, 宋榮換, 中嶋英雄
金属      2016年6月
仲村 龍介, 石丸 学, 平田 秋彦, 佐藤 和久, 多根 正和, 君塚 肇, 今野 豊彦, 中嶋 英雄
まてりあ      2012年3月   [査読有り]
多根正和、中嶋英雄
金属   Vol. 80 (2010), pp.837-843.    2010年10月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
バイオマテリアル研究の最前線
多根 正和 (担当:分担執筆)
日本金属学会   2014年12月   
マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線
多根 正和 (担当:分担執筆)
シーエムシー出版   2011年7月   
Cellular and Porous Materials: Thermal Properties Simulation and Prediction, edited by Andreas Ochsner, Graeme E. Murch, Marcelo J. S. de Lemos
T. Ogushi, H. Chiba, M. Tane and H. Nakajima (担当:共著)
WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA   2008年4月   

競争的資金等の研究課題

 
Ti合金における変形誘起相変態に起因した弾性率軟化現象の解明と生体材料への応用
科研費 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2019年7月 - 2022年3月    代表者: 多根 正和
ミルフィーユ構造における硬質・軟質層の原子結合状態を反映した弾性不均質性の解明
科研費 新学術領域(研究領域提案型)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 多根 正和
bcc系Ti合金において発現する“室温時効に伴う”特異な相変態および力学特性変化
科研費 基盤研究(b)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 多根 正和
“単結晶育成が極めて困難な”Mg合金およびMg基化合物相の単結晶弾性特性の解明
科研費 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 多根 正和
“単結晶育成を必要としない単結晶弾性率の決定方法”の構築と生体用金属材料への応用
科研費 若手研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 多根 正和
濃化層におけるクラスター構造を反映したLPSO相の弾性率および熱膨張の解明
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 多根 正和
力学系および組織形成シミュレーションに不可欠なLPSO相単相の単結晶弾性率の解明
新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 多根 正和
微細組織に依存するβ型チタン合金の弾性特性の解明とその低ヤング率化
科研費 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 多根 正和