菅野 智則

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/13 12:47
 
アバター
研究者氏名
菅野 智則
 
カンノ トモノリ
所属
東北大学
部署
埋蔵文化財調査室
職名
特任准教授
学位
修士(文学)(東北大学), 博士(文学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
東北大学埋蔵文化財調査室 特任准教授
 
2008年4月
 - 
2015年3月
東北大学埋蔵文化財調査室 専門職員
 
2011年10月
 - 
2012年3月
茨城大学人文学部 非常勤講師
 
2009年10月
 - 
2010年3月
茨城大学人文学部 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東北大学大学院文学研究科 助教
 
2008年2月
 - 
2008年2月
茨城大学人文学部 非常勤講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東北大学大学院文学研究科 助手
 
2004年12月
 - 
2005年3月
東北大学総合学術博物館 リサーチアシスタント
 
2004年10月
 - 
2005年3月
東北大学大学院文学研究科 短期教務補佐員
 

学歴

 
 
 - 
2001年
東北大学 文学研究科 歴史科学専攻
 
 
 - 
2005年
東北大学 文学研究科 歴史科学専攻
 
 
 - 
2007年
東北大学 文学研究科 歴史科学専攻
 
 
 - 
1998年
茨城大学 人文学部 人文学科
 

委員歴

 
2011年12月
   
 
宮城県考古学会  東日本大震災対策特別委員会委員
 
2010年11月
   
 
博古研究  事務局長
 
2005年5月
 - 
2010年5月
宮城県考古学会  会誌幹事
 
1997年11月
   
 
博古研究会  委員
 

論文

 
大木式土器の地域性に関する学史的検討-東北地方北部における中期後半土器型式編年研究を通じて-
菅野 智則
博古研究   53 34-43   2017年4月   [査読有り]
東日本の縄文文化
菅野 智則
〈歴博フォーラム〉縄文時代 その枠組・文化・社会をどう捉えるか?   70-89   2017年3月   [招待有り]
東北縄文集落の姿
菅野 智則
北の原始時代 東北の古代史1   100-132   2015年8月   [査読有り][招待有り]
北上中流域における縄文時代中期後半集落遺跡の特徴
菅野 智則
完新世の気候変動と縄紋文化の変化   9-31   2014年3月   [招待有り]
遺跡資料リポジトリと震災復興支援
菅野 智則・永井 伸
宮城考古学   (15) 19-24   2013年5月   [招待有り]
宮城県における縄文中期から後期にかけての様相
菅野 智則
東北地方における中期/後期変動期:4.3kaイベントに関する考古学現象1   71-83   2012年7月
東日本大震災の被災地からみた遺跡資料リポジトリ
菅野 智則
日本考古学協会第78回(2012年度)大会研究発表要旨   104-105   2012年5月
東北地方北部における縄文時代中期後半集落に関する基礎的研究
菅野 智則
特別史跡三内丸山遺跡年報   15 73-79   2012年3月
北上川中流域における縄文時代中期集落に関する基礎的研究
菅野 智則
東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究   Ⅰ 107-123   2012年3月   [招待有り]
中期後半大木式土器に関する学史的検討を通じた方法論的展望
菅野 智則
博古研究   (42) 1-16   2011年10月   [査読有り]
東北地方における中期後半大木式土器に関する研究基盤の成立過程
菅野 智則
博古研究   (41) 21-35   2011年4月   [査読有り]
Junko Habu, Akira Matsui, Naoto Yamamoto, Tomonori Kanno.
Quaternary International   239(1-2) 19-27   2011年
