FUJITA Yasuyuki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 20, 2018 at 19:20
 
Avatar
Name
FUJITA Yasuyuki
Affiliation
Hokkaido University
Section
School of Medicine

Published Papers

 
Fujita Y, Shiiya C, Inamura-Takashima Y, Nomura T, Shibaki A, Shimizu H
Acta dermato-venereologica      Sep 2018   [Refereed]
Takashima S, Shinkuma S, Fujita Y, Natsuga K, Nomura T, Hida T, Ishikawa S, Nakamura H, Abe R, Shimizu H
The Journal of dermatology   45(9) e260-e261   Sep 2018   [Refereed]
Mai Y, Nishie W, Izumi K, Yoshimoto N, Morita Y, Watanabe M, Toyonaga E, Ujiie H, Iwata H, Fujita Y, Nomura T, Sato-Matsumura KC, Shimizu S, Shimizu H
The British journal of dermatology   179(3) 790-791   Sep 2018   [Refereed]
Ito T, Shiromizu T, Ohnishi S, Suzuki S, Mabe K, Hasegawa A, Ujiie H, Fujita Y, Sato Y, Terai S, Kato M, Asaka M, Tomonaga T, Shimizu H, Abe R
The Journal of allergy and clinical immunology   142(2) 672-676.e12   Aug 2018   [Refereed]
Wataya-Kaneda M, Ohno Y, Fujita Y, Yokozeki H, Niizeki H, Ogai M, Fukai K, Nagai H, Yoshida Y, Hamada I, Hio T, Shimizu K, Murota H
JAMA dermatology   154(7) 781-788   Jul 2018   [Refereed]
Nakayama C, Fujita Y, Matsumura W, Ujiie I, Takashima S, Shinkuma S, Nomura T, Abe R, Shimizu H
Journal of dermatological science      Jun 2018   [Refereed]
Mai S, Fujita Y, Sugai T, Imafuku K, Hata H, Shinkuma S, Nomura T, Kawagishi N, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   28(2) 234-235   Apr 2018   [Refereed]
Nomura T, Suzuki S, Miyauchi T, Takeda M, Shinkuma S, Fujita Y, Nishie W, Akiyama M, Shimizu H
JCI insight   3(6)    Mar 2018   [Refereed]
Yamaguchi Y, Shinkuma S, Ishii N, Takashima S, Natsuga K, Ujiie H, Iwata H, Nomura T, Fujita Y, Hamasaka A, Hamasaka K, Hashimoto T, Shimizu H
The British journal of dermatology   178(1) 294-295   Jan 2018   [Refereed]
Maya Y, Fujita Y, Nakayama C, Kitamura S, Hata H, Arita K, Shimizu H
The Journal of dermatology   44(12) 1385-1388   Dec 2017   [Refereed]
Matsumura W, Fujita Y, Nakayama C, Shinkuma S, Suzuki S, Nomura T, Abe R, Shimizu H
Journal of dermatological science   89(3) 263-271   Dec 2017   [Refereed]
Nakazato S, Fujita Y, Shinkuma S, Nomura T, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(11) 1916-1923   Nov 2017   [Refereed]
Ohguchi Y, Nomura T, Suzuki S, Takeda M, Miyauchi T, Mizuno O, Shinkuma S, Fujita Y, Nemoto O, Ono K, McLean WHI, Shimizu H
The Journal of investigative dermatology   138(4) 836-843   Oct 2017   [Refereed]
Miyazawa H, Shinkuma S, Yamaguchi Y, Fujita Y, Nomura T, Shimizu H
International journal of dermatology   57(3) 276-277   Oct 2017   [Refereed]
Mai Y, Ujiie H, Nishimura M, Koga H, Maya Y, Shiba-Tokuchi K, Fujita Y, Iwata H, Mikawa Y, Shimizu H
The Journal of dermatology   44(10) e242-e243   Oct 2017   [Refereed]
Maeda T, Fujita Y, Imafuku K, Nakazato S, Hata H, Nomura T, Mitsuhashi T, Anan T, Hasegawa T, Hamaoka S, Shimizu H
