水谷 智

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/30 08:14
 
アバター
研究者氏名
水谷 智
 
ミズタニ サトシ
URL
https://doshisha.academia.edu/SatoshiMizutani/CurriculumVitae
所属
同志社大学
部署
グローバル地域文化学部グローバル地域文化学科
職名
教授
学位
DPhil(オックスフォード大学), MA(ウォーリック大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
 - 
2005年
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2004年
 - 
2005年
神戸市外国語大学非常勤講師
 
2005年
 - 
2010年
同志社大学言語文化教育研究センター専任講師
 
2010年
 - 
2013年
同志社大学言語文化教育研究センター准教授
 
2013年
   
 
- 同志社大学グローバル地域文化学部准教授
 
2016年
 - 
現在
グローバル地域文化学部教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年
オックスフォード大学 近代史学研究科 
 
 
 - 
1998年
ウォーリック大学 CENTRE FOR RESEARCH IN ETHNIC RELATIONS 
 
 
 - 
1997年
上智大学 外国語学部 英語学科
 

論文

 
인도 독립운동가 R. B. 보스와 조선 — ‘간(間)-제국’적 시점에서 반식민지주의를 다시 생각한다
水谷智(沈煕燦訳)
人文論叢   76(2) 55-104   2019年5月   [査読有り]
‘‘Semi-educated natives’ as a source of imperial anxiety: the politics of English education and bureaucratic recruitment in Bengal, ca.1830-1880’
Bangabidya: International Journal of Bengal Studies   10 536-557.   2018年
「日英の二つの帝国の〈はざま〉から考える植民地教育と現地エリートの「夢」」
『社会科学』   48(1) 43673   2018年
「駒込史学が広げる間帝国的な視座の可能性」
水谷智
『クァドランテ』   19 77-82   2017年
「「混血」からみた帝国形成――世界史的視座の確立に向けた展望と課題」
水谷智
『文化人類学研究』   17 58-65   2016年
'Anti-Colonialism and the Contested Politics of Comparison: Rabindranath Tagore, Rash Behari Bose and Japanese colonialism in Korea in the inter-war period'
Satoshi Mizutani
Journal of Colonialism and Colonial History    16,(1 (Spring))    2015年
‘Hybridity and History: A Critical Reflection on Homi K. Bhabha’s Post-Historical Thoughts' [reprinted from Zinbun (2008)]
Satoshi Mizutani
Ab Imperio: Studies of New Imperial History and Nationalism in the Post-Soviet Space   4/2013    2013年
アン・ストーラーの植民地研究と東アジアからの応答可能性
水谷 智
『人文学報』(京都大学人文科学研究所)   100 49-75   2011年
Loyalty, Parity, and Social Control-the Competing Visions on the Creation of an 'Eurasian' Military Regiment in Late British India
水谷 智
The International Journal of Anglo-Indian Studies   10 22-41   2010年
板垣竜太・戸邉秀明・水谷智「日本植民地研究の回顧と展望―朝鮮史を中心に」
水谷 智
『社会科学』(同志社大学人文科学研究所)   40(2) 27-59   2010年
「イギリス帝国の人種秩序と植民地インドの白人系「孤児」―ジョン・グラハムの教育事業―」『西洋史学』(日本西洋史学会)236巻 39-59頁 2009年 [2010年刊]
水谷 智
<比較する主体>としての植民地帝国―越境する英領インド教育政策批判と東郷實
水谷 智
『社会科学』(同志社大学人文科学研究所)   85 43494   2009年
Historicising Whiteness: from the Case of Late British India
水谷 智
Australian Critical Race and Whiteness Studies Journal (Australian Critical Race and Whiteness Studies Association)   2(1) 43480   2006年
Constitutions of the Colonising Self in Late British India: Race, Class and Environment
水谷 智
Zinbun: Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University   38 21-75   2005年
The British in India and their Domiciled Brethren: Race and Class in the Colonial Context, 1858-1930
水谷 智
DPhil thesis submitted to the Modern History Faculty, University of Oxford      2004年
Hybridity and History: A Critical Reflection on Homi K. Bhabha's 'Post-Historical' Thought, in Zinbun: Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University (2008), vol.41, pp.1-19 [published in 2009]
水谷 智
Rethinking inclusion and exclusion: the question of mixed-race presence in late colonial India
水谷 智
University of Sussex Journal of Contemporary History, 5 (2002)      2002年

