SHIOIRI Satoshi

J-GLOBAL         Last updated: May 1, 2019 at 16:33
 
Avatar
Name
SHIOIRI Satoshi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/0d113a875cb88ba1e431e8c8adeee021.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Human Information Systems Division Visual Cognition and Systems Visual Cognition and Systems
Job title
Professor
Degree
工学博士(Tokyo Institute of Technology)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
Apr 2008
 - 
Today
Vision Society of Japan  会長
 
Apr 2007
 - 
Today
Asia Pacific Conference on Vision 2008  Co-Chair
 
Oct 1999
 - 
Mar 2008
日本視覚学会  庶務幹事
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
映像情報メディア学会  ヒューマンインターフェース研究部会委員長
 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
日本光学会  視覚研究グループ庶務幹事
 

Awards & Honors

 
Mar 2003
Visual persistence of figures defined by relative motion, Vision Research 32 (5) pp. 943-951, 応用物理学会光学論文賞受賞, 応用物理学会
 
Jul 2000
3次元画像と人間の科学, 映像情報メディア学会丹生高柳著述賞受賞, 映像情報メディア学会
Winner: 3次元画像と人間の科学編者および著者
 
Jul 1999
全順応レベルにおける明るさおよび明度知覚の評価, 照明学会論文賞受賞, 照明学会
Winner: 髙橋裕美,矢口博久
 
May 1988
Is achromatic form perception based on brightness or luminance?, Fight for Sight ARVO '87 Best Poster Award, アメリカ眼光学会
Winner: P. Cavanagh, D.I.A. MAcLeod
 

Published Papers

 
Shioiri S, Hashimoto K, Matsumiya K, Kuriki I, He S
Journal of vision   18(9) 17   Sep 2018   [Refereed]
Shioiri Satoshi, Kobayashi Masayuki, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro
SCIENTIFIC REPORTS   8    May 2018   [Refereed]
Kang Daehun, Sung Yul-Wan, Shioiri Satoshi
MAGNETIC RESONANCE IMAGING   46 121-129   Feb 2018   [Refereed]
Shioiri Satoshi, Honjyo Hajime, Kashiwase Yoshiyuki, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro
SCIENTIFIC REPORTS   7    Apr 2017   [Refereed]
Kuriki Ichiro, Lange Ryan, Muto Yumiko, Brown Angela M., Fukuda Kazuho, Tokunaga Rumi, Lindsey Delwin T., Uchikawa Keiji, Shioiri Satoshi
JOURNAL OF VISION   17(3)    Mar 2017   [Refereed]
「Shioiri, S.」「 Honjyo, H.」「Kashiwase, Y.,」「Matsumiya, K.」「Kuriki, I.」
Scientific Reports   6(35513)    Oct 2016   [Refereed]
「Matsumiya, K」「, Sato, M.」 「Shioiri, S.」
Vision Research   129 1-12   Sep 2016   [Refereed]
「Nakashima, R.」「 Fang, Y」「, Hatori, Y.」「 Hiratani, A」「 Matsumiya, K.」「Kuriki, I.,」「Shioiri, S.」
Vision Research   117 59-66   Dec 2015   [Refereed]
「Nakashima, R.」「Shioiri, S.」
PLoS ONE   10(4)    Apr 2015   [Refereed]
「Fang, Y.」「Nakashima, R.」「Matsumiya, K.」「Kuriki, I.」「Shioiri, S.」
PLoS ONE   10(3)    Mar 2015   [Refereed]

Misc

 
両眼間速度差に基づく奥行き運動知覚
塩入 諭
映像情報メディア学会技術報告   33(17) 85-88   Mar 2009
Perception of motion in depth and two cues
塩入 諭,渡辺裕士
視覚の科学   30 65-74   Jan 2009
内発的な視覚的注意による定常的視覚誘発電位の変調効果
柏瀬啓起,松宮一道,栗木一郎,塩入 諭
VISION   21(1) 39-44   Jan 2009
Temporal factors of human depth perception
Satoshi Shioiri
Digest of Technical Papers of 7th IMID   7(1) 1029-1030   Aug 2007   [Invited]
Facilitation of temporal integration by visual attention.
Shioiri, S., Ogawa, M., & Yaguchi, H.
The Fourth Asian Conference on Vision   56   Jul 2006   [Refereed]
What you want to see and what you see -motion perception-
Satoshi Shioiri, Kazumichi Matsumiya
The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers   60(7) 1018-1023   Jul 2006
Imaging system for mesopic vision
H. YAGUCHI, Y. Ushio, D. Thainh, J. C. Shin, and S. Shioiri
Proceedings of the 10th Congress of International Colour Association   Part1 69-72   Aug 2005   [Refereed]
Attention and visual serach
Satoshi Shioiri
The Journal of The Institute of Image Information and Television Engineers   58(11) 1619-1625   Nov 2004
視覚と画像 —人は何を視ているのか—
Satoshi Shioiri
光技術コンタクト   42(4) 3-12   Apr 2004
視覚のボトムアップ処理−奥行運動の知覚からの考察−
Satoshi Shioiri
基礎心理学研究   22(1) 94-101   Sep 2003