Acta dermato-venereologica   97(9) 1150-1151   Oct 2017   [Refereed]
Shinkuma S, Masunaga T, Miyawaki S, Takashima S, Natsuga K, Nomura T, Fujita Y, Nakamura H, Shimizu H
Journal of dermatological science   88(1) 139-141   Oct 2017   [Refereed]
Kosumi H, Ito T, Fujita Y, Izumi K, Maya Y, Yanagi T, Natsuga K, Ujiie H, Shinkuma S, Nomura T, Sadanobu N, Shimizu H
The Journal of pediatrics   188 305-305.e1   Sep 2017   [Refereed]
Sato K, Shinkuma S, Fujimoto K, Hatanaka KC, Ujiie H, Nomura T, Fujita Y, Abe R, Matsuno Y, Shimizu H
International journal of dermatology   56(7) e152-e153   Jul 2017   [Refereed]
Shiba K, Fujita Y, Miyazawa H, Muramatsu K, Watanabe M, Nishimura M, Shinkuma S, Nomura T, Nishie W, Taguchi J, Kinoshita I, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(7) e324-e326   Jul 2017   [Refereed]
Horie K, Fujita Y, Hoshina D, Abe R, Shimizu H
The Australasian journal of dermatology      Jun 2017   [Refereed]
Nakazato S, Yanagi T, Inamura Y, Kitamura S, Hata H, Fujita Y, Anan T, Honma M, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   27(3) 318-320   Jun 2017   [Refereed]
Yamaguchi Y, Fujita Y, Hirata Y, Nishimura M, Shinkuma S, Natsuga K, Nomura T, Hida T, Kato N, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   27(3) 295-296   Jun 2017   [Refereed]
Shiiya C, Nomura Y, Fujita Y, Nakayama C, Shimizu H
JAAD case reports   3(3) 243-245   May 2017   [Refereed]
Sugai T, Shinkuma S, Inafuku K, Takashima S, Nomura T, Fujita Y, Nakamura H, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(5) e251-e253   May 2017   [Refereed]
Ujiie I, Fujita Y, Nakayama C, Matsumura W, Suzuki S, Shinkuma S, Nomura T, Abe R, Shimizu H
Journal of dermatological science   86(1) 37-45   Apr 2017   [Refereed]
Harada S, Nomura T, Miyauchi T, Shinkuma S, Fujita Y, Arita K, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   27(2) 194-196   Apr 2017   [Refereed]
Shiiya C, Hata H, Inamura Y, Imafuku K, Kitamura S, Yanagi T, Fujita Y, Shimizu H
The Journal of dermatology   44(3) e46-e47   Mar 2017   [Refereed]
Yoshimoto N, Shinkuma S, Ujiie H, Nomura T, Fujita Y, Abe R, Shimizu H
The Journal of dermatology   44(3) e48-e49   Mar 2017   [Refereed]
Katayama S, Nomura T, Muramatsu K, Takeda M, Miyauchi T, Suzuki S, Shinkuma S, Fujita Y, Iwata H, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   31(2) e119-e120   Feb 2017   [Refereed]
Muramatsu K, Ujiie H, Ito T, Fujita Y, Inokuma D, Tsukinaga I, Abe T, Shirai S, Fukuda N, Shimizu H
The British journal of dermatology   175(6) e150   Dec 2016   [Refereed]
Muramatsu K, Nishie W, Natsuga K, Fujita Y, Iwata H, Yamada T, Yamashita E, Asaka T, Shimizu H
The Journal of dermatology   43(11) 1350-1353   Nov 2016   [Refereed]
Fujita Y, Shinkuma S, Matsumura W, Natsuga K, Hata H, Nomura T, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   26(5) 501-502   Oct 2016   [Refereed]