Misc

 
<書評>役重善洋『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム --内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』
水谷 智
総人・人環フォーラム   37 31-31   2019年2月
<書評>マーゴ・デメッロ著(田中洋美監訳)『ボディ・スタディーズ―性、人種、階級、エイジング、健康/病の身体学への招待』pp.63-5
『女性とジェンダーの歴史』   5 63-65   2018年
‘Recovering the Subject in the Shadows of Empires: Colonial Violence and Resistance in Taiwan’
Satoshi Mizutani
Cross-Currents E-Journal   23 234-48.   2017年
'Trans-coloniality in the study of the British empire: A historiographical note'
Satoshi Mizutani
『パブリック・ヒストリー』   13 180-181   2016年
(翻訳)フレデリック・クーパー「植民地主義へのさらなる問い」
『社会科学』(同志社大学人文科学研究所)   44(2) 35-55   2014年
A review of Gyanendra Pandey, A History of Prejudice: Race, Caste, and Difference in India and the United States (New York: Cambridge University Press, 2013, 255 p.) [published in April 2015]
Satoshi Mizutani
Zinbun: Annuals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University   45 189-196   2014年
「コメント:イギリス帝国史研究の視点から」
水谷智
『キリスト教社会問題研究』   62 84-91   2013年
Satoshi Mizutani, 'Author's Response' to 'Dr Amelia Bonea, review of The Meaning of White: Race, Class, and the ‘Domiciled Community’ in British India 1858-1930, (review no. 1317) URL: http://www.history.ac.uk/reviews/review/1317' , Reviews in Hist・・・
Satoshi Mizutani
Reviews in History   (1317)    2012年
Satoshi Mizutani, 'Author's Response' to 'Dr Amelia Bonea, review of The Meaning of White: Race, Class, and the ‘Domiciled Community’ in British India 1858-1930, (review no. 1317) URL: http://www.history.ac.uk/reviews/review/1317' , Reviews in ...
Review of Harald Fischer-Tine, Low and Licentious Europeans: Race, Class and White Subalternity in Colonial India (2009) and Elizabeth Kolsky, Colonial Justice in British India: White Violence and the Rule of Law (2010)
水谷 智
Social History (London: Routledge)   36(2) 205-209   2011年
(駒込武・水谷智)「『帝国と学校』における<比較>をめぐって」
水谷 智
比較教育社会史研究会通信   (10) 19-21   2011年
(翻訳)ガッサン・ハージ「多文化主義的統治性の限界における文化間関係」(Japanese translation of Ghassan Hage, 'Intercultural Relations at the Limits of Multiculturalism', a paper read at Racism, Colonialism, and the Politics of Multiculturalism, an international symposium held at Doshish・・・
水谷 智
社会科学   (86) 11-37   2010年
(翻訳)ガッサン・ハージ「多文化主義的統治性の限界における文化間関係」(Japanese translation of Ghassan Hage, 'Intercultural Relations at the Limits of Multiculturalism', a paper read at Racism, Colonialism, and the Politics of Multiculturalism, an international symposium held at Do...
東郷實の比較植民地思想:イギリス支配下の インドとエジプトにおける教育政策への見解を中心に
水谷 智
Annual Report of the Murata Science Foundation (村田学術振興財団)   (24) 697-705   2010年
<読書ノート> 植民地主義と近代性の関係を再考する:フレデリック・クーパーの論考から
水谷 智
社会科学(同志社大学人文科学研究所)   79 173-185   2007年

