Research Projects

2015 - 2017

成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムの解明と脱分化培養技術を用いた細胞治療開発

日本大学  日本大学学長特別研究
  • 松本太郎

Grant amount
(Total)
55,000,000 Japanese Yen
(Direct funding)
55,000,000 Japanese Yen
(Indirect funding)
0 Japanese Yen
Grant type
Competitive

申請者らは成熟脂肪細胞を体外で培養して脱分化させることにより得られる脱分化脂肪細胞(dedifferentiated fat cell: DFAT)が、間葉系幹細胞に類似した多能性を獲得することを明らかにし、NUBICを介して知財化した。現在までに、ほ乳類における成熟細胞脱分化による多能性獲得メカニズムはほとんど解明されていない。また申請者らは、虚血性疾患に対する血行改善を目的としたDFATの細胞治療開発を行っているが、皮膚潰瘍、骨軟骨疾患、歯周病、脊髄損傷など多くの疾患に対してDFATの治療効果が期待できると考えている。本研究では、成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムを遺伝子工学などの技術を用いて解析するとともに、医科、歯科、獣医科領域におけるDFATを用いた細胞治療の臨床応用に向けた開発研究を学部横断的に行う。本研究により、幹細胞によらない新たな組織再生メカニズムが明確となり、脱分化培養技術を基盤とした安全で実用性の高い細胞治療の開発が加速されるこ