醍醐 市朗

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/26 10:45
 
アバター
研究者氏名
醍醐 市朗
 
ダイゴ イチロウ
URL
http://www.sdm.t.u-tokyo.ac.jp/
所属
東京大学大学院
部署
工学系研究科
職名
特任准教授
学位
博士(エネルギー科学)(京都大学)

研究分野

 
 

論文

 
Daigo I, Kiyohara S, Okada T, Okamoto D, Goto Y.
Resources, Conservation and Recycling   133 375-384   2018年6月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Koketsu Shota, Ota Satoshi, Hayashi Hideo, Enoki Manabu
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   104(8) 61-66   2018年8月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji, Corder Glen
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   128 A2   2018年1月   [査読有り]
Kenichi Nakajima, Ichiro Daigo, Keisuke Nansai, Kazuyo Matsubae, Wataru Takayanagi, Makoto Tomita, Yasunari Matsuno
Resources, Conservation and Recycling   133 369-374   2017年1月   [査読有り]
© 2017 The Author(s). Economic growth and sometimes the use of green technologies have been associated with a rapid rise in the use of metals and minerals. In today's globalized economy, natural resource consumption influences environmental impact...
Sekine Nobuo, Daigo Ichiro, Goto Yoshikazu
JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY   21(2) 356-367   2017年4月   [査読有り]
Sprecher Benjamin, Daigo Ichiro, Spekkink Wouter, Vos Matthijs, Kleijn Rene, Murakami Shinsuke, Kramer Gert Jan
ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   51(7) 3860-3870   2017年4月   [査読有り]
Nakajima K, Daigo I, Nansai K, Matsubae K, Takayanagi W, Tomita M, Matsuno Y.
Materiaux et Techniques   105(5-6)    2017年   [査読有り]
Daigo Ichiro, Fujimura Leo, Hayashi Hideo, Yamasue Eiji, Ohta Satoshi, Tran Duc Huy, Goto Yoshikazu
ISIJ INTERNATIONAL   57(2) 388-393   2017年   [査読有り]
Oyaizu A, Cravioto J, Yamasue E, Daigo I.
Materiaux et Techniques   105(5-6)    2017年   [査読有り]
Kuzuhara Shunsuke, Sakuma Haruka, Hayashi Hideo, Daigo Ichiro
ISIJ INTERNATIONAL   57(4) 758-763   2017年   [査読有り]
Oguchi M, Tasaki T, Daigo I, Cooper T, Cole C, Gnanapragasam A.
2016 Electronics Goes Green 2016+, EGG 2016      2017年   [査読有り]
原 岳広, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
開発技術   23 51-69   2017年
Yamasue Eiji, Matsubae Kazuyo, Nakajima Kenichi, Daigo Ichiro, Nishihara Keiichi
ISIJ INTERNATIONAL   56(8) 1487-1496   2016年   [査読有り]
Hatayama Hiroki, Tahara Kiyotaka, Daigo Ichiro
MINERALS ENGINEERING   76 58-64   2015年5月   [査読有り]
原 岳広, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
開発技術   22 1-15   2016年
醍醐 市朗, 大木 慧, 後藤 芳一
開発技術   22 89-100   2016年
Jun Nakatani, Kiyotaka Tahara, Kenichi Nakajima, Ichiro Daigo, Hideaki Kurishima, Yuki Kudoh, Kazuyo Matsubae, Yasuhiro Fukushima, Tomohiko Ihara, Yasunori Kikuchi, Asako Nishijima, Yuichi Moriguchi
Omega (United Kingdom)   75 1339-1351   2015年12月   [査読有り]
© 2017 Elsevier Ltd. Owing to the growing number of risk factors that can be triggered by natural and manmade disasters, management of disruption risks in supply chains has become increasingly significant. Since the market concentration of raw mat...
Yoshimura Akihiro, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari
MATERIALS TRANSACTIONS   54(1) 102-109   2013年   [査読有り]
Ichiro Daigo, Kenichi Nakajima, Takashi Fujisaki
Journal of Shanghai Jiaotong University (Science)   17(3) 377-379   2012年6月   [査読有り]
A sustainable materials management for metals should be achieved to conserve resources of metal minerals. For the sustainable materials management, material flows through the whole life cycle of materials have been recognized by material flow anal...
Niikuni T, Daigo I, Kuzuhara S, Okui N, Koshika K.
28th International Electric Vehicle Symposium and Exhibition 2015, EVS 2015   7(3) 468-474   2015年   [査読有り]
Kawahara Kengo, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   98(4) 135-142   2012年4月   [査読有り]
舟田 享史, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
開発技術   21 1-13   2015年
醍醐 市朗, 藤原 亮, 後藤 芳一
開発技術   20 41-48   2014年
中谷 隼, 醍醐 市朗, 松八重 一代
開発技術   19 23-35   2013年
Daigo Ichiro, Iwata Kohei, Ohkata Ikumi, Goto Yoshikazu
ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   49(14) 8691-8696   2015年7月   [査読有り]
Nakajima Kenichi, Daigo Ichiro, Okada Kenichi, Koike Shimpei, Nansai Keisuke, Matsubae Kazuyo, Takeda Osamu, Miki Takahiro
MATERIAUX & TECHNIQUES   104(6-7)    2016年   [査読有り]
Daigo Ichiro, Iwata Kohei, Oguchi Masahiro, Goto Yoshikazu
24TH CIRP CONFERENCE ON LIFE CYCLE ENGINEERING   61 146-151   2017年   [査読有り]
Kawahara Kengo, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS   75(6) 327-331   2011年6月   [査読有り]
Yamasue Eiji, Matsubae Kazuyo, Nakajima Kenichi, Daigo Ichiro, Ishihara Keiichi N.
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   100(6) 778-787   2014年   [査読有り]
Sprecher Benjamin, Daigo Ichiro, Murakami Shinsuke, Kleijn Rene, Vos Matthijs, Kramer Gert Jan
ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   49(11) 6740-6750   2015年6月   [査読有り]
Yamasue Eiji, Cravioto Jordi, Duc Quang Nguyen, Oguchi Masahiro, Daigo Ichiro
24TH CIRP CONFERENCE ON LIFE CYCLE ENGINEERING   61 152-154   2017年   [査読有り]
Shinohara Yoshikazu, Umezawa Osamu, Abe Hideki, Daigo Ichiro, Yamasue Eiji
Materials Transactions   53(4) 583   2012年   [査読有り]
Yoshimura Akihiro, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari
JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS   75(9) 493-501   2011年9月   [査読有り]
Hatayama Hiroki, Daigo Ichiro, Tahara Kiyotaka
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   87 65-71   2014年6月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Goto Yoshikazu
ISIJ INTERNATIONAL   55(9) 2027-2032   2015年   [査読有り]
山末 英嗣, 南埜 良太, 醍醐 市朗, 奥村 英之, 石原 慶一
日本金屬學會誌   74(12) 811-819   2010年12月   [査読有り]
Total materials requirement (TMR) for the recycling of materials (Urban Ore TMR) from end-of-life electric home appliances (cathode ray tube TV, liquid crystal display TV, refrigerator, washing machine, air conditioner and microwave oven) have bee...