Kitamura S, Hata H, Imafuku K, Fujita Y, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   30(10) e94-e96   Oct 2016   [Refereed]
Suzuki S, Nomura T, Miyauchi T, Takeda M, Nakamura H, Shinkuma S, Fujita Y, Akiyama M, Shimizu H
The Journal of investigative dermatology   136(10) 2093-2095   Oct 2016   [Refereed]
Miyauchi T, Nomura T, Suzuki S, Takeda M, Shinkuma S, Arita K, Fujita Y, Shimizu H
The British journal of dermatology   175(4) 803-806   Oct 2016   [Refereed]
Miyauchi T, Nomura T, Suzuki S, Ohguchi Y, Yamaguchi Y, Shinkuma S, Natsuga K, Fujita Y, Shimizu H
Acta dermato-venereologica   96(6) 856-858   Aug 2016   [Refereed]
Muramatsu K, Fujita Y, Inokuma D, Tsukinaga I, Ito K, Nishiura Y, Shimizu H
Acta dermato-venereologica   96(6) 818-819   Aug 2016   [Refereed]
Fujita Y, Shinkuma S, Nomura T, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   26(2) 187-188   Apr 2016   [Refereed]
Takashima S, Nishie W, Morita Y, Osawa R, Iwata H, Fujita Y, Fujimoto K, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   30(4) 712-713   Apr 2016   [Refereed]
Takashima S, Fujita Y, Suzuki S, Saito N, Shinkuma S, Nomura T, Shimizu H
Journal of dermatological science   81(3) 205-208   Mar 2016   [Refereed]
Nakayama C, Hata H, Homma E, Fujita Y, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   30(3) 552-554   Mar 2016   [Refereed]
Nakazato S, Nomura T, Yamane N, Shinkuma S, Natsuga K, Fujita Y, Arita K, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   26(1) 95-96   Jan 2016   [Refereed]
Nomura T, Mizuno O, Miyauchi T, Suzuki S, Shinkuma S, Hata H, Fujita Y, Akiyama M, Shimizu H
Journal of dermatological science   80(3) 223-225   Dec 2015   [Refereed]
Sato H, Fujita Y, Hamade Y, Muramatsu K, Nakazato S, Kikuchi K, Haga N, Saito N, Shimizu H
The Journal of dermatology   42(12) 1204-1205   Dec 2015   [Refereed]
Suzuki S, Nomura T, Mizuno O, Fujita Y, Shimizu H
The British journal of dermatology   173(5) 1288-1290   Nov 2015   [Refereed]
Nakayama C, Fujita Y, Watanabe M, Shimizu H
The Journal of dermatology   42(10) 996-998   Oct 2015   [Refereed]
Miyauchi T, Fujita Y, Takashima S, Morita Y, Suzuki S, Mizuno O, Saito N, Nomura T, Shimizu H
Acta dermato-venereologica   95(6) 762-763   Jul 2015   [Refereed]
Nakazato S, Fujita Y, Muramatsu K, Kikuchi K, Sato H, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD   25(2) 205-206   Apr 2015   [Refereed]
Takashima S, Fujita Y, Miyauchi T, Nomura T, Nishie W, Hamaoka H, Shimizu H
The Journal of dermatology   42(3) 341-342   Mar 2015   [Refereed]

Misc

 
前田 拓哉, 秦 洋郎, 柳 輝希, 今福 恵輔, 北村 真也, 本間 英里奈, 藤田 靖幸, 清水 宏
日本皮膚科学会雑誌   128(2) 197-203   Feb 2018
足底の複合型母斑47例及び足底の悪性黒色腫16例のダーモスコピー所見と臨床情報に関する検討を行った。ダーモスコピー所見に関してはasymmetry・irregular border・parallel furrow pattern(PFP)・parallel ridge pattern(PRP)・lattice-like pattern(LLP)・fibrillar pattern(FP)・blue-whitish veil、臨床所見に関しては男女比・年齢・腫瘍の長径・分布をそれぞれ評価した...