書籍等出版物

 
「「間-帝国史 trans-imperial history」論」日本植民地研究会編『日本植民地研究の論点』
水谷 智
岩波書店   2018年   
「植民地統治下の白人性と「混血」:英領インドの事例から」川島 浩平・竹沢 泰子 編『人種神話を解体する 3 「血」の政治学を越えて』
水谷 智
東京大学出版会   2016年   
(翻訳)カピル・ラジ(水谷 智・水井万里子・大澤広晃 訳)『近代科学のリロケーション―南アジアとヨーロッパにおける知の循環と構築』
水谷 智
名古屋大学出版会   2016年   
「英領インドにおける<植民地的遭遇>と女性たち―法・道徳・境界」水井万里子・伏見岳志・太田淳・松井洋子・杉浦未樹(編)『女性から描く世界史―17~20世紀への新しいアプローチ』, pp.255-273
水谷 智
勉誠出版   2016年   
「植民地における『遺棄』と女性たち―混血児隔離政策の世界史的展開」、水井万里子・杉浦未樹・ 伏見岳志・ 松井洋子(編) 『世界史の中の女性たち』(勉誠出版), pp.153-164
水谷 智
勉誠出版   2015年   
「補論1 ユーレィジアン問題」田辺明生、他編『現代インド1 多様性社会の挑戦』(東京大学出版会、2015年)pp.138-42
水谷 智
東京大学出版会   2015年   
「식민지 인도의 ‘영어교육’과 ‘비교 정치’」(植民地インドの「英語教育」と「比較のポリティクス」)板垣竜太・鄭昞旭編『식민지라는 물음』(植民地という問い)(소명출판、2014)
水谷 智 (担当:共著, 範囲:pp.393-448)
소명출판   2014年   
(with Ryuta Itagaki and Hideaki Toge) 'The Japanese Empire' in (eds) P. Levine and J. Marriott, The Ashgate Research Companion to Modern Imperial Histories(Surry, UK: Ashgate, 2012), pp.273-299
水谷 智
The Meaning of White: Race, Class, and the 'Domiciled Community' in British India, 1858-1930 (Oxford: Oxford University Press, 2011), 239 pages
水谷 智
(翻訳)アン・ローラ・ストーラー『肉体の知識と帝国の権力:人種と植民地支配における親密なるもの』(以文社、2010年)[永渕康之、吉田信との共訳:Japanese translation of Ann Laura Stoler, Carnal Knowledge and Imperial Power: Race and the Intimate in Colonial Rule (Los Angeles and Berkeley: University of Ca
水谷 智
'Contested Boundaries of Whiteness: Public Service Recruitment and the Eurasian and Anglo-Indian Association, 1876-1901', in (eds.) H. Fischer-Tine & S. Gehrmann, Empires and Boundaries: Rethinking Race, Class, and Gender in Colonial Settings (
水谷 智 (担当:共著)
'Degenerate whites' and their spaces of disorder: Disciplining racial and class ambiguities in Colonial Calcutta (c.1880-1930) in (eds) A. Tambe and H. Fischer-Tine, The Limits of British Colonial Control in South Asia (Oxford & New York: Routl
水谷 智 (担当:共著)
「『白人であってそうでない』者たち:イギリスのインド支配と白人性の境界」、藤川隆男(編)「白人とは何か?:ホワイトネス・スタディーズ入門」(刀水書房、2005年)所収、244-255頁
水谷 智, 藤川隆男、杉本淑彦、他 (担当:共著)
刀水書房   2005年   

