田中 あかね

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:49
 
アバター
研究者氏名
田中 あかね
URL
http://www.tuat.ac.jp/~mol_path/
所属
東京農工大学
部署
農学研究院動物生命科学部門
職名
教授
学位
獣医学博士(岐阜大学)
その他の所属
東京農工大学

研究分野

 
 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 臨床獣医学
  • 基礎医学 / 免疫学 / 免疫学

経歴

 
1995年4月
 - 
1996年12月
- 動物病院勤務獣医師
 
2001年4月
 - 
2001年12月
- 東京農工大学農学部附属家畜病院勤務医
 
2002年1月
 - 
2002年9月
- (株)医薬分子設計研究所研究員
 
2002年10月
 - 
2005年4月
- (株)農工大ティーエルオー・NEDOマッチングファンド研究員
 
2005年5月
 - 
2005年6月
- 国立大学法人東京農工大学農学教育部・農学部科研費等研究支援研究員
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京農工大学 農学部 獣医学科
 
 
 - 
2001年
岐阜大学 連合獣医学研究科 臨床獣医学
 

委員歴

 
2016年10月
   
 
日本比較臨床医学会  評議員、編集委員
 
2013年4月
   
 
欧州アレルギー・臨床免疫学会  比較医学研究会委員
 
2006年4月
   
 
日本獣医学会  評議員
 

受賞

 
2012年11月
欧州アレルギー臨床免疫学会 Abstract Prize (Skin Allergy Meeting 2012)
受賞者: Akane Tanaka
 
2012年6月
Abstract Prize (XXX Congress of the European Academy of Allergology and Clinical Immunology)
受賞者: Akane Tanaka
 
2011年10月
社団法人計測自動制御学会 高速ビデオ画像を用いた心筋梗塞モデルラットの心運動解析 計測部門論文賞 第31号
受賞者: 石井抱、奥田寿和、高木健、折戸謙介、田中あかね、松田浩珍
 
2011年6月
Conference for BioSignal and Medicine CBSM2011最優秀賞 ヒト乳癌細胞株における増殖抑制標的分子の検討
受賞者: Kumiko Oida, Akane Tanaka, Keitaro Ohmori, Hiroshi Matsuda
 
2009年2月
財団法人油脂工業会館 油脂技術論文優秀賞 NC/Ngaマウスにおけるジホモ–γ–リノレイン酸の経口投与によるアトピー性皮膚炎の抑制に関する研究
受賞者: 田中あかね、松田浩珍、その他4名
 
2008年 Lipids.43(1):37-43に掲載

論文

 
皮膚アレルギーの動物モデル —機能性物質のスクリーニングと評価—
向 亮、松田浩珍、田中あかね
Functional Food Research 14   14 23-29   2018年8月   [査読有り][招待有り]
マスト細胞の活性化に基づく未熟児網膜症の病態発症メカニズム
松田研史郎、雨貝陽介、田中あかね、松田浩珍
Functional Food Research 14   14 4-9   2018年8月
Reduction in the colonization of Staphylococcus aureus on the skin surface under calcium-/magnesium-depleted conditions
Amagai Y, Makita Y, Takai M, Muko R, Matsuda H, Tanaka A
Letters in Applied Microbiology   In press    2018年7月   [査読有り]
Ocular morphology of the Japanese special natural monument, the Amami rabbit (Pentalagus furnessi), an endemic species in Amami Oshima
Amagai Y, Muko R, Matsuda H, Tanaka A
Int. J. Zoology and Animal Science   In press    2018年7月   [査読有り]
Murayama T, Kamihara H, Watanabe M, Matsuo T, MATSUDA K, Tanaka A, Matsuda H, Nomura Y
Biosci. Biotech. Biochem.   In press    2018年4月   [査読有り]

Misc

 
Jin W, Tanaka A, Watanabe G, Matsuda H, Taya K.
Journal of Reproduction and Development   56(4) 437-443   2010年
NC/Ngaマウスの再発見とアレルギー研究に与えたインパクト
田中あかね・松田浩珍
喘息(医薬ジャーナル)      2007年
Kaoru Karasawa, Hiroshi Matsuda, Akane Tanaka
J. Small Anim. Pract.   49(4) 208-210   2008年
マスト細胞の組織浸潤機構
田中あかね、松田浩珍
アレルギー・免疫/株式会社医薬ジャーナル社   13(6) 65-71   2006年
H Kawashima,N.Tateishi, A.shiraishi, N Teraoka T.Tanaka,A.Tanaka, H.Matsuda, Y.Kiso
Lipids   43(1) 37-43   2008年

書籍等出版物

 
肥満細胞腫における分子標的治療法の最近の知見
田中あかね、雨貝陽介、松田浩珍 (担当:共著)
株式会社インターズー   2012年12月   
肥満細胞の腫瘍化メカニズム
田中あかね、松田彬、雨貝陽介、松田浩珍 (担当:共著)
株式会社インターズー   2012年12月   
疾患モデルマウス 表現型解析指南「アレルギー」
田中あかね、松田浩珍 (担当:共著)
中山書店   2011年12月   
Mastocytosis
Kambe N, Tanaka A, Miyachi Y (担当:共著)
2007年   
Animal models of Atopic eczema/Handbook of Atopic Eczema
Tanaka A. and Matsuda H. (担当:共著)
Springer Berlin Heideliberg   2005年8月   

講演・口頭発表等

 
ウマ histidine-rich glycoprotein のクローニング及び検出
Muko R, Matsuda H, Tanaka A
第31回日本ウマ科学会学術集会   2018年12月4日   日本ウマ科学会
イヌを用いた自走式カプセル型内視鏡モデルの検証
Katsuta C, Ito K, Matsuda H, Tanaka A, et al
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月12日   日本獣医学会
未熟網膜症病態発現機構の分子解析:マスト細胞の必要性
Matsuda K, Tanaka A, Matsuda H, et al
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月12日   日本獣医学会
生体内におけるマスト細胞の低酸素応答機構の解析
Amagai Y, Matsuda H, Tanaka A
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月12日   日本獣医学会
高速マイクロ液体ジェットを用いた無針注射で倍の開発に向けて
Kiyama K, Katsuta C, Tanaka A, Tagawa Y, et al
第7回TOBIRA研究交流フォーラム   2018年5月11日   東京バイオマーカーイノベーション技術研究組合

担当経験のある科目

 

Works

 
日刊工業新聞「虚血部の血管再生」RNA 干渉駆使し成功」
松田浩珍教授、アルファージェン   2007年12月 - 2007年12月
日経産業新聞「閉塞性動脈硬化賞の治療人工RNAで実験」
松田浩珍教授・アルファージェン   その他   2007年12月 - 2007年12月
毎日新聞「高純度軟化水に高い関心ーアトピー対策で」ブエノスアイレス(アルゼンチン)で行われた第21回世界皮膚科学会
三浦工業三浦研究所 高井政喜(生活科学研究室長)   その他   2007年10月 - 2007年10月

競争的資金等の研究課題

 
高機能性マイクロジェットの生成法確立と医工学利用基盤の構築
研究期間: 2017年 - 2017年
肥満細胞腫のコンパニオン診断とリスク評価ツリーの構築
研究期間: 2015年 - 2018年
イオンチャネル型受容体TRPが繋ぐ痒みとアレルギー性炎症のクロストーク
研究期間: 2015年 - 2016年
アトピー性皮膚炎における皮膚バリア修復不全機構の分子解析
研究期間: 2014年 - 2014年
アトピー性皮膚炎における皮膚バリア修復不全機構の分子解析
研究期間: 2013年 - 2013年