山川 みやえ

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 03:50
 
アバター
研究者氏名
山川 みやえ
 
ヤマカワ ミヤエ
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 保健学専攻
職名
准教授
学位
看護学学士(大阪大学), 保健学修士(大阪大学)
その他の所属
大阪大学大阪大学大阪大学
科研費研究者番号
80403012

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
   
 
-: ~ 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 助教  
 

学歴

 
 
 - 
2003年
大阪大学 医学系研究科 保健学専攻
 

委員歴

 
2008年
   
 
一般社団法人日本看護科学学会  国際活動推進委員会
 
 
   
 
 第26回日本看護科学学会学術集会実行委員
 
2008年
   
 
-: 一般社団法人日本看護科学学会 国際活動推進委員会
 

論文

 
Coping in type 2 diabetes: state of the art review
Miyae Yamakawa
The 13th international concil on womans health issues      2002年6月   [査読有り]
2型糖尿病患者のコーピングにおけるpositive effects 質的デザインを用いた探索的研究
山川みやえ
第29回日本看護研究学会学術集会抄録集      2003年7月   [査読有り]
Interdisciplinary team approach for BPSD: Integrated care from hospital to community setting
Miyae Yamakawa
   2005年6月   [招待有り]
Positive Effect Of Choronic Illness In Type 2 Diabetes Mellitus Patients In Japan
Miyae Yamakawa,Kiyoko Makimoto
The 9th East Asian Forum of Nursing Scholars      2006年3月   [査読有り]
New behavior monitoring system using Integrated Circuit Tags for institutionalized people with dementia in Japan
Nozaki C., Makimoto K., Suzuki M., Yamakawa M., Ashida N.
The 9th East Asian Forum of Nursing Scholarship      2006年3月   [査読有り]

Misc

 
Yamakawa M., Makimoto K.
International Journal of Nursing Studies   
in press
Chieko Greiner, Kiyoko Makimoto, Mizue Suzuki, Miyae Yamakawa, Nobuyuki Ashida
American Journal of Alzheimers Disease and other Dementias   22(2) 129-136   2007年
2型糖尿病患者をやる気にさせる面接とは
山川みやえ
ナーシング・トゥデイ   21(12) 95   2006年
the American Journal of Alzheimers Disease & Other Dementias   in press    2008年

書籍等出版物

 
エビデンスに基づく看護実践のためのシステマティックレビュー
牧本清子 他 (担当:共著)
日本看護協会出版会   2013年12月   ISBN:978-4818017917
ケアの根拠 ―看護の疑問に答える151のエビデンス
道又元裕 監修, 山川みやえ(分担) (担当:共著)
日本看護協会出版会   2008年10月   
ケアの根拠:看護の疑問に答える180のエビデンス-糖尿病患者をやる気にさせる効果的な面接とは?
山川みやえ (担当:共著)
日本看護協会出版会   2012年1月   
よくわかる看護研究論文のクリティーク
山川みやえ、牧本清子 (担当:共著)
日本看護協会出版会   2014年6月   ISBN:978-4-8180-1849-5
ケアの根拠 ―看護の疑問に答える151のエビデンス
日本看護協会出版会   2008年   

講演・口頭発表等

 
ICタグを用いた認知症高齢者の行動のアウトカム指標の開発
第26回日本看護科学学会学術集会   2006年   
New behavior monitoring system using Integrated Circuit Tags for institutionalized people with dementia in Japan
The 9th East Asian Forum of Nursing Scholars   2006年   
Positive Effect Of Choronic Illness In Type 2 Diabetes Mellitus Patients In Japan
The 9th East Asian Forum of Nursing Scholars   2006年   
2型糖尿病患者のコーピングにおけるpositive effects 質的デザインを用いた探索的研究
第29回日本看護研究学会学術集会   2005年   
Coping in type 2 diabetes: state of the art review
The 13th international concil on womans health issues   2003年   

Works

 
日韓共同研究によるITを用いた痴呆性高齢者のケア質評価指標の開発
2005年
日韓共同研究によるITを用いた痴呆性高齢者のケア質評価指標の開発
2006年
臨床におけるカテーテルケアのレベルと尿路感染との関係の解明
2006年
ICタグを用いた認知症患者のアセスメント向上のためのスタッフの能力開発
2008年

競争的資金等の研究課題

 
2型糖尿病患者のpositive experiencesについての探索的研究
その他の研究制度
研究期間: 2001年 - 2003年
ICタグモニタリングシステムを用いた認知症高齢者の行動パターンの分析
科学研究費補助金
研究期間: 2005年   
認知症高齢者の行動との関連要因についての研究
その他の研究制度
研究期間: 2006年