講演・口頭発表等

 
「インド独立運動家R.B.ボースと植民地朝鮮: 日本的汎アジア主義と<間-帝国>的な協働/相互補完性の論理」
水谷 智
公開国際ワークショップ 「比較を超えて:間-帝国的(trans-imperial)視座からの日本植民地研究」   2019年3月3日   
日本で活動したインドの独立運動家―ラス・ビハリ・ボース―
水谷 智
ソウル大学人文学研究院・国際学術会議「ソウル大学人文学研究院・国際学術会議」   2018年12月7日   
リプライ
水谷 智
洋学史学会 ミニシンポジウム(合評会) “蘭学の外側 ——『近代科学のリロケーション』『イエズス会士と普遍の帝国』を読む   2018年11月14日   
「植民地研究」と『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム』 の意義―「間⁻帝国史」(trans-imperial history)の視点から
水谷 智
関西パレスチナ研究会10月研究会   2018年10月20日   
‘Taiwan as a trans-imperial space: W. M. H. Kirkwood and Japanese colonialism’
水谷 智
The Third World Congress of Taiwan Studies   2018年9月8日   
「植民地統治下の白人性と『混血』―英領インドの事例から」
水谷 智
人文研アカデミー連続セミナー@東京「人種神話を解体する―『血』の政治学を越えて」(第3回「「混血」から歴史を読み直す」(7月6日))   2017年   
‘Indian Anti-colonialism in Trans-imperial Interactions: Tagore, R. B. Bose and their Politics of Comparison over Japanese Colonialism in Korea’
水谷 智
In-Between Empires: Trans-imperial History in a Global Age, 15 September   2017年   
‘British attitudes to Korea’s claim for independence, ca. 1905-20―the trans-imperial significance of Britain’s colonial experience in India and Egypt’
水谷 智
, The 3rd TUDOKU (Tübingen-Doshisha-Korea University) Conference, 30 September   2017年   
「「混血」からみた帝国形成 ―世界史的視座の確立に向けた展望と課題」
水谷 智
早稲田文化人類学会第17回総会   2016年   
'Comments by the translator'
水谷 智
International Workshop: On Relocating Modern Science: Circulation and the Construction of Knowledge in South Asia and Europe, 1650-1900, The Author meets Translators, (and Critique/Commentators) , 17 Dec.   2016年   
「コメント」
水谷 智
第二回書評コロキアム・駒込武 著『世界史のなかの台湾植民地支配―台南長老教中学校からの視座』をめぐって(3月17日)   2016年   
‘Trans-imperial genealogies of Korea as a protectorate: the Egypt model in Japan’s politics of colonial comparison’
水谷 智
The 2nd TUDOKU (Tübingen-Doshisha-Korea University) Conference (8-9 October)   2016年   
'Contentious comparisons: the British empire and Korea's claim for independence from Japan c.1905-1925'
水谷 智
Imperial Comparison, All Souls College, University of Oxford, 8-9 July   2016年   
Richard Drayton, “Race and the Comparative History of Empires in the International System” へのコメント(6月4日)
水谷 智
「比較植民地史」科研 2016年度第1回研究会(イギリス帝国史研究会との共催)   2016年   
「児童隔離政策の帝国内移動・移植 − 20 世紀英領インドの「孤児院」事業の事例」
水谷 智
世界子供学研究会 第14 回 研究例会  3 月 27 日   2015年   
A Force of ‘Civilization’ or a ‘Barbarous’ Despotism?: Shifting British Attitudes towards Japanese Colonialism in Korea
水谷 智
Among Empires: The British Empire in Global Imperial Context, 28 May   2015年   
コメント
水谷 智
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター専任研究員セミナー(宇山智彦) 3月20日   2015年   
The Emergence of ‘Semi-educated Natives’: the Colonial Politics of Education and Bureaucratic Recruitment in Bengal, ca.1830-1880”,
水谷 智
The 4th International Congress of Bengal Studies   2015年   
Remembering trans-imperial anti-colonialism: the recent Korean commemoration of Indian and Canadian critics of Japanese rule
水谷 智
Colonial Memories: Comparative Perspective on German, Japanese, and Korean Cases, 12 June   2015年   
コメンテーター
水谷 智
「二〇世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合研究」・第一回環太平洋班研究会「環太平洋をつなぐエイジェンシー ―人、物、知の循環―」12月21日   2014年   
