野口 潤

J-GLOBALへ         更新日: 16/07/05 18:10
 
アバター
研究者氏名
野口 潤
 
ノグチ ジュン
所属
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
部署
神経研究所 微細構造研究部
職名
室長
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)

研究分野

 
 

論文

 
Nagaoka A, Takehara H, Hayashi-Takagi A, Noguchi J, Ishii K, Shirai F, Yagishita S, Akagi T, Ichiki T, Kasai H
Scientific reports   6 26651   2016年5月   [査読有り]
Takahashi N, Sawada W, Noguchi J, Watanabe S, Ucar H, Hayashi-Takagi A, Yagishita S, Ohno M, Tokumaru H, Kasai H
Nature communications   6 8531   2015年10月   [査読有り]
Takehara H, Nagaoka A, Noguchi J, Akagi T, Kasai H, Ichiki T
Scientific reports   4 6721   2014年10月   [査読有り]
Boinapally S, Huang B, Abe M, Katan C, Noguchi J, Watanabe S, Kasai H, Xue B, Kobayashi T
The Journal of organic chemistry   79(17) 7822-7830   2014年9月   [査読有り]
Hayama T, Noguchi J, Watanabe S, Takahashi N, Hayashi-Takagi A, Ellis-Davies GC, Matsuzaki M, Kasai H
Nature neuroscience   16(10) 1409-1416   2013年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
シナプス逆行性情報伝達の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 野口 潤
脳内環境がスパイン形態可塑性に与える影響の解析
科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 野口 潤
in vivo神経回路網可塑性解析法の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 野口 潤
2光子励起顕微鏡を用いて神経細胞の樹状突起スパイン上における受容体の分布を生体において直接計測する方法の開発。
シナプス可塑性のin vivo誘導とその応用
科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 野口 潤