塩入 諭

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/16 19:43
 
アバター
研究者氏名
塩入 諭
 
シオイリ サトシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0d113a875cb88ba1e431e8c8adeee021.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所 人間情報システム研究部門 高次視覚情報システム研究室 高次視覚情報システム研究分野
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2008年4月
 - 
現在
日本視覚学会  会長
 
2007年4月
 - 
現在
Asia Pacific Conference on Vision 2008  共同議長
 
1999年10月
 - 
2008年3月
日本視覚学会  庶務幹事
 
2003年4月
 - 
2007年3月
映像情報メディア学会  ヒューマンインターフェース研究部会委員長
 
1996年4月
 - 
2000年3月
日本光学会  視覚研究グループ庶務幹事
 

受賞

 
2003年3月
応用物理学会 応用物理学会光学論文賞受賞 Visual persistence of figures defined by relative motion, Vision Research 32 (5) pp. 943-951
 
2000年7月
映像情報メディア学会 映像情報メディア学会丹生高柳著述賞受賞 3次元画像と人間の科学
受賞者: 3次元画像と人間の科学編者および著者
 
1999年7月
照明学会 照明学会論文賞受賞 全順応レベルにおける明るさおよび明度知覚の評価
受賞者: 髙橋裕美,矢口博久
 
1988年5月
アメリカ眼光学会 Fight for Sight ARVO '87 Best Poster Award Is achromatic form perception based on brightness or luminance?
受賞者: P. Cavanagh, D.I.A. MAcLeod
 

論文

 
Motion in depth based on inter-ocular velocity differences
Satoshi SHIOIRI Hirotaka Saisho and Hirohisa YAGUCHI
Vision Research   40(19) 2565-2572   2000年9月   [査読有り]
Measuring attention using flash-lag effect
Shioiri, S., Yamamoto, K., Oshida, H., Matsubara, K., and Yaguchi, H.
Journal of Vision      2010年   [査読有り]
ISI produces reverse apparent motion
Satoshi SHIOIRI and Patrick CAVANAGH
Vision Research   30(5) 757-768   1990年5月   [査読有り]
Motion mechanisms with different spatiotemporal characteristics identified by an MAE technique with superimposed gratings
Shioiri, S., Matsumiya, K.
Journal of Vision   9(5) 1-15   2009年5月   [査読有り][招待有り]
Ichiro Kuriki, Shingo Nakamura, Pei Sun, Kazumichi Matsumiya, Kenichi Ueno, Keiji Tanaka, Satoshi Shioiri and Kang Cheng.
IEICE Trans. A   E94-A(2) 473-479   2011年2月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
両眼間速度差に基づく奥行き運動知覚
塩入 諭
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 85-88   2009年3月
奥行運動知覚と2つの手掛かり
塩入 諭,渡辺裕士
視覚の科学   30 65-74   2009年1月
内発的な視覚的注意による定常的視覚誘発電位の変調効果
柏瀬啓起,松宮一道,栗木一郎,塩入 諭
VISION   21(1) 39-44   2009年1月
見たいものと見えるもの~動きの知覚について~
塩入諭,松宮一道
映像情報メディア学会誌   60(7) 1018-1023   2006年7月
注意と視覚探索
塩入 諭
映像情報メディア学会誌   58(11) 1619-1625   2004年11月

書籍等出版物

 
視覚II
塩入諭
朝倉書店   2007年9月   
Three-Dimensional Television, Video, and Display Technologies
Satoshi SHIOIRI, Akihiro MORINAGA and Hirohsa YAGUCHI (担当:共著, 範囲:pp.397-427)
Springer, Berlin   2002年7月   
視覚情報ハンドブック,日本視覚学会編
塩入諭 (担当:共著, 範囲:pp.193-209, pp.220-231, pp.299-307, pp.310-317, pp.319-320, pp.327-333, pp.407-414)
朝倉書店   2000年9月   
3次元画像と人間の科学
塩入諭 (担当:共著, 範囲:pp.35-66)
オーム社   2000年4月   
眼球運動の実験心理学
塩入諭 (担当:共著, 範囲:pp.101-122)
名古屋大学出版会   1993年5月   

講演・口頭発表等

 
Isolation of binocular cues for motion in depth
Satoshi Shioiri, Kazuya Matsubara, Kazumichi Matsumiya
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年7月   
Effects of a seen hand on visuo-haptic motion processing
Kazumichi Matsumiya, Satoshi Shioiri
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年7月   
Spatiotemporal characteristics for the depth from luminance contrast
Kazuya Matsubara, Kazumichi Matsumiya, Satoshi Shioiri, Shuichi Takahashi, Yasuhide Hyodo, Isao Ohashi
Asia-Pacific Conference on Vision   2011年7月   
Contextual cuing effect with self motion
Taiga Tsuchiai, Kazumichi Matsumiya, Ichiro Kuriki, Satoshi Shioiri
Association for the Scientific Study of Consciousness   2011年6月   
Eye movement differences between implicit and explicit contextual cuing effects
Satoshi Shioiri, Takuro Mano, Kazumichi Matsumiya, Ichiro Kuriki
Association for the Scientific Study of Consciousness   2011年6月   

競争的資金等の研究課題

 
視覚処理の階層性と並列性
科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月   
視覚の意識的処理と無意識的処理
科学研究費補助金
研究期間: 2004年4月   
視覚的注意特性の評価とモデル化
脳科学研究
研究期間: 1994年4月   

その他

 
2002年4月   視覚的注意の捕獲現象の研究
我々は,膨大な視覚情報から必要な情報を注意によって選択している。注意は効率のよい情報選択に欠かせないが,予期しない対象物の出現は,注意を捕獲しそれまでの処理を中断する。本研究の目的は注意の捕獲現象を調べることである。注意の捕獲現象はその捕獲刺激への眼球運動を伴うことが予測されることから,眼球運動の影響についても調査する。注意および視線の移動に関連する特性評価は,運転時の安全性やインターネットなどで適切な映像呈示を行う上で重要である。
2000年4月   奥行運動に対する両眼立体視特性の検討
快適に観賞できしかも効率的な立体情報の表示のためには,人間の立体視特性を十分に考慮した設計をすることが必要である。本研究では奥行運動に注目し,3次元の運動情報が視覚系によっていかに処理されているかについて検討した。実験では奥行運動の手掛かりを,両眼視差に基づく情報と両眼の運動の差に基づくものに分離し,コントラスト感度の測定を行った。刺激には、ランダムドットパターンあるいはガボールパッチか正弦波グレーティングを用い,時空間周波数特性,個人差,色の効果について,それぞれの手掛り条件で測定した。実験結果から,1)速度差手掛りを処理するメカニズムと視差手掛りを処理するメカニズムは異なり,前者は時間的には高周波,空間的には低周波に感度を,後者は逆に時間的に低周波。空間的に高周波に持つ,2)速度差と視差条件と視差速度差条件との間では感度の相関は高い,3)輝度刺激では速度差刺激に対して帯域通過型,視差刺激に対して低域通過型を示し,色刺激ではいずれも低域通過型か弱い帯域通過型で条件による明らか差はないなどが示された。これらの結果は,奥行き運動の知覚に関わる処理過程には異なる2つが存在し、それらは時空間周波数特性に差があり,相対的な感度差は個人によって変動する,また、両手がかりとも色差刺激で形成しても有効であることを意味する。これらの知見は、3次元の動画の観察において時空間周波数に依存した奥行感の変化,個人差による効果の大小,色情報の圧縮などを考える上で重要であろう。