YAMADA Tetsuya

J-GLOBAL         Last updated: Nov 24, 2018 at 16:13
 
Avatar
Name
YAMADA Tetsuya
E-mail
teyamadacc.tuat.ac.jp
URL
http://www.tuat.ac.jp/~pbiochem/
Affiliation
Tokyo University of Agriculture and Technology
Section
Institute of Agriculture, Division of Science of Biological Production
Job title
Associate Professor
Other affiliation
Tokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and TechnologyTokyo University of Agriculture and Technology
Research funding number
20422511
ORCID ID
0000-0002-7056-2290

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2000
 - 
Dec 2001
Postdoctoral Fellow., Plant Biotechnology Institute, IBARAKI Agricultural Center
 
Jan 2002
 - 
Mar 2003
Japan Science and Technology Corporation, Domestic Research Fellow, Plant Biotechnology Institute, IBARAKI Agricultural Center
 
Apr 2003
 - 
Dec 2005
Japan Science and Technology Corporation, Domestic Research Fellow, 花き研究所, 農業・生物系特定産業技術研究機構
 
Jan 2005
 - 
Oct 2005
Postdoctoral Fellow, National Institute of Floricultural Science, 農業・生物系特定産業技術研究機構
 
Oct 2005
 - 
Mar 2010
講師, 共生科学技術研究部, 東京農工大学大学院
 

Education

 
Apr 1997
 - 
Mar 2000
Department of Science of Biological Production, Graduate School, Division of Agricltural Sciences, Tokyo University of Agriculture and Technology
 
Apr 1995
 - 
Mar 1997
Department of Bio-resource Science, Graduate School, Division of Agriculture, Ibaraki University
 
Apr 1991
 - 
Mar 1995
Department of Bio-resource Science, Faculty of Agriculture, Ibaraki University
 

Awards & Honors

 
Mar 2008
プログラム細胞死による雑種致死と花弁老化の誘導機構に関する生理遺伝学的ならびに細胞生物学的研究, The JSB Young Scientist Award, Japanese Society of Breeding
Winner: Tetsuya Yamada
 

Published Papers

 
Miyashita C, Inoue E, Yamada T, Ogiwara I
Scientia Horticulturae   241 225-230   Nov 2018   [Refereed]
Li M, Yasuda M, Yamaya-Ito H, Maeda M, Sasaki N, Nagata M, Suzuki A, Okazaki S, Sekimoto H, Yamada T, Ohkama-Ohtsu N, Yokoyama T
Soil Science and Plant Nutrition   63(6) 561-577   Nov 2017   [Refereed]
Legumes establish symbiosis with nitrogen-fixing rhizobia through root nodules to acquire nitrogen. Legumes control nodule number through systemic (autoregulation of nodulation) as well as local regulation. Moreover, plants defend themselves again...
Permana H, Murata K, Kashiwagi M, Yamada T, Kanekatsu M
Asian Journal of Plant Sciences   16(4) 211-220   Sep 2017   [Refereed]
Megumi Kashiwagi, Kazumasa Murata, Hadian Permana, Tetsuya Yamada, Motoki Kanekatsu
日本作物学会紀事   86(2) 177-185   Apr 2017   [Refereed]
Kenichi Shibuya, Tetsuya Yamada, Kazuo Ichimura
Journal of Experimental Botany   67(20) 5909-5918   Dec 2016   [Refereed][Invited]

Books etc

 
福島農業復興支援バイオ肥料プロジェクト最終報告書
山田哲也、日熊峻吾、齋藤かや
東京農工大学 農学部文科省特別経費プロ バイオ肥料   Mar 2017   ISBN:978-4-9906944-3-2
われら共有の農業 持続可能な農業の確立に向けて
東京農工大学「われら共有の農業」編集委員会
古今書院   Apr 2002   ISBN:4-7722-8035-9

Conference Activities & Talks

 
高温吸水時のイネ種子胚に蓄積するタンパク質凝集体のプロテオーム解析
上野尚也,山田哲也
日本育種学会第134回   22 Sep 2018   
インド型水稲品種「ハバタキ」の種子の休眠性の特徴
吉永愛美,大島孝明,池田航介,村田和優,山田哲也,金勝一樹
日本育種学会第134回   22 Sep 2018   
Possible involvement of nitric oxide in promotion of rice seed germination under low temperature by inoculation of Bacillus pumilus TUAT1 strain
Xiao L, Yamada T, Yokoyama T, Fujii Y
14th International Conference of Asian Allelopathy Society   9 Sep 2018   
短時間吸水プライミング処理によるイネの種子寿命の改善
近藤大輝,佐野直人,村田和優,山田哲也,金勝一樹
日本育種学会第133回   26 Mar 2018   
高温処理によるイネ種子の発芽抑制には胚でのタンパク質凝集体の蓄積が関与する
上野尚也,金勝一樹,山田哲也
日本育種学会第132回   7 Oct 2017   