栗木 辰悟, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌   74(12) 801-805   2010年12月   [査読有り]
The production of the platinum group metals (PGM) consumes large quantities of energy and induces a lot of carbon dioxide. The promotion of PGM recycling is important to construct a sound material-cycle society. In this article, a dynamic material...
醍醐 市朗, 張 玄庚, 松野 泰也
日本LCA学会誌   7(1) 72-78   2011年1月
Hatayama Hiroki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY   44(16) 6457-6463   2010年8月   [査読有り]
Murakami Shinsuke, Oguchi Masahiro, Tasaki Tomohiro, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji
JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY   14(4) 598-612   2010年8月   [査読有り]
許 峰旗, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
鉄と鋼   96(8) 517-523   2010年   [査読有り]
Steel is the most widely used material in the world. Many studies related to material flow analysis of steels have been conducted for Japan, Asian countries and the world. Top-down and bottom-up approaches were used in these material flow analyses...
Hashimoto Seiji, Daigo Ichiro, Eckelman Matthew, Reck Barbara
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   54(10) 737-743   2010年8月   [査読有り]
Yamasue Eiji, Minamino Ryota, Numata Takeshi, Nakajima Kenichi, Murakami Shinsuke, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji, Okumura Hideyuki, Ishihara Keiichi N.
Journal of the Japan Institute of Metals   74(11) 718-723   2010年11月   [査読有り]
  In this study, the total materials requirement (TMR) to recycle chemical elements from the urban ore by recycling (urban ore TMR, UO-TMR) has been compared with the TMR to extract the element from the natural ore by smelting (natural ore TMR, NO...
Oda Takafumi, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   50(2) 314-323   2010年   [査読有り]
醍醐 市朗, 佐々木 正憲, 藤崎 克己, 松野 泰也, 足立 芳寛
廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management   21(5) 178-191   2010年9月
製品への易解体設計 (DfD) の導入は,素材などの回収を向上させることで,環境負荷の削減効果があると考えられている。今まで製品の解体手順の最適化は研究されてきたものの,DfDによる環境面での効果量は評価されてこなかった。本研究ではDfDの導入による解体手順の変化をAND/ORグラフを用い可視化し,解体時の環境負荷削減効果の評価手法を構築した。構築した手法では,経済性において最適な解体手順を想定し,DfDの導入による経済最適手順の変化から,前後での環境性も評価し,DfDによる環境負荷削減効...
寺角 隆太郎, 高橋 和枝, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌   73(11) 833-838   2009年11月   [査読有り]
Recently, material stock accounting has been of interests to investigate the potentials of metal scrap recovery in designated areas. There are two approaches, a top-down approach and a bottom-up approach, for estimating the in-use stock of materia...
Yamasue Eiji, Minamino Ryota, Daigo Ichiro, Okumura Hideyuki, Ishihara Keiichi N.
MATERIALS TRANSACTIONS   50(9) 2165-2172   2009年9月   [査読有り]
Hatayama Hiroki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
MATERIALS TRANSACTIONS   50(3) 650-656   2009年3月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Matsumoto Yuichi, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   95(6) 506-514   2009年6月   [査読有り]
Synopsis: This paper analyzed stainless steel stock and flow in Japan by using a dynamic modeling. Classifying different kind of alloys, stainless steel was subdivided into 13Cr, 18Cr, Ni-Cr, and Ni-Cr-Mo. Productions of heat-resistant steel, low-...
Oguchi M, Murakami S, Tasaki T, Daigo I, Hashimoto S.
Proceedings of the 2010 IEEE International Symposium on Sustainable Systems and Technology, ISSST 2010      2010年   [査読有り]
Daigo Ichiro, Hashimoto Susumu, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   53(4) 208-217   2009年2月   [査読有り]
巽 研二朗, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌   72(8) 617-624   2008年8月   [査読有り]
  In this paper, recycling potential of copper was analyzed by using a dynamic material flow analysis and a material pinch analysis. In the dynamic material flow analysis, the amount of copper stock in use was quantified as the potential of second...
Eckelman Matthew J., Daigo Ichiro
ECOLOGICAL ECONOMICS   67(2) 265-273   2008年9月   [査読有り]
高橋 和枝, 寺角 隆太郎, 中村 二朗, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌   72(11) 852-855   2008年11月   [査読有り]
  We developed a novel methodology to analyze world-scale stock-in-use of copper by using a nighttime light image. Radiance calibrated nighttime light imaged data (RCD) of the world has been assembled from the Defense Meteorological Satellite Prog...
山末 英嗣, 中島 謙一, 醍醐 市朗, 松八重 横山 一代, 橋本 征二, 奥村 英之, 石原 慶一
日本金屬學會誌   72(8) 587-592   2008年8月   [査読有り]
  The dissipated amounts of rare metals (Au, Ag, B, Ba, Cr, In, Ni, Pb, Sb, Sn, Sr, Ta, Zn and Zr) in WEEE (Cathode Ray Tube TV, liquid-crystal display TV, plasma display panel TV, refrigerator, air conditioner, washing machine, microwave oven and...
Shi Wei, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS   74(11) 758-765   2010年11月   [査読有り]
Hatayama H, Daigo I, Matsuno Y, Adachi Y.
Nippon Kinzoku Gakkaishi/Journal of the Japan Institute of Metals   72(10) 813-818   2008年10月   [査読有り]
Global aluminum consumption has exhibited significant growth in recent years, due to its useful properties. As this will result in a large amount of aluminum accumulation as urban mines, the exploitation of these urban stocks will be an important ...
Terakado Ryutaro, Takahashi Kazue Ichino, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
JOURNAL OF THE JAPAN INSTITUTE OF METALS   73(9) 713-719   2009年9月   [査読有り]
Yamasue Eiji, Nakajima Kenichi, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji, Okumura Hideyuki, Ishihara Keiichi N.
MATERIALS TRANSACTIONS   48(9) 2353-2357   2007年9月   [査読有り]
小口 正弘, 田崎 智宏, 村上 進亮, 橋本 征二, 醍醐 市朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   19(0) 19-19   2008年
使用済み製品の計画的なリサイクル・適正処分,既存の物質ストックの有効活用の促進のため,各種製品の使用済み量やストック量推計の重要性が高まっている。使用済み・ストック量推計には製品の使用年数分布の情報が不可欠であり,特に日本においてはその調査・推定事例が多数報告されている。しかし,その定義や種類は様々であり,情報が整理されていないことから,不適切な値を用いた推計等が行われることもありうる。そこで本研究では,耐久消費財,産業機械類,建築物や土木構造物などの使用年数に関する定義,分布の種類,推定...