【心に残る症例-40周年記念特別号】 <臨床例> white fibrous papulosis of the neck
高島 翔太, 藤田 靖幸, 清水 宏
皮膚病診療   40(1) 47-50   Jan 2018
<症例のポイント>white fibrous papulosis of the neck(以下、WFPN)は、中高齢者の頸部に両側性に多発する粟粒大から帽針頭大、白色ないし黄白色調、弾性やや硬、表面平滑、円形ないし楕円形を呈する境界明瞭な扁平隆起性丘疹である。病理組織学的には、真皮上・中層の膠原線維束の粗大化と増加が病変の主体である。加齢に伴う老人性皮膚変化の1つと考えられる。頸部に好発すること、表皮のLangerhans細胞が減少すると報告されていることから、日光曝露などの要因も考えられ...
佐藤 一正, 藤田 靖幸, 葭本 倫大, 椎谷 千尋, 安藤 佐土美, 清水 宏
皮膚科の臨床   59(8) 1332-1333   Jul 2017
症例(70歳男性)。2年前より右環指先端が腫脹し、疼痛を伴うようになった。また、徐々に両手指に皮疹が拡大し、関節痛も認めたため、当科へ受診となった。初診時、両手指尖端に紅斑・腫脹および圧痛を認め、右環指は爪甲基部が脱落し、爪床には膿疱がみられた。臨床所見・病理組織学的所見よりアロポー稽留性肢端皮膚炎と診断され、マキサカルシトール軟膏外用およびメトトレキサート内服による加療を開始した。約2ヵ月で手指の紅斑は改善したが、関節の腫脹・疼痛は持続したため、アダリムマブの皮下投与を導入したところ、導...
葭本 倫大, 藤田 靖幸, 平田 悠, 保科 大地, 守内 玲寧, 氏家 英之, 井上 哲也, 清水 宏
皮膚科の臨床   58(10) 1483-1487   Sep 2016
62歳女。左下腿の疼痛・腫脹、全身の紅斑を主訴とした。54歳時に紅斑期菌状息肉症(MF)と診断されたが通院を自己中断していた。顔面に出現した紅斑が急速に隆起して右上眼瞼に75mm大、眉間に55mm大、上口唇に50mm大の腫瘤を形成して右眼は開眼不能であり、腫瘤期MFと診断した。左下腿の疼痛・腫脹は蜂窩織炎と診断してセフェピムおよびクリンダマイシン連日投与を行い、1週間で全身状態改善後、エトレチナート内服を併用しつつ週5回のメトキサレン内服による内服PUVA療法に加え、顔面の腫瘤に対して40...
白戸 貴久, 藤田 靖幸, 高島 翔太, 齋藤 奈央, 乃村 俊史, 堀田 哲也, 清水 宏
皮膚科の臨床   58(2) 232-235   Feb 2016
40歳男。1年半前より下肢の運動時制限を自覚し、徐々に四肢の硬化を認めたため当科を受診した。受診時、両手背から前腕、足背から下腿にかけてびまん性に皮膚が硬化し、前腕では表在静脈に沿って線状に陥凹していた。造影MRIで両下腿筋膜が高信号を呈していた。病理組織学的所見より、fasciitis-panniculitis syndromeと診断された。診断後はプレドニゾロンの内服を開始したところ、硬化と可動域制限は徐々に改善した。
堀田 萌子, 藤田 靖幸, 葭本 倫大, 剱持 靖子, 夏賀 健, 冨澤 幸生, 清水 宏
皮膚科の臨床   58(1) 150-151   Jan 2016
9歳男児。約半年前から左頬部に陥凹が出現し、徐々に拡大してきたため、当科を紹介受診した。初診時、左頬全体に常色で境界不明瞭な陥凹を認め、病理組織学的所見・MRI所見より、進行性顔面片側萎縮症と診断した。診断後は無治療にて経過観察しているが、現在までに症状の増悪はみられない。
トラニラスト内服で症状の改善を示した粘液水腫性苔癬の1例
平田 悠, 藤田 靖幸, 大澤 倫子, 西江 渉, 清水 宏
