Megumi HARUNA

J-GLOBAL         Last updated: May 24, 2019 at 20:05
 
Avatar
Name
Megumi HARUNA
Affiliation
The University of Tokyo
Section
Graduate School of Medicine, Health Sciences and Nursing
Job title
Lecturer
ORCID ID
0000-0002-7727-7417

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Shiraishi M, Hanada N, Mori R
The Cochrane database of systematic reviews   4 CD011337   Apr 2019   [Refereed]
Rönnerhag M, Severinsson E, Haruna M, Berggren I
Journal of nursing management      Apr 2019   [Refereed]
Kita S, Haruna M, Matsuzaki M, Kamibeppu K
Violence against women   1077801219835052   Apr 2019   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M
Asia Pacific journal of clinical nutrition   28(1) 99-105   Mar 2019   [Refereed]
Rönnerhag M, Severinsson E, Haruna M, Berggren I
Journal of advanced nursing   75(3) 585-593   Mar 2019   [Refereed]
Takei H, Shiraishi M, Matsuzaki M, Haruna M
Appetite   132 175-181   Jan 2019   [Refereed]
Lyberg A, Dahl B, Haruna M, Takegata M, Severinsson E
Nursing open   6(1) 18-29   Jan 2019   [Refereed]
Hikita N, Haruna M, Matsuzaki M, Sasagawa E, Murata M, Yura A, Oidovsuren O
Asian/Pacific Island nursing journal   4(1) 47-56   2019   [Refereed]
Takegata M, Haruna M, Morikawa M, Yonezawa K, Komada M, Severinsson E
Nursing & health sciences   20(3) 338-345   Sep 2018   [Refereed]
Rönnerhag M, Severinsson E, Haruna M, Berggren I
Nursing & health sciences   20(3) 331-337   Sep 2018   [Refereed]
Hikita Naoko, Haruna Megumi, Matsuzaki Masayo, Shiraishi Mie, Takehara Kenji, Dagvadorj Amarjargal, Sumya Narantuya, Bavuusuren Bayasgalantai, Baljinnyam Purevdorj, Ota Erika, Mori Rintaro
HEALTH EDUCATION JOURNAL   77(4) 458-469   Jun 2018   [Refereed]
Matsuzaki M, Kusaka M, Sugimoto T, Shiraishi M, Kobayashi R, Watanabe S, Haruna M
Journal of alternative and complementary medicine (New York, N.Y.)   24(6) 603-610   Jun 2018   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Sasaki S
Journal of nutritional science   7 e12   Apr 2018   [Refereed]
Yonezawa K, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Kojima R
The Journal of dermatology   45(1) 24-30   Jan 2018   [Refereed]
Hikita N, Haruna M, Matsuzaki M, Sasagawa E, Murata M, Oidovsuren O, Yura A
Scientific reports   7(1) 16426   Nov 2017   [Refereed]
Kita S, Haruna M, Hikita N, Matsuzaki M, Kamibeppu K
Nurs Health Sci   19(1) 35-43   2017   [Refereed]
Associations of Mental and Behavioral Problems among Children Exposed to Intimate Partner Violence Previously and Visits with Their Fathers Who Perpetrated the Violence.
Kita S, Haruna M, Yamaji M, Matsuzaki M, Kamibeppu K
Open J Nurs   7(3) 361-377   2017   [Refereed]
Psychometric Evaluation of the Japanese Wijma Delivery Expectancy/Experience Questionnaire version B.
Takegata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Okano T. Severinsson, E
Open J Nurs   7 15-27   2017   [Refereed]
Takegata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Okano T, Severinsson E
Midwifery   44(14) 23   2017   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M. Murayama R, Sasaki S
J Epidemiol   27(4) 172-179   2017   [Refereed]
Evidence of Linkages between Patient Safety and Person-Centred Care in the Maternity and Obstetric Context—An Integrative Review.
Severinsson E, Haruna M, Rönnerhag M, Holm AL, Hansen BS, Berggren I
Open J Nurs   7 378-398   2017   [Refereed]
Takehara K, Dagvadorj A, Hikita N, Sumaya N, Ganhuyag S, Bavuusuren B, Ota E, Haruna M, Yoshida M, Kita S, Noma H, Mori R
Matern Child Health J   20(5) 1072-1081   2016   [Refereed]
Kita S, Haruna M, Matsuzaki M, Kamibeppu K
Arch Womens Ment Health   19(4) 623-634   2016   [Refereed]
Hayashi A, Matsuzaki M, Kusaka M, Shiraishi M, Haruna M
Drug Discov Ther   10(4) 218-222   2016   [Refereed]
Kusaka M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Haruna M
Women Birth   29(5) e82-e88   2016   [Refereed]
Haruna M, Shiraishi M, Matsuzaki M, Yatsuki Y, Yeo S
Matern Child Nutr   Nov(29)    2016   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Kitanaka S, Sasaki S
Maternal & child nutrition   11(4) 525-536   Oct 2015   [Refereed]
Kita S, Minatani M, Hikita N, Matsuzaki M, Shiraishi M, Haruna M
J Immigr Minor Health   Mar(18)    2015   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Sasaki S
Asia Pac J Clin Nutr   24(2) 316-322   2015   [Refereed]
Shiraishi M, Matsuzaki M, Yatsuki, Y, Murayama R, Severinsson E, Haruna M
Nurs Health Sci   17(2) 257-262   2015   [Refereed]
Kitamura T, Takegata M, Haruna M, Yoshida Y, Yamashita H, Murakami M, Goto Y
J Child Fam Studies   24 393-401   2015   [Refereed]
Does Antenatal Fear of Childbirth Predict Postnatal Fear of Childbirth? A Study of Japanese Women.