Daigo Ichiro, Osako Shun, Adachi Yoshihiro, Matsuno Yasunari
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   82 35-40   2014年1月   [査読有り]
Hatayama Hiroki, Yamada Hiroyuki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
MATERIALS TRANSACTIONS   48(9) 2518-2524   2007年9月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Goto Yoshikazu
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   100(6) 756-760   2014年   [査読有り]
Tabayashi Hiroshi, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   49(8) 1265-1271   2009年   [査読有り]
Hirato Takahiro, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   95(1) 96A-101A   2009年1月   [査読有り]
Recently, prices of natural resources have rapidly risen, so recovery of materials from the end-of-life products as secondary resources is of great interest. However, it is generally a challenging task to estimate the in-use stock of materials, es...
Yamasue Eiji, Minamino Ryota, Numata Takeshi, Nakajima Kenichi, Murakami Shinsuke, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji, Okumura Hideyuki, Ishihara Keiichi N.
MATERIALS TRANSACTIONS   50(6) 1536-1540   2009年6月   [査読有り]
醍醐 市朗, 橋本 晋, 松野 泰也
日本金属学会誌   71(7) 563-569   2007年7月   [査読有り]
The recovery of metal scrap for recycling contributes to the conservation of natural resources and the construction of a sound material cycle. A dynamic material (substance) flow analysis is useful to understand how and in what proportion material...
Igarashi Yuma, Kakiuch Elijah, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   93(12) 782-791   2007年12月   [査読有り]
In this paper the present flows of steel scraps in Japan, China, South Korea and Taiwan are clarified, and a dynamic model which analyzes future scraps flows is developed. To estimate the amount of collected obsolete scraps, a Population Balance M...
Daigo Ichiro, Igarashi Yuma, Matsuno Yasitnari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   93(1) 66-70   2007年1月   [査読有り]
During the last two decades, the total material input in Japan has been about 2 billion tons, and approximately 50%, i.e., about 1 billion tons has accumulated as the net addition to stock in the form of buildings, social infrastructure, and vario...
山田 宏之, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH   18(3) 194-204   2007年5月
施策等により製品の買い替えや廃棄が促進される場合, その製品の寿命分布は複雑に変化することが考えられる。そこで, 寿命分布を混合分布とし, それぞれの分布が施策に対して異なる挙動を示す場合の排出量予測モデルを提案した。また, 当該モデルを用いて, 地上アナログ放送停波の影響を考慮した, わが国のカラーテレビの排出量予測を行った。<br>停波の影響を受けない場合, 停波時に47.6百万台のアナログチューナテレビが社会に残ることがわかった。停波に備えたテレビ買い替えのシナリオ解析を行った結果,...
Yamasue Eiji, Minamino Ryota, Tanikawa Hiroki, Daigo Ichiro, Okumura Hideyuki, Ishihara Keiichi N., Brunner Paul H.
JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY   17(4) 555-565   2013年8月   [査読有り]
Hatayama Hiroki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   66 8-14   2012年9月   [査読有り]
Hsu Feng-Chi, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   51(2) 313-319   2011年   [査読有り]
Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING   54(11) 851-863   2010年9月   [査読有り]
Kakiuchi Elijah, Hatakeyama Hiroki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   95(12) 902-910   2009年12月   [査読有り]
Oguchi Masahiro, Murakami Shinsuke, Tasaki Tomohiro, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji
JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY   14(4) 613-626   2010年8月   [査読有り]
Igarashi Yuma, Kakiuchi Elijah, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   48(5) 696-704   2008年   [査読有り]
Oda Takafumi, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   95(10) A720-A729   2009年10月   [査読有り]
Previous studies pointed out that some ferritic stainless steel scrap is mixed in carbon steel scrap and chromium is accumulated in carbon steel product. This paper analyzed Japanese substance flows of chromium involved in stainless steel, other a...
Takahashi Kazue Ichino, Terakado Ryutaro, Nakamura Jiro, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
MATERIALS TRANSACTIONS   50(7) 1871-1874   2009年7月   [査読有り]
Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
MATERIALS TRANSACTIONS   48(3) 574-578   2007年3月   [査読有り]
Tabayashi Hiroshi, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   94(11) 562-568   2008年11月   [査読有り]
Synopsis : In this paper, a dynamic substance flow model of zinc in Japan was conducted. Currently, 60% of zinc is consumed for galvanized steels (galvanized steel sheets and other galvanized steels), followed by brass in Japan. To analyze the sub...
Matsuno Yasunari, Daigo Ichiro, Adachi Yshihiro
INTERNATIONAL JOURNAL OF LIFE CYCLE ASSESSMENT   12(1) 34-39   2007年1月   [査読有り]
Igarashi Yuma, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   47(5) 753-757   2007年   [査読有り]
Igarashi Yuma, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
ISIJ INTERNATIONAL   47(5) 758-763   2007年   [査読有り]
畑山 博樹, 山田 宏之, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌 = Journal of the Japan Institute of Metals   70(12) 975-980   2006年12月   [査読有り]
  Aluminum demand has faced a significant growth in the last few decades in Japan. For most uses, small amounts of other metals are added to primary aluminum to make harder alloys, which are classified by the alloying elements and their concentrat...
橋本 征二, 醍醐 市朗, 中島 謙一
廃棄物学会研究発表会講演論文集   17 53-55   2006年11月
山田 宏之, 畑山 博樹, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌 = Journal of the Japan Institute of Metals   70(12) 995-1001   2006年12月   [査読有り]
  In this paper an optimization method for metal recycling flow has been developed. The method adopts a linear programming to optimize the recycling of material, in which the concentrations of two or more tramp elements in the scraps are considere...
山田 宏之, 松野 泰也, 醍醐 市朗, 足立 芳寛
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   17(5) 313-321   2006年9月
日本における木材パルプのマテリアルフローにマルコフ連鎖モデルを適用し, 木材パルプの平均使用回数の解析を行った。2003年の日本における木材パルプの平均使用回数は2.16回であった。輸出先での使用状況も国内同様と仮定し, 輸出先の使用も含めて計算すると, 3.01回となる。この輸出先の使用も含めた平均使用回数は, 88年と比べ, 0.93回増えていた。<BR>各製品の使用しているパルプの使用回数別構成比率を解析したところ, 新聞用紙の古紙の使用は近年大きく向上しており, 2003年では, ...
Yamada Hiroyuki, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro, Kondo Yasushi
INTERNATIONAL JOURNAL OF LIFE CYCLE ASSESSMENT   11(5) 354-360   2006年9月   [査読有り]
藤巻 大輔, 五十嵐 佑馬, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   92(6) 401-405   2006年6月
The total crude steel production in Asian countries was 500 million t in 2004, which accounted for 47% of the total crude steel production in the world. There have been a large demand of steel scraps in Asian countries, which Japan exported 2.5 mi...
醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本金屬學會誌   70(2) 114-117   2006年2月   [査読有り]
  Some post-consumer products are not collected appropriately and are remained or disposed by unconventional methods. In order to conserve resources, the collection ratio of such products should be increased. To date, few definitive methods to qua...
Fujimaki Daisuke, Igarashi Yuma, Daigo Ichiro, Matsuno Yasunari, Adachi Yoshihiro
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   92(6) 45-49   2006年6月   [査読有り]
五十嵐 佑馬, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   91(12) 903-909   2005年12月
Stainless steels are corrosion resistant alloys which are widely used in consumer goods and industrial equipments. Stainless steels contain scarce and energy intensive elements such as Ni, Cr, Mo, etc. So, closed loop recycling is preferable for s...
醍醐 市朗, 山田 宏之
日本LCA学会誌   1(3) 241-243   2005年10月
醍醐 市朗, 寺澤 崇, 松野 泰也, 山下 勝, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   91(1) 192-198   2005年1月
Recycling of waste plastics from household appliances and automobile shredder residue (ASR) is a major concern in Japan along with the enforcement of recycling law Chemical recycling technology for waste plastics (including flame retardance plasti...
醍醐 市朗, 藤巻 大輔, 松野 泰也, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   91(1) 179-183   2005年1月
Promotion of recycling may cause the increase in concentration of undesirable tramp elements in steel scraps In the future, some of the steel scraps may be unusable due to the high concentration of tramp element So, the introduction of new technol...
醍醐 市朗, 若松 貴史, 山末 英嗣, 石原 慶一
日本エネルギー学会誌 = Journal of the Japan Institute of Energy   84(2) 119-125   2005年2月   [査読有り]
The improving energy efficiency for transportation sector in Japan is an important factor to resolve the problem of global warming. However, there are few researchers considering physical as well as sociological evaluation of the energy efficiency...
醍醐 市朗, 藤巻 大輔, 松野 泰也, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   91(1) 171-178   2005年1月
Steels are produced in large quantities and being recycled at high rate in Japan However, recycling of steel scraps would lead to the enhancement of contamination of undesirable tramp metals in steel scraps So, the limitation of recycling of the s...
醍醐 市朗, 松野 泰也, 石原 慶一, 足立 芳寛
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌   91(1) 159-166   2005年1月
The life cycle of steel begins in the mining of iron-ore from the earth Steels are produced in steel works and used in various products Some of the steels are recycled at the end-of-life of the products and used as a resource for the production of...

Misc

 
小林能直, 醍醐市朗
日本実験力学会講演論文集   (18) 173‐174   2018年8月
醍醐市朗
西山記念技術講座   233rd/234th 1‐25   2018年6月
小林能直, 醍醐市朗
材料とプロセス(CD-ROM)   31(1) ROMBUNNO.114   2018年3月
畑山博樹, 田原聖隆, 醍醐市朗, 高木重定
材料とプロセス(CD-ROM)   31(1) ROMBUNNO.111   2018年3月
醍醐市朗, 河村洋佑, 榎学
材料とプロセス(CD-ROM)   31(1) ROMBUNNO.112   2018年3月
醍醐市朗, 小口正弘
日本LCA学会誌   14(1) 70‐76   2018年1月
醍醐 市朗, 小口 正弘
日本LCA学会誌 = Journal of Life Cycle Assessment, Japan   14(1) 70-76   2018年1月
醍醐市朗
資源・素材学会春季大会(Web)   2018 ROMBUNNO.2304‐11‐04 (WEB ONLY)   2018年
谷川寛樹, 醍醐市朗, 小口正弘, 奥岡桂次郎, 高木重定
廃棄物資源循環学会誌   28(6) 431‐437   2017年11月
纐纈将太, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   30(2) ROMBUNNO.PS‐25   2017年8月
中駄将人, 醍醐市朗, 後藤芳一, 畑山博樹
材料とプロセス(CD-ROM)   30(2) ROMBUNNO.PS‐29   2017年8月
新国哲也, 醍醐市朗, 葛原俊介, 奥井伸宜, 小鹿健一郎
日本化学会講演予稿集   94th(1) 52   2014年3月
葛原俊介, 醍醐市朗, 新国哲也, 小鹿健一郎
日本化学会講演予稿集   94th(1) 51   2014年3月
村山智大, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   27(1) ROMBUNNO.104   2014年3月
中野真克, 醍醐市朗, 松野泰也, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   27(1) ROMBUNNO.115   2014年3月
Hara Shigeta, Adachi Yoshihiro, Tomota Yo, Nakamura Takashi, Sasabe Minoru, Nagasaka Tetsuya, Yamamoto Takaiku, Daigo Ichiro, Nakajima Kenichi
TETSU TO HAGANE-JOURNAL OF THE IRON AND STEEL INSTITUTE OF JAPAN   100(6) 728-739   2014年1月   [査読有り]
Various activities performed by the ISIJ social engineering division from 1995 to present is briefly summarized focusing on its contribution to environmental researches in steel science and engineering. Totally 10 forums including the young scient...
平岡侑一郎, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   30(2) ROMBUNNO.PS‐30   2017年8月
醍醐市朗, 太田暁, 後藤芳一, 林英男, 山末英嗣, HUY Tran Duc
材料とプロセス(CD-ROM)   30(2) ROMBUNNO.168   2017年8月
原岳広, 醍醐市朗, 後藤芳一
開発技術   23 51‐69   2017年7月
Nansai Keisuke, Motoshita Masaharu, Daigo Ichiro, Hashimoto Seiji, Hayashi Kiyotada, Kanemoto Keiichiro, Kashiwagi Aiichiro, Kobayashi Yoshinori, Kondo Shinsuke, Kudoh Yuki, Matsuno Yasunari, Tanikawa Hiroki, Yamasue Eiji, Yoshikawa Naoki
INTERNATIONAL JOURNAL OF LIFE CYCLE ASSESSMENT   22(7) 1165-1174   2017年7月   [査読有り]
醍醐市朗
材料の科学と工学   54(2) 57‐60   2017年4月
醍醐 市朗, 橋本 征二
廃棄物資源循環学会誌   20(5) 254-263   2009年9月
物質フロー分析の近年の動向と課題について,対象物質,対象空間スケール,対象時間スケール,物質ストック,データ整備・推計手法,政策利用の6つの切り口から論じた。近年の動向として,対象が個別の物質や製品へと拡大していること,空間スケールが国レベルから世界レベル,地域レベルへと多様化していること,時間スケールがより長期になっていること,物質ストックへの関心が高まっていること,推計手法では産業連関分析の援用などが見られるようになっていること,マクロな物質フロー情報の政策利用が活発になりつつあること...