皮膚科の臨床   57(13) 2041-2044   Dec 2015
48歳男。顔面・頸部の丘疹・腫脹が2ヵ月前から出現した。初診時は前額部・上眼瞼・鼻背を中心に硬化を伴う淡紅色の扁平隆起局面を認め、後頸部から上背部にはびまん性に硬化し局面上に10mm大までの淡紅色丘疹が散在していた。病理組織像では真皮浅層に著明な浮腫があり、膠原線維束間にムチン沈着を認めた。粘液水腫性苔癬のうちatypical formと診断した。トラニラスト内服1ヵ月後には皮疹は軽快し、現在も内服加療中である。
【実践 子ども皮膚科外来】 小児の水疱症
藤田 靖幸
Derma.   (236) 111-122   Oct 2015
外来診療において子どもに生じる水疱の多くは、感染性疾患や熱傷などのcommon diseaseである。一方で特に生下時に水疱が生じている場合は、表皮水疱症などの稀ではあるが重要な疾患の可能性も考慮するべきである。生涯にわたるケアを要する疾患も多く、単なる治療にとどまらない対応を心がける必要がある。また、乳児期以降に水疱が多発してきた場合、線状IgA水疱性皮膚症や水疱性類天疱瘡などの自己免疫性水疱症の可能性も念頭に置いて診療に臨む必要がある。(著者抄録)
【各種難病の最新情報】 [第2部]乾癬の最新治療 生物学的製剤を中心に
藤田 靖幸
難病と在宅ケア   21(3) 29-33   Jun 2015
【水疱症の治療 最前線】 先天性表皮水疱症の治療
藤田 靖幸
Derma.   (222) 39-44   Sep 2014
表皮水疱症(epidermolysis bullosa;EB)は全身に水疱・びらんを形成する遺伝性皮膚疾患である。現時点で根本的な治療はほとんど存在しないため、EB患者の日常診療において最も重要なことは、著しく低下しやすいQOLをいかに維持するかにある。近年はソフトシリコン層をもつ創傷被覆材が普及し、煩雑な日常処置を軽減する手段が増えつつある。患者の状況に合った材料を選択し、在宅難治性皮膚疾患処置指導管理料などを活用して適切な医療を提供する必要がある。繰り返される感染症や摂食障害、指趾癒合...
中山 ちひろ, 齋藤 奈央, 伊東 孝政, 中里 信一, 堀江 啓太, 乃村 俊史, 藤田 靖幸, 阿部 理一郎, 坊垣 暁之, 小玉 和郎, 清水 宏
臨床皮膚科   68(8) 591-595   Jul 2014
38歳,女性.20歳時よりSLEを発症し,プレドニゾロン(PSL)10mg/日,タクロリムス3mg/日で加療されていた.初診3日前より左上腕内側に小紅斑が出現し,遠心性に拡大して浮腫性紅斑となった.徐々に全身に皮疹が出現し,初診時には全身に3cm大までの浮腫性紅斑を多数認め,部分的に融合傾向を呈した.病理組織像では真皮内の密な好中球浸潤を認め,全身性エリテマトーデス(systemic lupus erythematosus:SLE)の経過中に生じたnon-bullous neutrophi...
辻脇 真澄, 藤田 靖幸, 清水 宏
日本皮膚科学会雑誌   124(7) 1305-1311   Jun 2014
Intravascular large B-cell lymphoma(以下IVLBCL)はリンパ腫細胞が全身の小血管を閉塞する結果、多彩な症状を呈するリンパ腫の一型である。近年、早期診断に有用な検査方法としてランダム皮膚生検が注目されている。我々は当科で施行したランダム皮膚生検33名を検討した。その結果、ランダム皮膚生検の施行部位は皮下脂肪織の厚い腹部または下肢が望ましいと考えた。また生検方法はスピンドル生検が望ましいが、自験例では5mmパンチ生検も検出率に有意差はなく、パンチ生検の選択...