Takegata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Okano T, Severinsson E
Open J Nurs   5 144-152   2015   [Refereed]
Ohashi Y, Kitamura T, Minatani M, Haruna M, Murakami M, Goto Y
Pediatr Int   Jun(11) 1090-1096   2015   [Refereed]
Association of Specific Negative Life Events with Depression Severity One Month After Childbirth in Community-Dwelling Mothers.
Ohashi Y, Takegata M, Haruna M, Kitamura T, Takauma F, Tada K
Int J Nurs Health Sci   2(2) 13-20   2015   [Refereed]
Continuous education for perinatal mental health among clinical midwives: Necessity and a literature review.
Takegata M, Haruna M, Kitamura T
Int Nurs Health Sci   2(6) 73-77   2015   [Refereed]
Patient Safety, Adverse Healthcare Events and Near-Misses in Obstetric Care —A Systematic Literature Review.
Severinsson E, Haruna M, Rönnerhag M, Berggren I
Open J Nurs   5(12) 1110-1122   2015   [Refereed]
Matsuzaki M, Haruna M, Nakayama K, Shiraishi M, Ota E, Murayama R, Murashima S, Yeo S
Journal of obstetric, gynecologic, and neonatal nursing : JOGNN   43(1) 107-116   Jan 2014   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M,Ota Erika, Murayama R, Sasaki S, Yeo S, Murashima S.
Nurs Health Sci.   16(2) 164-170   2014   [Refereed]
Evenson KR, Barakat R, Brown WJ, Dargent-Molina P, Haruna M, Mikkelsen EM, Mottola MF, Owe KM, Rousham EK, Yeo S
Am J Lifestyle Med.   8(2) 102-121   2014   [Refereed]
Mothers’ Bonding Attitudes towards Infants: Impact of Demographics, Psychological Attributes, and Satisfaction with Usual Clinicalcare during Pregnancy.
Ohashi Y, Kitamura T, Kita S, Haruna M, Sakanashi K, Tanaka T
Int J Nurs Health Sci   1(3) 16-21   2014   [Refereed]
Emotionality Activity Sociability and Impulsivity (EASI) Survey: Psychometric properties and assessment biases of the Japanese version.
Kitamura T, Ohashi Y, Minatani M, Haruna M, Murakami M, Goto Y
Psychol Behav Sci   3(4) 113-120   2014   [Refereed]
Childbirth as a trauma: Psychometric properties of the Impact of Event Scale in Japanese mothers of neonates.
Takegata M, Kitamura T, Haruna M, Sakanashi K, Tanaka T
Psychol Behav Sci   3(2) 46-50   2014   [Refereed]
Takegata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Okano Y, Severinsson E
Arch Womens Ment Health   17(5) 403-409   2014   [Refereed]
Yonezawa K, Haruna M, Shiraishi M, Matsuzaki M, Sanada H
Pediatr Dermatol   31(6) 692-697   2014   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R
J Nutr Sci Vitaminol.   60(6) 420-428   2014   [Refereed]
Matsuzaki M, Haruna M. Nakayama K, Shiraishi M, Ota, E, Murayama R, Murashima S, Yeo S.
Biosci Trends   8(3) 176-184   2014   [Refereed]
Guided Imagery for Treating Hypertension in Pregnancy. 
Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Shiraishi M, Hanada N, Mori R
Cochrane Pregnancy and Childbirth Group      2014   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Watanabe E, Sasaki S, Yeo S, Murashima S.
Biol Res Nurs.   15(2) 213-218   2013   [Refereed]
Takegata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Murayama R, Tadaharu O, Severinsson E.
Nurs Health Sci.   15(3) 326-332   2013   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Sasaki S.
Int J Food Sci Nutr.   64(6) 694-699   2013   [Refereed]
The effects of an exercise program on health-related quality of life in postpartum mothers: a randomized controlled trial.
Haruna M, WatanabeE, Matsuzaki M, Ota E, Shiraishi M, Murayama R, Yoshida M, Yeo S.
Health.   5(3) 432-439   2013   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Yatsuki Y, Sasaki S.
Nutr Res.   33(6) 473-478   2013   [Refereed]
Validity of a self-administered diet history questionnaire for estimating vitamin D intakes of Japanese pregnant women.
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Kitanaka S, Sasaki S.
Matern Child Nutr.   Oct(1)    2013   [Refereed]
Depressive mood, bonding failure, and abusive parenting among mothers with three-month-old babies in a Japanese community.
Kitamura T, Ohashi Y, Kita S, Haruna M, Kubo R
OJPsych.   3 1-7   2013   [Refereed]
Pelvic floor function and advanced maternal age at first vaginal delivery.
Yoshida M, Murayama R, Nakata M, Haruna M, Matsuzaki M, Shiraishi M, Sanada H
OJOG   3 28-34   2013   [Refereed]
Yoshida M, Murayama R, Haruna M, Matsuzaki M, Yoshimura K, Murashima S, Kozuma S
J Med Ultrasonics.   40(2) 125-131   2013   [Refereed]
Minatani M, Kita S, Ohashi Y, Kitamura T, Haruna M, Sakanashi K, Tanaka T
Depress Res Treat.   2013(140169)    2013   [Refereed]
Hotta K, Murayama R, Yoshida M, Hyodo H, Kobayashi K, Haruna M, Matsuzaki M, Kozuma S, Murashima S
Journal of medical ultrasonics (2001)   39(4) 241-247   Oct 2012   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Sasaki S, Murashima S
Nutrition journal   11 15   Mar 2012   [Refereed]
Lyberg A, Viken B, Haruna M, Severinsson E.
J Nurs Manag   20(2) 287-295   2012   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Murayama R, Sasaki S, Murashima S.
Nutr J.   11(15)    2012   [Refereed]
Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Murayama R, Murashima S.
Jpn J Nurs Sci. 8(2): 153-62   8(2) 153-162   2011   [Refereed]
Ota E, Haruna M, Suzuki M, Anh DD, Tho le H, Tam NT, Thiem VD, Anh NT, Isozaki M, Shibuya K, Ariyoshi K, Murashima S, Moriuchi H, Yanai H.
