OSHITANI Hitoshi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 20, 2019 at 10:32
 
Avatar
Name
OSHITANI Hitoshi
E-mail
oshitanihmed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/70ce400999c3bb7dc6614cad48a2ed8c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Medical Sciences Pathology Virology
Job title
Professor
Degree
MPH(テキサス大学), PhD(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2005
 - 
Today
教授 教授, 東北大学医学系研究科
 
2004
 - 
2005
感染症地域アドバイザー 感染症地域アドバイザー, WHO西太平洋事務局
 
1998
 - 
1999
助教、講師 助教、講師, 新潟大学医学部
 
1995
 - 
1997
医員 医員, 東北大学加齢医学研究所付属病院
 
1991
 - 
1994
専門家 専門家, 国際協力事業団感染症対策プロジェクト長期専門家
 

Education

 
1995
 - 
1997
Master of Public Health, School of Public Health, テキサス大学
 
1980
 - 
1987
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Aug 2018
 - 
Today
内閣官房  委員新型インフルエンザ等対策有識者会議
 
Jul 2017
 - 
Today
宮城県  感染症対策員会
 
Apr 2017
 - 
Today
日本熱帯医学会  理事
 
Apr 2017
 - 
Today
厚生科学審議会  専門委員
 
Apr 2010
 - 
Today
日本ウイルス学会  評議員
 
Sep 2010
 - 
Today
日本熱帯医学会  評議員
 
Jun 2017
 - 
Today
日本医療研究開発機構  課題評価委員
 
May 2018
 - 
Today
東京都  新型インフルエンザ等対策有識者会議 委員長
 
 
 - 
Today
国際緊急援助隊  感染症対策チーム支援委員会
 

Published Papers

 
Okamoto M, Sakamoto M, Dapat C, Saito M, Saito-Obata M, Tamaki R, Lupisan SP, Oshitani H
Microbiology resource announcements   7(22)    Dec 2018   [Refereed]
Imamura T, Saito M, Oshitani H
The Lancet. Child & adolescent health      Sep 2019   [Refereed]
Lupisan S, Suzuki A, Macalalad N, Egos R, Sombrero L, Okamoto M, Dapat C, Mondoy M, Galang H, Zeta VFF, de la Pena F, Romano V, Olveda R, Oshitani H
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   80 46-53   Dec 2018   [Refereed]
Kadji FMN, Nishimura H, Okamoto M, Sato K, Ohmiya S, Ito H, Suzuki A, Nagai Y, Oshitani H
Japanese journal of infectious diseases      Aug 2019   [Refereed]
Sato M, Oshitani H, Tamaki R, Oyamada N, Sato K, Nadra AR, Landicho J, Alday PP, Lupisan S, Tallo VL
BMJ open   8(11) e023857   Nov 2018   [Refereed]
Ueno F, Tamaki R, Saito M, Okamoto M, Saito-Obata M, Kamigaki T, Suzuki A, Segubre-Mercado E, Aloyon HD, Tallo V, Lupisan SP, Oshitani H, RSV Working Group in the Philippines.
Influenza and other respiratory viruses   13(4) 339-353   Jul 2019   [Refereed]
Kanittapon Supadej, Pattara Khamrin, Pattara Khamrin, Kattareeya Kumthip, Kattareeya Kumthip, Rungnapa Malasao, Rungnapa Malasao, Natthawan Chaimongkol, Mayuko Saito, Hitoshi Oshitani, Hiroshi Ushijima, Hiroshi Ushijima, Niwat Maneekarn, Niwat Maneekarn
Journal of Medical Virology   91(2) 215-224   Jan 2018   [Refereed]
© 2018 Wiley Periodicals, Inc. Norovirus (NoV) and sapovirus (SaV) are recognized as the causative agents of acute gastroenteritis, and NoV is one of the leading pathogens reported worldwide. This study reports on the distribution of NoV and SaV g...
Furuse Y, Tamaki R, Okamoto M, Saito-Obata M, Suzuki A, Saito M, Imamura T, Khandaker I, Dapat I, Ueno F, Alday PP, Tan AG, Inobaya MT, Segubre-Mercado E, Tallo V, Lupisan S, Oshitani H
The Journal of infectious diseases   219(2) 197-205   Sep 2018   [Refereed]
Kobayashi D, Saito M, Heike Y, Yokota K, Arioka H, Oshitani H
Journal of medical virology   91(6) 986-996   Jun 2019   [Refereed]
Bai H, Shiota T, Yoshizaki S, Saito-Obata M, Malbas FF Jr, Lupisan SP, Oshitani H, Takeda N, Muramatsu M, Wakita T, Ishii K, Li TC
Japanese journal of infectious diseases   72(1) 53-55   Aug 2018   [Refereed]
Apostol LN, Shimizu H, Suzuki A, Umami RN, Jiao MMA, Tandoc A 3rd, Saito M, Lupisan S, Oshitani H
BMC infectious diseases   19(1) 370   May 2019   [Refereed]
Otomaru H, Kamigaki T, Tamaki R, Okamoto M, Alday PP, Tan AG, Manalo JI, Segubre-Mercado E, Inobaya MT, Tallo V, Lupisan S, Oshitani H
Open forum infectious diseases   6(3) ofz045   Mar 2019   [Refereed]
Pane M, Kong FYM, Purnama TB, Glass K, Imari S, Samaan G, Oshitani H
Journal of epidemiology and global health   9(1) 11-18   Mar 2019   [Refereed]
Alkaff RN, Kamigaki T, Saito M, Ariyanti F, Iriani DU, Oshitani H
Tropical medicine and health   47 45   2019   [Refereed]
Rungnapa Malasao, Rungnapa Malasao, Yuki Furuse, Yuki Furuse, Yuki Furuse, Yuki Furuse, Michiko Okamoto, Clyde Dapat, Mayuko Saito, Mariko Saito-Obata, Mariko Saito-Obata, Raita Tamaki, Edelwisa Segubre-Mercado, Socorro Lupisan, Hitoshi Oshitani
Genome Announcements   6(10)    Mar 2018   [Refereed]
© 2018 Malasao et al. Complete genome sequences of 13 human respiratory syncytial virus strains were determined from samples obtained from children hospitalized in the Philippines between 2012 and 2013 because of acute respiratory infection. We id...
Michiko Okamoto, Clyde P. Dapat, Ann Marie D. Sandagon, Leilanie P. Batangan-Nacion, Irene C. Lirio, Raita Tamaki, Mayuko Saito, Mariko Saito-Obata, Mariko Saito-Obata, Socorro P. Lupisan, Hitoshi Oshitani
Journal of Infectious Diseases   218(7) 1045-1053   Jan 2018   [Refereed]
© The Author(s) 2018. Published by Oxford University Press for the Infectious Diseases Society of America. Background. Human respiratory syncytial virus (RSV) is the leading cause of severe acute respiratory infection in infants and young children...
Raita Tamaki, Raita Tamaki, Veronica L. Tallo, Alvin G. Tan, Mark Donald C. Reñosa, Portia P. Alday, Jhoys M. Landicho, Marianette T. Inobaya, Mayuko Saito, Taro Kamigaki, Michiko Okamoto, Mariko Saito, Clyde Dapat, Bindongo P.P. Dembele, Mary Lorraine S. Mationg, Melisa U. Mondoy, Socorro P. Lupisan, Hitoshi Oshitani
Journal of Disaster Research   13 740-750   Aug 2018
© 2018, Fuji Technology Press. All rights reserved. Childhood pneumonia has been the leading cause of morbidity and mortality for decades. Although substantial progress in the understanding of risk factors and etiology of pneumonia has been made, ...
Gerardo J. Sánchez, Holger Mayta, Holger Mayta, Holger Mayta, Monica J. Pajuelo, Monica J. Pajuelo, Karen Neira, Liu Xiaofang, Lilia Cabrera, Sarah Blythe Ballard, Jean E. Crabtree, Dermot Kelleher, Vitaliano Cama, Caryn Bern, Hitoshi Oshitani, Robert H. Gilman, Robert H. Gilman, Robert H. Gilman, Mayuko Saito
Clinical Infectious Diseases   66 1858-1863   Jun 2018
© 2017 The Author(s). Background. Sapovirus is one of the primary viral causes of acute gastroenteritis (AGE), especially where rotavirus vaccination has been implemented. Te characteristics and impact of natural infection at the community level, ...
Nienke M. Scheltema, Angela Gentile, Florencia Lucion, D. James Nokes, D. James Nokes, Patrick K. Munywoki, Patrick K. Munywoki, Shabir A. Madhi, Michelle J. Groome, Cheryl Cohen, Cheryl Cohen, Jocelyn Moyes, Kentigern Thorburn, Somsak Thamthitiwat, Hitoshi Oshitani, Socorro P. Lupisan, Aubree Gordon, José F. Sánchez, Katherine L. O'Brien, Bradford D. Gessner, Agustinus Sutanto, Asuncion Mejias, Asuncion Mejias, Octavio Ramilo, Octavio Ramilo, Najwa Khuri-Bulos, Natasha Halasa, Fernanda de-Paris, Márcia Rosane Pires, Michael C. Spaeder, Bosco A. Paes, Eric A.F. Simões, Ting F. Leung, Maria Tereza da Costa Oliveira, Carla Cecília de Freitas Lázaro Emediato, Quique Bassat, Quique Bassat, Quique Bassat, Quique Bassat, Quique Bassat, Warwick Butt, Warwick Butt, Warwick Butt, Hsin Chi, Uzma Bashir Aamir, Asad Ali, Marilla G. Lucero, Rodrigo A. Fasce, Olga Lopez, Barbara A. Rath, Barbara A. Rath, Fernando P. Polack, Jesse Papenburg, Srđan Roglić, Hisato Ito, Edward A. Goka, Diederick E. Grobbee, Diederick E. Grobbee, Harish Nair, Louis J. Bont, Louis J. Bont
The Lancet Global Health   5    Oct 2017
© 2017 The Author(s). Published by Elsevier Ltd. This is an Open Access article under the CC BY 4.0 license Background Respiratory syncytial virus (RSV) infection is an important cause of pneumonia mortality in young children. However, clinical da...
Emmanuel Kagning Tsinda, Rungnapa Malasao, Yuki Furuse, Yuki Furuse, Robert H. Gilman, Xiaofang Liu, Sonia Apaza, Susan Espetia, Vitaliano Cama, Hitoshi Oshitani, Mayuko Saito
Genome Announcements   5    Oct 2017
We report here two complete coding genome sequences of novel genotype GII.8 sapovirus strains identified in diarrhea samples collected from two Peruvian children. The complete coding genome sequences of both GII.8 variants were determined using th...