南斉 規介, 本下 晶晴, 醍醐 市朗, 橋本 征二, 林 清忠, 金本 圭一朗, 柏木 愛一郎, 小林 由典, 近藤 伸亮, 工藤 祐揮, 松野 泰也, 谷川 寛樹, 山末 英嗣, 吉川 直樹
日本LCA学会誌 = Journal of Life Cycle Assessment, Japan   13(2) 180-189   2017年4月
小口正弘, 田崎智宏, 醍醐市朗, COOPER Tim, GNANAPRAGASAM Alex, COLE Christine
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   28th 35‐36(J‐STAGE)   2017年
谷川 寛樹, 醍醐 市朗, 小口 正弘, 奥岡 桂次郎, 高木 重定
廃棄物資源循環学会誌 = Material cycles and waste management research   28(6) 431-437   2017年
小口 正弘, 田崎 智宏, 醍醐 市朗, クーパー ティム, ナナプラガサム アレックス, コール クリスティン
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   28(0)    2017年
2Rによる製品の長寿命化は持続可能な社会の実現に向けて欠かせない1つの方策である。実使用年数は必ずしも消費者の期待を満たしていないという指摘もあり、長期使用に向けた製品設計の必要性が指摘されている。実使用年数と期待使用年数の乖離は使用年数延長のポテンシャルを示すと考えられるため、その実態や要因を把握することは重要である。本研究では、耐久消費財の期待使用年数の定義の整理、異なる定義による期待使用年数の実態と実使用年数との乖離の調査を行った。文献レビューに基づき、耐久消費財の期待使用年数を消費...
醍醐 市朗
材料の科学と工学 : 日本材料科学会誌   54(2) 57-60   2017年
萩原淑, 葛原俊介, 林英男, 醍醐市朗, HUY Tran Duc, SPRECHER Benjamin
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐20   2016年9月
太田暁, 佐藤有一郎, 醍醐市朗, 後藤芳一, 中島謙一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐13   2016年9月
松井大輔, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐74   2016年9月
木村将志, 後藤芳一, 醍醐市朗
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐16   2016年9月
中駄将人, 醍醐市朗, 後藤芳一, 畑山博樹
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐19   2016年9月
河村洋佑, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐15   2016年9月
吾妻優美, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐12   2016年9月
藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一, 山末英嗣, 林英男
材料とプロセス(CD-ROM)   29(2) ROMBUNNO.PS‐21   2016年9月
作間春香, 葛原俊介, 林英男, 醍醐市朗
日本分析化学会年会講演要旨集   65th 284   2016年8月
原岳広, 醍醐市朗, 後藤芳一
開発技術   22 1‐15   2016年7月
醍醐市朗, 大木慧, 後藤芳一
開発技術   22 89‐100   2016年7月
松井大輔, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(1) ROMBUNNO.PS‐36   2016年3月
藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   29(1) ROMBUNNO.PS‐35   2016年3月
小柳津顕, 醍醐市朗, 中島謙一, 松八重一代, 山末英嗣
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐6   2016年
萩原淑, 葛原俊介, 林英男, 醍醐市朗
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐4   2016年
林英男, 葛原俊介, 醍醐市朗
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐3   2016年
醍醐市朗, 藤村怜央, 太田暁, 林英男, 山末英綱, HUY Tran Duc, 後藤芳一
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐1   2016年
太田暁, 藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一, 中島謙一
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐2   2016年
藤村怜央, 太田暁, 醍醐市朗, 後藤芳一, 林英男, 山末英嗣, HUY Tran Duc
Eco Design   2016(CD-ROM) ROMBUNNO.OS1‐5   2016年
原岳広, 醍醐市朗, 後藤芳一
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.1H08   2015年10月
松井大輔, 藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一
環境科学会年会プログラム講演要旨集   2015 128-129   2015年9月
谷川寛樹, MUHANDIKI Victor, 奥岡桂次郎, 森口祐一, 醍醐市朗, 村上進亮, 中谷隼, 橋本征二, 南斎規介, 中島謙一, 高木重定
環境科学会年会プログラム講演要旨集   2015 126   2015年9月
松橋諒, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(2) ROMBUNNO.PS-16   2015年9月
松井大輔, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(2) ROMBUNNO.PS-18   2015年9月
藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(2) ROMBUNNO.PS-19   2015年9月
醍醐市朗, 中島謙一, 布施正暁, 山末英嗣, 八木晃一
電気学会メタボリズム社会・環境システム研究会資料   MES-15(13-16) 17-20   2015年5月
醍醐市朗, 関根伸雄, 後藤芳一
日本磁気学会研究会資料   202nd 29-33   2015年5月
醍醐 市朗, 関根 伸雄, 後藤 芳一
社団法人日本磁気学会研究会資料 = Bulletin of Topical Symposium of the Magnetics Society of Japan   202 29-33   2015年5月
Consumers' expectations for product lifetimes of consumer durables
2016 ELECTRONICS GOES GREEN 2016+ (EGG)      2016年   [査読有り]
本下 晶晴, 醍醐 市朗
日本LCA学会誌 = Journal of Life Cycle Assessment, Japan   11(2) 147-153   2015年4月
秋元裕太, 小鹿健一郎, 新国哲也, 醍醐市朗, 葛原俊介
日本化学会講演予稿集   95th(1) 58   2015年3月
安藤成美, 氏家智美, 氏家智美, 葛原俊介, 林英男, 醍醐市朗
材料とプロセス(CD-ROM)   28(1) ROMBUNNO.DAI168KAI,PS-23   2015年3月
松橋諒, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(1) ROMBUNNO.DAI168KAI,PS-27   2015年3月
藤村怜央, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(1) ROMBUNNO.DAI169KAI,PS-22   2015年3月
村山智大, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(1) ROMBUNNO.DAI168KAI,PS-28   2015年3月
松橋諒, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   28(1) ROMBUNNO.DAI169KAI,PS-23   2015年3月
山末英嗣, 中島謙一, 村上進亮, 松八重一代, 醍醐市朗, 石原慶一
資源・素材学会春季大会(Web)   2015 ROMBUNNO.3403 (WEB ONLY)   2015年
奈良松範, 奈良松範, 大西悟, 大西悟, 片山英治, 片山英治, 篠原嘉一, 篠原嘉一, 醍醐市朗, 醍醐市朗, 平川智久, 平川智久, 藤井実, 藤井実, 藤田壮, 藤田壮, 酒造正明, 酒造正明, 村野昭人, 村野昭人, 川合良彦, 川合良彦
JSSCテクニカルレポート   (102) 140P   2014年11月
醍醐市朗, 後藤芳一
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   29th ROMBUNNO.1E03   2014年10月
醍醐市朗
環境科学会年会プログラム講演要旨集   2014 224-225   2014年9月
岩田康平, 醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   27(2) ROMBUNNO.PS-20   2014年9月
醍醐市朗, 藤原亮, 後藤芳一
開発技術   20 41-48   2014年7月
原 岳広, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
年次大会講演要旨集   30(0) 225-228   2015年
Jean Pierre Birat, Ichiro Daigo, Yasunari Matsuno
Treatise on Process Metallurgy   3 1459-1505   2014年6月
This chapter introduces Life cycle assessment (LCA) as it can be used in connection with metals. Rather than stressing the connection of LCA with ISO standards, it evolves the methodology from its historical origins, chemcial engineering and accou...