Bull World Health Organ.   1;89(2) 127-136   2011   [Refereed]
Nishioka E, Haruna M, Ota E, Mtsuzaki M, Murayama R, Yoshimura K, Murashima S.
J Affect Disord.   133(3) 553-559   2011   [Refereed]
The association of gestational weight gain and maternal body mass index on perinatal outcomes in Vietnamese women.
Ota E, Haruna M, Suzuki M, Anh DD, Tho HL,Thanh Tam NT, Thiem VD, Hien Anh NT, Isozaki M, Shibuya K, Ariyoshi K, Murashima S, Moriuchi H, Yanai H.
Bulletin-WHO.   1;89(2) 127-136   2010   [Refereed]
Association between the serum folate levels and tea consumption during pregnancy.
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Murashima S.
Biosci Trends.   4(5) 225-230   2010   [Refereed]
Matsuzaki M, Haruna M, Hasumi Y, Sekine K, Tanizaki T, Watanabe E, Murashima S.
Free Radic Res.   44(11) 1338-1344   2010   [Refereed]
Translation and cross-cultural adaptation of the Pregnancy Physical Activity Questionnaire (PPAQ) to Japanese.
Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Yeo S, Murayama R, Murashima S.
Biosci Trends.   4(4) 170-177   2010   [Refereed]
Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Honda Y, Tanizaki T, Sekine K, Tabata N, Yeo S, Murashima S.
Biofactors.   36(4) 312-318   2010   [Refereed]
Okamoto M, Murayama R, Haruna M, Matsuzaki M, Kozuma S, Nakata M, Murashima S.
J Med Ultrasonics.   37(4) 187-193   2010   [Refereed]
Severinsson E, Haruna M, Friberg F.
J Nurs Manag.   18(4) 400-408   2010   [Refereed]
Haruna M, Yeo S, Watanabe E, Matsuzaki M, Ota E, Nakayama K, Murashima S.
Nurs Health Sci.   12(1) 21-26   2010   [Refereed]
Nakayama K, Haruna M, Matsuzaki M, Sekine K, Murashima S.
J Obstet Gynaecol Res.   36(1) 27-33   2010   [Refereed]
Shiraishi M, Haruna M, Matsuzaki M, Ota E, Murayama R, Sasaki S, Murashima S.
Jpn Acad Midwifery.   24(2) 252-260   2010   [Refereed]
Mothering and acculturation: experiences during pregnancy and childrearing of Filipina mothers married to Japanese.
Uayan ML, Kobayashi S, Matsuzaki M, Ota E, Haruna M, Murashima S.
Biosci Trends.   3(3) 77-86   2009   [Refereed]
Comparison of body fat mass changes during the third trimester and at one month postpartum between lactating and nonlactating Japanese women.
Ota E, Haruna M, Matsuzaki M, Honda Y, Sasaki S, Yeo S, Murashima S.
Biosci Trends.   2(5) 200-205   2008   [Refereed]
Matsuzaki M, Haruna M, Ota E, Sasaki S, Nagai Y, Murashima S.
J Obstet Gynaecol Res.   34(6) 971-979   2008   [Refereed]
Reliability and validity of the Vietnamese version of the Pregnancy Physical Activity Questionnaire (PPAQ).
Ota E, Haruna M, Yanai H, Suzuki M, Anh DD, Matsuzaki M, Tho le H, Ariyoshi K, Yeo SA, Murashima S.
Southeast Asian J Trop Med Public Health.   39(3) 562-570   2008   [Refereed]
[Social rehabilitation experiences of people with a history of Hansen's disease: interviews of readmitted residents in a sanatorium].
Sashida M, Nagata S, Murashima S, Haruna M
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   52(2) 146-157   Feb 2005   [Refereed]
Nagata S, Tabata M, Ooshima H, Murashima S, Sumi N, Haruna M.
Jpn J Nurs Sci.   1 87-97   2004   [Refereed]
Placental vitamin D regulates maternal calcium metabolism during pregnancy.
Fukuoka H, Haruna M, Kim CS, Fujita M, Maekawa Y.
In: Danks J, Dacke C, Flik G, Gay C, editors. Calcium Metabolism: Comparative Endocrinology. BioScientifica Ltd, Bristol   173-178   1999   [Refereed]
Effect of bed rest immobilization on metabolic turnover of bone and bone mineral density.
Fukuoka H, Nishimura Y, Haruna M, Suzuki Y, Oyama K, Igawa S, Sekiguchi C, Murai T, Shigematsu T, Sudoh M, Akimura H, Gunji A.
J Gravit Physiol.   4(1) S75-81   1997   [Refereed]
Psychological stress induced by 20 days bed rest.
Ishizaki Y, Fukuoka H, Ishizaki T, Katsura T, Nishimura Y, Haruna M, Suzuki Y, Kawakubo K, Gunji A.
J Gravit Physiol.   4(1) S95-98   1997   [Refereed]
Psychological effects of bed rest in young healthy subjects.
Ishizaki Y, Fukuoka H, Katsura T, Nishimura Y, Kiriyama[Haruna] M, Higurashi M, Suzuki Y, Kawakubo K, Gunji A.
Acta Physiol Scand Suppl.   616 83-87   1994   [Refereed]
Metabolic turnover of bone and peripheral monocyte release of cytokines during short-term bed rest.
Fukuoka H, Kiriyama[Haruna] M, Nishimura Y, Higurashi M, Suzuki Y, Gunji A.
Acta Physiol Scand Suppl.   616 37-41   1994   [Refereed]
Bone turnover and calcium metabolism during 20 days bed rest in young healthy males and females.
Nishimura Y, Fukuoka H, Kiriyama[Haruna] M, Suzuki Y, Oyama K, Ikawa S, Higurashi M, Gunji A.
