下川 宏明

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
下川 宏明
 
シモカワ ヒロアキ
eメール
shimocardio.med.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4ba6f3ac408eb0ee4601a47f068c9ada.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 医科学専攻 内科病態学講座 循環器内科学
職名
教授
学位
医学博士(九州大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
1979年6月
 - 
1981年5月
九州大学医学部循環器内科 研修医
 
1982年8月
 - 
1984年6月
九州大学医学部循環器内科 医員 医員
 
1984年7月
 - 
1985年6月
九州厚生年金病院 医師 医員
 
1985年7月
 - 
1985年9月
九州大学医学部付属病院 医師 医員
 
1985年9月
 - 
1988年6月
米国 MayoClinic 医師 Research Fellow
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
九州大学 医学部 医学部医学科
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
日本循環器心身医学会  理事
 
2009年4月
 - 
現在
日本酸化ストレス学会  理事
 
2009年4月
 - 
現在
日本性差医学・医療学会  理事
 
2006年1月
 - 
現在
日本血管細胞生物学会  評議員
 
2003年8月
 - 
現在
日本フリーラジカル学会  評議員
 

受賞

 
2014年8月
ヨーロッパ心臓病学会(ESC) ヨーロッパ心臓病学会(ESC)学会賞
 
2014年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰「科学技術賞・開発部門」
 
2012年11月
日本医師会 日本医師会医学賞
 
2006年4月
アメリカ心臓協会 アメリカ心臓協会(AHA)学会賞(動脈硬化部門)
 
2004年10月
The First Asian Lecture on Vascular Biology International Society for Heart Research (ISHR)
 

論文

 
Shimokawa, Hiroaki Satoh, Kimio
Arterioscler Thromb Vasc Biol   34(11) 2359-2362   2014年11月   [査読有り]
Yaoita, Nobuhiro Shirakawa, Ryutaro Fukumoto, Yoshihiro Sugimura, Koichiro Miyata, Satoshi Miura, Yutaka Nochioka, Kotaro Miura, Masanobu Tatebe, Shunsuke Aoki, Tatsuo Yamamoto, Saori Satoh, Kimio Kimura, Tomohiro Shimokawa, Hiroaki Horiuchi, Hisanori
Arterioscler Thromb Vasc Biol   34(11) 2486-2494   2014年11月   [査読有り]
Abe, Yuzuru Ito, Kenta Hao, Kiyotaka Shindo, Tomohiko Ogata, Tsuyoshi Kagaya, Yuta Kurosawa, Ryo Nishimiya, Kensuke Satoh, Kimio Miyata, Satoshi Kawakami, Kazuyoshi Shimokawa, Hiroaki
Circ J      2014年10月   [査読有り]
Onishi, Y Sugimura, K Ohba, R Imadome, K Shimokawa, H Harigae, H
Bone Marrow Transplant   49(10) 1343-1344   2014年10月   [査読有り]
Satoh, Kimio Satoh, Taijyu Kikuchi, Nobuhiro Omura, Junichi Kurosawa, Ryo Suzuki, Kota Sugimura, Koichiro Aoki, Tatsuo Nochioka, Kotaro Tatebe, Shunsuke Miyamichi-Yamamoto, Saori Miura, Masanobu Shimizu, Toru Ikeda, Shohei Yaoita, Nobuhiro Fukumoto, Yoshihiro Minami, Tatsuro Miyata, Satoshi Nakamura, Kazufumi Ito, Hiroshi Kadomatsu, Kenji Shimokawa, Hiroaki
Circ Res   115(8) 738-750   2014年9月   [査読有り]

Misc

 
狭心症—疾患の理解— (Clinical Study.)
高木祐介、下川宏明
Clinical Study.   30 389-396   2010年10月
Rho-kinase阻害薬. (循環器内科)
福本義弘、下川宏明
循環器内科   67 518-524   2010年4月
安田 聡、下川宏明
心臓   42 829-833   2010年4月
低出力体外衝撃波を用いた血管新生. (Angiology Frontier.)
伊藤愛剛、伊藤健太、下川宏明
Angiology Frontier.   9 178-183   2010年4月
スパスム (呼吸と循環)
安田 聡、下川宏明
呼吸と循環   58 299-305   2010年4月

書籍等出版物

 
血管疾患を診る・治す.
伊藤健太、下川宏明
文光堂   2010年4月   
テーラーメード治療のための治療薬の選択と使用法ガイドライン
高橋 潤、下川宏明
文光堂   2010年4月   
循環器の基本薬を使いこなす.
安田 聡、下川宏明
文光堂   2010年4月   
New Trends in Shock Wave Applications to Medicine and Biotechnology, pp.
Shimokawa H Ito K.
XX-XX, Research Signpost, India,   2010年4月   
実験医学
佐藤公雄、下川宏明
羊土社   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
Importance of coronary vasomotion abnormalities.
第62回日本心臓病学会学術集会   2014年9月26日   
<A Year in Cardiology --The EHJ Perspective/The 62nd Annual Japanese College Scientific Session of Cardiology>Conclusion.
第62回日本心臓病学会学術集会   2014年9月26日   
<会長講演>目に見えないものの大切さ
第62回日本心臓病学会学術集会   2014年9月26日   
Chronic Heart Failure Analysis and Registry in the Tohoku District of Japan --The CHART Studies-
18th Annual Scientific Assembly of Heart Failure Society of America   2014年9月14日   
<William Harvey Lecture>Importance of coronary vasomotion abnormalities --From bench to bedside-
European Society Congress 2014   2014年8月30日   

競争的資金等の研究課題

 
音波を用いた低侵襲性血管新生療法の開発
科学研究費補助金
研究期間: 1999年4月 - 現在
慢性心不全に関する大規模疫学研究
科学研究費補助金
研究期間: 1979年4月 - 現在
血管内皮機能に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1979年4月 - 現在
冠攣縮の成因に関する基礎的・臨床的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1979年4月 - 現在

特許

 
4635233 : 衝撃波アブレーションシステム
下川宏明、高山和喜、嶋 實

社会貢献活動

 
[日本国内] 第9回県南胸部疾患研究会
【その他】  2010年3月30日
重要性を増す心不全の診療.
[日本国内] REAL Conference中国地区
【その他】  2010年3月27日
日本人における脂質低下療法の意義.
[日本国内] カデュエット新発売記念講演会
【その他】  2010年3月12日
循環器診療における血圧と脂質の同時コントロールの意義.
[日本国内] 第2回元気!健康!フェア
【その他】  2010年2月28日
知って得する心臓病の知識.
[日本国内] 第5回さがみ医療セミナー
【その他】  2010年2月23日
冠攣縮に関する最新の知見

その他

 
2013年4月   12誘導心電図伝送システムの整備・運営
12誘導心電図伝送システムの整備・運営
2013年4月   超音波を用いた革新的非侵襲性血管新生療法の開発
超音波を用いた革新的非侵襲性血管新生療法の開発
2013年4月   脳心血管疾患に係るハイリスク者を抽出する循環器先制医療技術開発に関する研究
脳心血管疾患に係るハイリスク者を抽出する循環器先制医療技術開発に関する研究
2012年11月   非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対する リバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対する リバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
2012年11月   非弁膜症性心房細動患者の脳卒中および全身性塞栓症に対する リバーロキサバンの有効性と安全性に関する登録観察研究
非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中および全身性塞栓症の発症に対する新規経口第Xa因子阻害剤リバーロキサバンの有効性と安全性を、実地診療下において確認する。