NAGATANI Keiji

J-GLOBAL         Last updated: Nov 1, 2018 at 18:14
 
Avatar
Name
NAGATANI Keiji
E-mail
keijiastro.mech.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/de1df6e4e694e32d26ecc9f0431cce3c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
New Industry Creation Hatchery Center Industry Creation Section Field robotics project for unmanned surveillance
Job title
Associate Professor
Degree
博士(工学)(University of Tsukuba)

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2005
Lecturer, Okayama University
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
Post Doctoral Fellow, Faculty of Engineering, Carnegie Mellon University
 
Apr 1996
 - 
Mar 1998
特別研究員 特別研究員, 学術振興会
 

Education

 
 
 - 
Mar 1997
Graduate School, Division of Engineering, University of Tsukuba
 
 
 - 
Mar 1992
第三学群 情報学類, University of Tsukuba
 

Committee Memberships

 
Apr 2012
 - 
Today
日本ロボット学会災害関係記録作成分科会  委員
 
Apr 2011
 - 
Today
SICE SI 火山ロボット研究会  幹事
 
Apr 2011
 - 
Today
日本機械学会 表彰委員会  委員
 
Apr 2011
 - 
Today
SICE SI 表彰委員会  委員
 
Apr 2011
 - 
Today
Advanced Robotics 学会誌編集委員会  編集委員
 

Awards & Honors

 
Jan 2012
サーチ&レスキュー用不整地移動探査ロボットの性能向上に関する研究, 第七回 競基弘賞 学術業績賞, International Rescue System Institute
 
Nov 2011
Redesign of rescue mobile robot Quince --Toward emergency response to the nuclear accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station on March 2011-, SSRR 2011 Best Paper Award, SSRR2011
Winner: Keiji Nagatani,Seiga Kiribayashi, YoshitoOkada, Satoshi Tadokoro,Takeshi Nishimura,Tomoaki Yoshida, Eiji Koyanagi,Yasushi Hada
 
Oct 2009
Semi-autonomous Operation of Tracked Vehicles on Rough Terrain using Autonomous Control of Active Flippers, IROS RoboCup Best Paper Award, IROS
Winner: Yoshito Okada, Keiji Nagatani, Kazuya Yoshida
 
May 2017
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 部門欧文誌表彰, Robomech
Winner: Daisuke Endo,Keiji Nagatani
 
Jan 2012
第七回 競基弘賞 特別賞, International Rescue System Institute
Winner: 小柳栄次,吉田智章,西村健志,田所諭,永谷圭司,桐林星河,岡田佳都,大竹一樹,大野和則,竹内栄二朗,東和幸,羽田靖史
 

Published Papers

 
Pitching Moment Caused by Rotor Flow Interference on a Small Quad-rotor Unmanned Aerial Vehicle in a Uniform Flow
Hikaru Otsuka,Keiji Nagatani
Transactions of JSASS   61(2) 87-96   Mar 2018   [Refereed]
Reduction of head-up pitching moment of small quad-rotor unmanned aerial vehicles in uniform flow
Hikaru Otsuka,Daisuke Sasaki,Keiji Nagatani
International Journal of Micro Air Vehicles   10(1) 85-105   Mar 2018   [Refereed]
火山災害地域で活躍するセンシングロボットの開発
永谷 圭司,羽田 靖史
電波技術協会報   (315) 14-17   Mar 2017   [Invited]
遠藤 大輔,幸村 貴臣,鈴木 大貴,山内 元貴,永谷 圭司,小柳 栄次,上光 隆義,宮重 正幸
日本ロボット学会誌   35(2) 37-48   Mar 2017   [Refereed]
幸村 貴臣,桐林 星河,永谷 圭司
計測自動制御学会論文集   53(1) 002-012   Jan 2017   [Refereed]
Assessment of a Tracked Vehicle's Ability to Traverse Stairs
Daisuke Endo,Keiji Nagatani
ROBOMECH Journal   3(1) 20   Sep 2016   [Refereed]
災害対策のドローン活用事例:土石流予測を目的とした火山災害地域のセンシング技術
永谷 圭司,伊豆 智幸,藤原 伸也,金井 啓通
OplusE   (439) 529-532   May 2016   [Refereed][Invited]
山内元貴,秋山健,永谷圭司
日本ロボット学会誌   34(3) 220-225   Apr 2016   [Refereed]
遠藤 大輔,永谷 圭司,吉田 和哉
日本ロボット学会誌   33(6) 433-440   Aug 2015   [Refereed]
永谷圭司
システム/制御/情報   59(6) 209-214   Jun 2015   [Refereed][Invited]
Shoya Higa, Kenji Nagaoka, Keiji Nagatani, Kazuya Yoshida
Journal of Terramechanics      Apr 2015   [Refereed]
永谷 圭司,伊豆 智幸,手束宗弘
写真測量とリモートセンシング   116-117   Mar 2015
Evaluation of Hovering Thrust Performance of Shrouded Rotors for Multi-rotor UAVs to Reduce Weight
Hikaru Otsuka, Keiji Nagatani, and Kazuya Yoshida
AIAA Atmospheric Flight Mechanics Conference      Jan 2015   [Refereed]
Shoya Higa, Kenji Nagaoka, Keiji Nagatani, Kazuya Yoshida
Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration      Dec 2014   [Refereed]
Ryohei Tsuzuki, Keiji Nagatani, Genki Yamauchi
Proceedings of the 2014 IEEE Int'l Workshop on Safety      Oct 2014   [Refereed]
Ryosuke Yajima, Keiji Nagatani, Kazuya Yoshida
Proceedings of the 2014 IEEE Int'l Workshop on Safety      Oct 2014   [Refereed]
Genki Yamauchi, Takahiro Noyori, Keiji Nagatani, and Kazuya Yoshida
Proceedings of the 2014 IEEE Int'l Workshop on Safety      Oct 2014   [Refereed]
Keiji Nagatani,Ken Akiyama,Genki Yamauchi,Kazuya Yoshida,Yasushi Hada,Shin'ichi Yuta,Tomoyuki Izu,Randy Mackay
2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)      Sep 2014   [Refereed]
Keiji Nagatani
Journal of Robotics and Mechatronics   26(4) 436-441   Aug 2014   [Refereed][Invited]