Acta Physiol Scand Suppl. 1994;616:27-35.   616 27-35   1994   [Refereed]
Fukuoka H, Kiriyama[Haruna] M, Higurashi M, Honda T, Satoh K, Ooishi T, Kushida K, Inoue T.
Proc Jpn Acad.   69(8) 212-217   1993   [Refereed]

Misc

 
春名 めぐみ, 成瀬 昂, 上別府 圭子
看護研究 = The Japanese journal of nursing research   51(7) 650-657   Nov 2018
松本 弘子, 松﨑 政代, 白石 三恵, 春名 めぐみ
母性衛生   59(2) 406-415   Jul 2018
新生児のスキンケアガイドライン作成を目指した、新生児期のスキンケアと2歳時点でのアレルギー疾患の関連の検討
米澤 かおり, 春名 めぐみ
医療の広場   58(5) 16-20   May 2018
新生児期のスキンケアと2歳時点でのアレルギー疾患の関連、ならびにアレルギーとの関連も含めた新生児期の適切なスキンケアを明らかにすることを目的として研究を行った。新生児のスキンケア介入研究に生後3ヵ月まで参加し、2年後の追跡調査に同意した202名を対象とした。2歳時点でアトピー性皮膚炎と診断されていた者は9.5%、アトピー性皮膚炎の診断あるいはステロイドを使用する皮膚トラブルが多くある者は19.6%であった。アトピー性皮膚炎以外のアレルギー疾患については、食物アレルギーと診断されている者が9...
働く女性の復職後の母乳栄養継続に関連する要因の検討
島 沙槻, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 笹川 恵美, 米澤 かおり
東京母性衛生学会誌   34(1) 54-61   Mar 2018
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代
母性衛生   58(4) 648-654   Jan 2018
新生児期の皮膚トラブルは母親の心配事の上位に挙がっている。そこで生後1ヵ月児の母親を対象に、新生児のスキンケア知識の情報源と、皮膚に心配事がある場合の対処方法と心理面の実態、さらに初経産による違いを明らかにすることを目的とした。2014年3月〜翌年2月に出生した児の母親を対象とし、1ヵ月健診時に自記式質問紙を用いて横断調査を行い、初産婦125名、経産婦81名から回答を得た。日々の新生児のスキンケアの情報源については複数回答可として「病院の退院指導で聞いた(58.0%)」「インターネットで調...
YONEZAWA Kaori, HARUNA Megumi, MATSUZAKI Masayo
Journal of Japan Academy of Midwifery   31(2) 111-119   Dec 2017
<p>Purpose</p><p>Many newborns often have skin problems resulting in parents generally becoming anxious regarding these conditions. However, the risk factors for skin problems among newborns are not well understood. This study aims to deter...
HIROSE Naoki, SHIRAISHI Mie, HARUNA Megumi, MATSUZAKI Masayo, YOSHIDA Honami
Journal of Japan Academy of Midwifery   30(2) 342-349   Dec 2016   [Refereed]
Purpose<br>The aim of this review was to assess the impact of an earthquake on pregnancy outcomes.<br>Methods<br>A search through 4 databases (PubMed, CINAHL, CiNii, and ICHUSHI) was conducted for identifying relevant publications in...
【助産師教育で伝えたい,大切な助産ケア】 これだけは伝えたい助産ケア 喜びを"待つ"ということ
春名 めぐみ
助産雑誌   70(7) 538-540   Jul 2016
【妊娠期からの母親支援】 妊娠期からつながる産後ケア
春名 めぐみ
チャイルド ヘルス   18(7) 507-509   Jul 2015
吉田 穂波, 中尾 博之, 林 健太郎, 太田 寛, 池田 裕美枝, 大塚 恵子, 原田 菜穂子, 新井 隆成, 藤岡 洋介, 春名 めぐみ
An Official Journal of the Japan Primary Care Association   38(0) 136-141   Mar 2015
東日本大震災発災後, 筆者は日本プライマリ・ケア連合学会被災地支援プロジェクト (PCAT) の一環として震災直後から9月1日まで家庭医と産婦人科医, 助産師の中から被災地支援者を募り, 石巻市・東松島市にて計35名の医師と50名の助産師を派遣し, 母子保健システムのサポートを行ってきた. 支援活動を通して得た調査結果, 文献や資料, 報告書などから「災害時の妊産婦および母子の健康」に関して, 実際の災害現場で有効に機能するツールを開発し, 地域連携研修を行っている. 大震災による妊娠経過...
Murayama R, Tsuda M, Haruna M, Matsuzaki M, Aoki K
J Soci Nurse Practice   25(1) 49-57   Feb 2013   [Refereed]
妊娠経過に伴う睡眠姿勢の自覚の変化と主観的睡眠感との関連(Relationship between perceived sleep posture and subjective sleep quality: Changes related to progression of pregnancy)
村山 陵子, 津田 万里子, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 真田 弘美, 青木 和夫
看護実践学会誌   25(1) 49-57   Feb 2013
妊娠の進行に伴う睡眠姿勢の自覚の変化と主観的睡眠感との関連を明らかにすることを目的とし、妊娠中期と末期の自記式質問紙による縦断調査を行った。都内1施設で健診を受ける、重篤な合併症のない、初産婦、単胎妊娠の女性を対象とし、201人が分析対象であった(65.9%)。主観的睡眠感の多くの項目は、妊娠中期よりも末期に悪い評価となった。妊娠中の睡眠姿勢の自覚は、末期になるほど仰臥位が減少していた。妊娠末期に仰臥位以外の睡眠姿勢であること、"乳房や腹部増大のため自由な姿勢がとれない"という自覚が、妊娠...