Desmoplastic Blue Nevusの1例
辻脇 真澄, 藤田 靖幸, 村田 純子, 乃村 俊史, 西江 渉, 清水 宏
皮膚科の臨床   56(6) 893-896   Jun 2014
55歳男。約10年前より右手首に皮疹を認めていた。右尺骨遠位端上の皮膚に20×15mm大の境界明瞭で可動性良好な楕円形の淡紅色の結節があり、中央部に5mm大の青色斑を伴っていた。病理組織学的に真皮内に境界明瞭な結節性病変を認め、また著明な膠原線維の増生があり、その間に有色素性の紡錘形細胞が増殖していた。紡錘形細胞はCD68陽性のメラノファージとS-100陽性、HMB-45陽性、MART-1陽性細胞が混在していた。Factor XIIIaは陰性であった。以上よりdesmoplastic bl...
【毛包・脂腺系疾患-最近の話題-】 若年女性の好酸球性膿疱性毛包炎の1例と当科19例の検討
中里 信一, 藤田 靖幸, 濱出 洋平, 平田 悠, 長谷部 育恵, 浜坂 明日香, 西江 渉, 清水 宏
皮膚科の臨床   56(3) 341-344   Mar 2014
症例は15歳女性で、右前腕と左下肢のそう痒を伴う皮疹を主訴に近医にて加療されるも改善しなかったため受診した。当初、二次感染を伴う貨幣状湿疹として治療を開始したが、毛孔一致性の鮮紅色丘疹と小膿疱が多発し、急速に四肢へ拡大したため、初診10日後に入院となった。膿疱からの細菌培養は陰性で、病理組織学的所見より好酸球性膿疱性毛包炎(EPF)と診断した。入院後、クロベタゾールプロピオン酸エステルの外用、インドメタシンファルネシル400mgの内服を開始したところ、皮疹は軽快した。2年以上経過した現在、...
【膠原病】 皮疹から診断に至った小児皮膚筋炎の1例
足立 真紀, 藤田 靖幸, 中里 信一, 西江 渉, 小林 一郎, 小林 仁, 清水 宏
皮膚科の臨床   56(2) 158-159   Feb 2014
2歳女。顔面・手指伸側・大腿の皮疹を主訴とした。両頬部と鼻根部に鮮紅色の浮腫性紅斑、両手指関節部に径1cmまでの角化性紅斑を認めた。血液検査で筋原性酵素の軽度上昇を認め、皮膚生検では空胞変性と真皮浅層の血管周囲にリンパ球浸潤を認め、ムチン沈着を伴っていた。MRIでは脂肪抑制画像で両側臀部・大腿の筋・筋膜・両側上肢の筋群に不均一な信号上昇を認め、活動性のある筋炎の存在が示唆された。CTで間質性肺炎や腫瘍性病変の所見は認めなかった。左上腕三頭筋の生検病理所見では筋束周囲の筋萎縮を認めた。小児皮...
顔面の腫脹から診断に至った皮下脂肪織炎様T細胞性リンパ腫の1例
中里 信一, 藤田 靖幸, 古口 華子, 長谷部 育恵, 近藤 健, 白鳥 聡一, 西江 渉, 清水 宏
皮膚科の臨床   55(9) 1204-1205   Sep 2013
19歳男性。左頬部の腫脹を主訴に複数の医療機関を受診するも原因は特定できず、発熱も加わったため著者らの口腔外科へ受診となった。白血球減少や肝機能障害ほか、MRIにてWeber-Christian病が疑われ、皮膚科へ紹介となったが、所見では左頬〜下顎にかけて熱感を伴うびまん性の腫脹がみられ、同部位の皮下には1〜2cm大の硬結が複数触知された。また、MRIでは両頬部と後頸部の皮下脂肪層内に索状病変が確認され、PET-CTでは頸部、胸部、腹部、上腕の皮下組織にFDG集積が多発していた。以上、これ...