北上川流域の縄文集落遺跡
菅野智則
季刊東北学   26 84-101   2011年
仙台湾における縄文早期・前期集落の構造変化
菅野智則
日本考古学協会2009年度山形大会研究発表資料集   383-410   2009年
はじめに-研究の前提-
菅野智則
日本考古学協会2009年度山形大会研究発表資料集   317-318   2009年
居住形態からみた東北地方の縄文前期
菅野智則
日本考古学協会2009年度山形大会研究発表資料集   155-164   2009年
居住形態からみた東北地方の縄文前期
菅野智則
日本考古学協会2009年度大会研究発表要旨   40-41   2009年
北上川流域縄文時代中期から後期における土器の器形変化と地域性に関する研究
菅野智則
東北文化研究室紀要   50 17-35   2009年
東北地方における縄文時代前半期集落の変遷
菅野智則
東北縄文前期の集落と墓制   29-39   2009年
仙台湾周辺の縄文時代前期前半期集落の様相
菅野智則
東北地方縄文前期社会における集落と生業   69-80   2008年
縄文時代集落分析の視点-研究史からの検討-
菅野智則
博古研究   (36) 8-15   2008年
縄文人の「ゴミ」と集落
菅野智則
東北文化研究室紀要   (49) 44-45   2008年
北上川流域の縄文社会-立地と分布からみた集落の変化-
菅野智則
東北縄文社会の歴史動態的研究-河川流域における縄文集落の考古学的研究-   29-48   2008年
北上川流域における縄文時代中期後半集落の地域性
菅野智則
博古研究   (34) 14-25   2007年
北上川流域における縄文時代中期後半集落のあり方-分析の課題-
菅野智則
岩手県における縄文文化の諸相 資料集   1-6   2007年
東北地方縄文時代中期後半土器の研究-器形変化に関する属性分析-
菅野智則
考古学談叢   265-285   2007年
久原コレクションの概要
須藤隆・菅野智則
東日本縄文・弥生時代集落の発展と地域性(資料編) 平成17~18年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書   pp.2-3(資料編)   2007年
北上川・馬淵川流域における晩期縄文集落の特徴
菅野智則
東日本縄文・弥生時代集落の発展と地域性 平成17~18年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書   15-24   2007年
集落研究の方法
菅野智則
東日本縄文・弥生時代集落の発展と地域性 平成17~18年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書   4-5   2007年
北上川流域における縄文集落の構造-複式炉と構成単位-
菅野智則
日中交流の考古学   11-25   2007年
東北大学文学研究科考古学陳列館所蔵大木囲貝塚出土基準資料-山内清男編年基準資料-
早瀬亮介・菅野智則・須藤隆
Bulletin of the Tohoku University Museum   5 1-40   2006年
北上川流域における中期後半集落の研究-炉構造による住居跡形態の差異-
菅野智則
宮城考古学   (8) 1-12   2006年
集落研究におけるデータベース
菅野智則
博古研究   (30) 26-34   2005年
複式炉を有する縄文集落の分布
菅野智則
日本考古学協会2005年度福島大会シンポジウム資料集   35-48   2005年
複式炉を有する縄文中期後葉集落の分布
菅野智則
日本考古学協会2005年度福島大会研究発表要旨   18-19   2005年
縄文時代中期集落の構造
菅野智則
文化   69(1) 112-133   2005年
縄文集落研究の初期的操作
菅野智則
歴史   101 103-128   2003年
縄文・弥生時代における集団と物資の交流
須藤隆・菅野智則
考古学の方法   (4) 9-18   2003年
縄文時代集落研究の一方法
菅野智則
日本考古学の基礎研究 茨城大学人文学部考古学研究報告第4冊   58-75   2001年

