小金澤 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 14:43
 
アバター
研究者氏名
小金澤 雅之
 
コガネザワ マサユキ
eメール
koganem.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bad7ea2d675586abe674eedc6aca3d82.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生命機能科学専攻 脳機能解析構築学講座 脳機能遺伝分野
職名
准教授
学位
理学博士(東北大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
東北大学大学院生命科学研究科 助手
 
1998年4月
 - 
2005年3月
東北大学大学院理学研究科 教務職員
 
1995年4月
 - 
1998年4月
東北大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員DC1
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東北大学 理学研究科 
 
 
 - 
1992年3月
東北大学 理学部 
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
日本動物学会  理事
 
2016年1月
 - 
現在
日本比較生理生化学会  編集委員会委員
 
2012年9月
 - 
2016年9月
日本動物学会東北支部  庶務幹事
 
2012年1月
 - 
2015年12月
日本比較生理生化学会  評議員
 
2008年4月
 - 
現在
日本味と匂学会  評議員
 

論文

 
Koganezawa M., Kimura K., Yamamoto D.
Current Biology   26 1395-1403   2016年6月   [査読有り]
Yasemin B. Yilmazer, Masayuki Koganezawa, Kosei Sato, Jinhua Xu & Daisuke Yamamoto
Nature Communications   7    2016年12月   [査読有り]
Kohatsu, S., Koganezawa, M., and Yamamoto, D.
Neuron   69 498-508   2011年2月   [査読有り]
Koganezawa, M., Haba, D., Matsuo, T., and Yamamoto, D.
Current Biology      2010年1月   [査読有り]
Koganezawa, M., Hara, H., Hayakawa, Y., and Shimada, I
J. Theoretical Biology   260 353-358   2009年9月   [査読有り]
Kimura, K.-i., Hachiya, T., Koganezawa, M., Tazawa, T., and Yamamoto, D.
Neuron   59 759-769   2008年9月   [査読有り]
Ito, H., Sato, K., Koganezawa, M., Ote, M., Matsumoto, K., Hama, C., Yamamoto, D.
Cell   149 1327-1338   2012年6月   [査読有り]
Sunouchi K., Koganezawa M., Yamamoto D.
Arch. Insect. Biochem. Physiol.   91 165-174   2016年3月   [査読有り]
Goto T., Sato K., Sone H., Koganezawa M., Ito H., Yamamoto D.
J. Neurogenet.   29 169-173   2015年12月   [査読有り]
Hara Y., Koganezawa M., Yamamoto D.
J. Neurogenet.   29 117-123   2015年   [査読有り]
Kimura K, Sato C, Koganezawa M, Yamamoto D.
PLoS One   10    2015年   [査読有り]
Kimura S, Sakakibara Y, Sato K, Ote M, Ito H, Koganezawa M, Yamamoto D.
J Neurogenet   29 8-17   2015年   [査読有り]
Sakurai, A., Koganezawa, M., Yasunaga, K., Emoto, K., and Yamamoto, D.
Nature Communications   4    2013年5月   [査読有り]
An untranslated RNA sequence encoded in the putative regulatory regionof fruitless, a major courtship regulator gene of Drosophila
Takayanagi S, Toba G, Koganezawa M, Lukacsovich T, Yamamoto D
Intern. J. Biol.   4 20-26   2012年   [査読有り]
Goto, J., Mikawa, Y., Koganezawa, M., Ito, H., and Yamamoto, D.
J. Neuroscience   31 5454-5459   2011年4月   [査読有り]
Watanabe, K., Toba, G., Koganezawa, M., and Yamamoto D.
Behavior Genetics      2011年3月   [査読有り]
Nojima, T., Kimura, K., Koganezawa, M., and Yamamoto, D.
Current Biology   20 836-840   2010年5月   [査読有り]
Sakurai, A., Nakano, Y., Koganezawa, M., and Yamamoto, D.
Arch. Insect Biochem. Physiol.      2010年   [査読有り]
Koganezawa, M., Matsuo, T., Kimura, K.-i., and Yamamoto, D.
Ann. N. Y. Acad. Sci.   1170 497-501   2009年9月   [査読有り]
動物の“スケールフリー”行動:ショウジョウバエの餌探索行動パターンにおける記憶効果
小金澤雅之
形の科学会誌   23 47-48   2008年7月   [査読有り]
Katsunori Motosaka, Masayuki Koganezawa, Satoko Narikawa, Akira Furuyama, Kenji Shinozaki, Kunio Isono, Ichiro Shimada
J Comp Physiol A   193 279-283   2007年1月   [査読有り]
Usui-Aoki, K., Matsumoto, K., Koganezawa, M., Kohatsu, S., Isono, K., Matsubayashi, H., Yamamoto, M., Ueda, R., Takahashi, K., Saigo, K., Mikoshiba, K. and Yamamoto, D.
J. Neurogenetics   19 123-141   2005年12月   [査読有り]
Koseki T., Koganezawa M., Furuyama A., Isono K. and Shimada I.
Chem. Senses   29(8) 703-711   2004年8月   [査読有り]
Koseki T, Koganezawa M, Furuyama A, Isono K, Shimada I
Chemical Senses   30(suppl 1) 277-278   2004年4月   [査読有り]
ショウジョウバエの味覚受容体TREの自然突然変異Ala218Thrにおける糖応答プロフィールの変化
森田ひとみ,吉村直子,小金澤雅之,嶋田一郎,磯野邦夫
日本味と匂学会誌   10(3) 673-674   2003年12月   [査読有り]
ショウジョウバエの新甘味物質グリセロール受容サイトの構造特異性
小関孝也, 古山昭, 小金澤雅之, 嶋田一郎
日本味と勾学会誌   10(3) 671-672   2003年4月   [査読有り]
ショウジョウバエ学習・記憶突然変異体を用いた摂食行動のフラクタル解析
小金澤雅之,早川美徳,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   9(3) 311-312   2002年12月   [査読有り]
Tetsushi Sadakata, Hiromi Hatano, Takaya Koseki, Masayuki Koganezawa and Ichiro Shimada
J. Insect Physiol.   48 565-570   2002年4月   [査読有り]
Novel odorant-binding proteins in the taste tissue of the fly.
Masayuki Koganezawa and Ichiro Shimada
Chem. Senses   27 319-332   2002年4月   [査読有り]
Masayuki Koganezawa and Ichiro Shimada
J. Neurobiol.   51 66-83   2002年4月   [査読有り]
ショウジョウバエの味覚識別における視覚の関与
成塚裕美,成川聡子,小金澤雅之,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   8(3) 541-542   2001年12月   [査読有り]
ショウジョウバエの味覚識別における記憶・学習の関与
源栄克則,古山昭,小金沢雅之,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   7(3) 677-678   2000年12月   [査読有り]
ハエ味覚受容組織特異的遺伝子の探索.
小金沢雅之,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   6 481-484   1999年12月   [査読有り]
Akira Furuyama, Masayuki Koganezawa and Ichiro Shimada
J. Insect Physiol.   45 249-255   1999年4月   [査読有り]
Masayuki Koganezawa and Ichiro Shimada
J. Insect Physiol.   43 225-233   1997年4月   [査読有り]
IP3はハエ味覚受容に関与する.
小金沢雅之,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   3 344-347   1996年12月   [査読有り]
Expression of taste reception response of fleshfly in Xenopus oocytes.
Masayuki Koganezawa, Ryuzo Shingai, Kunio Isono and Ichiro Shimada
NeuroReport   7 2063-2067   1996年4月   [査読有り]
ニクバエ味覚受容におけるG蛋白質の関与
小金沢雅之,嶋田一郎
日本味と匂学会誌   1 190-191   1994年12月   [査読有り]