「批判対象からモデルへ:世紀転換期の日本のイギリス植民地主義観」
水谷 智
「比較地域体系研究会」(2014年3月1日)   2014年   
「英領インドにおける植民地的遭遇と女性たち―法・道徳・境界」
水谷 智
第5回 主権と空間研究会(2014年3月24日)   2014年   
ディスカッサント
水谷 智
Session 6. Colonialism from the Interwar Period to World War II, in Thirty Years of Crisis : Empire, Violence, and Ideology in Eurasia from the First to the Second World War   2014年6月   
‘Child Removal under the British Raj: The ‘Eurasian Question’ in India and St. Andrew’s Colonial Homes’
水谷 智
The Sixteenth Berkshire Conference on the History of Women, 22 May 2014   2014年   
コメント(Gyan Pandey, "A history of prejudice: Race, caste, and difference in India and the United States"に対する)[2014年 5月 19日]
水谷 智
2014年   
‘Egypt under British rule and the colonization of Korea: the Japanese politics of colonial comparison in the early twentieth century’
水谷 智
The Politics of Colonial Comparison Workshop, 29 September 2014   2014年   
Imperial politics of comparison and anti-colonial nationalism: British and Japanese colonial counterinsurgency during the inter-war period
水谷 智
Connected Histories of Empire Conference   2013年   
コメンテーター
水谷 智
同志社大学人文科学研究所主催・国際シンポジウム「ミッション高等教育史の可能性」[2013年9月22日]   2013年   
コメント(麓慎一「帝政ロシアによる露領アメリカ経営と環太平洋における海洋秩序の変容について」に対する)
水谷 智
第2回「主権と空間」研究会(2013年10月12日)   2013年   
'Anti-colonialism and Contested Politics of Comparison: India, Korea, and Anti-Britishism under Japanese Imperialism in the Inter-War Period'
水谷 智
International Symposium: Cross-border Trajectories of the Indian Anti-Colonial Struggle: the European and East Asian Experiences, 7 Dec. 2013   2013年   
「反植民地主義と抗争の場としての比較のポリティクス-戦間期のインド・朝鮮と日本帝国主義下の反英主義」
水谷 智
「比較植民地史」科研第1回研究会(2013年12月8日)   2013年   
ディスカッサント
水谷 智
イギリス帝国史研究会特別企画: D. Kennedy, 'Imperial History and Postcolonial Theory Revisited'   2012年   
「英領インドの「ユーラシアン問題」と植民地白人性―教育政策を中心に」
水谷 智
帝国史研究会第7回例会   2012年   
Educated Navies as a Danger: Global Circulations of Colonial Knowledge and Japanese Rule in Taiwan
水谷 智
The International Conference on Comparative Colonialism and Culture, 8 Sep. 2012   2012年   
「『生半可に教育された現地人』の誕生:1830~1875年頃のベンガルにおけるイギリスの言語・教育・官吏登用政策」
水谷 智
現代インド地域研究・京都大学中心拠点(KINDAS), 「研究グループ1, 現代インドにおける生存基盤 持続型発展の可能性;シリーズ「植民地経験と南アジア」研究会・第1回 [第3回 定例研究会]   2012年   
ディスカッサント イギリス帝国史研究会特別企画 P. Levine, 'Consider the "Savage": Charles Darwin, Evolutionary Theory and Human Nature'
水谷 智
2012年   
‘The British Raj and its colonial politics of whiteness: educational crusades against the slumming of Eurasians and Domiciled Europeans in late colonial Calcutta’
水谷 智
Empire State of Mind: Articulations of British Culture in the Empire, 1707-1997   2011年   
「内なる他者」の規律化・隠蔽化と植民地教育 ―英領インドの「ユーラシアン問題」と帝国の人種秩序―
水谷 智
第13回洛北史学会大会:「帝国秩序と「教育」 ―「内なる他者」への視点―」   2011年   
'The British-Indian experience of education and the politics ofcomparison in the Japanese Empire: Minoru Tōgō's theory of colonial governance and its trans-imperial genealogies'
水谷 智
Colonial circulations: Colonialism in comparative perspective   2011年   
英領インドの植民地敎育と帝国日本の比較のポリティクス: 東鄕實の現地人敎育論の生成とその間帝国的(trans-imperial)な軌跡
水谷 智