Ting Shi, David A. McAllister, Katherine L. O'Brien, Eric A.F. Simoes, Shabir A. Madhi, Shabir A. Madhi, Bradford D. Gessner, Fernando P. Polack, Evelyn Balsells, Sozinho Acacio, Claudia Aguayo, Issifou Alassani, Asad Ali, Martin Antonio, Shally Awasthi, Juliet O. Awori, Eduardo Azziz-Baumgartner, Eduardo Azziz-Baumgartner, Henry C. Baggett, Henry C. Baggett, Vicky L. Baillie, Angel Balmaseda, Alfredo Barahona, Sudha Basnet, Sudha Basnet, Quique Bassat, Quique Bassat, Quique Bassat, Wilma Basualdo, Godfrey Bigogo, Louis Bont, Robert F. Breiman, W. Abdullah Brooks, W. Abdullah Brooks, Shobha Broor, Nigel Bruce, Dana Bruden, Philippe Buchy, Philippe Buchy, Stuart Campbell, Phyllis Carosone-Link, Mandeep Chadha, James Chipeta, Monidarin Chou, Wilfrido Clara, Cheryl Cohen, Cheryl Cohen, Elizabeth de Cuellar, Duc Anh Dang, Budragchaagiin Dash-yandag, Maria Deloria-Knoll, Mukesh Dherani, Tekchheng Eap, Bernard E. Ebruke, Marcela Echavarria, Carla Cecília de Freitas Lázaro Emediato, Rodrigo A. Fasce, Daniel R. Feikin, Luzhao Feng, Angela Gentile, Aubree Gordon, Doli Goswami, Doli Goswami, Sophie Goyet, Michelle Groome, Michelle Groome, Natasha Halasa, Siddhivinayak Hirve, Nusrat Homaira, Nusrat Homaira, Stephen R.C. Howie, Stephen R.C. Howie, Stephen R.C. Howie, Jorge Jara, Imane Jroundi, Imane Jroundi, Cissy B. Kartasasmita, Najwa Khuri-Bulos, Karen L. Kotloff, Anand Krishnan, Romina Libster, Romina Libster, Romina Libster, Olga Lopez, Marilla G. Lucero, Florencia Lucion, Socorro P. Lupisan, Debora N. Marcone, John P. McCracken, Mario Mejia, Jennifer C. Moisi, Joel M. Montgomery, David P. Moore, David P. Moore, Cinta Moraleda, Jocelyn Moyes, Jocelyn Moyes, Patrick Munywoki, Patrick Munywoki, Kuswandewi Mutyara
The Lancet   390 946-958   Sep 2017
© 2017 The Author(s). Published by Elsevier Ltd. This is an Open Access article under the CC BY 4.0 license Background We have previously estimated that respiratory syncytial virus (RSV) was associated with 22% of all episodes of (severe) acute lo...
Yuki Furuse, Yuki Furuse, Mosoka Fallah, Hitoshi Oshitani, Ling Kituyi, Nuha Mahmoud, Emmanuel Musa, Alex Gasasira, Tolbert Nyenswah, Bernice Dahn, Luke Bawo
PLoS Neglected Tropical Diseases   11    Jul 2017
© 2017 Furuse et al. An outbreak of Ebola virus disease (EVD) in Liberia began in March 2014 and ended in January 2016. Epidemiological information on the EVD cases was collected and managed nationally; however, collection and management of the da...
D. Yamamoto, D. Yamamoto, A. Tandoc, E. Mercado, F. Quicho, S. Lupisan, M. Obata-Saito, M. Obata-Saito, M. Okamoto, A. Suzuki, R. Tamaki, L. Sombrero, R. Olveda, H. Oshitani
New Microbes and New Infections   18 54-57   Jul 2017
Kamigaki T, Aldey PP, Mercado ES, Tan AG, Javier JB, Lupisan SP, Oshitani H, Tallo VL
Influenza and other respiratory viruses   11(4) 311-318   Jul 2017   [Refereed]
Shinobu Kazama, Takayuki Miura, Yoshifumi Masago, Yoshimitsu Konta, Kentaro Tohma, Takafumi Manaka, Xiaofang Liu, Daisuke Nakayama, Takashi Tanno, Mayuko Saito, Hitoshi Oshitani, Tatsuo Omura
Applied and Environmental Microbiology   83    May 2017
© 2017 American Society for Microbiology. All Rights Reserved. Sewage samples have been investigated to study the norovirus concentrations in sewage or the genotypes of noroviruses circulating in human populations. However, the statistical relatio...
Yuki Furuse, Hitoshi Oshitani
Viruses   9    Apr 2017
© 2017, MDPI AG. Although there have been many epidemiological reports of the inter-country transmission of measles, systematic analysis of the global transmission dynamics of the measles virus (MV) is limited. In this study, we applied phylogeogr...
Louise E. Lansbury, Sherie Smith, Walter Beyer, Emina Karamehic, Eva Pasic-Juhas, Hana Sikira, Ana Mateus, Hitoshi Oshitani, Hongxin Zhao, Charles R. Beck, Charles R. Beck, Jonathan S. Nguyen-Van-Tam, Jonathan S. Nguyen-Van-Tam
Vaccine   35 1996-2006   Apr 2017
© 2017 Background The clinical effectiveness of monovalent influenza A(H1N1)pdm09 vaccines has not been comprehensively summarised. We undertook a systematic review and meta-analysis to assess vaccine effectiveness (VE) for adjuvanted and unadjuva...
Alexander Sadiasa, Mariko Saito-Obata, Mariko Saito-Obata, Clyde Dapat, Mayuko Saito, Reynaldo Frederick Quicho, Mauricio Perez, Mauricio Perez, Daryl Joy Almonia, Lea De Leon-Asi, Lea De Leon-Asi, Raita Tamaki, Lydia Sombrero, Socorro Lupisan, Hitoshi Oshitani
Vaccine   35 993-996   Feb 2017
© 2016 The Author(s) A case-comparison study was conducted based on an observational study of severe pneumonia among hospitalized children in the Philippines. The children, from 8 days to 13 years old and hospitalized with clinical diagnosis of se...
Yuki Furuse, Yoko Matsuzaki, Hidekazu Nishimura, Hitoshi Oshitani
Viruses   8    Dec 2016
© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. Infections with the influenza C virus causing respiratory symptoms are common, particularly among children. Since isolation and detection of the virus are rarely performed, compared with in...
Taro Kamigaki, Liling Chaw, Liling Chaw, Alvin G. Tan, Raita Tamaki, Portia P. Alday, Jenaline B. Javier, Remigio M. Olveda, Hitoshi Oshitani, Veronica L. Tallo
PLoS ONE   11    Dec 2016
© 2016 Kamigaki et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source ar...
Yuki Furuse, Hitoshi Oshitani
International Journal of Infectious Diseases   51 6-14   Oct 2016
© 2016 The Author(s) Background Seasonal influenza causes annual epidemics by the accumulation of antigenic changes. Pandemic influenza occurs through a major antigenic change of the influenza A virus, which can originate from other hosts. Althoug...
Yoshifumi Masago, Yoshifumi Masago, Yoshimitsu Konta, Shinobu Kazama, Manami Inaba, Toshifumi Imagawa, Toshifumi Imagawa, Kentaro Tohma, Mayuko Saito, Akira Suzuki, Akira Suzuki, Hitoshi Oshitani, Tatsuo Omura
PLoS ONE   11(8) e0160825   Aug 2016   [Refereed]
© 2016 Masago et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are ...
Francois Marie Ngako Kadji, Michiko Okamoto, Yuki Furuse, Raita Tamaki, Akira Suzuki, Irene Lirio, Clyde Dapat, Rungnapa Malasao, Mariko Saito, Gay Anne Granada Pedrera-Rico, Veronica Tallo, Socorro Lupisan, Mayuko Saito, Hitoshi Oshitani
Virology Journal   13    Jun 2016
© 2016 The Author(s). Background: Human respiratory syncytial virus (HRSV) is a leading viral etiologic agent of pediatric lower respiratory infections, including bronchiolitis and pneumonia. Two antigenic subgroups, HRSV-A and B, each contain sev...
Keisuke Yoshihara, Keisuke Yoshihara, Minh Nhat Le, Minh Nhat Le, Michiko Okamoto, Anita Carolle Akpeedje Wadagni, Hien Anh Nguyen, Michiko Toizumi, Michiko Toizumi, Enga Pham, Motoi Suzuki, Ai Thi Thuy Nguyen, Hitoshi Oshitani, Koya Ariyoshi, Koya Ariyoshi, Hiroyuki Moriuchi, Hiroyuki Moriuchi, Masahiro Hashizume, Masahiro Hashizume, Duc Anh Dang, Lay Myint Yoshida
Scientific Reports   6    Jun 2016
Since the initial discovery of RSV-A ON1 in Canada in 2010, ON1 has been reported worldwide, yet information regarding its clinical impact and severity has been controversial. To investigate the clinical relevance of RSV-A ON1,acute respiratory in...
Xiaofang Liu, Helena Jahuira, Robert H. Gilman, Alicia Alva, Lilia Cabrera, Michiko Okamoto, Hang Xu, Henry J. Windle, Dermot Kelleher, Marco Varela, Manuela Verastegui, Maritza Calderon, Gerardo Sanchez, Vanessa Sarabia, Sarah B. Ballard, Caryn Bern, Holger Mayta, Jean E. Crabtree, Vitaliano Cama, Mayuko Saito, Hitoshi Oshitani
Journal of Clinical Microbiology   54 1598-1604   Jun 2016
© 2016, American Society for Microbiology. All Rights Reserved. Human sapovirus has been shown to be one of the most important etiologies in pediatric patients with acute diarrhea. However, very limited data are available about the causative roles...
Yuki Furuse, Takashi Odagiri, Takashi Odagiri, Raita Tamaki, Taro Kamigaki, Hirono Otomaru, Jamie Opinion, Arlene Santo, Donna Dolina-Lacaba, Edgard Daya, Michiko Okamoto, Mariko Saito-Obata, Marianette Inobaya, Alvin Tan, Veronica Tallo, Socorro Lupisan, Akira Suzuki, Akira Suzuki, Hitoshi Oshitani
Virology   492 21-24   May 2016
© 2016 The Authors. The local and global transmission dynamics of influenza B virus is not completely understood mainly because of limited epidemiological and sequence data for influenza B virus. Here we report epidemiological and molecular charac...
Teru Kanda, Teru Kanda, Yuki Furuse, Hitoshi Oshitani, Tohru Kiyono
Journal of Virology   90 4383-4393   May 2016
© 2016, American Society for Microbiology. All Rights Reserved. The Epstein-Barr virus (EBV) is etiologically linked to approximately 10% of gastric cancers, in which viral genomes are maintained as multicopy episomes. EBV-positive gastric cancer ...
Ava Kristy Sy, Mariko Saito-Obata, Mariko Saito-Obata, Inez Andrea Medado, Kentaro Tohma, Clyde Dapat, Clyde Dapat, Edelwisa Segubre-Mercado, Amado Tandoc, Socorro Lupisan, Hitoshi Oshitani, Hitoshi Oshitani
Emerging Infectious Diseases   22 887-890   May 2016
© 2016, Centers for Disease Control and Prevention (CDC). All Rights Reserved. During 2011-2013, a nationwide outbreak of chikungunya virus infection occurred in the Philippines. The Asian genotype was identified as the predominant genotype; spora...
Shinobu Kazama, Yoshifumi Masago, Yoshifumi Masago, Kentaro Tohma, Nao Souma, Toshifumi Imagawa, Akira Suzuki, Xiaofang Liu, Mayuko Saito, Hitoshi Oshitani, Tatsuo Omura
Water Research   92 244-253   Apr 2016
© 2015 Elsevier Ltd. Norovirus is a leading etiological agent of viral gastroenteritis. Because of relatively mild disease symptoms and frequent asymptomatic infections, information on the ecology of this virus is limited. Our objective was to exa...
