高橋 一司

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/23 03:09
 
アバター
研究者氏名
高橋 一司
eメール
tkazushisaitama-med.ac.jp
所属
埼玉医科大学
部署
医学部神経内科
職名
教授
学位
医学博士(慶應義塾大学)第1104号(慶應義塾大学大学院)
科研費研究者番号
80236265

学歴

 
1981年4月
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 医学部 
 
1987年4月
 - 
1991年3月
慶應義塾大学大学院 医学研究科博士課程 内科系神経内科学
 

委員歴

 
2004年4月
 - 
現在
日本内科学会  日本内科学会認定内科医
 
2009年10月
 - 
2013年10月
Movement Disorder Society of Japan  広報委員会委員
 
2015年11月
 - 
2019年11月
Movement Disorder Society of Japan  実行委員
 
2017年11月
 - 
2019年11月
Movement Disorder Society of Japan  編集委員長
 
2017年11月
 - 
現在
日本神経治療学会  理事
 

論文

 
Postural abnormality in Parkinson's disease: a large comparative study with general population.
Yoshihito Ando, Ken-ichi Fujimoto, Ken Ikeda, Hiroya Utsumi, Yasuyuki Okuma, Hisayoshi Oka, Satoshi Kamei, Akira Kurita, Kazushi Takahashi, Shigeru Nogawa, Nobutaka Hattori, Koichi Hirata, Toshiya Fukui, Kaoru Yamazaki, Toshimasa Yamamoto, Fumihito Yoshii
Movement Disorders Clinical Practice (Published online)   1-34   2018年12月   [査読有り]
Parkinson病の非運動症状.特集/シンポジウム1:Parkinson病:新規の診療ガイドライン-4
高橋一司
神経治療   35 272-276   2018年12月   [招待有り]
【認知症トータルケア】V.代表的な認知症「大脳皮質基底核変性症」
高橋一司
日本医師会雑誌 147巻・特別号 (2) :110-112, 2018   147(特別号 (2)) 110-112   2018年10月   [招待有り]
【特集 パーキンソン病(第2版)】V.治療「進行期パーキンソン病治療」
高橋一司
日本臨床   76((増刊号4)) 413-416   2018年5月   [招待有り]
【「しびれ感」の多彩な原因とその対応】主要疾患としびれ感、その対応 – パーキンソン病.
高橋一司
Clinical Neuroscience   36(4) 448-450   2018年4月   [招待有り]
高橋一司

書籍等出版物

 
第1章 パーキンソン病のリハビリテーション —総論—、Q&A 03 早期診断と治療とは?「パーキンソン病の医学的リハビリテーション」
高橋一司
日本医事新報社   2018年11月   ISBN:978-4-7849-4800-0
III. 主な脳卒中の診断と治療、脳血管性パーキンソニズム「神経内科外来シリーズ5 脳卒中外来、総編集 荒木 信夫、担当編集 棚橋紀夫」
高橋一司
メジカルビュー社   2017年2月   
IV. 日常診療におけるポイント、BPSDを中心とする対応、9. レヴィ小体病における嗅覚障害やRBDにはどのように対応するのですか?「神経内科 Questions $ Pearls 認知症、鈴木則宏 監修、高尾昌樹 編集」
高橋一司
中外医学社   2016年12月   
II. 外来診察の進め方、非運動症状と評価スケール「神経内科外来シリーズ2   パーキンソン病外来、総編集 荒木 信夫、担当編集 山元 敏正、高橋 一司」
メジカルビュー社   2016年3月   
II. 外来診察の進め方、検査「神経内科外来シリーズ2   パーキンソン病外来、総編集 荒木 信夫、担当編集 山元 敏正、高橋 一司」
メジカルビュー社   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
シンポジウム【パーキンソン病の初期診断】 Premotor phaseの非運動症状
◎(高橋一司)
第54回 日本神経学会学術大会   2013年5月29日   
Different cognitive profiles between Parkinson and Alzheimer diseases screened by Montreal Cognitive Assessment; A multicenter study of Keio PD database
◎Ohta K, Osada T, Shinohara Y, (Takahashi K), Gotoh J, Yamaguchi K, Seki M, Nihei Y, Iwasawa S, Suzuki N on behalf of Keio Parkinson's Disease Database
The 21th World Congress of Neurology   2013年9月23日   
The disruption of ventral striatum and amygdala activity to financial cues in never-medicated Parkinson disease patients.
◎(Takahashi K), Iwashita T, Akine Y, Tabuchi H, Suzuki N, Kato
The 21th World Congress of Neurology   2013年9月25日   
シンポジウム【運動症状発症以前のパーキンソン病の診断は可能か?】非運動症状の組み合わせでパーキンソン病の発症は予測できるか?
◎(高橋一司)
第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ)   2013年10月11日   
パーキンソン病患者における抑うつに関する多施設共同研究
◎関 守信、鈴木則宏、小張昌宏、美原 盤、五十棲一男、太田晃一、村松和浩、白井俊孝、(高橋一司)、野崎博之、後藤 淳、山口啓二、冨田 裕、佐藤秀樹、安富大祐、二瓶義廣、岩澤聡子
第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(MDSJ)   2013年10月11日   

競争的資金等の研究課題

 
ヒトの意思決定の神経基盤研究―発症時パーキンソン病患者の行動経済学的解析
基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
パーキンソン病における網膜イメージングの有用性に関する基盤研究
科学研究費補助金: 医歯薬学 境界研究 病態検査学 臨床検査医学
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

社会貢献活動

 
Movement Disorder Society of Japan Letters 編集委員長
【】  2017年11月 - 2019年11月
日本神経治療学編集委員
【】  2017年11月 - 現在