第2回ソウル-京都相互訪問国際学術会議 植民地研究の最前線II   2011年   
「危険な雑種」としての下層バドラロック:カルカッタの「生半可な教育を受けた現地人」(semi-educated natives)と植民地統治
水谷 智
現代インド地域研究・京都大学中心拠点(KINDAS), 「研究グループ1, 現代インドにおける生存基盤 持続型発展の可能性, 第6回定例研究会」   2011年   
コメンテーター
水谷 智
研究会「境界に生きる ―17-19世紀ユーラシアの異文化間交易と女性―」2010年12月25日(科研費基盤研究(S)「ユーラシアの近代と新しい世界史叙述」(代表者 羽田正・東京大学東洋文化研究所教授)」   2010年   
「植民都市カルカッタにおける人種と階級:白人系定住コミュニティーのスラム化と帝国権力」
水谷 智
現代インド地域研究・京都大学中心拠点(KINDAS), 「研究グループ1, 現代インドにおける生存基盤 持続型発展の可能性, 第2回定例研究会」   2009年   
‘Nipping White Pauperism in the Bud: Colonialism and the Education of “Eurasian” and “Domiciled-European” Children in British India’
水谷 智
Empires and Boundaries: Rethinking Race, Class and Gender in African and Asian Colonial Settings, International Conference   2006年   
Hybrid Whiteness Across the Colonial Worlds: A Historiographical Review
水谷 智
Borderpolitics of Whiteness Conference   2006年   
Crises of Whiteness in Late-Nineteenth-Century British India: Struggles Against Degeneration
水谷 智
Whiteness and the Horizons of Race Conference   2005年   
Negotiating an Ambiguous Whiteness:Civil Service Recruitment and the Eurasian and Anglo-Indian Association, 1876-1930
水谷 智
International Convention of Asia Scholars 4   2005年   
『西洋人』の<境界>:後期植民地インドにおける混血・白人貧困層問題の考察を通して
水谷 智
日本西洋史学会第54回大会   2004年   
Policing Colonial Ambivalence: White Pauperism, Miscegenation and the Politics of Europeanness
水谷 智
Colonialism and Its Aftermath: An Interdisciplinary Conference   2004年   
A “scandal to the English name and English Government”: European pauperism in colonial Calcutta, 1858-the 1920s
水谷 智
The 18th European Conference on Modern South Asian Studies   2004年   
Rethinking inclusion and exclusion: the issue of mixed race in late colonial India
水谷 智
Fresh Perspectives on Inclusion and Exclusion: A Postgraduate Contemporary History Conference   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
間帝国的関係性からみた植民地支配と抵抗―比較・協力・並存・移動の史的構造
基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2016年 - 2020年
「生半可な教育を受けた現地人」の誕生と英領ベンガルの言語・教育・官吏登用政策
若手研究(B)
研究期間: 2013年 - 2015年
西洋・日本の植民地主義と「近代」:比較研究のパラダイム構築に向けて
基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2007年 - 2009年
Archival research at the National Library of Scotland on St. Andrew's Colonial Homes (India)
The Daiwa Anglo-Japanese Foundation: Daiwa Foundation Small Grant (2007), 各種団体からの研究助成
ヴィクトリア時代のイギリスにおける人種と階級の連関について
特別研究員奨励費
研究期間: 2004年 - 2004年
Paradoxes of colonialism: the British attitude towards the people of mixed-descent
オックスフォード大学他: New Century Scholarship 1999-2001, 奨学寄附金
Paradoxes of colonialism: the British attitude towards the people of mixed-descent
オックスフォード大学セント・キャサリンズ・カレッジ他: Oxford Kobe Scholarship 2001-2, 奨学寄附金
植民地主義のパラドックス:後期英国領インド社会における「混血」の社会的位相について
松下国際財団: 松下国際財団助成金(2001年), 各種団体からの研究助成
Paradoxes of colonialism: the British attitude towards the people of mixed-descent
オックスフォード大学近代史学部: Beit Fund 2002(研究助成), その他
Paradoxes of colonialism: the British attitude towards the people of mixed-descent
オックスフォード大学近代史学部: Beit Fund 2003(研究助成), その他

社会貢献活動

 
芦屋市立公民館講座「世界はニュースだけではわからない」第1回(10月13日)「比較を超えて―相互関係性の視点から見た 日・英の植民地主義と抵抗」
【】  2018年