Clyde Dapat, Hitoshi Oshitani
Expert Review of Anti-Infective Therapy   14 285-297   Mar 2016
© 2016 The Author(s). Published by Taylor & Francis. The lack of vaccine and limited antiviral options against respiratory syncytial virus (RSV) highlights the need for novel therapeutic strategies. One alternative is to develop drugs that targe...
Kentaro Tohma, Mariko Saito, Mariko Saito, Catalino S. Demetria, Daria L. Manalo, Beatriz P. Quiambao, Taro Kamigaki, Taro Kamigaki, Hitoshi Oshitani, Hitoshi Oshitani
Infection, Genetics and Evolution   38 22-28   Mar 2016
© 2015 The Authors. Rabies is endemic in the Philippines and dog bites are a major cause of rabies cases in humans. The rabies control program has not been successful in eliminating rabies because of low vaccination coverage among dogs. Therefore,...
Liling Chaw, Taro Kamigaki, Alexanderyn Burmaa, Chuluunbatiin Urtnasan, Ishiin Od, Gunregjaviin Nyamaa, Pagbajabyn Nymadawa, Pagbajabyn Nymadawa, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   11    Feb 2016
© 2016 Chaw et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are cr...
Yoko Matsuzaki, Kanetsu Sugawara, Yuki Furuse, Yoshitaka Shimotai, Seiji Hongo, Hitoshi Oshitani, Katsumi Mizuta, Hidekazu Nishimura
Journal of Virology   90 8251-8265   Jan 2016
© 2016, American Society for Microbiology. All Rights Reserved. Since influenza C virus was first isolated in 1947, the virus has been only occasionally isolated by cell culture; there are only four strains for which complete genome sequences are ...
Mari Sato, Yasuka Nakamura, Fumi Atogami, Ribeka Horiguchi, Raita Tamaki, Toyoko Yoshizawa, Hitoshi Oshitani
PLoS Currents   8    Jan 2016
© 2016 Public Library of Science. All rights reserved. Introduction: Pregnant and postpartum women are especially vulnerable to natural disasters. These women suffer from increased risk of physical and mental issues including pregnant related prob...
Mariko Saito-Obata, Mariko Saito-Obata, Mayuko Saito, Titus C. Tan, Titus C. Tan, Inez Andrea P. Medado, Inez Andrea P. Medado, Clyde Dapat, Michiko Okamoto, Raita Tamaki, Raita Tamaki, Rowena C. Capistrano, Edelwisa Segubre-Mercado, Socorro P. Lupisan, Hitoshi Oshitani
PLoS Currents   8    Jan 2016
© 2016 Public Library of Science. All rights reserved. Introduction: Typhoon Yolanda (Haiyan) hit the central part of the Philippines on November 8, 2013. To identify possible outbreaks of communicable diseases after the typhoon, nasopharyngeal sw...
Yuki Furuse, Hitoshi Oshitani
Japanese Journal of Chest Diseases   74 1352-1357   Dec 2015
In humans, infection with avian influenza virus causes a febrile disease with respiratory symptoms that is described as human influenza. Furthermore, infection with avian influenza can often be severe and fatal. Human infections with H5N1 highly p...
Rungnapa Malasao, Michiko Okamoto, Natthawan Chaimongkol, Tadatsugu Imamura, Kentaro Tohma, Isolde Dapat, Clyde Dapat, Akira Suzuki, Mayuko Saito, Mariko Saito, Raita Tamaki, Gay Anne Granada Pedrera-Rico, Gay Anne Granada Pedrera-Rico, Rapunzel Aniceto, Reynaldo Frederick Negosa Quicho, Edelwisa Segubre-Mercado, Socorro Lupisan, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   10    Nov 2015
© 2015 Malasao et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are...
Yuki Furuse, Michiko Okamoto, Hitoshi Oshitani
International Journal of Infectious Diseases   40    Nov 2015
© 2015 The Authors. Infection due to the Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV) is widespread. The present study was performed to assess the protocols used for the molecular diagnosis of MERS-CoV by analyzing the nucleotide sequen...
Taro Kamigaki, Satoshi Mimura, Yoshihiro Takahashi, Hitoshi Oshitani
BMC Infectious Diseases   15    Jul 2015
© 2015 Kamigaki et al. Background: Households are one of the major settings of influenza transmission in the community and transmission is frequently initiated by school-aged children. We surveyed households with primary school (PS) and/ or junior...
Kenichi Komada, Masaya Sugiyama, Phengta Vongphrachanh, Anonh Xeuatvongsa, Bouaphan Khamphaphongphane, Tomomi Kitamura, Tomoko Kiyohara, Takaji Wakita, Hitoshi Oshitani, Masahiko Hachiya
International Journal of Infectious Diseases   36 21-26   Jul 2015
© 2015 The Authors. Background: There is limited information regarding the prevalence of hepatitis B in Lao PDR, where the hepatitis disease burden is substantial. Thus, reliable seroprevalence data is needed for the disease, based on probability ...
Liu X, Yamamoto D, Saito M, Imagawa T, Ablola A, Tandoc AO 3rd, Segubre-Mercado E, Lupisan SP, Okamoto M, Furuse Y, Saito M, Oshitani H
Journal of clinical virology : the official publication of the Pan American Society for Clinical Virology   68 83-88   Jul 2015   [Refereed]
Chandra Nath Roy, Irona Khandaker, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   10    Jun 2015
© 2015 Roy et al. Evolutionary characteristics of HIV-1 have mostly studied focusing its structural genes, Gag, Pol and Env. However, regarding the process of HIV-1's evolution, few studies emphasize on genetic changes in regulatory proteins. Here...
Rex Centeno, Naoko Fuji, Michiko Okamoto, Clyde Dapat, Mariko Saito, Mariko Saito, Amado Tandoc, Socorro Lupisan, Hitoshi Oshitani, Hitoshi Oshitani
BMC Research Notes   8    Jun 2015
© 2015 Centeno et al. Background: Large outbreaks of measles occurred in the Philippines in 2010 and 2011. Genetic analysis was performed to identify the genotype of measles virus (MeV) that was responsible for the large outbreaks. Methods: A tota...
Salvacion Rosario L. Galit, Nao Otsuka, Yuki Furuse, Daryl Joy V. Almonia, Lydia T. Sombrero, Rosario Z. Capeding, Socorro P. Lupisan, Mariko Saito, Mariko Saito, Hitoshi Oshitani, Yukihiro Hiramatsu, Keigo Shibayama, Kazunari Kamachi
International Journal of Infectious Diseases   35    Jun 2015
© 2015 The Authors. Objectives: The present study was designed to determine the genotypes of circulating Bordetella pertussis in the Philippines by direct molecular typing of clinical specimens. Methods: Nasopharyngeal swabs (NPSs) were collected ...
Satoshi Mimura, Taro Kamigaki, Yoshihiro Takahashi, Takamichi Umenai, Mataka Kudou, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   10    May 2015
© 2015 Mimura et al. Enhanced influenza surveillance was implemented to analyze transmission dynamics particularly driving force of influenza transmission in a community during 2011/12 and 2012/13 seasons in Odate City, Japan. In these two consecu...
Hisato Kosai, Raita Tamaki, Mayuko Saito, Kentaro Tohma, Portia Parian Alday, Alvin Gue Tan, Marianette Tawat Inobaya, Akira Suzuki, Taro Kamigaki, Soccoro Lupisan, Veronica Tallo, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   10    May 2015
© 2015 Kosai et al. Pneumonia is a leading cause of deaths in infants and young children in developing countries, including the Philippines. However, data at the community level remains limited. Our study aimed to estimate incidence and mortality ...
Hirono Otomaru, Taro Kamigaki, Raita Tamaki, Jamie Opinion, Arlene Santo, Edgard Daya, Michiko Okamoto, Mariko Saito, Mariko Saito, Veronica Tallo, Soccoro Lupisan, Akira Suzuki, Akira Suzuki, Hitoshi Oshitani
PLoS ONE   10    Apr 2015
© 2015 Otomaru et al. This study aimed to determine the role of influenza-like illness (ILI) surveillance conducted on Leyte Island, the Philippines, including involvement of other respiratory viruses, from 2010 to 2013. ILI surveillance was condu...
Takashi Odagiri, Yoko Matsuzaki, Michiko Okamoto, Akira Suzuki, Mariko Saito, Mariko Saito, Raita Tamaki, Raita Tamaki, Socorro P. Lupisan, Lydia T. Sombrero, Seiji Hongo, Hitoshi Oshitani
Journal of Clinical Microbiology   53 847-858   Mar 2015
Copyright © 2015, American Society for Microbiology. All Rights Reserved. From November 2009 to December 2013 in the Philippines, 15 influenza C viruses were isolated, using MDCK cells, from specimens obtained from children with severe pneumonia a...
Yuki Furuse, Natthawan Chaimongkol, Michiko Okamoto, Tadatsugu Imamura, Mariko Saito, Mariko Saito, Raita Tamaki, Mayuko Saito, Socorro P. Lupisan, Hitoshi Oshitani
Journal of Clinical Microbiology   53 1015-1018   Mar 2015
Copyright © 2015, American Society for Microbiology. All Rights Reserved. Enterovirus D68 (EV-D68) has been recognized as an important cause of acute respiratory infections. Here we report the molecular epidemiology of EV-D68 in Philippines from 2...
Imamura T, Oshitani H
Reviews in medical virology   25(2) 102-114   Mar 2015   [Refereed]
Xiaofang Liu, Mariko Saito, Mariko Saito, Yusuke Sayama, Ellie Suzuki, Fedelino F. Malbas, Hazel O. Galang, Yuki Furuse, Mayuko Saito, Tiancheng Li, Akira Suzuki, Hitoshi Oshitani, Hitoshi Oshitani
BMC Veterinary Research   11    Jan 2015
