伊藤 正行

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/07 13:09
 
アバター
研究者氏名
伊藤 正行
 
イトウ マサユキ
学位
工学博士(京都大学), 工学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
同志社大学 理工学部化学システム創成工学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都大学 工学研究科 衛生工学専攻
 
 
 - 
1974年
京都大学 工学部 衛生工学科
 

委員歴

 
1992年
 - 
1994年
日本エアロゾル学会  
 
2005年
   
 
日本物理学会  
 

Misc

 
Breakdown of Dynamic Balance of a Particle in a Quadrupole Cell by Laser-Induced Aerosol Heating
伊藤 正行
Applied Optics   31(24)    1992年
Analysis of Microstructure of Metal Ultrafine Particles from EXAFS Measurement
伊藤 正行
Photon Factory Active Report   9    1992年
Production of Concentrate of Ultrafine Ag Particles Coated and Separated by Surfactant Thin Layer
伊藤 正行
J. Aerosol Res. Japan   6(4)    1991年
Measurement of Aerosol Particles by Dynamic Light Scattering(1)
伊藤 正行
J. Aerosol Sci.   22(7)    1991年
伊藤 正行
Aerosol Sci. Techn.   15(2)    1991年

書籍等出版物

 
Laser heating and Dynamic Stability of Aerosol Particle in a Quadrupole Cell
Theor. Appl. Mech. : Univ. Tokyo Press   1991年   
Theoretical Prediction of Sticking Probability of H2O and H2SO4 Systems by Free Angle Ratio
Aerosols : Pergamon Press   1990年   
Optimal Design of Photon correlation Spectroscopy for Aerosol Measurement
Aerosols : Pergamon Press   1990年   
Sticking Probability for condensation of Polar and Non-polar Vapor Molecules
in "Nucleation and atmospheric Aerosols", (A. Deepak)   1992年   
Calculation of signal visibility of laser Doppler velocimeter for the use of particle determination
Application of laser Doppler velocimetry (Power Co. )   1984年   

Works

 
酸性エアロゾル粒子の凝縮に関する国際共同研究
1992年

競争的資金等の研究課題

 
[地球環境と新エネルギー開発プロジェクト]高温ガス炉などの廃熱を利用した水の直接分解による水素生成熱化学プロセスのデザインと解析
[地球環境と新エネルギー開発プロジェクト]CHP Processを利用した温室効果気体からの次世代エネルギーキャリアー合成プロセスの研究-CCSとインフラ・コストミニマムの合成燃料製造に向けて
[地球環境と新エネルギー開発プロジェクト]温室効果ガス削減と農生用Chemical Fertilizer製造を同時に行う複合エネルギープラントのマスターデザインとラボモデルによる実証研究
[地球環境と新エネルギー開発プロジェクト]高温ガス炉における冷却材漏出原子炉事故におけるフェイル・セーフシステムの開発研究-高温ガス炉におけるベストセキュリティとコストミニマムを目指して
[地球環境と新エネルギー開発プロジェクト]大規模マルチスレッド・メニーコア高速計算機による電力グリッド最適化のためのシミュレータの構築