池田 まさみ

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/03 21:50
 
アバター
研究者氏名
池田 まさみ
所属
十文字学園女子大学
部署
人間生活学部人間発達心理学科
学位
博士(学術)(お茶の水女子大学大学院)
科研費研究者番号
00334566

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
十文字学園女子大学 人間生活学部 人間発達心理学科 教授
 
2011年9月
 - 
2013年3月
十文字学園女子大学 十文字学園女子大学 准教授
 
2007年10月
 - 
2011年8月
お茶の水女子大学 人間発達教育研究センター 特任准教授
 
2004年4月
 - 
2007年9月
お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻 講師
 
2001年4月
 - 
2004年3月
お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科 助手
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 
 
1996年4月
 - 
1998年3月
お茶の水女子大学大学院 人文科学研究科 
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
日本心理学会  教育研究委員会
 
2018年5月
 - 
現在
新潟県立高等学校スーパーサイエンスハイスクール  運営指導委員
 
2014年5月
 - 
現在
日本基礎心理学会  理事
 
2011年5月
 - 
現在
東京都区立中学校外部評価委員会  委員長
 
2011年4月
 - 
現在
富山県「とやま科学オリンピック」大会実施委員会  委員長
 

受賞

 
2017年10月
バーチャルリアリティ学会 バーチャルリアリティ学会 優秀論文賞 受賞 Mob Scene Filter:顔部位の形状・位置変形を利用した他人顔変換手法
受賞者: 川瀬佑司・吉田成朗・鳴海拓志・上田祥代・池田まさみ・渡邊淳司・谷川智洋・川本哲也・ 廣瀬通孝
 
日本バーチャルリアリティ学会論文誌 21, 483-492, 2016.
2007年9月
日本心理学会 日本心理学会 優秀論文賞 受賞 Effects of surface pre-presentation on symmetry detection on a 3-D bumpy surface. Japanese Psychological Research, 48, 65-76.
受賞者: Masami Ikeda and Akira Ishiguchi
 

論文

 
皮質体性感覚野の身体表現理解を促すFace Homunculus Viewer
上田祥代,・吉田成朗・渡邊淳司・池田まさみ・茅原拓朗・北崎充晃
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   24(1) 3-12   2019年   [査読有り]
Self-perceptions from people with Down syndrome in Japan
Mio Wakai, Rina Takahashi, Satomi Higashigawa, Masami Ikeda, Junko Yotsumoto & Hironao Numabe
63 669-672   2018年2月   [査読有り]
環境学習プログラムに参加した家族の“生きる力”
宮本康司・池田まさみ
東京家政大学研究紀要   57 69-75   2017年3月   [査読有り]
基礎心理学とサイエンス・アウトリーチ―心の実験パッケージ開発委員会の活動を通して―
池田まさみ・渡邊淳司
35 72-78   2016年10月
Mob Scene Filter: 顔部位の形状・位置変形を利用した他人顔変換手法
川瀬佑司・吉田成朗・鳴海拓志・上田祥代・池田まさみ・渡邊淳司・谷川智洋・川本哲也・廣瀬通孝
21(3) 483-492   2016年10月
幼少期の自然体験と成人後の養育態度との関連-母親の養育態度が子どもの生きる力へ及ぼす影響-
宮本康司・池田まさみ・田中麻未
55(1) 85-91   2015年2月
女子大学生のクリティカルシンキング態度とストレスコーピングの関係
池まさみ・宮本康司・田中麻未
12 113-126   2014年12月
女子大学生における情報活用の実践力と適応感、自己概念の関係
池田まさみ・安藤玲子・宮本康司
11 113-125   2014年3月
子どもの生きる力へ保護者の幼少時体験が与える影響
宮本康司・池田まさみ・安藤玲子
7 92-101   2013年2月
批判的思考態度の獲得プロセスの検討-中学生の4波パネルにおける因果分析から-
安藤玲子・池田まさみ
19 83-99   2012年3月   [査読有り]