Misc

 
Yamamoto, D., Koganezawa, M.
Nature Reviews Neuroscience   14 681-692   2013年10月
Yamamoto D., Sato K., Koganezawa M.
Journal of Comparative Physiology A   200 251-264   2014年2月
Kohatsu, S., Koganezawa, M., Yamamoto, D.
Genetically Encoded Functional Indicators   103-112   2012年
ショウジョウバエの求愛行動(上)求愛を制御するフェロモン
小金澤雅之
現代化学   530 48-50   2015年5月
ショウジョウバエの求愛行動(下)脳の性差をつくる分子・愛を生み出す神経
小金澤雅之
現代化学   531 52-55   2015年6月

書籍等出版物

 
Methods in Molecular Biology, vol.1068, Tohara K Ed.
Yamamoto, D., Kohatsu, S., Koganezawa, M. (担当:編者, 範囲:Insect Pheromone Behavior: Fruit Fly In: Pheromone Signaling)
Springer   2013年   
Pheromone Signaling: Methods in Molecular Biology
Yamamoto, D., Kohatsu, S., Koganezawa, M. (担当:共著, 範囲:Insect Pheromone Behavior: Fruit Fly, p.261-272)
2013年   
昆虫ミメティックス〜昆虫の設計に学ぶ〜
下澤楯夫・針山孝彦(監修) (担当:監修, 範囲:第18章 ハエのスケールフリー行動 571〜578頁)
NTS   2008年10月   