Misc

 
中期大木式土器分布圏における縄文文化の一様相
菅野 智則
火焔型土器のデザインと機能 Jomonesque Japan 2016   84-87   2016年12月   [依頼有り]
過去の文化と伝統知をつなぐ-アイヌ民族博物館でのワークショップより
菅野 智則
小規模経済プロジェクトNEWSLETTER   5 2-4   2016年7月   [依頼有り]
カナダ・トリケット島における先史時代遺跡の調査
真貝理香・菅野智則・山本直人・羽生淳子・松井章・Duncan McLaren・Dale R. Croes
考古学研究   62(3) 16-20   2015年12月   [査読有り]
特集:東日本大震災と文化財-その時、その後 趣旨説明
菅野 智則
博古研究   (50) 1-1   2015年10月   [依頼有り]
貝塚からわかること
菅野 智則
北の原始時代 東北の古代史1   133-138   2015年8月   [査読有り][依頼有り]
縄文時代(東北)
菅野 智則
考古学ジャーナル   642 33-36   2013年5月   [依頼有り]
アメリカワシントン州オゼット遺跡とマッド・ベイ遺跡
水沢教子・菅野智則・山本直人・松井章
考古学研究   59(4) 109-112   2013年3月   [査読有り]
宮城県
菅野 智則
日本考古学年報   63 128-134   2012年5月
縄文時代(東北)
菅野 智則
考古学ジャーナル   (628) 25-28   2012年5月
文化財レスキューに参加して
菅野 智則
宮城考古学   (14) 105-110   2012年5月
東日本大震災と文化財-当時の状況-
菅野 智則
博古研究   (43) 22-25   2012年4月
縄文時代 東北
菅野 智則
考古学ジャーナル   (615) 30-33   2011年6月
アメリカオレゴン州サンケン・ビレッジ遺跡
菅野智則・山本直人・宮尾亨・岩崎厚志・松井章
考古学研究   54(4) 120-123   2008年
2)土製品 『国史跡山王囲遺跡発掘調査報告書』栗原市文化財調査報告書第5集 栗原市教育委員会
菅野智則・山崎健・種石悠
国史跡山王囲遺跡発掘調査報告書   28-30   2007年
陸平貝塚
菅野智則
大和書房   p.109   2006年
里浜貝塚
菅野智則
大和書房   p.284   2006年
B-99御殿沢遺跡(MITONOSAWA)
菅野智則・茂木雅博
鉾田町史原始・古代史料編   p.282   1995年

書籍等出版物

 
仙台城跡二の丸第18地点
菅野智則・柴田恵子・石橋宏 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査室   2017年3月   
芦ノ口遺跡第9次調査 青葉山E遺跡第9次調査-東日編大震災復旧事業関係調査報告書-
菅野智則・柴田恵子・傳田惠隆 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査室   2015年3月   
縄文時代における居住形態の研究 平成23~25年度学術研究助成基金助成金若手研究(B)研究成果報告書
菅野智則
2014年3月   
芦ノ口遺跡第7次調査・第8次調査
菅野智則・柴田恵子・傳田惠隆 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査室   2014年3月   
仙台城跡二の丸北方武家屋敷地区第13地点
阿子島香 藤沢敦 柴田恵子 菅野智則 川口貴史 傳田惠隆 (担当:共著)
東北大学埋蔵文化財調査室   2013年3月   