周産期におけるマイナートラブルとその対処法 葉酸添加チューインガムのつわり症状改善効果の検証
林 文子, 春名 めぐみ, 渡邊 浩子, 菅沼 信彦
母性衛生   53(1) 35-40   Apr 2012
TAKEGATA Mizuki, HARUNA Megumi, MURAYAMA Ryoko, MATSUZAKI Masayo, MURASHIMA Sachiyo
Journal of Japan Academy of Midwifery   25(2) 160-170   Dec 2011   [Refereed]
Purpose<br>The purpose of this study was to examine and summarize the current state of knowledge regarding the scales used to assess labor pain, the manner in which they are used, their validity and reliability.<br>Method<br> ...
SHIRAISHI Mie, HARUNA Megumi, MATSUZAKI Masayo, OTA Erika, MURAYAMA Ryoko, SASAKI Satoshi, MURASHIMA Sachiyo
日本助産学会誌   24(2) 252-260   Dec 2010
HARUNA Megumi
日本助産学会誌   24(2)    Dec 2010
妊娠中の血漿総ホモシステイン値と朝食欠食の関連(Relationship between the plasma total homocysteine levels and skipping breakfast during pregnancy)
白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 大田 えりか, 村山 陵子, 佐々木 敏, 村嶋 幸代
日本助産学会誌   24(2) 252-260   Dec 2010
目的 妊娠期の朝食欠食は、胎児成長や妊娠合併症予防に必要とされている葉酸やビタミン類の摂取不足を導く可能性が高いことが指摘されている。主に葉酸やビタミンB12の不足によって生じるホモシステイン高値は、子宮内胎児発育遅延や妊娠高血圧症候群の発症に関連しており、ホモシステイン値を増加させない生活習慣を持つことは重要である。本研究は、妊娠中の朝食欠食が栄養素摂取量や血液中の総ホモシステイン(tHcy)値、葉酸値、ビタミンB12値に関連しているかを明らかにすることを目的とした。方法 埼玉県の産婦人...
【行動変容をうながす! 食事指導のアプローチ】 ライフスタイルに合った食事指導 妊産婦向けの食事指導プログラムの開発をめざして
春名 めぐみ, 白石 三恵, 松崎 政代
助産雑誌   64(2) 130-134   Feb 2010
YOSHIDA Manami, HARUNA Megumi, OTA Erika, WATANABE Etsuko, UAYAN Maria Luisa T, MURASHIMA Sachiyo
Japanese journal of maternal health.   50(2) 422-430   Jul 2009
In 2006, international marriages in Japan reached 44,701. The rate significantly increased from 0.9% (1980) to 6.1% (2006). Japanese married to Filipinas was 12,150 (27.2%) in 2006. There were concerns related to mother-child health problems among...
SHIRAISHI Mie, HARUNA Megumi, MATSUZAKI Masayo, OTA Erika, MURASHIMA Sachiyo, SASAKI Satoshi, NAGAI Yasushi
Japanese journal of maternal health.   50(1) 148-154   Apr 2009
The rate at which Japanese women of reproductive-age skip breakfast has increased. Skipping breakfast is reported to be associated with insufficient nutrient intake and mental health. New findings have highlighted the need to better ascertain the ...
松崎 政代, 春名 めぐみ
看護研究集録 = Study for nursing education   15(15) 93-105   Aug 2008
妊娠高血圧症候群(PIH)妊婦における生活習慣の特徴を明らかにするため、PIH妊婦8名に質問紙調査を行い、正常妊婦39名の調査データと群間比較した(以下;検討1)。また、PIH妊婦4名の血液・臍帯血を用いて、酸化ストレスマーカーの一つであるコエンザイムQ10(CoQ10)の還元型および酸化型の濃度測定を行い、生活習慣との関連について検討するとともに、正常妊婦7名のデータと群間比較した(以下;検討2)。検討1の結果、PIH妊婦は正常妊婦に比べて1日あたりの就労時間が有意に長かった。検討2の結...
妊娠、分娩、産褥期の血液および唾液中13,14-dihydro-15-keto-prostaglandin F2αの推移
中山 香映, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 村嶋 幸代
日本看護科学学会学術集会講演集   27回 204-204   Nov 2007
MATSUZAKI Masayo, HARUNA Megumi, OTA Erika, WATANABE Etsuko, MURAYAMA Ryoko, TSUKAMOTO Hiroko
Journal of Japan Academy of Midwifery   20(2) 40-49   Dec 2006
Purpose<br>In this study, we focused on biopyrrin in urine as an oxidative stress maker due to ease of measurement, less invasive risk, and its comprehensiveness as a marker of stress. The aim of this study was to explore the possible use of biopy...
MATSUZAKI Masayo, HARUNA Megumi, OTA Erika, WATANABE Etsuko, MURAYAMA Ryoko, TSUKAMOTO Hiroko
日本助産学会誌   20(2) 40-49   Oct 2006
Haruna Megumi, Murashima Sachiyo, Nagata Satoko, Taguchi Atsuko
Journal of Japan Academy of Community Health Nursing   9(1) 47-52   Sep 2006
Purpose: This study aimed to investigate the changes in the placement and role of public health nurses (PHNs) following the introduction of the Long-term Care Insurance System in 2000, and its impact on health services and future national-policy r...
Koyasu Mieko, Haruna Megumi, Matsuzaki Masayo, Murashima Sachiyo, Fukuoka Hideoki, Tsukamoto Hiroko, Yoshihara Hajime
Maternal health   46(2) 325-332   Jul 2005
This study was conducted to observe the changes in maternal body weight of normal women during pregnancy and one month following delivery and to elucidate the factors that may affect such changes. From the 1,012 women who had term delivery of sing...