醍醐市朗, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   26(2) ROMBUNNO.135   2013年9月
大方郁巳, 醍醐市朗, 松野泰也, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   26(2) ROMBUNNO.PS-21   2013年9月
山末英嗣, 中島謙一, 醍醐市朗, 松八重一代, 石原慶一
材料とプロセス(CD-ROM)   26(2) ROMBUNNO.132   2013年9月
中谷隼, 醍醐市朗, 松八重一代, 中島謙一, 井原智彦, 田原聖隆
開発技術   19 23-35   2013年6月
青木昇二, 醍醐市朗
自動車技術会学術講演会前刷集   (99-13) 15-16   2013年5月
醍醐市朗, 大方郁巳, 松野泰也, 後藤芳一
材料とプロセス(CD-ROM)   26(1) ROMBUNNO.129   2013年3月
岩田康平, 大方郁已, 醍醐市朗, 後藤芳一
廃棄物資源循環学会研究発表会講演論文集(Web)   24th A4-1 (WEB ONLY)   2013年
川原健吾, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   25(2) ROMBUNNO.PS-14   2012年9月
大迫隼, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   25(2) ROMBUNNO.PS-13   2012年9月
栗木辰悟, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   25(2) ROMBUNNO.PS-15   2012年9月
Daigo Ichiro, Nakajima Kenichi, Fujisaki Takashi
Journal of Shanghai Jiaotong University (Science)   17 512   2012年8月
中島謙一, 橋本征二, 醍醐市朗
金属   82(7) 563-566   2012年7月
山末英嗣, 醍醐市朗, 谷川寛樹, 石原慶一
材料とプロセス(CD-ROM)   25(1) ROMBUNNO.TO25   2012年3月
高橋優人, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   25(1) ROMBUNNO.TO24   2012年3月
藤墳新菜, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   25(1) ROMBUNNO.TO23   2012年3月
竹島怜爾, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   24(2) ROMBUNNO.PS-17   2011年9月
川原健吾, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   24(2) ROMBUNNO.PS-16   2011年9月
外崎真理雄, 滝口泰弘, 滝口泰弘, 嶋瀬拓也, 松野泰也, 醍醐市朗, 野田英志, 高木真由, 恒次祐子
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (483) 98-103   2011年7月
川原健吾, 醍醐市朗, 松野泰也, 足立芳寛
材料とプロセス(CD-ROM)   24(1) ROMBUNNO.PS-28   2011年3月
森本慎一郎, 醍醐市朗, 松八重一代
金属   81(2) 117-122   2011年2月
中島 謙一, 橋本 征二, 醍醐 市朗
金属   82(7) 563-566   2012年7月

講演・口頭発表等

 
Masahiro Oguchi, Tomohiro Tasaki, Ichiro Daigo, Tim Cooper, Christine Cole, Alex Gnanapragasam
2016 Electronics Goes Green 2016+, EGG 2016   2017年1月23日   
© 2016 Fraunhofer. Product lifetimes are a relevant topic of discussion towards establishing a circular economy, particularly in terms of the reduction of environmental impacts by improving product longevity. Various researchers have developed mod...
原 岳広, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
年次学術大会講演要旨集   2015年10月10日   
Tetsuya Niikuni, Ichiro Daigo, Shunsuke Kuzuhara, Nobunori Okui, Kenichiroh Koshika
28th International Electric Vehicle Symposium and Exhibition 2015, EVS 2015   2015年1月1日   
The transport sector in Japan emits a large amount of CO 2 . Passenger vehicles' and trucks' emissions are the largest part of the emission in the transport sector. Electrified vehicles are expected to be key technologies for reducing CO 2 emissi...
岩田 康平, 大方 郁已, 醍醐 市朗, 後藤 芳一
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   2013年   
畑山 博樹, 醍醐 市朗, 松野 泰也
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011年   
本研究ではアルミニウムのMFAに基づいたリサイクルフローの最適化によって将来の欧州、米国、中国、日本各地域における新地金需要を推計し、その生産に伴うCO2排出量を推計する。将来シナリオでは次世代自動車やスクラップソーティングなどの各技術の導入によってもたらされるCO2排出量の変化を推計する。また、推計においてはCO2排出原単位の地域差を考慮し、地金生産国における電力生産等のプロセスに対する考察をおこなう。
粂 貴博, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011年   
近年、資源枯渇問題や地球温暖化問題の解決策として、スマートグリッドに注目が集まっている。再生可能エネルギーおよび蓄電池の大規模導入において、Cd-Te等の太陽光パネル素材およびLi-ion電池等の蓄電池にはレアメタルが使用され、将来におけるマテリアルフローへの影響は大きいと考えられる。本研究は、日本でスマートグリッドが普及した場合について、蓄電池容量の推計、再生可能エネルギー導入シナリオからマテリアルフロー分析を行い、資源制約を評価することのできるモデルを構築した。
関根 伸雄, 醍醐 市朗, 高橋 和枝, 松野 泰也
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011年   
携帯電話、携帯音楽プレーヤーといった小型電子機器に含まれる貴金属、レアメタルを対象に、製品の資源使用量、及び使用済み製品中の資源蓄積量の推計を行うことにより、日本における動的マテリアルフロー分析を行った結果を発表する。また、その分析をもとにして、複数の製品の機能を1つの製品に集約することによる、資源消費の削減効果についての評価を発表する。
大方 郁巳, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2011年   
天然資源の消費削減のために、使用済み素材の回収率の向上が望まれる。使用済み素材の回収率は観測が困難であり、推計する必要があるが、推計する手法は確立されていない。そこで本研究では、鉄鋼材、銅素材、アルミニウム素材を対象として、経済状況を考慮に入れた使用済み素材の回収率を推計する新たな手法を提案した。推計された回収率の経年変化は、従来推計されていた回収率よりも資源価格との相関が強くなった。
許 峰旗, 醍醐 市朗, 松野 泰也, エルビッジ クリストファー, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年10月19日   
Material flow analysis has been applied to estimate flow and stock for materials in the world. However, applicability of traditional approaches heavily depends on data availability. To overcome this problem, we proposed a methodology for estimatin...