【全身症状を伴う皮膚疾患(2)】 <臨床例>慢性骨髄性白血病を合併したWells症候群
中里 信一, 藤田 靖幸, 濱出 洋平, 長谷部 育恵, 杉田 純一, 西江 渉, 清水 宏
皮膚病診療   35(9) 881-884   Sep 2013
<症例のポイント>Wells症候群は好酸球の浸潤を伴う難治性の脂肪織炎を呈する疾患であり、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、真性多血症などの血液疾患を合併することがある。今回、慢性骨髄性白血病(CML)を合併したWells症候群を経験した。海外の文献も含めてわれわれが調べえたかぎり、過去に同様の症例報告は存在しない。CMLに対してチロシンキナーゼ阻害薬のニロチニブ塩酸塩水和物を投与したところ、皮疹は速やかに消褪した。チロシンキナーゼ阻害薬は難治例のWells症候群の治療薬となる可能性がある...
自己免疫性甲状腺疾患(Graves病)の治療により軽快した慢性蕁麻疹の1例
藤田 靖幸, 清水 忠道, 清水 宏
ホルモンと臨床   52(12) 1219-1221   Dec 2004
24歳女.数年前から体幹・四肢に掻痒を伴う紅斑の出現・消退を繰り返していた.紅色皮膚描記症陽性であったが,腹痛・関節痛・咽頭痛などの他の自覚症状は認めなかった.振戦・眼球突出・下腿浮腫・多汗も無く,甲状腺の腫大も触知できなかった.抗ヒスタミン剤やプレドニゾロンを投与したが効果は無く,治療経過中に患者が軽度の振戦を自覚するようになった.甲状腺機能検査を行ったところ,F-T3 16.48pg/ml,F-T4 5.85ng/dl,TSH 0.3μIU/ml未満,抗TSH受容体抗体60.13%,サ...
【紅斑のみられる皮膚疾患カラーアトラス】 ときに紅斑 水疱性類天疱瘡
藤田 靖幸, 秋山 真志, 清水 宏
皮膚病診療   26(Suppl.) 129-129   Jul 2004

Conference Activities & Talks

 
膿疱性乾癬とMikulicz病が合併した1例
宮澤 元, 藤田 靖幸, 岩田 浩明, 清水 宏, 石川 康暢, 西尾 妙織, 石嶋 漢, 新明 康弘
日本皮膚科学会雑誌   Aug 2017   
Myxoinflammatory fibroblastic sarcomaの1例
前田 拓哉, 藤田 靖幸, 秦 洋郎, 今福 恵輔, 中里 信一, 清水 宏, 三橋 智子, 長谷川 匡, 阿南 隆, 浜岡 秀爾
日本皮膚科学会雑誌   Aug 2017   
腹部に生じたapocrine mixed tumorの1例
眞井 翔子, 藤田 靖幸, 須貝 達朗, 今福 恵輔, 秦 洋郎, 新熊 悟, 乃村 俊史, 清水 宏
日本皮膚科学会雑誌   Aug 2017   
Thymoma-associated multiorgan autoimmunity(TAMA)の2例
得地 景子, 藤田 靖幸, 宮澤 元, 村松 憲, 渡邉 美佳, 西村 真智子, 新熊 悟, 乃村 俊史, 西江 渉, 清水 宏, 田口 純, 木下 一郎
日本皮膚科学会雑誌   Aug 2017   
アダリムマブ投与中に皮下血腫を生じた乾癬性関節炎の1例
真屋 由佳, 藤田 靖幸, 中山 ちひろ, 北村 真也, 秦 洋郎, 清水 宏, 有田 賢
日本皮膚科学会雑誌   Aug 2017