ハンセン病回復者の社会復帰時の生活に関する研究 再入所者への面接調査から
指田 百恵, 永田 智子, 村嶋 幸代, 春名 めぐみ
日本公衆衛生雑誌   52(2) 146-157   Feb 2005
国立療養所A園に入所しており,ADLが比較的良好なハンセン病回復者で,社会復帰経験を有する13例を対象とし,社会復帰時の生活をどのように認識しているのか調査した.社会復帰をした経験を「良かった」と振り返っていた.社会生活に大きく影響を与えた要因として,病気が「さわぐ」と病気を「かくす」の2つの要素が抽出され,ハンセン病のようなスティグマを伴う病を患った者が社会生活を営むには,これらにかかわる困難を軽減することが必要と考えられた
NAGATA Satoko, OOSHIMA Hiroko, TABATA Marie, MURASHIMA Sachiyo, SUMI Naomi, HARUNA Megumi
病院管理   41(4) 301-310   Oct 2004
全国の病院における退院支援の実態把握を目的に一般病床100床以上の3268病院を対象に退院支援部署の設置とその関連要因についての郵送調査を行い,有効回収1359票を解析対象とした.その結果,1313施設(96.6%)において退院・転院がスムーズに運ばないことがあると回答しており,退院支援部署が399施設(29.4%)で設置されており,許可病床数・病院の種別・看護師の配置状況・設置主体・併設施設の有無が部署の設置と有意に関連していた.退院支援の取り組みの多くが80%以上の施設で実施されていた...
【母乳を科学する】 授乳期の特殊な骨Ca代謝を考える
福岡 秀興, 向井 伸治, 春名 めぐみ
周産期医学   34(9) 1425-1429   Sep 2004
ミシガンにおける日本人女性とその家族の健康を支える看護の役割
春名 めぐみ, 余 善愛
助産雑誌   58(9) 808-812   Sep 2004
【理想の分娩第1期のケア】 「ケアの壁」を感じたとき 吉村医院での研修を通して
大田 えりか, 春名 めぐみ, 村山 陵子
助産雑誌   58(9) 781-786   Sep 2004
Murayama Hiroshi, Haruna Megumi, Murashima Sachiyo, Yoshioka Kyoko, Nagata Satoko
Journal of Japan Academy of Community Health Nursing   6(2) 55-61   Mar 2004
While importance of community-based activities for maternal and child health has been increasing, its developmental factors have not been identified. The purpose of this study is to clarify and identify these factors by analyzing findings through ...
Fukuoka H, Haruna M
Clinical calcium   13(11) 1425-1431   Nov 2003   [Refereed]
【骨粗鬆症の性差】 妊娠授乳期のCa骨代謝
福岡 秀興, 春名 めぐみ
Clinical Calcium   13(11) 1425-1431   Oct 2003
エストロゲンは女性骨代謝の中心物質で,骨を増加・保護すると考えられている.ところが妊娠中はエストロゲン濃度が増加するため骨が保護されていると考えられてきたが妊娠性骨粗鬆症の発症が見られるなど骨量は減少し,産褥はエストロゲンの減少や乳汁分泌で大きく骨量は減少する.このように妊娠産褥は,非妊時とは異なる骨代謝動態にあって骨量が短時間で大きく変動する.また分娩回数が多くなると将来骨粗鬆症発症のリスクが高くなるか否かも興味がもたれるところである.更にCa摂取量は増やすべきと従来考えられてきたが,こ...
介護保険施行後の保健師活動に関する調査(第1報) 介護保険業務へのとりくみに焦点を当てて
永田 智子, 村嶋 幸代, 春名 めぐみ, 北川 定謙, 倉持 一江, 古谷 章恵, 堀井 とよみ, 湯澤 まさみ, 田上 豊
日本公衆衛生雑誌   50(8) 713-723   Aug 2003
平成13年3月に,全国1344自治体に郵送法による質問紙調査を実施し,介護保険制度開始後の自治体における保健師の配置と介護保険への関与状況,及び,自治体の介護保険への取り組みについて検討した.介護保険への保健師の関与状況が示され,保健師の配置と介護保険業務,特に質保証に関する業務の実施と関連していることが示唆された.保健師の配置部門は介護保険や福祉に広がって,介護保険サービスの質向上等が期待されるが,部門間の連携強化に向けた取り組みが必要である.郡部ではサービス事業者への指導等の実施率が低...
[Public health nurses' activities after the initiation of long-term care insurance (Part 1). Focus on operations for long-term care insurance].
Nagata S, Murashima S, Haruna M, Kitagawa S, Kuramochi K, Furuya A, Horii T, Yuzawa M, Tagami Y
[Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health   50(8) 713-723   Aug 2003   [Refereed]
島田 三恵子, 荒木 こずえ, 春名 めぐみ, 中山 美由紀
母性衛生   40(1) 94-97   Mar 1999
妊娠中,早寝早起の規則正しい生活をし,午前中に充分自然光に当たることが,妊婦にメリハリのあるメラトニンリズムを作り,胎盤経由で胎児期に1日リズムの基盤を作り,生後早期に1日リズムを確立できると推測される
【妊娠と栄養】 妊婦のカルシウム及びビタミンDの代謝 妊娠中毒症との関係
福岡 秀興, 春名 めぐみ
産婦人科の世界   50(8) 591-596   Aug 1998
妊産婦における骨量減少機構の研究
福岡 秀興, 春名 めぐみ
Osteoporosis Japan   4(3) 487-491   Jul 1996
妊娠末期には同一年代女の約3〜5倍の骨吸収があり,骨形成は非妊時より低値を示していた.即ち,妊娠中は骨吸収が亢進し骨形成が抑制されている状態であることが明らかになった.この結果は妊娠性・分娩後骨粗鬆症及びそれに近い病態像は必ずしも稀ではないことを示唆する
福岡 秀興, 春名 めぐみ
医学のあゆみ   176(10) 687-690   Mar 1996
春名 めぐみ, 福岡 秀興
BULLETIN OF THE PHYSICAL FITNESS RESEARCH INSTITUTE   91(0) 109-115   1996