© 2015 Liu et al.; licensee BioMed Central. Background: Hepatitis E virus (HEV) infection is a significant public health concern in Asia, and swine is an important source of sporadic HEV infection in human. However, no epidemiological data are ava...
Shodiana, Shodiana, Shodiana, Taro Kamigaki, Hitoshi Oshitani
Southeast Asian Journal of Tropical Medicine and Public Health   46 965-976   Jan 2015
© 2015, SEAMEO TROPMED Network. All rights reserved. Malaria is a major health problem in many developing countries including Indonesia. The purpose of this study was to investigate the socio-demographic characteristics and geographic distribution...
Chandra Nath Roy, Irona Khandaker, Hitoshi Oshitani
AIDS Research and Human Retroviruses   31 641-648   Jan 2015
© 2015 Mary Ann Liebert, Inc. HIV-1 Tat is a regulatory protein that plays a pivotal role in viral transcription and replication. Our study aims to investigate the genetic variation of Tat exon 1 in all subtypes of HIV-1: A, B, C, D, F, G, H, J, a...
Tsatsral S, Xiang Z, Fuji N, Maitsetseg C, Khulan J, Oshitani H, Wang J, Nymadawa P
Japanese journal of infectious diseases   68(4) 280-287   2015   [Refereed]
Malasao, Rungnapa Saito, Mayuko Suzuki, Akira Imagawa, Toshifumi Nukiwa-Soma, Nao Tohma, Kentaro Liu, Xiaofang Okamoto, Michiko Chaimongkol, Natthawan Dapat, Clyde Kawamura, Kazuhisa Kayama, Yasuko Masago, Yoshifumi Omura, Tatsuo Oshitani, Hitoshi
Virus Genes      Oct 2014   [Refereed]
Burmaa, Alexanderyn Kamigaki, Taro Darmaa, Badarchyn Nymadawa, Pagbajabyn Oshitani, Hitoshi
Influenza Other Respir Viruses   8(5) 530-537   Sep 2014   [Refereed]
Huo, Xiang Kamigaki, Taro Mimura, Satoshi Takahashi, Yoshihiro Oshitani, Hitoshi
J Infect Chemother   20(6) 370-374   Jun 2014   [Refereed]
Li, Tian-Cheng Yang, Tingting Shiota, Tomoyuki Yoshizaki, Sayaka Yoshida, Hiromu Saito, Mariko Imagawa, Toshifumi Malbas, Fidelino F Lupisan, Socorro P Oshitani, Hitoshi Wakita, Takaji Ishii, Koji
Am J Trop Med Hyg   90(4) 764-766   Apr 2014   [Refereed]
Tohma, Kentaro Saito, Mariko Kamigaki, Taro Tuason, Laarni T Demetria, Catalino S Orbina, Jun Ryan C Manalo, Daria L Miranda, Mary E Noguchi, Akira Inoue, Satoshi Suzuki, Akira Quiambao, Beatriz P Oshitani, Hitoshi
Infect Genet Evol   23 86-94   Apr 2014   [Refereed]
Tallo, Veronica L Kamigaki, Taro Tan, Alvin G Pamaran, Rochelle R Alday, Portia P Mercado, Edelwisa S Javier, Jenaline B Oshitani, Hitoshi Olveda, Remigio M
Influenza Other Respir Viruses   8(2) 159-168   Mar 2014   [Refereed]
Imamura, Tadatsugu Okamoto, Michiko Nakakita, Shin-ichi Suzuki, Akira Saito, Mariko Tamaki, Raita Lupisan, Socorro Roy, Chandra Nath Hiramatsu, Hiroaki Sugawara, Kan-etsu Mizuta, Katsumi Matsuzaki, Yoko Suzuki, Yasuo Oshitani, Hitoshi
J Virol   88(5) 2374-2384   Mar 2014   [Refereed]
[Oseltamivir resistance among pandemic A(H1N1)2009 viruses between 2009 and 2011 in Guangzhou].
Guan, Wenda Tsui, Stephen K W Lee, Simon M Y Yang, Zifeng Luo, Yi Li, Xiaobo Wu, Shiguan Wang, Yutao Oshitani, Hitoshi Suzuki, Akira Chen, Rongchang Zhong, Nanshan
Zhonghua Jie He He Hu Xi Za Zhi   37(1) 16-20   Jan 2014   [Refereed]
Imamura, Tadatsugu Suzuki, Akira Lupisan, Socorro Kamigaki, Taro Okamoto, Michiko Roy, Chandra Nath Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
Influenza Other Respir Viruses   8(1) 21-24   Jan 2014   [Refereed]
Cauchemez, Simon Van Kerkhove, Maria D Archer, Brett N Cetron, Martin Cowling, Benjamin J Grove, Peter Hunt, Darren Kojouharova, Mira Kon, Predrag Ungchusak, Kumnuan Oshitani, Hitoshi Pugliese, Andrea Rizzo, Caterina Saour, Guillaume Sunagawa, Tomimase Uzicanin, Amra Wachtel, Claude Weisfuse, Isaac Yu, Hongjie Nicoll, Angus
BMC Infect Dis   14 207-207   Apr 2014   [Refereed]
Yamamoto, Dai Okamoto, Michiko Lupisan, Socorro Suzuki, Akira Saito, Mariko Tamaki, Raita Tandoc, Amado 3rd Mercado, Edelwisa Sombrero, Lydia Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
Jpn J Infect Dis   67(2) 105-110   2014   [Refereed]
Kamigaki, Taro Seino, Jin Tohma, Kentaro Nukiwa-Soma, Nao Otani, Kanako Oshitani, Hitoshi
BMC Public Health   14 34-34   2014   [Refereed]
Kim, Mihyun Kamigaki, Taro Mimura, Satoshi Oshitani, Hitoshi
Nihon Koshu Eisei Zasshi   60(10) 659-664   Oct 2013   [Refereed]
Khandaker, Irona Suzuki, Akira Kamigaki, Taro Tohma, Kentaro Odagiri, Takashi Okada, Takashi Ohno, Ayumu Otani, Kanako Sawayama, Rumi Kawamura, Kazuhisa Okamoto, Michiko Oshitani, Hitoshi
Virus Genes      Sep 2013   [Refereed]
Shimabukuro, Kozue Ujike, Makoto Ito, Toshihiro Tsunemitsu, Hiroshi Oshitani, Hitoshi Taguchi, Fumihiro
Arch Virol   158(7) 1561-1566   Jul 2013   [Refereed]
Horby, Peter W Pfeiffer, Dirk Oshitani, Hitoshi
Emerg Infect Dis   19(6) 853-860   Jun 2013   [Refereed]
Daito, Hisayoshi Suzuki, Motoi Shiihara, Jun Kilgore, Paul E Ohtomo, Hitoshi Morimoto, Konosuke Ishida, Masayuki Kamigaki, Taro Oshitani, Hitoshi Hashizume, Masahiro Endo, Wataru Hagiwara, Koichi Ariyoshi, Koya Okinaga, Shoji
Thorax   68(6) 544-550   Jun 2013   [Refereed]
Ohno, Ayumu Suzuki, Akira Lupisan, Socorro Galang, Hazel Sombrero, Lydia Aniceto, Rapunzel Okamoto, Michiko Saito, Mariko Fuji, Naoko Otomaru, Hirono Roy, Chandra Nath Yamamoto, Dai Tamaki, Raita Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
J Clin Virol   57(1) 59-65   May 2013   [Refereed]
Yoshida, Masashi Sugino, Hirotoshi Iizuka, Tadashi Xiaofang, Liu Suzuki, Akira Oshitani, Hitoshi Suzutani, Tatsuo Ikuta, Kazufumi
Hum Vaccin Immunother   9(5) 989-992   May 2013   [Refereed]
Pamaran, Rochelle R Kamigaki, Taro Hewe, Teresita T Flores, Korrine Madeleine C Mercado, Edelwisa S Alday, Portia P Tan, Alvin G Oshitani, Hitoshi Olveda, Remigio M Tallo, Veronica L
PLoS One   8(11) e79916-e79916   2013   [Refereed]
Imamura, Tadatsugu Suzuki, Akira Lupisan, Socorro Okamoto, Michiko Aniceto, Rapunzel Egos, Rutchie J Daya, Edgardo E Tamaki, Raita Saito, Mariko Fuji, Naoko Roy, Chandra Nath Opinion, Jaime M Santo, Arlene V Macalalad, Noel G Tandoc, Amado 3rd Sombrero, Lydia Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
PLoS One   8(9) e74221-e74221   2013   [Refereed]
Saito, Mariko Oshitani, Hitoshi Orbina, Jun Ryan C Tohma, Kentaro de Guzman, Alice S Kamigaki, Taro Demetria, Catalino S Manalo, Daria L Miranda, Mary Elizabeth G Noguchi, Akira Inoue, Satoshi Quiambao, Beatriz P
PLoS Negl Trop Dis   7(4) e2144-e2144   2013   [Refereed]
[Researches on virology at the Tohoku University Research Center in the Philippines].
Oshitani, Hitoshi Saito, Mariko Okamoto, Michiko Tamaki, Raita Kamigaki, Taro Suzuki, Akira
Uirusu   63(1) 45-50   2013   [Refereed]
Burmaa, Alexanderyn Tsatsral, Sosorbaramyn Odagiri, Takashi Suzuki, Akira Oshitani, Hitoshi Nymadawa, Pagbajabyn
Influenza Other Respir Viruses   6(6) e97-e104   Nov 2012   [Refereed]
Apostol, Lea Necitas G Imagawa, Tomifumi Suzuki, Akira Masago, Yoshifumi Lupisan, Socorro Olveda, Remigio Saito, Mariko Omura, Tatsuo Oshitani, Hitoshi
Virus Genes   45(2) 207-217   Oct 2012   [Refereed]
Tohma, Kentaro Bayasgalan, Namuuntsetsegiin Suzuki, Akira Darma, Badarchiin Oshitani, Hitoshi Nymadawa, Pagbajabyn
Jpn J Infect Dis   65(4) 289-294   Jul 2012   [Refereed]
Isidore K. Kouadio, Syed Mohamed Aljunid, Hitoshi Oshitani
Expert Review of Anti-Infective Therapy   10 531-532   May 2012
Apostol, Lea Necitas Suzuki, Akira Bautista, Analisa Galang, Hazel Paladin, Fem Julia Fuji, Naoko Lupisan, Socorro Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
J Med Virol   84(4) 624-631   Apr 2012   [Refereed]
Ikeda, Tatsuya Mizuta, Katsumi Abiko, Chieko Aoki, Yoko Itagaki, Tsutomu Katsushima, Fumio Katsushima, Yuriko Matsuzaki, Yoko Fuji, Naoko Imamura, Tadatsugu Oshitani, Hitoshi Noda, Masahiro Kimura, Hirokazu Ahiko, Tadayuki
Microbiol Immunol   56(2) 139-143   Feb 2012   [Refereed]
Kouadio, Isidore K Aljunid, Syed Kamigaki, Taro Hammad, Karen Oshitani, Hitoshi
Expert Rev Anti Infect Ther   10(1) 95-104   Jan 2012   [Refereed]
Tohma, Kentaro Suzuki, Akira Otani, Kanako Okamoto, Michiko Nukiwa, Nao Kamigaki, Taro Kawamura, Kazuhisa Nakagawa, Hiroshi Oshitani, Hitoshi
Jpn J Infect Dis   65(6) 542-544   2012   [Refereed]
Suzuki, Akira Lupisan, Socorro Furuse, Yuki Fuji, Naoko Saito, Mariko Tamaki, Raita Galang, Hazel Sombrero, Lydia Mondoy, Melisa Aniceto, Rapunzel Olveda, Remigio Oshitani, Hitoshi
BMC Infect Dis   12 267-267   2012   [Refereed]
Sayama, Yusuke Demetria, Catalino Saito, Mariko Azul, Rachel R Taniguchi, Satoshi Fukushi, Shuetsu Yoshikawa, Tomoki Iizuka, Itoe Mizutani, Tetsuya Kurane, Ichiro Malbas, Fidelino F Jr Lupisan, Socorro Catbagan, Davinio P Animas, Samuel B Morales, Rieldrin G Lopez, Emelinda L Dazo, Karen Rose C Cruz, Magdalena S Olveda, Remigio Saijo, Masayuki Oshitani, Hitoshi Morikawa, Shigeru
BMC Vet Res   8 82-82   2012   [Refereed]
Nukiwa-Souma, Nao Burmaa, Alexanderyn Kamigaki, Taro Od, Ishiin Bayasgalan, Namuutsetsegiin Darmaa, Badarchiin Suzuki, Akira Nymadawa, Pagbajabyn Oshitani, Hitoshi
PLoS One   7(3) e33046-e33046   2012   [Refereed]
Hirotsu, Nobuo Wada, Koji Oshitani, Hitoshi
PLoS One   7(2) e31519-e31519   2012   [Refereed]

