口羽 文

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 18:00
 
アバター
研究者氏名
口羽 文
 
クチバ アヤ
所属
国立がん研究センター
部署
生物統計部
職名
室長
学位
博士(保健学)(東京大学)
その他の所属
横浜市立大学大学院医学系研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2016年2月
 - 
現在
国立がん研究センター 研究支援センター 生物統計部 室長
 
2014年7月
 - 
2016年1月
国立がん研究センター 研究支援センター 生物統計部 研究員
 
2013年7月
 - 
2014年7月
国立がん研究センター 生物統計部門 研究員
 
2010年8月
 - 
2013年6月
ダナ・ファーバーがん研究所 研究員
 
2008年4月
 - 
2010年7月
国立がん研究センター 研究所 腫瘍ゲノム解析・情報研究部 研究員
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
東京大学 医学部 健康科学・看護学科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 理科II類 
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立がん研究センター中央病院臨床研究審査委員会,委員
 
2018年4月
 - 
現在
国立がん研究センター東病院臨床研究審査委員会,技術専門員
 
2015年4月
 - 
現在
Japanese Journal of Clinical Oncology, Statistics Advisor
 
2010年
 - 
現在
Japanese Organization for Research and Treatment of Cancer (JORTC) プロトコール審査委員会/独立データモニタリング委員会,委員
 

論文

 
Iwasaki M, Tanaka-Mizuno S, Kuchiba A, Yamaji T, Sawada N, Goto A, Shimazu T, Sasazuki S, Wang H, Le Marchand L, Tsugane S
Cancer prevention research (Philadelphia, Pa.)   10(9) 535-541   2017年7月   [査読有り]
Hidaka A, Budhathoki S, Yamaji T, Sawada N, Tanaka-Mizuno S, Kuchiba A, Charvat H, Goto A, Shimazu T, Inoue M, Noda M, Tsugane S, Iwasaki M, JPHC Study Group.
International journal of cancer      2018年9月   [査読有り]
Drew DA, Nishihara R, Lochhead P, Kuchiba A, Qian ZR, Mima K, Nosho K, Wu K, Wang M, Giovannucci E, Fuchs CS, Chan AT, Ogino S
The American journal of gastroenterology   112(3) 493-501   2017年3月   [査読有り]
Otani T, Noma H, Sugasawa S, Kuchiba A, Goto A, Yamaji T, Kochi Y, Iwasaki M, Matsui S, Tsunoda T
European journal of human genetics : EJHG      2018年9月   [査読有り]
Kimbara S, Fujiwara Y, Iwama S, Ohashi K, Kuchiba A, Arima H, Yamazaki N, Kitano S, Yamamoto N, Ohe Y
Cancer science      2018年9月   [査読有り]
Yamashita M, Kitano S, Aikawa H, Kuchiba A, Hayashi M, Yamamoto N, Tamura K, Hamada A
Scientific reports   6 19772   2016年1月   [査読有り]
Taguri M, Kuchiba A
Annals of epidemiology   28(5) 331-334.e1   2018年5月   [査読有り]
Mieno MN, Tanaka N, Arai T, Kawahara T, Kuchiba A, Ishikawa S, Sawabe M
Journal of epidemiology   26(4) 191-198   2016年   [査読有り]
Plasma 25-hydroxyvitamin D concentration and subsequent risk of total and site specific cancers in Japanese population: large case-cohort study within Japan Public Health Center-based Prospective Study cohort.
Budhathoki S, Hidaka A, Yamaji T, Sawada N, Tanaka-Mizuno S, Kuchiba A, Charvat H, Goto A, Kojima S, Sudo N, Shimazu T, Sasazuki S, Inoue M, Tsugane S, Iwasaki M, Japan Public Health Center-based Prospective Study Group.
BMJ (Clinical research ed.)   360 k671   2018年3月   [査読有り]
Yamada M, Oda I, Tanaka H, Abe S, Nonaka S, Suzuki H, Yoshinaga S, Kuchiba A, Koyanagi K, Igaki H, Taniguchi H, Sekine S, Saito Y, Tachimori Y
Endoscopy international open   5(9) E868-E874   2017年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Frontiers of Biostatistical Methods and Applications in Clinical Oncology
口羽文 (担当:分担執筆, 範囲:Evaluation of Cancer Risk in Epidemiologic Studies with Genetic and Molecular Data)
Springer Singapore   2017年   
統計応用の百科事典
松井茂之,口羽文 (担当:分担執筆, 範囲:ゲノムデータ解析,ゲノムワイドスクリーニング,遺伝疫学)
丸善出版   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
がんと糖尿病:両者を繋ぐメカニズム、糖尿病併存がん患者の実態に関する包括的な疫学研究
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 後藤温
統合された科学的根拠に基づく日本人のためのがんリスク評価モデルの開発とその革新的改善に資する疫学研究の推進
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 岩崎基
個人のがんリスクに応じて開発された個別化予防のための累積リスク予測ツールの評価に関する介入研究
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 島津太一
ゲノム等のバイオマーカー情報に基づく希少がん・希少フラクション領域の臨床開発を促進するための基盤整備研究
日本医療研究開発機構: 日本医療研究開発機構研究費
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 佐藤暁洋
予測モデル構築のための研究デザインと予測性能の評価方法
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 口羽文