福岡 秀興, 春名 めぐみ
母性衛生   36(4) 25-29   Dec 1995

Conference Activities & Talks

 
モンゴル国ダルハンオール県における喫煙・受動喫煙に関する知識の妊婦とパートナー間での比較
疋田 直子, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 笹川 恵美, 村田 実, Oidovsuren Otgontogoo, Yura Ariunaa
国際保健医療   Sep 2018   
エルサルバドルにおける重症産科合併症によりICUへ入院経験がある妊産婦ニアミス症例の実態
笹川 恵美, de Buendia Lizeth Elias, Diaz de Navarro Alba Marina, Sandoval Lopez Dalia Xochitl, 春名 めぐみ, 三砂 ちづる
国際保健医療   Sep 2018   
2歳児の食物アレルギーと生後3ヵ月までの皮膚トラブルとの関連検討
米澤 かおり, 春名 めぐみ
アレルギー   May 2018   
乳児皮膚トラブル症状の養育者による評価の妥当性検証
米澤 かおり, 春名 めぐみ
日本助産学会誌   Feb 2018   
女性の権利としての出産のヒューマニゼーション 「暴力的出産」の視点から
笹川 恵美, 春名 めぐみ
日本助産学会誌   Feb 2018   
働く女性のメンタルヘルスに関連する職場環境と健康上の問題
春名 めぐみ, 臼井 由利子, 米澤 かおり, 駒田 茉莉子, 笹川 恵美, 疋田 直子, 前田 由美, 池田 優花, 小峰 えりか
日本助産学会誌   Feb 2018   
エルサルバドル国立女性病院における妊産婦死亡の実態と要因
笹川 恵美, 春名 めぐみ, 三砂 ちづる
母性衛生   Sep 2017   
新生児と乳児の顔・臀部・四肢体幹の皮膚トラブル発症時期の実態調査
志賀 咲月, 春名 めぐみ, 米澤 かおり
母性衛生   Sep 2017   
生後2〜3ヵ月児の屋外外出時間・紫外線対策の実態とその関連要因
米澤 かおり, 春名 めぐみ
母性衛生   Sep 2017   
復職後の母乳栄養継続に関連する要因の検討
島 沙槻, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 笹川 恵美, 米澤 かおり
東京母性衛生学会誌   May 2017   
母の妊娠糖尿病合併有無による、出生後の新生児皮膚トラブルへの関連検討
米澤 かおり, 春名 めぐみ
東京母性衛生学会誌   May 2017   
乳幼児を育てる働く女性の日中の過度な眠気に関連する要因 横断研究
臼井 由利子, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 笹川 恵美, 米澤 かおり
東京母性衛生学会誌   May 2017   
経会陰3D超音波による初産婦の妊娠末期の挙筋裂孔と年齢との関連
芦田 沙矢香, 春名 めぐみ, 坂巻 健, 後藤 美希, 小林 浩一
超音波医学   Apr 2017   
生後3ヵ月間の沐浴頻度減少と保湿剤塗布による皮膚バリア機能への効果検証 無作為化比較試験
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2016   
生後1ヵ月までの皮膚トラブルの実態と関連要因
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代
母性衛生   Sep 2016   
エルサルバドルにおける分娩後異常出血の原因探索
笹川 恵美, 春名 めぐみ, 三砂 ちづる
母性衛生   Sep 2016   
産後1ヵ月の女性における間食回数と摂取食品群との関連
白石 三恵, 松本 弘子, 松崎 政代, 春名 めぐみ
日本助産学会誌   Mar 2016   
経腟分娩後5年以内の初産女性の腹圧性尿失禁と腹腔内圧増加との関連
南谷 真理子, 芦田 沙矢香, 春名 めぐみ, 白石 三恵, 松崎 政代, 吉田 美香子, 鈴木 美季子, 村山 陵子
日本助産学会誌   Mar 2016   
産後1ヵ月健診時の母体BMI分類による産後1ヵ月間の体重減少量に関連する要因
松崎 政代, 松本 弘子, 白石 三恵, 小林 里沙, 渡部 紗智, 春名 めぐみ
日本助産学会誌   Mar 2016   
著者をエンパワメントする査読コメントを書こう
山本 則子, 浅野 みどり, 荒木 暁子, 和泉 比佐子, 牛久保 美津子, 内田 陽子, 遠藤 淑美, 大久保 暢子, 落合 亮太, 小野 智美, 片岡 弥恵子, 河野 あゆみ, 佐伯 圭一郎, 佐伯 由香, 酒井 明子, 佐藤 紀子, 清水 安子, 鈴木 みずえ, 田中 美智子, 長谷川 真澄, 春名 めぐみ, 眞嶋 朋子, 三木 明子, 宮下 光令, 吉沢 豊予子, 吉田 俊子, 宮本 有紀, 日本看護科学学会和文誌編集委員会
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2015   
働く女性を支援する 働く女性と妊娠・出産
春名 めぐみ
日本職業・災害医学会会誌   Nov 2015   
性感染症に関する化学反応を利用した体験型ワーク後の海外の医療研修者の意識調査
松崎 政代, 春名 めぐみ, 笹川 恵美, 名西 恵子, 大川 純代, 菊地 君与, 齋藤 益子
日本性感染症学会誌   Oct 2015   
初経産別、新生児スキンケア知識を得る手段と皮膚に関する不安の対処方法
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代
母性衛生   Sep 2015   
生後3ヵ月間における長期間のおむつ皮膚炎症状有無による属性比較
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵
日本助産学会誌   Feb 2015   
小児・妊産婦への対応 領域横断的な災害時母子救護システム構築の最先端
吉田 穂波, 春名 めぐみ, 新井 隆成, 中尾 博之
日本集団災害医学会誌   Dec 2014   
妊娠中の転倒状況に関する予備的調査 都内1施設での縦断研究
日下 桃子, 松崎 政代, 白石 三恵, 春名 めぐみ
日本転倒予防学会誌   Sep 2014   
妊娠中期の身体活動量の実態と子どもや就労の有無での比較
菊池 遥佳, 松崎 政代, 白石 三恵, 春名 めぐみ
母性衛生   Aug 2014   
日本人妊婦の血清βカロテン濃度に関連する要因
竹井 春香, 白石 三恵, 松崎 政代, 春名 めぐみ
母性衛生   Aug 2014   
生後1ヵ月間の皮膚トラブルの有無とその後12ヵ月までの皮膚トラブルの関連
米澤 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵
母性衛生   Aug 2014   
妊娠期の食習慣改善による栄養素摂取量への影響