講演・口頭発表等

 
Ca2+ imaging analysis of doublesex-expressing neurons in Drosophila
小金澤 雅之
新学術研究領域「適応回路シフト」冬の領域会議   2017年12月18日   
Ca2+ imaging study of courtship and aggression triggering center in Drosophila
小金澤 雅之
日本比較生理生化学会第39回福岡大会   2017年11月25日   
ショウジョウバエdoublesex発現ニューロンの性的指向性に関するCa2+イメージング解析
小金澤 雅之
第88回日本動物学会   2017年9月21日   
ショウジョウバエ求愛・攻撃中枢のCa2+イメージング解析
小金澤 雅之
平成29年度日本動物学会東北支部大会   2017年7月29日   
ショウジョウバエ求愛解発機構に対するセロトニンによる社会的経験の刻印
小金澤 雅之
新学術領域「適応回路シフト」第5回領域会議   2017年6月15日   
セロトニンによるショウジョウバエ経験依存的求愛行動の調節とその神経基盤
新学術領域「適応回路シフト」第4回領域会議   2016年12月19日   
Sexually dimorphic neural circuitry that functions as a switch for courtship versus aggression in Drosophila.
The 22nd International Congress of Zoology   2016年11月14日   
求愛と攻撃の相反性を実現するショウジョウバエ脳内神経回路
2016年度行動遺伝学研究会「個体の繋がりの分子進化研究」   2016年10月13日   
Central brain neurons controlling courtship and aggression in Drosophila melanogaster.
JSCPB 2016 Tokyo(日本比較生理生化学会第38回年会)   2016年9月2日   
ショウジョウバエの攻撃と求愛の切替を行う脳内神経回路
平成28年度日本動物学会東北支部大会   2016年8月23日   
ショウジョウバエの経験依存的求愛行動に関わる外的・内的要因
新学術領域「適応回路シフト」第3回領域会議   2016年6月30日   
The neural switch for courtship versus aggression in Drosophila.
Environmental Sensing and Animal Behavior   2016年6月10日   
ショウジョウバエの求愛と攻撃を切り替える神経機構
新学術領域「適応回路シフト」第2回領域会議   2015年12月16日   
GABAergic neural circuitry controlling courtship and aggression in Drosophila
NTNU-Tohoku Univ. Brain Science Meeting “Joy of Brain”   2015年11月25日   
ショウジョウバエの求愛と攻撃を解発する脳内fru/dsx発現ニューロン
第86回日本動物学会   2015年9月16日   
ショウジョウバエの攻撃を解発する脳内ニューロン
平成27年度日本動物学会東北支部大会   2015年8月8日   
ショウジョウバエ求愛行動の神経基盤とその経験依存的指向性シフト
新学術領域「適応回路シフト」第1回領域会議   2015年6月25日   
Pheromone sensitive interneurons switching courtship and aggression in Drosophila
The 2nd Taiwan-Tohoku University Neuroscience Workshop for Young Scientists The Brain in Function and Malfunction:a Neurogenetic Approach   2014年12月7日   
Neural circuitry switching between courtship and aggression in Drosophila
11th International Congress of Neuroethology   2014年7月28日   
ショウジョウバエの求愛/攻撃の切り替えに関わるfruitless発現神経回路
平成26年度日本動物学会東北支部大会   2014年7月12日   

競争的資金等の研究課題

 
求愛と攻撃の解発とスイッチングの神経機構の解明
科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 小金澤雅之
ショウジョウバエ求愛解発機構に対するセロトニンによる社会的経験の刻印
科学研究費補助金・新学術領域研究(行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構・公募型)
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 小金澤雅之
ショウジョウバエ求愛行動の経験依存的指向性シフトの神経基盤の解明
科学研究費補助金・新学術領域研究(行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構・公募型)
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 小金澤雅之
ショウジョウバエ求愛歌生成を制御する神経回路の同定とその動的特性の生理学的解析
科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 小金澤雅之
ショウジョウバエ求愛行動をモデルとした行動進化の神経基盤の解明
科学研究費補助金・新学術領域研究(神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学・公募型)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小金澤雅之

社会貢献活動

 
出前授業
【その他】  2016年10月5日
山形県立鶴岡南高等学校にて出前授業「脳科学入門」を行った。
科研費成果公開事業:ひらめき☆ときめきサイエンス「ようこそ大学の研究室へ」公開講座
【その他】  2006年8月26日
題名「小さな脳の不思議:身近な昆虫の行動のしくみを探る」
実習担当
平成18年度「サイエンス・スクール」:夏休み大学探検2006(仙台市教育局)
【その他】  2006年7月24日
テーマ名:好きも嫌いも遺伝子しだい?~遺伝子からさぐる動物の行動~に基づく研究室公開

その他

 
2009年9月   動物のスケールフリー行動の一般性とその基本原理の探索
本研究では系統的に離れた動物群を網羅的に用い、統一された解析手段を適用することにより、スケールフリー行動が動物行動に一般的に見られる普遍的なものであるのかを明らかとし、体制や神経系の規模・複雑性との関係を探ることを目的としている
2007年9月   精神薬理学と数理行動学の融合によるスケールフリー行動発現の中枢機構の探索
本研究では薬理学的手法を持つ内田と数理モデル構築を専門とする小金澤とによって、よりヒトに近い生理・行動特性を有するマウスを用いて学習過程や精神機能に影響を与える薬物投与時のフリースケール性を解析し、スケールフリー行動の生成・制御メカニズムの解明のための基礎データを得ることを研究目的とする。
2005年9月   スケールフリー行動発現の分子・神経基盤の解明
スケールフリー行動発現の分子・神経基盤をショウジョウバエを用いた分子遺伝学的・神経行動学的手法によって明らかとする