大嶽 真人

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/09 03:18
 
アバター
研究者氏名
大嶽 真人
 
オオタケ マサト
所属
日本大学
部署
文理学部体育学科
職名
教授
学位
修士(スポーツ健康科学)(順天堂大学)
科研費研究者番号
90338236

研究分野

 
 

経歴

 
1994年2月
 - 
1997年1月
大阪サッカークラブ株式会社(セレッソ大阪)
 
1997年4月
 - 
1998年3月
順天堂大学スポーツ健康科学部 助手
 
2000年4月
 - 
2001年3月
大阪学院大学 体育会サッカー部コーチ
 
2001年4月
 - 
2004年3月
慶應義塾大学体育研究所 助手
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本大学文理学部 専任講師
 

委員歴

 
2016年4月
   
 
東京都大学サッカー連盟  理事
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本コーチング学会  研究編集委員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本コーチング学会  理事
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本体育学会  体育学研究編集委員
 
2013年4月
   
 
桜門体育学会  理事
 

論文

 
大学ラグビーチームの強化に適した組織変革論の検討
日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラム   (11) 49-65   2018年3月   [査読有り]
サッカー選手のチーム戦術に対する認識の検討
小圷昭仁,大嶽真人,吉井秀邦,長谷川望,八百則和,越山賢一,吉村雅文
コーチング学研究   30(1) 29-41   2016年10月   [査読有り]
ラグビー競技の戦略的なパンとキックに関する基礎的分析-ワールドカップ2015上位4カ国を対象として–
日本ラグビー学会誌ラグビーフォーラム   (10) 21-28   2016年3月   [査読有り]
大学生サッカー選手のチーム戦術に対する認識構造
小圷昭仁,大嶽真人,吉井秀邦, 長谷川望,八百則和,越山賢一, 吉村雅文
神奈川県体育学会機関誌体育研究   (49) 9-18   2016年3月   [査読有り]
高校生サッカー選手のチーム戦術に対する認識構造について
小圷昭仁,長谷川望,八百則和,大嶽真人,吉井秀邦, 吉村雅文
防衛大学校紀要   (112) 1-18   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
サッカーにおける「カン」の創発身体知の形成を企図した授業
大嶽真人
桜門体育学研究   50(2) 108-113   2016年3月

書籍等出版物

 
少年サッカー -基本プレー完全攻略-
大嶽真人,古賀初
学習研究社   2008年9月   
コーチと選手のためのコーチング戦略
青山清英,野口智博,大嶽真人,高橋正則,重城哲,橋口泰一,青山亜紀,川井明,田端健児,森長正樹,水上博司,佐藤佑介 (担当:共著, 範囲:47-62,243)
八千代出版   2008年5月   
ゼロからのサッカー-技術編-
学習研究社   2008年3月   
続・親子で学ぼう! サッカーアカデミー
大嶽真人,古賀初 (担当:共著)
学習研究社   2006年4月   
親子で学ぼう! サッカーアカデミー
大嶽真人,古賀初 (担当:共著)
学習研究社   2005年4月   

講演・口頭発表等

 
1泊2日のスポーツキャンプが視覚障がい児のソーシャルスキル獲得に及ぼす影響-学年・性別・参加経験・全盲弱視の各要因による検討-
日本コーチング学会第29回大会   2018年3月22日   
1泊2日のスポーツキャンプが視覚障がい児のソーシャルスキル獲得に及ぼす影響-学年・性別・参加経験・全盲弱視の要因ごとによる分析-
桜門体育学会第8回大会   2018年1月21日   
A Study of the Spatial Perception of Japanese Blind Football Players
VISTA-IPC Scientific Conference2017   2017年9月22日   
Practical knowledgh of a blind football goalkeeper applied to verbal instructions
VISTA-IPC Scientific Conference2017   2017年9月22日   
大学女子サッカー選手のチーム戦術に対する認識構造に関する検討
第5回NSCA国際カンファレンス   2017年1月   

競争的資金等の研究課題

 
ブラインドサッカーにおけるゲーム分析からのコーチングシステムの構築 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 大嶽真人
ラインドサッカーにおける選手への言語指示内容がプレーに及ぼす影響
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 橋口泰一
球技の運動空間に関する実践的研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
球技の運動空間論に関する基礎的研究
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
ブラインドサッカーにおけるコーチ・コーラーの指示内容とプレーヤーの理解について
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 橋口泰一