Misc

 
共感覚的体験:ワークショップと研究の最前線
渡邊淳司・池田まさみ
37(1) 51-51   2018年
心の"免疫力"を上げる:認知心理学の視点から考える
池田まさみ
20 63-71   2017年6月
自分の顔を探せ!鏡が映す顔,心が映す顔
池田まさみ・渡邊淳司
心理学ワールド   75 30-31   2016年10月
メディアワークショップ これからの知覚心理学教育を考える―小・中学生を対象とした心理学実験ワークショップを通して
池田まさみ・渡邊淳司・吉田成朗・上田祥代・茅原拓朗・北崎充晃
34 180-183   2015年8月

書籍等出版物

 
知覚・認知心理学 (放送大学教材)
石口彰(著) (担当:分担執筆, 範囲:8章「記憶のしくみⅠ」,9章「記憶のしくみⅡ」,13章「クリティカルに考える」,14章「認知と発達」)
放送大学教育振興会   2019年3月   
心理学って何だろうか?
楠見孝(編)日本心理学会(監) (担当:共著, 範囲:コラム「心理学者に会いに行こう」)
誠信書房   2018年2月   
心理学の神話をめぐって
邑本俊亮・池田まさみ(編著) (担当:共著, 範囲:1章「人間の心のクセを紐解く」,6章「見抜く心とクリティカルシンキング」)
誠信書房   2017年10月   
視覚実験研究ガイドブック
市原茂・阿久津洋巳・石口彰(編) (担当:共著, 範囲:第6章3節「錯視を用いた心の科学教育」,7章2節「成果のまとめ方と研究倫理」)
朝倉書店   2017年6月   
児童心理
池田まさみ (担当:分担執筆, 範囲:認知心理学の立場から「体験」をとらえる-成長に必要な体験(間接体験と直接体験)のシークエンス)
金子書房   2015年8月   
最新 心理学事典
藤永保(監) (担当:分担執筆, 範囲:感覚,精神物理学測定法)
平凡社   2013年12月   
子ども期の養育環境とQOL
菅原ますみ(編) (担当:共著, 範囲:第6章「幼児期の問題行動と家庭力」)
金子書房   2012年9月   
認知心理学演習 言語と思考—基礎・理論編Ⅱ
石口彰(監)・池田まさみ(編著) (担当:分担執筆)
オーム社   2012年4月   
認知心理学演習 日常生活と認知行動―応用・実践編
石口彰(監) 池田まさみ(編著) (担当:分担執筆)
オーム社   2012年2月   
臨床心理学用語事典
石口彰(監) 池田まさみ(編) (担当:分担執筆)
オーム社   2008年9月   
心理職や支援施設・制度などの観点を含め、知識的専門性と社会的実用性の関係を分かりやすく解説。

講演・口頭発表等

 
自己評価式モラルシンキング尺度(中学生版)の開発 ー考え、議論する道徳:社会・集団とのかかわり編
池田まさみ・森津太子・高比良美詠子
日本教育心理学会第60回総会   2018年9月16日   日本教育心理学会
“目”が向社会的行動に及ぼす影響:メタ分析による検討(7) 個人特性が主観評価の調整効果に及ぼす影響の検討
高比良美詠子・池田まさみ・森津太子
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   日本心理学会
“目”が向社会的行動に及ぼす影響:メタ分析による検討(6) 主観評価を用いた刺激の性質の調整効果の検討
高比良美詠子・池田まさみ・森津太子
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   日本社会心理学会
“目”が向社会的行動に及ぼす影響:メタ分析による検討(5):課題の性質の調整効果
高比良美詠子・池田まさみ・森津太子
日本心理学会第81回大会   2017年9月   日本心理学会
“目”が向社会的行動に及ぼす影響:メタ分析による検討(4):刺激の性質の調整効果
森津太子・高比良美詠子・池田まさみ
日本心理学会第81回大会   2017年9月   日本心理学会

競争的資金等の研究課題

 
ナッジとしての“見つめる目”効果:仮想および実空間における社会実験
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 現在    代表者: 森津太子
クリティカルシンキングを核としたモラルシンキングの構築:小中学生の推論力育成
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 現在
ナチュラルサポーターのための自閉スペクトラム症児の語用論的能力に関する実証研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 現在    代表者: 伊藤恵子
高校生向け“社会に生きる力”を育むキャリア教育カリキュラムの開発研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
“目”という社会的手がかりが向社会的行動に与える影響
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 森津太子