粂 貴博, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
近年、輸送部門が温暖化ガス総排出量に占める割合は大きく、また世界的に増大傾向にあるため、次世代自動車普及によるCO2削減が期待されている。次世代自動車は従来の自動車と構成素材が異なり、将来の素材のマテリアルフローに影響を与えることが予想される。そこで、鉄鋼材、アルミニウム素材、銅素材の世界大でのマテリアルフローへの影響を評価し、さらに輸送部門でのライフサイクルCO2排出量の評価モデルを構築する。
畑山 博樹, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
次世代自動車の導入に関して、CO2やエネルギーといった側面に比べ、将来の資源利用についての検討は一部のレアメタルを除いて不十分である。本研究では、次世代自動車の導入を考慮したアルミニウムのマテリアルフロー分析を欧州、米国、日本、中国を対象として2050年までおこなった。また、素材の品位を考慮して循環利用の可能性を評価した結果、電気自動車の導入による鋳造品の需要の縮小が循環利用を阻害する可能性を示した。
斉藤 敦己, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
カドミウムは毒性が強く、近年EUが施行したRoHS指令など、先進国を中心にカドミウムの需要は減少傾向にある。一方、カドミウムは亜鉛の併産物であり、カドミウムの需給バランスを考慮するためには、それに伴う亜鉛のフローを考える必要がある。また、今まで世界規模でカドミウムのフローを併産の関係も含めて分析した研究は存在しない。そこで、本研究では、亜鉛も考慮した世界大でのカドミウムのマテリアルフローを分析することを目的とする。
堀江 貞高, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
水資源は人間の生活において欠かすことのできないものである。人口の増大や産業の発展に伴い、さらに多量の水資源が必要となることが予想され、その需要に見合うだけの水を供給できるかを検討する必要がある。そのため、ある製品を生産するのに必要な水の量としてウォーターフットプリントという概念が提唱されており、今後、この分野の研究はますます重要となると考えられる。本研究では、工業製品のウォーターフットプリントの算出手法を構築することを目的とする。
大方 郁巳, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
現在、世界的に温室効果ガス排出削減が求められており、我が国は2020年までに1990年比25%削減を目標としている。これに対し、木材による他素材の代替は温室効果ガス排出削減に有効であると考えられている。そこで本研究では、建築物分野及び、土木分野において、木材により代替可能な最大ポテンシャルを評価し、製造から廃棄に至るライフサイクルにおける温室効果ガス削減効果を評価する手法の構築を目的とする。
松永 邦俊, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
マグネシウムはアルミニウムや鉄などに代わる軽量でリサイクル性に優れた金属材料として注目されている。今後マグネシウムの需要量の拡大が予測される中、資源サイクルを把握して、循環利用性についての研究を行うたに、日本国内におけるマグネシウムの動的物質フロー分析を行う。さらに自動車部品など様々な部品をマグネシウム合金に代替した場合のマグネシウムの物質フローの変化を評価するモデルを構築する。
吉村 彰大, 足立 芳寛, 松野 泰也, 醍醐 市朗
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2010年   
近年、液晶パネルに用いられる透明電極としての需要が急激に伸びてきたインジウムの物質フロー分析を、世界大で行った。先進国を含む多くの国では、インジウムの消費量等に関する統計がないため、インジウムを用いる製品の製造数と、その製品におけるインジウム原単位を用いるボトムアップ方式を研究手法として選択した。本研究では各国内での消費に加え、インジウムの地金の輸出入、製品の貿易に伴う間接輸出入も考慮した。
A database and characterization of existing lifespan information of electrical and electronic equipment
PROCEEDINGS OF THE 2010 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SUSTAINABLE SYSTEMS AND TECHNOLOGY (ISSST)   2010年   
中村 裕之, 足立 芳寛, 松野 泰也, 醍醐 市朗
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009年   
本研究では日本の現状及び将来の自動車使用に関して、二酸化炭素排出総量、走行にかかるコストとその変動リスクを評価した。ガソリン車、ハイブリッドカー、プラグインハイブリッドカー、電気自動車を対象車種とし、ガソリン、バイオエタノール、電気を対象燃料とした。またバイオエタノールの原料のとうもろこしやさとうきびにおける食糧との競合や電気自動車に使われるリチウムの消費増大による価格変動も考慮した分析も行った。
張 玄庚, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009年   
本研究は、国内における各ガラス製品のフローを把握し、新技術導入によるガラスリサイクルシステムの環境及び経済性評価モデルの構築することを目的としている。そのために、MFA (Material Flow Analysis)、LCA (Life Cycle Assessment)、CFA (Cash Flow Analysis)といった三つの研究手法を用いている。これまでの研究成果では、2008年の板ガラスの社会蓄積量が3047万トンであると推定された。さらに新技術を導入した際の環境及び経済性評...
山末 英嗣, 南埜 良太, 谷川 寛樹, 醍醐 市朗, 奥村 英之, 石原 慶一, ブルンナー ポール
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009年   
木造系および鉄造系建築物から得られるスクラップ金属の再生について,関与物質総量(TMR)の観点から評価を行った。評価のため,各スクラップの都市鉱石TMR(都市鉱石からあるスクラップ単位量をリサイクルするために必要な関与物質総量)を種々のシナリオ条件の下,推算した。各スクラップを種々の素材として使用するために必要なプロセスにかかわるTMRとそれによって得られる品質とのトレードオフを,自然鉱石TMR(自然鉱石からある素材単位量を製錬するために必要な関与物質総量)を基準値として用いて評価を行った。
村田 忠夫, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2009年   
著者らは、易解体設計の導入による解体プロセスの変化をAND/ORグラフを用い可視化し、解体・リサイクル時の環境負荷削減効果を評価する手法を構築している。本研究では、本手法を用いて、資源価格の変化によって、経済性において最適な解体プロセスの変化を分析することを目的とする。また、評価ツールにクラスタリング手法を統合することで、評価可能な部品点数を大幅に向上させることに成功した。
橋本 征二, 醍醐 市朗, Eckelman Matthew, Reck Barbara
廃棄物資源循環学会研究発表会講演集   2009年   
我々の物質利用の状態を計測する指標として、物質の平均使用回数や平均使用時間は有益と考えられる。一般的に、使用回数が多く使用時間が長いほど、有効かつ効率的な物質利用をしていると解釈できるからである。本稿では、2005年のステンレス鋼のフローをベースに、これらの値を推計した。その結果、ステンレス鋼はそのライフサイクルにおいて平均1.9回(使用済みスクラップのステンレス鋼用の回収率が50%の場合)から4.3回(同80%の場合)使用されるものと推計された。また、推計されたステンレス鋼の平均使用時間...