Research Grants & Projects

 
アサガオリソースの比較ゲノム解析による花の寿命を支配する遺伝子の探索と機能解明
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021    Investigator(s): 山田哲也
本研究では、「花の寿命」の改変により‘受粉効率’や‘花持ち性’を向上した園芸作物品種の育成を可能にする新たな知見を得るため、Ⅰ)ナショナルバイオリソースプロジェクトで収集されたアサガオ系統(400系統)に対してRAD-Seq法による一塩基多型(SNP)検出を行い、対立遺伝子の多様性が高いレベルで維持されたコアコレクション(100系統)を選出する。Ⅱ)Ⅰで選出したコアコレクションを用い、ゲノムワイド関連解析(GWAS)やQTL解析を行い、「花の寿命」の決定要因である‘開花時刻’や‘花弁老化時...
メラトニンによる開花時刻の決定機構の解明
Project Year: Apr 2014 - Mar 2016    Investigator(s): 山田哲也
本研究では,開花時刻の最適化による花の観賞期間の延長や結実率の向上につながる新知見を得るため,メラトニンによる開花時刻の決定機構を解明する.具体的には,1)メラトニンやその阻害剤がアサガオの開花時刻に及ぼす影響を調査し,メラトニンが開花時刻の決定に関与することを確認する.2)開花時のアサガオ花弁におけるメラトニンとその合成酵素遺伝子の転写産物の量的変動を調査し,メラトニンレベルの変化と開花時刻との関係を明らかにする.3)メラトニン合成酵素遺伝子の発現抑制体および過剰発現体を作出し,花弁のメ...
ブルーベリーの二季成りおよび四季成りに関わる遺伝子発現と生物学的意義の解明
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): 荻原勲
申請者らは,ブルーベリーを先進植物工場研究施設内の特定な日長および温度条件下で栽培することにより,同一品種の樹を一季成り,二季成りおよび四季成りとすることに成功してきた.これにより,一季成り品種であっても二季成りや四季成りの遺伝子を具備し,通常はそれらの遺伝子の働きが環境により抑制され,一季成りに表現されていることが推察された.この仮説を遺伝子レベルで証明できれば,温帯性果樹の一季成りの理由や進化が明らかにできると考えられる.そこで,本研究では一季成り,二季成りおよび四季成りを誘導したブル...
タバコ属種間雑種における雑種致死克服機構の解明
Project Year: Apr 2012 - Mar 2014    Investigator(s): 山田哲也
本研究では,遠縁交雑を利用した植物育種を妨げている雑種致死の問題解決につながる新知見を得るため,DNAメチル化による遺伝子発現の抑制により雑種致死が克服される機構を解明する.具体的には,1)DNAメチルトランスフェラーゼ阻害剤や脱メチル化剤の処理がタバコ属種間雑種の雑種実生や培養細胞における雑種致死の克服率に及ぼす影響を調査し,雑種ゲノムに新規に生じるDNAメチル化が雑種致死の克服に関与することを明らかにする.2)雑種培養細胞の野生型および雑種致死を克服した複数の系統について,メチル化DN...
花の寿命を支配している遺伝子群の同定
Project Year: Apr 2011 - Mar 2015    Investigator(s): 山田哲也
本研究では,花の寿命を支配する分子機構に関する新知見を得るため,花弁の細胞老化開始プロセスに関与する遺伝子群を同定する.具体的には,1) 花弁の細胞老化開始時期に顕著な差異のある2種類のアサガオ自殖系統について,次世代シークエンサーによる花弁mRNAの大規模配列解析を行い,花弁発現遺伝子の転写量および塩基配列の差異を検出する.2) それらの差異を分子マーカーとし,2系統間の交雑後代について,量的形質遺伝子座(QTL)解析を行い,花弁の細胞老化開始時期の決定に関わるQTL座乗遺伝子を選抜する...