Misc

 
【グローバル化・温暖化と感染症対策】 感染対策としてのイベントベース・サーベイランス
押谷 仁
小児科臨床   70(増刊) 2117-2121   Dec 2017
国境を越えるウイルス SARS・MERSなどの新興ウイルス感染症の日本へのリスクとその対応
押谷 仁
臨床とウイルス   45(4) 161-165   Oct 2017
【今、蚊を考える-蚊媒介感染症に関する最近の話題】 蚊媒介感染症に関する最近の話題 黄熱
押谷 仁
臨床と微生物   44(3) 257-262   May 2017
黄熱は黄熱ウイルスによる蚊媒介感染症であり、ワクチン開発前には世界的に最も重要な感染症の1つであった。有効なワクチンが広く使われている現在もアフリカ、南米では流行が繰り返し起きている。(著者抄録)
国境を越えるウイルス SARS・MERSなどの新興ウイルス感染症の日本へのリスクとその対応
押谷 仁
臨床とウイルス   45(2) S12-S12   Apr 2017
【臨床ウイルス分野の海外協力】 新興感染症に対する国際的な流行対応における日本の役割
押谷 仁
臨床とウイルス   45(1) 14-17   Mar 2017
【国際的に脅威となる感染症】 エンテロウイルスD68(EV-D68)感染症
押谷 仁
化学療法の領域   33(2) 267-273   Jan 2017
エンテロウイルスD68(EV-D68)は1962年にはじめて分離されたウイルスであるが,その後,非常にまれにしか検出されてこなかったウイルスである。しかし,2000年代後半から,急性呼吸器感染症,特に下気道感染や喘息の急性増悪の症例からEV-D68が検出されるとする報告が世界各地からなされるようになる。2014年には北米で大規模なEV-D68の流行が起き,重症急性呼吸器感染症だけではなく急性弛緩性麻痺と関連している可能性が指摘され,さらに大きな注目を集めるようになる。わが国においても201...
当科で経験したエンテロウイルスD68(EV-D68)感染症17例の臨床的検討 RSウイルス感染症32例との比較
目時 嵩也, 三浦 舞子, 宮林 広樹, 六郷 由佳, 佐藤 大記, 渡邊 庸平, 野口 里恵, 大沼 良一, 渡邉 浩司, 貴田岡 節子, 久間木 悟, 岡本 道子, 押谷 仁, 大宮 卓, 佐藤 光, 西村 秀一, 鈴木 陽
日本小児科学会雑誌   121(1) 123-123   Jan 2017
【進化する感染症】 新興感染症に対する世界の備え
押谷 仁
チャイルド ヘルス   19(12) 878-881   Dec 2016
【新興・再興感染症-グローバル化に伴う注目すべき感染症-】 グローバリゼーションと新興感染症
押谷 仁
日本臨床   74(12) 1956-1961   Dec 2016
SARI(重症急性呼吸器感染症)サーベイランスの必要性
押谷 仁
臨床とウイルス   44(4) 160-163   Oct 2016
【エンテロウイルスD68と関連疾患】 エンテロウイルスD68の受容体と抗原性
古瀬 祐気, 押谷 仁
臨床とウイルス   44(3) 79-83   Jul 2016
【エンテロウイルスD68と関連疾患】 エンテロウイルスD68感染症に関する海外情報
水田 克巳, 古瀬 祐気, ナタワン・チャイモンコン, 押谷 仁
臨床とウイルス   44(3) 112-120   Jul 2016
感染症法に含まれない感染症のサーベイランス Event-based surveillance(EBS)の意義 sARIサーベイランスの必要性
押谷 仁
臨床とウイルス   44(2) S18-S18   May 2016
グローバル社会における感染症 グローバルな新興感染症の脅威
押谷 仁
東京女子医科大学雑誌   86(2) 56-60   Apr 2016
グローバリゼーションとともに新たな感染症が出現し、さらに出現した感染症が国境を越えて拡散するリスクが増大している。実際に21世紀に入り、相次いでそのような新興感染症の脅威に人類はさらされてきている。その代表的なものとして、SARS(2003年)・高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)(2003年〜)・パンデミックインフルエンザA(H1N1)(2009年)・MERS(2002年)・鳥インフルエンザA(H7N9)(2013年)などがある。グローバリゼーションとともに航空網は急速に発展しており世...
【インフルエンザとその対策】 鳥インフルエンザの動向
古瀬 祐気, 押谷 仁
日本胸部臨床   74(12) 1352-1357   Dec 2015
鳥インフルエンザウイルスにヒトが曝露され感染すると、通常のインフルエンザと同様に呼吸器症状を伴った熱性疾患を引き起こす。通常の(ヒトの)インフルエンザに比べ、重症化し死に至ることも多い。特に、H5N1高病原性鳥インフルエンザやH7N9鳥インフルエンザのヒトへの感染はアジアから多く報告されており、今後本邦においても発生する可能性がある。鳥インフルエンザの感染がヒトからヒトへと伝播する効率は現在のところ高くないものの、変異によりヒトへの適応が高まった場合にはパンデミックへとつながる可能性もある...
新型インフルエンザと危機管理
押谷 仁
日本臨床微生物学雑誌   26(Suppl.) 95-95   Dec 2015
【ウイルス感染症との新たな戦い〜グローバル化する脅威の克服を目指して〜】 中東呼吸器症候群(MERS)
押谷 仁
医薬ジャーナル   51(11) 2575-2578   Nov 2015
中東呼吸器症候群(Middle East Respiratory Syndrome)は、2012年にサウジアラビアで最初に確認された新興感染症である。これまでに中東地域を中心に1,400例を超える感染者と、500例を超える死亡者が報告されている。2015年には韓国でも院内感染をきっかけとする流行が確認されている。コウモリが自然宿主の可能性が高く、コウモリからヒトコブラクダなどを介してヒトに感染していると考えられているが、ヒトへの感染経路はまだよく分かっていない。中東地域でのヒトでの感染は継...
沖縄における夏季のインフルエンザ流行とその理由
押谷 仁
日本医事新報   (4764) 63-64   Aug 2015
グローバル社会における感染症 グローバルな新興感染症の脅威
押谷 仁
東京女子医科大学雑誌   85(4) 144-144   Aug 2015
海外勤務と健康管理 グローバリゼーションと感染症リスク
押谷 仁
交通医学   69(3-4) 62-63   Jul 2015
【感染症最前線とグローバル・ヘルス】 いま注目のウイルス感染症 世界規模で再興するエンテロウイルス68
今村 忠嗣, 押谷 仁
医学のあゆみ   253(1) 81-88   Apr 2015
エンテロウイルス68(EV68)は近年までまれにしか検出されてこなかったが、2000年代後半以降、世界各国で検出数が急増した。EV68検出はもっぱら急性呼吸器感染症の患者から報告されており、その重症度は軽症な上気道感染症から重症な下気道感染症までさまざまであった。EV68感染が、重症な下気道疾患の発症により関与が深いとする研究結果が複数報告されたが、重症例の発症率に関しては慎重な評価が必要であると考えられる。また近年、EV68による呼吸器感染後に中枢神経疾患を発症する場合があることが報告さ...
【「感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)」10年のあゆみ】 「国境なき感染症に備える知のネットワーク(J-GRID)」の10年を振り返る
光山 正雄, 平山 謙二, 押谷 仁, 永井 美之
最新医学   70(4) 677-692   Apr 2015
海外勤務と健康管理 グローバリゼーションと感染症のリスク
押谷 仁
交通医学   69(1-2) 1-1   Mar 2015
【せまりくる鳥インフルエンザの脅威】 鳥インフルエンザへの対応
押谷 仁
臨牀と研究   91(12) 1551-1553   Dec 2014
【インフルエンザUpdate】 世界と日本のインフルエンザ対策
押谷 仁
小児科臨床   67(9) 1471-1475   Sep 2014
【感染症研究国際ネットワーク研究の現状】 海外拠点におけるウイルス感染症研究 フィリピン共和国拠点
押谷 仁, 齊藤 麻理子, 神垣 太郎, 岡本 道子, 玉記 雷太, 斉藤 繭子
化学療法の領域   30(6) 1266-1273   May 2014
東北大学大学院医学系研究科は感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)による感染症研究の拠点をフィリピン熱帯医学研究所(Research Institute for Tropical Medicine:RITM)に2008年より設置している。フィリピンの拠点では公衆衛生学的見地から、フィリピンにおいて重要な感染症を対象とし、感染症対策に貢献できるような研究を目指すことを基本方針としている。このため、研究プロジェクトの多くはフィリピン各地のフィールドでの研究となっている。これま...
新たな呼吸器ウイルスの出現とリスクアセスメント 鳥インフルエンザH7N9とMERS
押谷 仁
日本化学療法学会雑誌   62(3) 385-386   May 2014
今後の鳥インフルエンザとパンデミックへの対応 今後のパンデミック対策とリスクアセスメント
押谷 仁
日本化学療法学会雑誌   62(Suppl.A) 157-157   May 2014
学校における感染対応 インフルエンザ対策における学校の役割 秋田県医師会感染症等危機管理委員会アドバイザー
押谷 仁
沖縄県医師会報   50(2) 125-125   Feb 2014
【インフルエンザに立ち向かう】 パンデミックインフルエンザ
押谷 仁
Mebio   30(12) 16-20   Dec 2013
【2013年 感染症の流行と新展開】 感染症トピックス ウイルス 鳥インフルエンザと新型インフルエンザ
押谷 仁
Medical Technology   41(12) 1278-1281   Dec 2013
【グローバル化する感染症の最新情報】 グローバル化する感染症の脅威にどう立ち向かうべきか
押谷 仁
臨牀と研究   90(12) 1657-1661   Dec 2013
"新型インフルエンザ等"の法的規制を考える 公衆衛生の立場から考える新型インフルエンザ対策
押谷 仁
感染症道場   2(4) 53-56   Oct 2013
感染症対策に資する社会接触パターンに関する調査解析
神垣 太郎, 押谷 仁
日本公衆衛生学会総会抄録集   72回 199-199   Oct 2013
【大規模災害に備えた公衆衛生対策のあり方】 大規模災害において想定される保健医療福祉の課題 感染症の観点から
押谷 仁, 神垣 太郎
保健医療科学   62(4) 364-373   Aug 2013
大規模災害後には被災地の衛生状態の悪化や避難所の過密状態など環境要因が変化することにより、感染症の流行が起きるリスクが高まる。通常、大規模災害発生後1週間目程度から感染症流行への懸念が強調されることが多い。しかし、実際に大きな被害をもたらすような感染症の流行が起きることはむしろまれである。したがって感染症発生のリスクを適切に評価し、感染症対策を実施していくことが必要となる。また、感染症の流行を早期に検知し、適切な対応をすることが被害の拡大を抑制するために必要となる。早期検知には効果的なサー...
コロナウイルスと重症急性呼吸器感染症 SARS出現から10年、そして新型コロナウイルスの出現と今後の課題
押谷 仁
小児感染免疫   25(2) 185-188   Jul 2013
2003年に世界的な流行を引き起こしたSARS(severe acute respiratory syndrome)は、それまで全く知られていなかったコロナウイルスによって起きた新興感染症であった。その出現からほぼ10年が経過した2012年9月に、新たなコロナウイルスによる重症急性呼吸器感染症の患者が確認された。いずれも中東で感染した可能性があるが、感染源は特定されていない。SARS出現から10年が経ち、新興感染症に対する危機感が薄れているが、感染症に対する危機管理体制をもう一度見直す必要...
【東日本大震災、巨大津波、原発事故がわれわれに遺した課題】 東日本大震災後の感染症への対応 何が機能し何が機能しなかったのか
押谷 仁, 三村 敬司, 神垣 太郎
臨床とウイルス   41(3) 148-155   Jul 2013
【海外拠点におけるウイルス感染症研究】 フィリピンにおける東北大学のウイルス研究の取り組み
押谷 仁, 齊藤 麻理子, 岡本 道子, 玉記 雷太, 神垣 太郎, 鈴木 陽
ウイルス   63(1) 45-50   Jun 2013
東北大学医学系研究科は、感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)による感染症研究の拠点を、フィリピン・熱帯医学研究所(Research Institute for Tropical Medicine:RITM)に2008年より設置している。フィリピンの拠点では公衆衛生学的見地からフィリピンにおいて重要な感染症を対象とし、感染症対策に貢献できるような研究を目指すことを基本方針としている。このため研究プロジェクトの多くはフィリピン各地でのフィールドでの研究となっている。これまで...
新型インフルエンザに立ち向かう
押谷 仁
東京内科医会会誌   28(3) 224-227   Apr 2013
新型インフルエンザへの対応
押谷 仁
日本環境感染学会誌   28(Suppl.) 123-123   Feb 2013
【震災医療-来るべき日への医療者としての対応】 《その他》避難所における公衆衛生対応
押谷 仁
内科   110(6) 1107-1111   Dec 2012
<ポイント>・東日本大震災では多くの被災者が長期にわたる避難所生活をせざるをえなかった。・水道などのライフラインも確保できず衛生状態が悪化する避難所も多くみられた。さらに多くの被災者が狭い空間で生活をすることから感染症などが発生するリスクが増大していた。このような避難所ではリスクアセスメントを行い、適切な公衆衛生対応をすることが求められる。・また、感染症だけではなく広く公衆衛生全体のニーズを把握するためのrapid assessment(迅速な評価)も被災地全体で行われるべきであった。・東...
【新型インフルエンザは再びおこるか】 我が国の新型インフルエンザ対策
押谷 仁
臨牀と研究   89(12) 1683-1686   Dec 2012
新興呼吸器感染症としてのエンテロウイルス68
押谷 仁, 今村 忠嗣
感染症   42(5) 189,180-194,180   Sep 2012
エンテロウイルス68(EV68)は、他のエンテロウイルスと異なり酸抵抗性がないなど、ライノウイルスと違う特性を持ったウイルスであり、ライノウイルスと同様に、これまで呼吸器からのみ検出されており、腸管ウイルスではなく呼吸器ウイルスであると考えられている。EV68は1962年に初めて分離されたウイルスであるが、それ以降きわめてまれにしか検出されてこなかった。ところが2008年以降、世界各地からEV68の検出例の報告が相次いでなされている。われわれもフィリピンにおいて2008年から2009年にか...
【国際感染症対策の現状と課題】 新興感染症の研究および対策の現状と課題 世界と日本
押谷 仁
公衆衛生   76(8) 601-604   Aug 2012
【クローズアップ感染症】 <小児感染症領域における国際貢献>感染症コントロールの国際舞台で働くために
押谷 仁
小児内科   44(7) 1190-1194   Jul 2012
<Key Points>(1)グローバル化した感染症の脅威に立ち向かうためには国際社会の協力が必要である。(2)途上国では多くの子どもたちが肺炎などの感染症で死亡している。(3)日本から感染症コントロールの国際舞台で活躍する人たちがもっと出てくるべきである。(4)感染症コントロールの国際舞台で働くためには、公衆衛生・疫学などの基礎知識は必須である。(著者抄録)
東日本大地震後の感染症対応について 東日本大震災後の感染症への対応 何が機能し、何が機能しなかったのか
押谷 仁
臨床とウイルス   40(2) S35-S35   May 2012
【東日本大震災から1年 保健師が受け止めたもの】 保健衛生システム復興のために 東北大学地域保健支援センターの立ち上げと活動
佐藤 眞理, 辻 一郎, 押谷 仁, 平野 かよ子
保健師ジャーナル   68(3) 200-205   Mar 2012
【災害後の医療の課題-東日本大震災の経験を活かして-】 自然災害発生後の感染症のリスクとその対応
押谷 仁
Geriatric Medicine   50(3) 291-295   Mar 2012
大規模な自然災害後には感染症の流行の危険性が誇張して伝えられることが多いが、実際に大規模な感染症の流行によって大きな被害が起きることはむしろまれである。東日本大震災後にもインフルエンザなどの流行が一部の避難所で起きたが、大きな被害が起きることはなかった。しかし、東日本大震災では非常に広範にその被害が起きたことなどから衛生状態の悪化した避難所などが多くみられた。東日本大震災の被災者の多くは高齢者であり、災害弱者である高齢者における感染対策には多くの課題が残った。(著者抄録)
【インフルエンザ-その現状と対応-】 インフルエンザ流行の世界的動向
押谷 仁
化学療法の領域   27(12) 2642-2649   Nov 2011
インフルエンザの流行はパンデミックインフルエンザだけでなく、季節性インフルエンザも世界規模で流行が起きる。温帯地域では冬から春にかけて流行が起きるが、熱帯・亜熱帯地域では1年を通してインフルエンザウイルスが検出される。近年、このような熱帯・亜熱帯地域が新たなインフルエンザウイルスの変異株が発生する場所として注目されてきている。インフルエンザの流行状況を正しく理解するためには世界規模でインフルエンザをモニタリングする必要がある。インフルエンザサーベイランスネットワークは急速に充実しつつあり、...
グローバル化する感染症の脅威にどう立ち向かうべきか
押谷 仁
中部大学生命健康科学研究所紀要   7 1-12   Mar 2011