講演・口頭発表等

 
東北地方における縄文時代のヒトとモノの動き [招待有り]
菅野 智則
平成29年度東北大学文学研究科東北文化研究室公開講演会「縄文時代の陸と海の道」   2017年11月11日   
青葉山の歴史 [招待有り]
菅野 智則
有史以前・以後の青葉山の住人を訪ねる 青葉山・八木山フットパスづくり平成29年度第2回フィールドワーク   2017年9月9日   
文化財からみる青葉山 [招待有り]
菅野 智則
東北大学植物園2017植物園の日   2017年5月4日   
仙台城二の丸地区と武家屋敷-東北大学川内南・北キャンパスの発掘調査成果- [招待有り]
菅野 智則
公開講演会「土中より現れいづる仙台城の面影」   2016年12月23日   
中期大木式土器分布圏における縄文文化の一様相 [招待有り]
菅野 智則
国際縄文フォーラム火焔街道往来2016   2016年12月11日   
縄文時代中期大木式土器の特徴と地域性 [招待有り]
菅野 智則
縄文人の精神-盛岡の縄文時代中期の装飾-   2016年11月20日   
東北地方における全国遺跡報告総覧の展望 [招待有り]
菅野 智則
文化遺産の記録をすべての人々へ!―発掘調査報告書デジタル化の方向性を探る―   2016年2月18日   
北上川流域における縄文時代中期集落の特徴とその特異性 [招待有り]
菅野 智則
花巻の遺跡を学ぶ会   2016年2月11日   
東日本の縄文文化-東北地方を中心に- [招待有り]
菅野 智則
第99回歴博フォーラム「縄文時代・文化・社会をどのように捉えるか?」   2015年12月6日   
東北地方における縄文前・中期集落の展開
菅野 智則
2013年度東北史学会大会   2013年10月12日   
被災地の復興支援と遺跡資料リポジトリ [招待有り]
菅野 智則
文化遺産の記録をすべての人々へ! ―発掘調査報告書の電子化と公開を考える―   2012年11月15日   
宮城県における縄文中期から後期にかけての様相
菅野 智則
東北地方における中期/後期変動期:4.3kaイベントに関する考古学現象1   2012年7月   
東日本大震災の被災地からみた遺跡資料リポジトリ
菅野 智則
日本考古学協会第78回(2012年度)大会   2012年5月   
遺跡データベースと報告書 [招待有り]
菅野 智則
全国遺跡資料リポジトリ・ワークショップ in 東京   2011年11月   
東日本大震災と文化財
菅野 智則
2011年度博古研究会総会   2011年11月   
東北地方における縄文集落の地域性
菅野 智則
2011年度東北史学会   2011年10月   
東北地方北部における縄文中期後半集落に関する基礎的研究
平成22年度特別史跡三内丸山遺跡報告会   2011年3月   
北上川流域の縄文集落遺跡
平成22年度日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(B)公開シンポジウム「河川流域の縄紋景観」   2010年   
居住形態からみた東北地方の縄文前期
日本考古学協会2009年度山形大会シンポジウム   2009年   
東北地方における縄文時代前半期集落の変遷
平成21年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究」研究会『東北縄文前期の集落と墓制』   2009年   
Changes through time in size and intra-site spatial patterns of Jomon shellmiddens.
SAA 74RD. Atlanta, USA   2009年   
Characteristics of Jomon wetland settlements in Northeastern Honshu.
SAA 73RD. Vancouver, Canada   2008年   
仙台湾周辺の縄文時代前期前半期集落の様相
平成20年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究」研究会『東北縄文前期社会における集落と生業』   2008年   
北上川流域の縄文社会-立地と分布からみた集落の変化-
平成19年度文部科学省オープン・リサーチ・センター整備事業「東北地方における環境・生業・技術に関する歴史動態的総合研究」研究会『東北縄文社会の歴史動態的研究-河川流域における縄文集落の考古学的研究-』   2008年   
縄文人の「ゴミ」と集落
東北文化研究室公開シンポジウム「ゴミの文化学-過去と現在」   2007年   
北上川流域における縄文時代中期後半集落の地域性-炉跡からみた地域的様相-
東北史学会2007年度大会   2007年   
北上川流域における縄文時代中期後半集落のあり方
2007年岩手考古学会第38回研究大会   2007年   
北上川流域における中期後半集落の研究
2006年度宮城県考古学会総会・研究発表会   2006年   
複式炉を有する縄文集落の分布
日本考古学協会2005年度福島大会シンポジウム   2005年   
縄文集落研究の初期的操作
2003年度宮城県考古学会総会・研究発表会   2003年   
縄文時代中期後半集落の基礎的検討
東北史学会2002年度大会   2002年   
岩手県南部における縄文時代集落の研究
博古研究会第69回研究会   2001年   
縄文・弥生時代における集団と物資の交流
東北大学文学部考古学研究会第35回例会   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
縄文時代における居住形態の研究
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 菅野 智則
縄文時代集落構造の研究-考古学資料の定量化と可視化-
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 菅野 智則