白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代
母性衛生   Aug 2014   
妊娠中のヨガ実施による健康関連QOLへの影響
松崎 政代, 日下 桃子, 林 文子, 白石 三恵, 春名 めぐみ
母性衛生   Aug 2014   
大学病院の妊婦外来を受診する合併症のない妊婦の、医師と助産師の役割の理解とその期待の程度に関する検討
関口 恵理子, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵, 村山 陵子
母性衛生   Aug 2014   
妊娠期の出産恐怖感が出産体験及び産後のトラウマ症状に及ぼす影響
竹形 みずき, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵, 岡野 禎治, 中村 真奈美, Severinsson Elisabeth
日本周産期メンタルヘルス研究会会誌   Jul 2014   
13,14-dihydro-15-keto-prostaglandin F2α(PGFM)値およびNitric oxide metabolites(NOx)値と分娩所要時間との関連
中山 香映, 春名 めぐみ
日本助産学会誌   Feb 2014   
日本人妊婦の就労の有無による栄養素摂取状況の違い
白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代
日本助産学会誌   Feb 2014   
経腟分娩後5年間の骨盤臓器脱の自覚症状とリスク因子
鈴木 美季子, 芦田 沙矢香, 南谷 真理子, 吉田 美香子, 松崎 政代, 春名 めぐみ, 村山 陵子
母性衛生   Oct 2013   
健康な妊娠中期妊婦の歩数と血糖値の関連について
林 文子, 松崎 政代, 日下 桃子, 春名 めぐみ
糖尿病と妊娠   Oct 2013   
日本人妊婦の栄養素摂取量の過小申告に関連する要因の探索
白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 村山 陵子
日本助産学会誌   May 2013   
乳児の生後3ヵ月間における栄養方法別にみた排泄回数の推移
小暮 かおり, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵
日本助産学会誌   May 2013   
妊婦の魚摂取と血中ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA)濃度と抑うつ症状との関連
白石 三恵, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 八木 有子, 村山 陵子
東京母性衛生学会誌   May 2012   
初・経産婦別にみた産前産後の出産恐怖感
竹形 みずき, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 白石 三恵, 村山 陵子
東京母性衛生学会誌   May 2012   
出産時の恐怖感と産痛強度、出産満足度、次の挙児への希望との関連
竹形 みずき, 春名 めぐみ, 村山 陵子, 松崎 政代, 村嶋 幸代
日本助産学会誌   Apr 2012   
ここまで来た経会陰超音波 経会陰超音波による産後の肛門括約筋裂傷の評価
堀田 久美, 村山 陵子, 岡本 美香子, 芦田 沙矢香, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 上妻 志郎, 村嶋 幸代
超音波医学   Apr 2012   
母乳育児支援 産後5ヵ月の授乳方法と産後うつ状態との関連
西岡 笑子, 春名 めぐみ, 大田 えりか, 松崎 政代, 村山 陵子, 村嶋 幸代
日本助産学会誌   Feb 2011   
妊娠、分娩、産褥期の唾液中13,14-dihydro-15-keto-prostaglandin F2α(PGFM)の推移
中山 香映, 春名 めぐみ, 松崎 政代
日本助産学会誌   Feb 2008   
生体インピーダンス法による妊娠中と産後1ヵ月の体脂肪量の推移とその関連要因
大田 えりか, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 本田 由佳, 村嶋 幸代
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2007   
妊娠中の母体血中ケトン体上昇の関連要因についての検討
春名 めぐみ, 大田 えりか, 松崎 政代, 本田 由佳, 村嶋 幸代
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2007   
医師、助産師、妊婦の三者からみた妊娠中の生活指導 大学病院での一例
春名 めぐみ, 余 善愛, 渡辺 悦子, 松崎 政代, 大田 えりか, 村嶋 幸代
日本看護科学学会学術集会講演集   Nov 2006   
開業助産師技術の途上国への応用の検討 セネガル,パオスコト郡への応用
大田 えりか, 松崎 政代, 田中 智恵子, 春名 めぐみ, 村嶋 幸代
国際保健医療   Nov 2005   
春名 めぐみ, 小安 美恵子, 松崎 政代
日本助産学会誌   7 Feb 2004   
国際生活機能分類(ICF)を活用した難病患者の機能障害データベースの構築
春名 由一郎, 春名 めぐみ, 青林 唯, 清水 亜也, 氏平 竜太郎
医療情報学連合大会論文集   Nov 2003   
10年前との比較に見る現代における非妊娠時のBMI別にみた妊婦の傾向
松崎 政代, 小安 美惠子, 春名 めぐみ, 福岡 秀興, 吉原 一
母性衛生   Sep 2003   
出産後1ヵ月の褥婦の体重の変化と妊娠中からの指導のあり方
小安 美惠子, 春名 めぐみ, 松崎 政代, 福岡 秀興, 吉原 一
母性衛生   Sep 2003   
永田 智子, 木村 まりえ, 大島 浩子, 鷲見 尚己, 春名 めぐみ, 村嶋 幸代
病院管理   1 Aug 2002   

Research Grants & Projects

 
Nutrition and lifestyle for healthy birth outcomes.
Project Year: 2010 - 2012
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): Megumi HARUNA
1. Preliminary survey for planning of a postpartum exercise program. [Aim] To explore women's needs and consciousness, and the feasibility their condition for a postpartum exercise program. [Method] Focus group interviews. (7 pregnant women, 5 pos...