Books etc

 
臨床医のための呼吸器・消化管ウイルス感染症
札幌医科大学医学部小児科学講座教授 堤 裕幸ed. 押谷 仁 (Part:Joint Work, ライノウイルス(エンテロウイルス68型))
診断と治療社   Aug 2014   
医療機関における新型インフルエンザ等対策。ミニマム・エッセンシャルズ
川崎市健康安全研究所 岡部 信彦 ed. 押谷 仁 (Part:Joint Work, WHOの新たな新型インフルエンザガイダンスについて235-239)
南山堂   Aug 2014   
シンプル衛生公衆衛生学2014
群馬大学名誉教授 鈴木庄亮 ed. 押谷 仁 (Part:Joint Work, 主な病原微生物157)
南山堂   Mar 2014   
シンプル衛生公衆衛生学2013
群馬大学名誉教授 鈴木庄亮 ed. 押谷 仁 (Part:Joint Work, 感染症の病態・疫学の基本155)
南山堂   Mar 2013   
インフルエンザの最新知識Q&A2012 パンデミックH1N1 2009の終焉を迎えて~
新潟大学名誉教授 鈴木 宏、東北大学加齢医学研究所教授 渡辺 彰 ed. 押谷 仁 (Part:Joint Work, ・パンデミックH1N12009活動の総括と今後。グローバルな視野からの総括と今後は?16-19)
医薬ジャーナル社   May 2012   

Conference Activities & Talks

 
グローバルからローカルへの感染症対策:エボラ・新型インフルエンザから地域内季節性インフルエンザ対策へ
大館市立総合病院地域関連感染対策セミナー   4 Mar 2015   
新興感染症への地域の備え:西アフリカのエボラウイルス感染症の流行から見えてきた課題
平成26年度秋田県医師会感染症等危機管理研修会   3 Mar 2015   
東北大学・フィリピン拠点の活動成果
感染症に備えるアジア・アフリカ「知のネットワーク」10年の歩み    成果報告シンポジウム   20 Feb 2015   
新興感染症の脅威とその対応
山形県獣医師会 公衆衛生講習会   19 Feb 2015   
新型インフルエンザなどの感染症危機管理への自治体の備え
東北ブロック感染症危機管理会議   17 Feb 2015   
エボラウイルス感染症などの新興感染症に我々はどう備えたらいいのか
気仙沼市立病院講演会   2 Feb 2015   
感染症危機管理のためのリスクマネジメントの考え方
平成26年度 日本公衆衛生学会・感染症事例のリスクアセスメント研修会   7 Nov 2014   
フィリピンにおける小児急性呼吸器感染症に関する研究
第55 回日本熱帯医学会大会・第29 回日本国際保健医療学会学術大会・合同大会   1 Nov 2014   
Recovery from the Great Tohoku Earthquake and Fukushima nuclear plant disaster
NIH –Japan JSPS Symposium   23 Oct 2014   
新たな感染症の脅威にどう対応したらいいのか
河北健康の医学教室   21 Oct 2014   
新型インフルエンザの現状と課題
玉川医師会小児科医会学術講演会   25 Sep 2014   
新型インフルエンザ等の新興感染症対策とリスクアセスメント
秋田県感染症研究会第71回例会   16 Sep 2014   
新型インフルエンザ等の新興感染症対策とリスクアセスメント
第16回三重県院内感染対策研究会   10 Sep 2014   
感染症危機管理と学校の役割
東京都教育庁 健康づくりフォーラム   31 Jul 2014   
今後のパンデミック対策とリスクアセスメント
第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会合同学会   18 Jun 2014   
Globalization and Emerging Infectious Diseases
The 93rd GRIPS Forum   9 Jun 2014   
Epidemiology Of Influenza Infection Among Pregnant Women And Children Under 6 Months In Mongolia, 2013/14 Season: A Prospective Cohort Study
Third ISIRV-Antiviral Group Conference ("Influenza and Other Respiratory Virus Infections: Advances in Clinical Management")   4 Jun 2014   
フィリピンの台風30号(Yolanda)の被害とJ-GRID研究への影響
H26年度第1回JICA国際緊急援助隊医療チーム課題検討会   15 Apr 2014   
新型インフルエンザ等の感染症リスクマネジメントの課題
第11回感染症リスクマネジメント作戦講座   19 Mar 2014   
フィリピンの台風被害に東日本大震災の経験をどう生かすか
日本公衆衛生学会 東日本大震災後3年の復興活動の共有シンポジウム   16 Mar 2014   
新型インフルエンザのリスクとその対応の課題
福島県医師会感染症危機管理研修会   2 Mar 2014   
新型インフルエンザ等の感染症危機管理と自治体の課題
第7回東北ブロック感染症危機管理会議幹事会   28 Feb 2014   
Infectious Diseases and Other Public Health Risks after the Typhoon Yolanda
Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2014   20 Jan 2014   
Research projects in the Philippines
The Asian Conference, Renewal of Our Commitment for Fighting against Communicable Diseases   14 Jan 2014   
Chairperson
The 18th Congress of Asian Pacific Society of Respirology   14 Nov 2013   
インフルエンザ対策における学校の役割
秋田県医師会のシンポジウム  「第44回全国学校保健・学校医大会」   9 Nov 2013   
新たな呼吸器ウイルス出現とリスクアセスメン:鳥インフルエンザH7N9とMERS
第61回日本科学療法学、第56回日本感染症学会、第83回日本感染症学会   6 Nov 2013   
Influenza pandemic preparedness and response in Japan
Japan-Russia International Workshop 2013(JRIW2013)   26 Oct 2013   
座長
第72回日本公衆衛生学会総会   23 Oct 2013   
Molecular epidemiology of respiratory syncytial virus in three Asian countries: Japan, Mongolia and the Philippines
The 14th National Virology Conference   27 Sep 2013   
フィリピンにおける狂犬病
文部科学省・感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(J-GRID)   20 Jul 2013   
公衆衛生の立場から考える新型インフルエンザ対策
第87回日本感染症学学会. 第61回日本科学療法学会総会   5 Jun 2013   
フィリピン重症肺炎の実態
J-GRIDプログラムで日本パスツール協会主催シンポジウム   24 May 2013   
Evolution of Respiratory Viruses in Asia
NIH-Tohoku University-JSPS Symposium. The 2nd Year Anniversary of the Great East Japan Earthquake, Present and Future   9 May 2013   
Public health recovery after the Great East Japan Earthquake: Experiences in selected areas of Miyagi Prefecture
International Conference on Health Sector Recovery from Disasters   5 Mar 2013   
新型インフルエンザへの対応
第28回日本環境感染学会総会   1 Mar 2013   
Moderator
Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2013   23 Jan 2013   
Moderator
NIH –Japan JSPS Symposium   26 Nov 2012   
コロナウイルスと重症急性呼吸器感染症:SARS出現から10年、そして新型コロナウイルスの出現と今後の課題
第44回日本小児感染症学会総会・学術集会   24 Nov 2012   
海外拠点活動
第60回日本ウイルス学会学術集会   13 Nov 2012   
大災害における感染症対策と公衆衛生上の課題
第71回日本公衆衛生学会総会   24 Oct 2012   
Influenza surveillance in resource poor countries
Pandemic influenza international conference   5 Sep 2012   
感染症制御に向けての国際貢献:フィールドリサーチをどう感染症制御につなげるのか?
第5回小児感染症専門医育成フォーラム   28 Jul 2012   
東日本大震災後の感染症への対応:何が機能し、何が機能しなかったのか
第53回日本ウイルス学会   16 Jun 2012   
WHO Seasonal Influenza Vaccine Recommendations & Review of Vaccine Coverage
APACI's Inaugural Asia-Pacific Influenza Summit   12 Jun 2012   
公衆衛生危機管理:東日本大震災後の公衆衛生対応はどうあるべきだったのか
第57回大分県公衆衛生学会   25 Feb 2012   
Infectious disease risk and public health recovery after the Great East Japan Earthquake
Asian-African Research Forum on Emerging and Reemerging Infections 2012   11 Jan 2012   
Infectious Disease Risk and Long-term Public Health Recovery after the Great East Japan Earthquake
47th Joint Committee Meeting Japan – U.S. Cooperative Medical Science Program2011   23 Oct 2011   
Infectious Disease Risk and Long-term Public Health Recovery after the Great East Japan Earthquake
47th Joint Committee Meeting Japan – U.S. Cooperative Medical Science Program   23 Oct 2011   
Epidemiology and etiological roles of two picornaviruses: human rhinovirus C and enterovirus 68
The 13th National Conference “Current Topics of Virology”2011   9 Sep 2011   
Epidemiology and etiological roles of two picornaviruses: human rhinovirus C and enterovirus 68
The 13th National Conference “Current Topics of Virology”   9 Sep 2011   
高病原性鳥インフルエンザの現状と課題
日本家禽学会H23年度秋季大会 公開シンポジウム   24 Aug 2011   
高病原性鳥インフルエンザの現状と課題
日本家禽学会2011年度秋季大会 公開シンポジウム   24 Aug 2011   
The Great East Japan Earthquake 2011: Health Impact and Recovery of Public Health Systems. Kobe Earthquake 1995 and Japan Earthquake and Tsunami of 2011
First Regional Health Cluster Forum on Humanitarian Emergencies   22 Aug 2011   
新型インフルエンザに立ち向かう
第21回環境工学総合シンポ2011特別講演会   30 Jun 2011   
クローバるな視点からみた感染症対策とフィールドリサーチの役割:フィリピン感染症研究拠点の経験から
第28回日本医学会総会2011東京   9 Apr 2011   
インフルエンザ対策のエビデンス:わかっていることわかっていないこと
押谷 仁
第26回日本環境感染症学会総会   18 Feb 2011   
熱帯地で問題になる人獣共通感染症
押谷 仁
第51回日本熱帯医学会大会   4 Dec 2010   
新型インフルエンザA/H1N1の世界の状況と日本との比較
押谷 仁
第42回日本小児感染症学会シンポジウム   28 Nov 2010   
新型インフルエンザA/H1N1の世界の状況と日本との比較.
第58回日本ウイルス学会   7 Nov 2010   
新型インフルエンザなどのグローバル化する感染症にどう立ち向かうのか
押谷 仁
広島保健学会第7回学術集会   3 Oct 2010   
Aetiology of severe acute respiratory tract infection in a rural area
押谷 仁
5th Annual Scientific Symposium, Stanley Ho Centre for Emerging Infectious Diseases, Hong Kong.   29 Jun 2010   
Pandemic in Asia: Pandemic experiences and challenges beyond
押谷 仁
International Symposium on Influenza Pandemic in Asia   23 Mar 2010   
Emerging infectious diseases in East Asia: Progress in strengthening capacity and unfilled gaps
押谷 仁
The conference on Strengthening Health and Non-Health Response Systems in Asia, Singapore   18 Mar 2010   
Perspective on Planning for and Responding to the H1N1 Pandemic
押谷 仁
XII International Symposium on Respiratory Viral Infections, Chinese Taipei   11 Mar 2010   
Translating data to information for policy formulation and implementation
押谷 仁
Experiences from regional Outbreaks. SEA Regional Conference on Epidemiology, New Delhi, India   9 Mar 2010   
新型インフルエンザA(H1N1):これまでの日本の対応と今後の課題
押谷 仁
第19回IDATENインタラクティプ・ケースカンファレンス   5 Dec 2009   
「インフルエンザパンデミックの基本とその対策」
押谷 仁
第49回近畿産業衛生学会   14 Nov 2009   
パンデミックインフルエンザ:ワクチンと抗ウイルス剤
押谷 仁
第57回 日本ウイルス学会学術集会   26 Oct 2009   
新型インフルエンザについて
押谷 仁
第63回国立病院総合医学会   24 Oct 2009   
新型インフルエンザA(H1N1) 総論:世界の状況とわが国の対応
押谷 仁
第68回公衆衛生学会総会   21 Oct 2009   
「インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの予想される展開と課題」
押谷 仁
第48回臨床呼吸器カンファレンス   3 Sep 2009   
Pandemic preparedness and H1N1 pandemic severity assessment in southeast Asia
押谷 仁
The Lancet Conference in Influenza in the Asia-Pacific, Beijing China   22 Aug 2009   
「新型インフルエンザの基礎知識とその対策」
押谷 仁
第13回日本渡航医学会学術集会   17 Jul 2009   
「新型インフルエンザ対策の現状と課題」
押谷 仁
第45回宮城県公衆衛生学会学術総会   25 Jun 2009   
インフルエンザA(H1N1)の世界の状況と日本での今後の展開
押谷 仁
第50回日本臨床ウイルス学会   14 Jun 2009   
インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの各国の状況と日本の課題
押谷 仁
第49回日本呼吸器学会学術講演会   13 Jun 2009   
WHOでの経験を含めて―感染症コントロールの国際舞台で働くために―
押谷 仁
第83回日本感染症学会総会   24 Apr 2009   
新型インフルエンザ対策の課題
押谷 仁
平成20年度福島県自治体病院学会   8 Nov 2008   
Influenza Pandemic Preparedness: Issues and Challenges
押谷 仁
Third Singapore Public Health & Occupational Medicine Conference, 16 & 17 Sep 2008   16 Sep 2008   
クローバル化する新興感染症とその対応
押谷 仁
第62回日本交通医学会総会   7 Jun 2008   
Influenza pandemic preparedness: WHO strategy and current situation in Japan
押谷 仁
7th Japan-China International Conference of Virology   1 Jun 2008   
新型新インフルエンザとは
押谷仁
日本医療学シンポジウム   1 Jun 2008   
救急医療と感染症:呼吸器ウイルスアウトブレイクを中心として
押谷 仁
第11回日本臨床救急医学会総会・学術集会   7 Jun 2007   
「日本の新型インフルエンザ対策の現状と課題」
押谷仁
第55回日本化学療法学会総会   1 Jun 2007   
「鳥インフルエンザ(H5N1)感染症の現況と今後」
押谷仁
第104回日本内科学会総会   3 Apr 2007   
「グローバル化する新興感染症と日本の課題」
押谷仁
新潟県臨床衛生検査技師会学術研究会 感染制御部門 疫学領域分野 研修会   3 Mar 2007   
「新型インフルエンザ対策の現状と今後の課題」
押谷仁
第18回日本臨床微生物学会総会   17 Feb 2007   
「グローバル化する新興感染症に対する危機管理体制」
押谷仁
平成18年度岩手県立病院医学会春季学術集会   3 Feb 2007   
「小児科の視点から見た新型インフルエンザ対策の課題」
押谷仁
東北小児感染症懇話会   20 Jan 2007   
「新型インフルエンザ対策に関するエビデンス:何がわかっていて、何がわかっていないのか?」
押谷仁
第9回九州感染症・化療フォーラム   13 Jan 2007   
「インフルエンザA(H5N1)による鳥インフルエンザの現状と新型インフルエンザ対策の課題」
押谷仁
第二回奈良新興感染症研究会   11 Jan 2007   
Overview of the current situation of avian influenza A(H5N1) and the risk of influenza pandemic
押谷仁
11th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology   19 Nov 2006   
Possibility of Early Containment of Potential Influenza Pandemic
押谷仁
U.S.-Japan Cooperative Medical Science Program (USJCMSP) 11th International Conference on Emerging Infectious Disease in the Pacific Rim   16 Nov 2006   
鳥インフルエンザの現状と新型インフルエンザ対策の課題
押谷仁
第5回上越IC(Infection Control)フォーラム   13 Nov 2006   
「鳥インフルエンザ、SARSなどの新興ウイルス感染症の脅威と課題」
押谷仁
第53回日本臨床検査医学会学術集会   9 Nov 2006   
「新型インフルエンザにおけるWHOの対応と日本の対応」
押谷仁
公衆衛生学会   27 Oct 2006   
Influenza pandemic threat and global and regional responses
押谷仁
PANDEMIC INFLUENZA WORKSHOP Multilateral Perspectives on Preparedness Response Planning, and Areas for Cooperation   27 Sep 2006   
鳥インフルエンザ問題を考える
押谷仁
緊急国際シンポジウム もうひとつのアジア安全保障   22 Sep 2006   
国際化と新興感染症
押谷仁
第89回日本輸血・細胞治療学会 東北支部例会   16 Sep 2006   

