HISADA Makoto

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:12
 
Avatar
Name
HISADA Makoto
E-mail
hisadacivil.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/2c797fb913e6955c4d21cbfb122fbb8b.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Civil and Environmental Engineering Infrastructural Materials Division Concrete Engineering
Job title
Professor
Degree
Dr. Eng.(Tokyo Institute of Technology)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2005
   
 
Associate Professor, Tohoku University
 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
Senior Researcher, Public Works Research Institute
 
Mar 1998
 - 
Mar 2002
Associate Professor, Niigata University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1998
Research Associate, Tokyo Institute of Technology
 
Apr 1990
 - 
Mar 1991
Konoike Corp.
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
Dept.of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Kyoto University
 

Committee Memberships

 
Sep 2009
 - 
Today
土木学会・環境調和型コンクリート材料学の創造に関する研究小委員会  委員
 
Jul 2009
 - 
Today
日本コンクリート工学協会・研究委員会  委員
 
Jul 2009
 - 
Today
土木学会東北支部・支部活動活性化推進委員会  幹事
 
Jul 2009
 - 
Today
土木学会東北支部・土木遺産観光交流活用研究会  委員
 
Jul 2009
 - 
Today
土木学会東北支部・出版委員会  副委員長
 

Awards & Honors

 
May 2009
PC橋の改造技術に関する研究, プレストレストコンクリート技術協会賞, プレストレストコンクリート技術協会
Winner: 東北大学,土木研究所,プレストレストコンクリート建設業協会
 
May 2004
土木学会吉田賞(論文部門), 社団法人土木学会
Winner: 大即信明,横関康祐,渡邉賢三,古澤靖彦
 
May 2002
日本コンクリート工学協会論文奨励賞, 日本コンクリート工学協会
 
Jun 2000
日本コンクリート工学協会優秀講演賞, 日本コンクリート工学協会
 
May 1999
セメント協会論文賞, 社団法人セメント協会
Winner: 大即信明,木村勇人,宮里心一
 

Published Papers

 
欠陥部がモルタル中鉄筋の塩化物によるマクロセル腐食の形態に及ぼす影響
大即信明,久田 真,木村勇人,宮里心一
セメント・コンクリート論文集   52 698-703   1998   [Refereed]
横関康祐,渡邉賢三,古澤靖彦,大門正機,大即信明,久田 真
土木学会論文集   54(697) 51-64   2002   [Refereed]
久田 真,松谷竜一
土木学会論文集   61(746) 197-204   2003   [Refereed]
A STUDY ON THE DIFFERENCE OF CHLORIDE ION DIFFUSIBITY AND DEGRADATION OF CEMENT MORTAR DUE TO NaCl AND CaCl2 INGRESS
Makoto HISADA,Kazuyoshi SAKAI and Shigeyoshi NAGATAKI
Third International RILEM Workshop on Testing and Modeling Chloride Ingress into Concrete   CD-ROM (Paper No.022)   2002   [Refereed]
CHEMICAL AND PHYSICAL DEGRADATION OF CEMENT PASTE CAUSED BY ACID RAIN
Makoto HISADA and Hirokata KAWANO
International Conference on Concrete Under Severe Conditions   1 93-100   2004   [Refereed]

Misc

 
大即 信明,上東 泰,久田 真
コンクリート工学   47(7) 11-18   2009
モルタルの電気抵抗率と塩化物イオンの拡散係数の関係
久田 真,皆川 浩,榎原彩野
(44) 1-11   2009
骨材問題に関するいくつかの考察
久田 真
月刊コンクリートテクノ   28(1) 16-20   2009
マネジメント技術としての補修と補強
久田 真
セメント・コンクリート   (741) 6-13   2008
久田 真
コンクリート工学   46(9) 156-159   2008

Books etc

 
コンクリートなんでも小事典
久田 真(分担) (Part:Joint Work, 第一章 コンクリートとはどんなもの?/第二章 コンクリートのルーツをたどる)
講談社   Dec 2008   
社会基盤メインテナンス工学
阿部雅人 (Part:Joint Work, 第2章(メインテナンスマネジメントシステム)9頁~42頁)
東京大学出版会   May 2004   
非破壊試験を用いたコンクリート構造物の健全度診断マニュアル
独立行政法人土木研究所,日本構造物診断技術協会 (Part:Joint Editor)
技報堂出版   Sep 2003   
土木練習張-コンクリート-
吉川弘道,井上晋,栗原哲夫 (Part:Joint Work, 第1編(材料/施工)1頁~93頁)
共立出版   Apr 2003   
コンクリートの高性能化
長瀧重義 (Part:Joint Work, 第7章(シリカフュームコンクリート)178頁~182頁)
技報堂   Apr 1997   

Conference Activities & Talks

 
コンクリート標準示方書[維持管理編]維持管理
コンクリート標準示方書講習会(仙台)   14 Nov 2008   
Present Situation of Durability, Repair and Maintenance Methodology for Concrete Structures in Japan
KCI The 5th International Symposium on Advancement of Cement and Concrete Industries   28 Oct 2008   
次世代に遺せるものづくり~1000年以上経過した現存構造物から見た骨材~
砕石戦略セミナーⅡ   24 Oct 2008   
コンクリート構造物の耐久性と維持管理
日本構造物診断技術協会研修会   23 Oct 2008   
コンクリート構造物の劣化とマネジメント
橋梁保全研修   21 Oct 2008   

Research Grants & Projects

 
Durability of concrete
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1991 - Today

Others

 
Aug 2009   塩害と塩害による複合劣化を受けたコンクリート構造物における補修技術に関する研究
寒冷地における含浸性防錆材の適用性の検討
凍結防止剤が散布される凍害環境下での塩分浸透予測法の検討
寒冷地における脱塩工法の適用性の効果の評価
寒冷地における含浸性防錆材の適用性の効果の評価
Aug 2008   塩害と塩害による複合劣化を受けたコンクリート構造物における補修技術に関する研究
寒冷地における含浸性防錆材の適用性の検討
寒冷地における脱塩工法の適用性の検討
Dec 2006   塩害と塩害による複合劣化を受けたコンクリート構造物における補修技術に関する研究
複合劣化に及ぼすセメント・凍結温度の影響の明確化
寒冷地における脱塩工法の適用性の検討
脱塩効果に及ぼす複合劣化の影響の検討
Sep 2006   塩害を受けたコンクリート構造物の脱塩工法に関する共同研究
鉄筋コンクリート部材の力学的性能を考慮した効率的な設計方法の検討
設計に必要な諸要因を評価する試験方法の検討
Apr 1996   コンクリート中におけるイオンの電気泳動メカニズムの解明
電気泳動場におけるコンクリート中のイオンの電気泳動メカニズムを解明し,拡散場における移動現象との関連性を明らかにする.