橋本 征二, 醍醐 市朗, 村上 進亮
環境システム研究論文発表会講演集   2008年   
佐々木 正憲, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2008年   
現在、廃家電などの使用済み製品の解体では、手解体により取外し易い部品を分別した後、シュレッダにより破砕し、磁力、風力、比重などを用いて素材ごとに機械選別を行っている。今まで、手解体も機械選別も考慮できる解体工程の最適化プログラムは開発されていない。本研究では、製品の構造情報の数値化と手解体と機械選別を考慮した解体工程の最適化のアルゴリズムを開発した。これにより、製品構造の易解体化による効果を評価できる。
醍醐 市朗, 田崎 智宏, 小口 正弘, 村上 進亮, 橋本 征二
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2008年   
物質、素材、製品の生産量、蓄積量、廃棄量を動的に分析する場合、耐久消費財が使用される期間が把握されていることが望まれる。特に、動的分析で行われる将来推計では、現在製造された製品の平均使用期間が必要となるが、その推計手法は今まで殆ど研究されてこなかった。そこで本研究では、可能性のある複数の使用年数データの収集方法ならびに分析方法を検討し、自動車を実例として各手法の結果の違いを示すことで、目的に応じた推計方法を示した。
玉城 わかな, 醍醐 市朗, 林 誠一, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2008年   
素材の間接輸出入量の把握は難しく、多くの素材で把握されていない。唯一、鉄鋼材に関しては、業界団体の自主調査により毎年推定され、総量が公表されている。推計方法は、品目別輸出入量の個数ないし金額に、設定した原単位を乗じて求めているが、その手法については議論されてこなかった。そこで本研究では、対象年や品目区分の違いに依らない間接輸出入の推計方法の構築を目的とした。なお、本推計手法は、鉄鋼材だけでなく他のベースメタルにも応用可能となるよう検討した。
醍醐 市朗, 田崎 智宏, 橋本 征二, 村上 進亮
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2008年   
過去からの大量消費の結果、現在社会中には大量の物質ストックが存在している。近年、いくつかの手法により物質ストックを分析した研究が報告されてきている。本研究は、社会中の物質ストック量の推計方法に着目し、既存手法を4種類に分類した。4手法について、概念、パラメータ、データ入手可能性の観点から長短所を比較した結果、物質ストック推計の目的とデータの入手可能性に照らし合わせ、どの手法を選択するのが望ましいか整理した。
巽 研二朗, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2007年   
本研究では、銅系素材の合金成分を考慮したリサイクル可能性の評価を目的とした。社会から排出される使用済み製品をリサイクル原料と考え、その量を合金種別に定量化するために銅を純銅、黄銅、青銅、洋白に分類し、動的マテリアルフロー分析を行った。その後、マテリアルピンチ解析法によって、リサイクル原料の質と量を考慮したリサイクル可能性の検討を行った。
中村 裕之, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2007年   
本研究ではカドミウムの日本国内におけるサブスタンスフロー分析を行い、今後のカドミウムの有効な利用方法、適切な廃棄・管理方法について検討することを目的とする。日本国内におけるカドミウムの生産量、用途別消費量、廃棄量、回収量などを用い、動的にサブスタンスフロー分析を行うことで、蓄積量を定量化した。
畑山 博樹, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2007年   
アルミニウムの消費量は各国で増加を続けており、今後はその循環利用が重要となる。本研究では、いくつかの国においてアルミニウムのMFAによってその循環利用可能性を評価した。その際に、合金種の違いなど循環利用の制約となっているアルミニウムの品位についても考慮した。また、それぞれの国での需給バランスに加えて製品やスクラップの輸出入を考慮することで、複数の国を通しての循環利用可能性の評価をおこなった。
畑山 博樹, 山田 宏之, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2006年   
アルミニウムは鉄に次いで消費量の大きい汎用金属であり、その循環利用可能性を評価することは循環型社会構築推進のために重要である。主に耐久消費財として用いられているアルミニウムは、製品として社会に存在した後に、スクラップとして排出されている。そこで、本研究においては、日本におけるアルミニウムを対象とし、動的MFAにより物質ストック量を導出し、スクラップの発生量並びにその品位について推計することを目的とする。
橋本 晋, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2006年   
循環型社会の構築のために、MFAやSFAがいくつかの素材や元素について行われている。本研究では、多くの製品に電線や伸銅品として用いられている汎用素材である銅および銅合金を対象に、銅と銅合金を区別した動的MFAを実施した。動的MFAにより解析した結果、銅および銅合金それぞれの屑としての物質収支において、一部の銅屑が、銅合金屑と混在し、銅合金屑して銅合金2次地金の原料となっていることが明らかになった。
五十嵐 佑馬, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2005年12月1日   
ステンレス鋼は、原料の精錬に多大なエネルギーを必要とする添加元素を含有しているため、閉ループリサイクルを促進することが望ましい。本研究においては、主な添加元素であるNiとCrのフローを解析することで、Ni系、Cr系別にステンレス鋼のマテリアルフローをそれぞれ把握した。その上で、LCAを用いてステンレス鋼の閉ループリサイクルを促進することによるCO2排出削減ポテンシャルを求めた。
醍醐 市朗, 藤巻 大輔, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2005年3月1日   
石原 慶一, 醍醐 市朗, グエン T. アイン テュエット
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2005年3月1日   
太田 政夫, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2005年   
我が国では、容器包装リサイクル法により使用済みPETボトルのリサイクルが義務づけられている。本研究では、我が国で発生する使用済みPETボトルをリサイクルする際、マテリアルフロー全体を考慮した上で、環境負荷誘発量が最小となるリサイクルモデルを構築することを目的とした。そして、マテリアルリサイクルする際の制約要因を特定し、現状のリサイクル技術における用途ごとのリサイクル最大可能量を見積もることができた。
竹内 伸雄, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
日本LCA学会研究発表会講演要旨集   2005年   
木質資源はカーボンニュートラルな材料であり、その適正な育成と利用は地球温暖化の防止に有効である。本研究では、木質資源のマテリアルフローにおけるある状態(素材・製品等)から次の状態への推移量を推移確率に換算し、マルコフ連鎖モデルを用いた解析を行った。本モデルにより、日本国内における木質資源の平均使用回数を導出した。また、動態モデルにより将来の持続可能な森林資源の利用について検討した。
中島 謙一, 玉城 わかな, 藤巻 大輔, 醍醐 市朗
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年9月1日   
竹内 伸雄, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年9月1日   
醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛, 石原 慶一
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年9月1日   
藤巻 大輔, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年3月1日   
古谷 智彦, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年3月1日   
堀田 耕一郎, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2004年3月1日   
角 広行, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2003年9月1日   
向井 ちほみ, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2003年9月1日   
角 広行, 醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2003年9月1日   
醍醐 市朗, 藤巻 大輔, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2003年9月1日   
醍醐 市朗, 松野 泰也, 足立 芳寛
材料とプロセス : 日本鉄鋼協会講演論文集 = Current advances in materials and processes : report of the ISIJ meeting   2003年9月1日   

競争的資金等の研究課題

 
物質ストック勘定体系の構築とその適用による廃棄物・資源管理戦略研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年 - 2009年