Research Grants & Projects

 
Establishing research network for control of childhood acute respiratory infections in Asia and Africa
Japan Society for the Promotion of Science: Core-to-Core Program, Asia-Africa Science Platforms
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Japan Agency for Medical Research and Development: Japan Initiative for Global Research Network on Infectious Diseases (J-GRID)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2020    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Japan Science and Technology Agency (JST): Strategic Basic Research Programs (CREST)
Project Year: Oct 2011 - Mar 2017    Investigator(s): Tatsuo Oomura
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2016    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Japan Agency for Medical Research and Development: Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development (SATREPS)
Project Year: Apr 2010 - Mar 2016    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
フィリピンの新興・再興感染症研究拠点における国際共同研究
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Japan Initiative for Global Research Network on Infectious Diseases (J-GRID)
Project Year: Apr 2010 - Mar 2015    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): Masato Tashiro
新型インフルエンザ発生時の公衆衛生対策の再構築に関する研究
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant
Project Year: Apr 2013 - Mar 2021    Investigator(s): Ichiro Tsuji
熱帯東南アジアにおける新型インフルエンザH1N1による疾病負担ならびに超過死亡の研究
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
被災地の保健機能復興と経験共有
Sasakawa Peace Foundation: Sasakawa Peace Foundation Grant
Project Year: Oct 2011 - Mar 2012    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
アジアにおけるインフルエンザウイルスの疫学解析ネットワークの構築
Project Year: Apr 2009 - Mar 2012
小児呼吸器感染症の病因および疫学解析に基づく予防・制御に関する研究
Project Year: Jun 2010 - Mar 2011
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research
Project Year: Apr 2010 - Mar 2011
新型インフルエンザによるパンデミック対策と域内協力事業
Sasakawa Peace Foundation: Sasakawa Peace Foundation Grant
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011
Ministry of Health, Labor and Welfare: Health Labour Sciences Research Grant
Project Year: Apr 2008 - Mar 2011    Investigator(s): OSHITANI Hitoshi
急性呼吸器感染症の感染メカニズムと疫学、感染予防・制御に関する研究
Project Year: Apr 2006 - Mar 2011
開発途上国に対する新型インフルエンザサーベイランス及び対応能力強化支援の具体的あり方に関する研究
Project Year: Apr 2009 - Mar 2010
新型インフルエンザ対策における検疫の効果的・効率的な実施に関する研究
Project Year: Apr 2009 - Mar 2010
改正国際保健規制への対応体制構築に関する研究
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010
感染症の病態別、迅速多項目診断システムの開発
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010
フィリピンの新興・再興感染症研究拠点における国際共同研究
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010
健康危機管理におけるクライシスコミュニケーションのあり方の検討
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
感染症アウトブレイクに対する効果的な国際協力のあり方に関する研究
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
フィリピンにおける新興・再興感染症研究拠点形成に向け試行的共同研究
Project Year: Apr 2007 - Mar 2008
新型インフルエンザへの事前準備と大流行発生時の緊急対応計画に関する研究
Project Year: Apr 2006 - Mar 2008
フィリピンでの新興・再興感染症研究拠点形成のための予備調査
Project Year: Oct 2006 - Mar 2007
地域での新型インフルエンザ対策の現状と対策推進に関する調査研究
Project Year: Apr 2006 - Mar 2007
新型インフルエンザ発生時の対応に関する研究
Project Year: Apr 2005 - Mar 2006