Books etc

 
Vision II
Satoshi Shioiri
朝倉書店   Sep 2007   
Three-Dimensional Television, Video, and Display Technologies
Satoshi SHIOIRI, Akihiro MORINAGA and Hirohsa YAGUCHI (Part:Joint Work, pp.397-427)
Springer, Berlin   Jul 2002   
視覚情報ハンドブック,日本視覚学会編
Satoshi Shioiri (Part:Joint Work, pp.193-209, pp.220-231, pp.299-307, pp.310-317, pp.319-320, pp.327-333, pp.407-414)
朝倉書店   Sep 2000   
3次元画像と人間の科学
Satoshi Shioiri (Part:Joint Work, pp.35-66)
オーム社   Apr 2000   
眼球運動の実験心理学
Satoshi Shioiri (Part:Joint Work, pp.101-122)
名古屋大学出版会   May 1993   

Conference Activities & Talks

 
Motion aftereffect induced by actively moving one's own hand
Matsumiya Kazumichi, Shioiri Satoshi
I-PERCEPTION   2014   
Multiple gaze saccades during unrestrained eye-head movement in visual search
Fang Yu, Nakashima Ryoichi, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro, Shioiri Satoshi
I-PERCEPTION   2014   
Correlation between amplitude and phase of SSVEP as an attention measure
Shioiri Satoshi, Kashiwase Yoshiyuki, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro
I-PERCEPTION   2014   
Measuring attention around the hand by using flash lag effect
Nishikawa Ryota, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro, Shioiri Satoshi
I-PERCEPTION   2014   
Contextual cueing effect for unseen targets
Kobayashi Masayuki, Fang York, Nakashima Ryoichi, Matsumiya Kazumichi, Kuriki Ichiro, Shioiri Satoshi
I-PERCEPTION   2014   

Research Grants & Projects

 
Hierarchical and pararell visual processing
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2004   
Explicit and implicit visual processing
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2004   
Measurements and modeling of visual attention
Project Year: Apr 1994   

Others

 
Apr 2002   視覚的注意の捕獲現象の研究
我々は,膨大な視覚情報から必要な情報を注意によって選択している。注意は効率のよい情報選択に欠かせないが,予期しない対象物の出現は,注意を捕獲しそれまでの処理を中断する。本研究の目的は注意の捕獲現象を調べることである。注意の捕獲現象はその捕獲刺激への眼球運動を伴うことが予測されることから,眼球運動の影響についても調査する。注意および視線の移動に関連する特性評価は,運転時の安全性やインターネットなどで適切な映像呈示を行う上で重要である。
Apr 2000   奥行運動に対する両眼立体視特性の検討
快適に観賞できしかも効率的な立体情報の表示のためには,人間の立体視特性を十分に考慮した設計をすることが必要である。本研究では奥行運動に注目し,3次元の運動情報が視覚系によっていかに処理されているかについて検討した。実験では奥行運動の手掛かりを,両眼視差に基づく情報と両眼の運動の差に基づくものに分離し,コントラスト感度の測定を行った。刺激には、ランダムドットパターンあるいはガボールパッチか正弦波グレーティングを用い,時空間周波数特性,個人差,色の効果について,それぞれの手掛り条件で測定した。実験結果から,1)速度差手掛りを処理するメカニズムと視差手掛りを処理するメカニズムは異なり,前者は時間的には高周波,空間的には低周波に感度を,後者は逆に時間的に低周波。空間的に高周波に持つ,2)速度差と視差条件と視差速度差条件との間では感度の相関は高い,3)輝度刺激では速度差刺激に対して帯域通過型,視差刺激に対して低域通過型を示し,色刺激ではいずれも低域通過型か弱い帯域通過型で条件による明らか差はないなどが示された。これらの結果は,奥行き運動の知覚に関わる処理過程には異なる2つが存在し、それらは時空間周波数特性に差があり,相対的な感度差は個人によって変動する,また、両手がかりとも色差刺激で形成しても有効であることを意味する。これらの知見は、3次元の動画の観察において時空間周波数に依存した奥行感の変化,個人差による効果の大小,色情報の圧縮などを考える上で重要であろう。