Misc

 
大野 和則・永谷 圭司・秋山 英久
日本ロボット学会誌 特集号 「レスキューロボット―災害救助支援システムの現状と今後―」 Vol.28 No.2      Mar 2010
Keiji Nagatani
Advanced Robotics      Aug 2009
永谷 圭司
日本ロボット学会誌      Oct 2008

Books etc

 
Handbook of Robotics
Keiji Nagatani,Genya Ishigami,Yoshito Okada (Part:Joint Work, Section 50)
Springer   Aug 2016   
新版 ロボット工学ハンドブック
永谷圭司 他多数 (Part:Joint Work, 614-618)
㈳日本ロボット学会   Jun 2005   
Web教材「事例に学ぶロボティクス」 移動ロボット
永谷圭司他 (Part:Joint Work)
日本機械学会   Mar 2002   
電子情報通信ハンドブック
執筆者数約100名,(永谷圭司,油田信一を含む) (Part:Joint Work, pp. 98,101,104,105)
電子情報通信学会   Dec 1998   

Conference Activities & Talks

 
活火山探査を目的とした電動マルチロータ機搭載用小型軽量移動ロボットの開発
秋山健,山内元貴,永谷圭司,吉田和哉,伊豆智幸,Randy Mackay
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 ROBOMEC2013,1P1-P15   May 2013   
クローラの接地荷重情報を利用した多自由度クローラ型移動ロボットの走行制御
野寄敬博,永谷圭司,吉田和哉,小柳栄次
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 ROBOMEC2013,2P1-R10   May 2013   
山岳地帯における小型探査ロボットの運搬を目的としたマルチロータ機の研究開発
大塚光, 桐林星河, 永谷圭司, 吉田和哉
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 ROBOMEC2013,1A1-G03   May 2013   
小型軽量火山探査ロボットに搭載するスター型車輪の開発と砂利フィールドにおける性能評価
高橋悠輔,須藤真琢,永谷圭司,吉田和哉
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会 ROBOMEC2013,2A2-R06   May 2013   
高度変化に伴う回転翼型小型UAV用プロペラの推力低下の評価
大塚光,中村拓磨,桐林星河,永谷圭司,吉田和哉
日本航空宇宙学会北部支部2013 年講演会 論文集,JSASS-2013-H028   Mar 2013   

Social Contribution

 
仙台市 理科作品展 審査
[Others]  25 Sep 2012 - 26 Sep 2012
科学工作部門の審査
仙台市 理科作品展 審査
[Others]  2 Sep 2012
親と子の科学講演会
仙台市 理科作品展 審査
[Others]  Sep 2010
科学工作部門の審査
仙台市 理科作品展 審査
[Others]  Sep 2009
科学工作部門の審査
仙台市 理科作品展 審査
[Others]  Sep 2008
科学工作部門の審査

Others

 
Aug 2014   土石流予測を目的としたセンシング技術とリアルタイム災害データベースの開発
土石流予測を目的としたセンシング技術とリアルタイム災害データベースの開発
Apr 2014   活火山地域における無人調査を目的とした小型不整地移動ロボット技術の研究開発
活火山地域における無人調査を目的とした小型不整地移動ロボット技術の研究開発
Jan 2014   土砂災害等における迅速な情報収集を行うための遠隔操作型無人調査ロボットシステムの研究開発
土砂災害等における迅速な情報収集を行うための遠隔操作型無人調査ロボットシステムの研究開発
Nov 2013   MAVが能動的に設置するマーカーを用いたMAVの自己位置推定
MAVが能動的に設置するマーカーを用いたMAVの自己位置推定
Apr 2013   テザー付飛行ロボットと地表移動ロボットによる屋内被災地探査システムの実現
遠隔操作により,人の進入が危険かつ困難な場所を探査する地表移動ロボットは,災害現場において非常に有用であるが,地表面からの探査のみが可能であり,大きな障害物を越えられないという問題を有する.一方,小型の飛行ロボットは,上空からの探査が可能であり,さらに障害物を超えることも難しくないが,搭載可能なバッテリ容量に制限があるため,探査活動時間が短いという問題を有する.そこで,申請者の所属する研究グループでは,2011 年,米国ペンシルバニア大学のKumar 教授のグループと共同で,地表移動ロボットと飛行ロボットの協調動作による探査システムを提案し,システムの実装ならびに,実証試験を行った.その結果,両ロボットは,欠点を補いつつ,広域の探査活動が実現可能であることを示すことができたが,飛行ロボットの電源に関する問題ならびに,飛行ロボットの探査範囲に関する問題が明らかとなった.これらの問題を解決し,より現実的な探査システムを実現するため,本申請研究では,地表移動ロボットとテザー(ケーブル)接続型小型飛行ロボットの協調探査システムの実現を目指すこととした.地表移動ロボットには,申請者が有する不整地移動ロボットKenaf を利用し,これに搭載する飛行ロボットには,小型のクワッドロータ機を利用することとした.本申請研究では,これらのロボットシステムの整備ならびに,飛行ロボットの安定飛行の実現や巻き取り型テザー機構の開発を進める.さらに,構築したシステムを模擬被災地環境に投入し,システムの有用性の評価を行うと共に,問題点をフィードバックし,目標となる協調探査システムの実現を目指す.