Social Contribution

 
秋田県感染症研究会第71回例会
[Others]  16 Sep 2014
新型インフルエンザ等の新興感染症対策とリスクアセスメント
第16回三重県院内感染対策研究会
[Others]  10 Sep 2014
新型インフルエンザ等の新興感染症対策とリスクアセスメント
東京都教育庁 健康づくりフォーラム
[Others]  31 Jul 2014
感染症危機管理と学校の役割
山形県村山保健所講演会
[Others]  27 Jan 2014
新型インフルエンザ対策の現状と課題
第2回東北-新潟 exchange meeting
[Others]  6 Dec 2013 - 7 Dec 2013
Infectious disease risk after the typhoon Yolanda (Haiyan) in the Philippines.
第61回秋田県感染対策協議会研修会
[Others]  16 Nov 2013
新型インフルエンザの現状と対策
H25年度兵庫県市町長防災危機管理ラボ
[Others]  18 Oct 2013
新型インフルエンザ等の感染症危機管理と行政の役割
豊橋医師会の講演会
[Others]  22 Jun 2013
新たな鳥インフルエンザA(H7N9)の出現と新型インフルエンザ対策の課題.
アジア大都市ネットワーク2 アジア感染症対策プロジェクト共同調査研究会議
[Others]  6 Jun 2013
世界のインフルエンザの現状と対策鳥インフルエンザH7N9を中心に
石巻赤十字病院の講演会
[Others]  23 May 2013
H7N9インフルエンザパンデミックへの備えと課題
国際保健トレーニング合宿
[Others]  18 Mar 2013
感染症は国境を越えて
笹川平和財団ワークショップ
[Others]  11 Mar 2013
被災地の保健機能復興と経験共有」事業の取り組みを通じて見えてきた課題の整理
平成24年度感染症危機管理研修会
[Others]  6 Feb 2013
東日本大震災の被災地における感染症対策:保健衛生の原点から危機管理を考える
栃木県上都賀郡医師会でのインフルエンザワクチンについての講演会
[Others]  13 Dec 2012
インフルエンザ対策-新型インフルエンザに備えて
東京都内科医学会学術講演会
[Others]  8 Dec 2012
新型インフルエンザに立ち向かう
気仙沼市立病院の講演
[Others]  9 Oct 2012
新型インフルエンザ対策の新たな課題
石巻赤十字病院の講演会
[Others]  4 Oct 2012
新型インフルエンザ対策の新たな課題
平成24年度秋田県医師会感染症等危機管理研修会
[Others]  3 Oct 2012
新型インフルエンザ対策の新たな課題
第5回小児感染症専門医育成フォーラム
[Others]  28 Jul 2012
感染症制御に向けての国際貢献:フィールドリサーチをどう感染症制御につなげるのか?
保健医療科学院 平成24年度健康危機管理研修
[Others]  15 Jun 2012
被災地における感染症対策:東日本大震災の経験からみる災害時の感染症対策
大分・新型インフルエンザ医療従事者研修会
[Others]  25 Feb 2012
新型インフルエンザ対策:2009年のパンデミック後の対策はどうあるべきか
三重県感染症情報化コーディネーター養成研修会
[Others]  20 Feb 2012
被災時の感染症対策東日本大震災などの被災時に想定される感染症対策
第5回東北ブロック感染症危機管理会議
[Others]  6 Feb 2012
行動計画・ガイドラインの改訂のポイントを踏まえた新型インフルエンザ対策
平成23年度感染症危機管理研修会
[Others]  12 Oct 2011
東日本大震災の被災地における感染症対策と保健衛生システムの復興
平成23年度秋田県医師会感染症等危機管理研修会
[Others]  1 Oct 2011
新型インフルエンザ対策をもう一度考える
東北大学サイエンスカフェ+リベラルアーツサロン」スペシャル版
[Others]  13 May 2011
東日本震災後の感染症発生のリスクと対策のポイント
第32回秋田県小児科医会総会特別講演
[Others]  23 Apr 2011
東日本大震災の被災 地における感染症の現状と保健衛生システムの再生への道
[日本国内] 富士フイルム先進研究所の講演会
[Others]  14 Jan 2011
「インフルエンザ感染とその対策:何がわかっていて何がわかっていないのか?」
[日本国内] 眼科第111回懇話会
[Others]  20 Nov 2010
「インフルエンザ対策の現状と問題点」
[日本国内] 第5回中部大学ライフサイエンスフォーラム
[Others]  10 Nov 2010
「グローバル化する感染症の脅威にどう立ち向かうべきか」
[日本国内] 九都県市新型インフルエンザ対策検討部会
[Others]  26 Oct 2010
「インフルエンザパンデミック(H1N1)対策の検証と課題」
[日本国内] 兵庫県保険医協会 特別研究会
[Others]  2 Oct 2010
「インフルエンザパンデミック(H1N1)2009の対応への教訓と今後の課題」
[日本国内] 平成22年度 第2回感染制御専門薬剤師セミナー
[Others]  10 Sep 2010
「新型インフルエンザ対策の現状と課題」
[日本国内] 第9回岐阜呼吸器治療セミナー
[Others]  9 Sep 2010
「新型インフルエンザ(H1N1)への対応の総括と今後の課題」
[日本国内] 第47回大分感染症研究会
[Others]  26 Aug 2010
「新型インフルエンザへの対応:2009年の流行を振り返って見えてきた課題」
[日本国内]  平成22年度高齢者インフルエンザワクチン予防接種講習会
[Others]  31 Jul 2010
「新型インフルエンザ(H1N1):2009年の流行を振り返って見えてきた課題」
[日本国内] 第21回三河感染・免疫研究会
[Others]  10 Jul 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)の総括と展望」
[日本国内] H22年度防災啓発研修講演会
[Others]  2 Jul 2010
「新型インフルエンザへの対応とその課題」
[日本国内] 第24回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウムプログラム
[Others]  2 Jul 2010
「エビデンスという視点から見た新型インフルエンザH1N1pdm2009パンデミック」
[日本国内] ジスロマックSR全国講演会の東京講演会
[Others]  19 Jun 2010
「新型インフルエンザへの対応:2009年の総括と今後の課題」
[日本国内] 日本医科大学医学会第20回公開シンポジウム
[Others]  12 Jun 2010
「新型インフルエンザの対応とその課題」
[日本国内] 第54回倉敷胸部疾患懇話会
[Others]  26 May 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)への対応の総括と今後の課題」
[日本国内] バイオメディカルサイエンス研究会 感染症対策啓発セミナー
[Others]  30 Mar 2010
「新型インフルエンザなどの感染症への対応の課題」
[日本国内] 仙台外来小児科懇話会
[Others]  30 Mar 2010
新型インフルエンザA(H1N1)の流行について: 2009年4月-2010年3月の流行を振り返って
[日本国内] 岡山小児・感染免疫フォーラム
[Others]  25 Mar 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)2009-10年の流行の統括」
[日本国内] 石川県金沢市講演会
[Others]  28 Feb 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)への対応の総括と課題」
[日本国内] 京都市市医会臨時総会・講演会
[Others]  28 Feb 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)への対応の総括と課題」
[日本国内] 京都市市医会臨時総会
[Others]  27 Feb 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)への対応の総括と課題」
[日本国内] 第回 元気、健康フェアin 東北
[Others]  27 Feb 2010
「新型インフルエンザの基礎と問題点」
[日本国内] 長井市西置賜郡 医師会薬剤師会 合同講演会
[Others]  2 Feb 2010
「新型インフルエンザA(H1N1):これまでの日本の状況とこれからの課題」
[日本国内] 全国疫学情報データベース構築研修会
[Others]  28 Jan 2010
「新型インフルエンザA(H1N1)の疫学と公衆衛生対応」
[日本国内] いわき明星大学第17回 薬学セミナー
[Others]  26 Jan 2010
「新型インフルエンザA (H1N1) の出現と課題」
[日本国内] 第19回IDATENインタラクティプ・ケースカンファレンス
[Others]  5 Dec 2009
「新型インフルエンザA/H1N1への対応:これまでの総括と今後の課題」
[日本国内] 平成21年度 阪神南圏域地域戦略推進事業・緊急講演会
[Others]  4 Dec 2009
「新型インフルエンザA/H1N1への対応:これまでの総括と今後の課題」
[日本国内] 市民のためのサイエンス講座
[Others]  24 Nov 2009
「新型インフルエンザにどう対応すべきなのか」
[日本国内] 大館北秋田医師会他学術講演会
[Others]  24 Nov 2009
「新型インフルエンザA/H1N1:地域の医療体制の課題」
[日本国内] 第23回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会
[Others]  22 Nov 2009
新興・再興感染症
[日本国内] 第49回近畿産業衛生学会
[Others]  14 Nov 2009
「インフルエンザパンデミックの基本とその対策」
[日本国内] 京都府市町村長防災危機管理ラボ
[Others]  10 Nov 2009
「新型インフルエンザと自治体の対策」
[日本国内] 京都府新型インフルエンザ講演会
[Others]  10 Nov 2009
「新型インフルエンザについて」
[日本国内] 「楽しむ科学教室」講演会講師
[Others]  1 Nov 2009
「新型インフルエンザの脅威と現代医学」
[日本国内] 公開講座(附属災害制御研究センター主催)
[Others]  31 Oct 2009
「新型インフルエンザの被害低減のために今何ができるのか」
[日本国内] 栃木県立がんセンター講演会
[Others]  30 Oct 2009
「新型インフルエンザA/H1N1:地域の医療体制の課題」
[日本国内] 小山地区医師会学術講演会
[Others]  30 Oct 2009
「新型インフルエンザA/H1N1:地域の医療体制の課題」
[日本国内] 大阪講演会
[Others]  29 Oct 2009
新型インフルエンザA/H1N1:現状と医療体制の課題
[日本国内] H21年度病理同窓会総会特別講演
[Others]  25 Oct 2009
「新型インフルエンザA/H1N1への対応」
[日本国内] 第63回国立病院総合医学会 市民公開講座
[Others]  24 Oct 2009
「新型インフルエンザについて」
[日本国内] 第68回公衆衛生学会総会 新型インフルエンザシンポ
[Others]  21 Oct 2009
新型インフルエンザA(H1N1) 総論:世界の状況とわが国の対応
[日本国内] 全国保健所長会第66回総会会員協議
[Others]  20 Oct 2009
「新型インフルエンザA(H1N1)最新の知見」
[日本国内] 第4回仙台外来小児科懇話会
[Others]  19 Oct 2009
「新型インフルエンザA(H1N1):大流行を目前ににかえ被害軽減のため何ができるのか」
[日本国内] 宮崎県医師会 平成21年度県民健康セミナー
[Others]  18 Oct 2009
「われわれは新型インフルエンザにどう対応したらいいのか」
[日本国内] FETP発足10年記念シンポジウム
[Others]  16 Oct 2009
FETPに今後期待される役割?新型インフルエンザ対策等健康危機管理に関連して
[日本国内] 第11回福山市医師会インフルエンザ講演会
[Others]  15 Oct 2009
「新型インフルエンザA/H1N1への医療機関の対応」
[日本国内] 感染症プログラムの総括シンポジウム
[Others]  9 Oct 2009
フィリピン:新型インフルエンザを見据えた重症肺炎への挑戦
[日本国内] 厚木医師会学術講演会
[Others]  26 Sep 2009
「新型インフルエンザA(H1N1)に対する対応:被害軽減(Mitigation)への戦略」
[日本国内] 日本ウイルス学会後援 第8回ウイルス学夏の学校・みちのくウイルス塾
[Others]  19 Sep 2009
「今回の新型インフルエンザの話: わかっていることわかっていないこと」
[日本国内] 北海道・東北ブロック保険師等研修会
[Others]  15 Sep 2009
「新型インフルエンザ対策」
[日本国内] 笹川平和財団緊急討論会
[Others]  14 Sep 2009
新型インフルエンザA(H1N1)によるパンデミックの課題
[日本国内] 亘理郡医師会公開講座 講演
[Others]  5 Sep 2009
「新型インフルエンザの基礎とその対応」
[日本国内] 奈良市職員対象の講演会
[Others]  4 Sep 2009
「新型インフルエンザ対策の現状と課題:インフルエンザA(H1N1)にどう対応すべきか」
[日本国内] 奈良市危機管理シンポジウム
[Others]  4 Sep 2009
「新型インフルエンザ対策の現状と課題:インフルエンザA(H1N1)にどう対応すべきか」
[日本国内] 第48回臨床呼吸器カンファレンス
[Others]  3 Sep 2009
「インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの予想される展開と課題」
[日本国内] 平成20年度庄内地域新型インフルエンザ対策検討会議
[Others]  27 Aug 2009
新型インフルエンザ対策の現状と課題
[日本国内] 医療法人医徳会真壁病院の講演会
[Others]  25 Aug 2009
新型インフルエンザA(H1N1)の現状と医療対応の課題
[日本国内] 阪神地区感染症懇話会
[Others]  31 Jul 2009
「インフルエンザA(H1N1)の現状と日本の対応の課題」
[日本国内] 平成21年度福井県自治研修所 県・部次長研修
[Others]  21 Jul 2009
新型インフルエンザについて
[日本国内] 第13回日本渡航医学会学術集会
[Others]  17 Jul 2009
「新型インフルエンザの基礎知識とその対策」
[日本国内] 第10回大阪シンポジウム特別講演
[Others]  4 Jul 2009
インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの各国の状況と日本の課題
[日本国内] 長崎市医師会講演
[Others]  2 Jul 2009
「インフルエンザA(H1N1)によるパンデミックにどう対処すべきか」
[日本国内] 第45回宮城県公衆衛生学会学術総会
[Others]  25 Jun 2009
「新型インフルエンザ対策の現状と課題」
[日本国内] 第14回石川感染対策フォーラム特別講演
[Others]  20 Jun 2009
「A(H1N1)による新型インフルエンザの現在の状況と今後予想される展開」
[日本国内] 第17回岡山臨床呼吸器研究会
[Others]  19 Jun 2009
インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの各国の状況と日本の課題
[日本国内] 第49回日本呼吸器学会学術講演会
[Others]  13 Jun 2009
インフルエンザA(H1N1)による新型インフルエンザの各国の状況と日本の課題
[日本国内] 第11期自治政策講座
[Others]  21 May 2009
「新型インフルエンザなどウイルス感染症への自治体の役割」
[日本国内] 笹川平和財団の講演会
[Others]  20 May 2009
「新型インフルエンザに関する緊急報告」
[日本国内] 東北大学新型インフルエンザ星稜地区FD
[Others]  18 May 2009
「豚由来A(H1N1)による新型インフルエンザの現状と今後起こり得ること」
[日本国内] 第83回日本感染症学会総会教育セミナー
[Others]  24 Apr 2009
WHOでの経験を含めて―感染症コントロールの国際舞台で働くために―
[日本国内] 第83回日本感染症学会総会 ランチョンセミナー
[Others]  24 Apr 2009
新型インフルエンザ
[日本国内] 宮城県医師会新型インフルエンザ講演会
[Others]  18 Apr 2009
「新型インフルエンザに対する医療機関の対応」
[日本国内] 八尾市医師会学術講演会
[Others]  11 Apr 2009
「新型インフルエンザ対策の基礎と課題」